館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

安全と思っていても起きるゴルフの怪我

院長の日記

ゴルフで考えられる怪我とは
暑い季節が続いていますが、この時期になるとゴルフが楽しいという人も多いでしょう。
梅雨の雨がぜんぜん来ないこともあって、時間が取れればゴルフ場に行きたいという人も多いはずです。
ゴルフというスポーツを見ると、飛んだり跳ねたりするわけではありません。
自然の中で楽しむものだから、怪我なんか心配ないと思っている人も多いでしょう。
ところが、怪我をしないというわけではありません。
さまざまなプロプレイヤーが、怪我で悩まされ成績が上がらなくなるどころか、引退まで迫られることが出てきます。
これは、アマチュアだからといって起きないことではないということを認識しなければいけません。

館林たまい接骨院でも、いろいろな症状がありますが、アマチュアだからこそ起きる可能性が高いことを理解しておかなければいけないでしょう。
プロとは違い、アマチュアの場合には、スイングも安定しません。
その分だけ体にも負担がかかります。
力の加減もバラバラになりやすいことを考えると、怪我を防止できるように、どんな怪我が起きるのかを知ることが大切です。
館林たまい接骨院は、ゴルフの怪我にも対応することができますので、おかしいと思ったときには、すぐにおいでください。

初心者に多い親指の傷み
ゴルフの怪我として可能性を考えておかなければいけないことが、親指の怪我です。
意外に多い怪我のひとつで、大きな怪我にならなくても、成績は出なくなっていきます。
始めたばかりの初心者にも多く見られることから、おかしいと感じたらすぐに館林たまい接骨院にお越しください。
なぜ、親指なのかといえば、ゴルフには特徴的なグリップがあるからです。
オーバーラッピンググリップやインターロッキンググリップなどがありますが、右利きなら左の親指がシャフトに直角になるということが原因です。
どちらのグリップにしても、親指には大きな負担がかかってしまいます。

本来、ゴルフのスイングということを考えると、親指を直角にする必要性がありません。
位置をしっかりさせることが目的なのであり、親指の上からかぶせたとしても、グリップ力が強くなるわけでもないからです。
それどころか、親指の関節を握りつぶすことになってしまうため、ダメージは増加することになります。
長期的に引きずる大きな怪我になることもありますので、痛みを感じるのであれば、ベースボールグリップにするなどの対処も必要です。
関節が変形してしまったり、軟骨がすり減ったりすることもあるのですから、グリップは見直すべきでしょう。
館林たまい接骨院では、深部に対するアプローチもできますので、放置したりせずに施術を始めるべきです。

夢中になっていると怖い肋骨の骨折
ゴルフをすると、どうしても夢中になってしまうこともあるでしょう。
館林たまい接骨院でも、打ちっぱなしなどでつい夢中になってしまって、気が付いたら体が痛かったということもあります。
ここで問題になるのは、肋骨を骨折することもあるということです。
大きな怪我のひとつですが、スイングをするということは、体の回転運動をクラブに伝え、ボールにぶつけて飛ばすことになります。
ゴルフというスポーツの根幹的な部分ですが、体を回転させる以上、その力が肋骨にもかかっているため、骨折してしまうことも出てくるのです。
特に一番下の骨はもろく、普通にスイングしても折れる可能性があります。
これは、力の強弱は関係なく、簡単に折れてしまうほどもろい部分だからです。
もちろん、グリップエンドなどが当たれば危険ですが、そういった状況でなくても痛みがあるというときには、館林たまい接骨院においでください。

肋骨の骨折は、整形外科でも対処がほとんどできません。
それも一番下の骨ともなれば、痛み止めであとは安静にといわれるぐらいになるでしょう。
ギブスをすることもできない場所になるため、我慢していくしかありません。
館林たまい接骨院では、最新機材を使い、深部にもアプローチします。
それだけではなく、骨の回復を早めることができる機材もあるため、こうした肋骨の怪我にも対処することができるようになっているのが違いです。
通常の接骨院や整形外科では対処することができないことも、館林たまい接骨院であれば回復を目指すことができるのですから、おかしいと思ったときには、早期に施術していきましょう。
それでも、問題はスイングのし過ぎにあるのですから、無理に回数を増やしたりすることを止めなければいけません。
早目に止めることも重要ですが、打ちっぱなしでは、いったいどんなスイングをしたいのか、打球も見ながらよく考えていくことが必要です。
数を打つよりも、質のいい練習を心掛けていけば、肋骨の怪我も防げます。

もっとも多いのは腰痛
ゴルフで最も多いけがは、腰痛であることは間違いありません。
館林たまい接骨院でも、ゴルフで腰痛ということは、もっとも多いパターンといってもいいでしょう。
それこそ、世界中のプロを悩ませ、かのタイガーウッズ選手でさえ、あれだけの成績を残しながら、腰痛によって成績はおかしくなっていってしまいました。
どんな人でも悩ませることであり、ゴルフをする以上切り離すことができない部分ともいえるでしょう。

実際に予防策を考えるとするのであれば、ゴルフをしないことが一番です。
回転させることによって力を伝える以上、絶対に怪我をしないということが言えません。
館林たまい接骨院でケアをしていくということも怪我を軽くすることができますが、絶対怪我をしない状態を作るというわけではないからです。
そこで重要になってくるのは、準備運動をするということになるでしょう。

スポーツは何でも同じですが、筋肉を使うことになります。
始める前の状態は、まだ温まっていませんし、硬く締まったままの状態です。
この時に強い力をかけてしまえば、怪我をするのは当然のことといえるでしょう。
しなやかさもないのですから、切れてしまったりすることも出てきます。
骨にも負担がかかりますので、当然大きな怪我にもつながる原因です。
そこで、筋肉を動きだせる状態にするため、準備運動をします。
できるだけ念入りに、温まるようにしていくことで、腰の怪我も減らすことができるようになっていくのは間違いありません。
関節周りは念入りに動かしていくことによって、ダメージの蓄積も下げることができます。
始める前だけではなく、日常から念入りにストレッチして硬くしないということも必要でしょう。
回転運動に耐えられるようにすることによって、腰痛はかなり防ぐことができます。

ひどい状態になると、椎間板ヘルニアなどを引き起こしていることもあるのが、ゴルフの腰痛です。
それも首までに掛けて、さまざまなところに回転の力がかかるため、ダメージが出てくる可能性が否定できません。
痛みがあるというときには無理をせず、まずは回復できるようにしていくのも、上達の早道です。
絶対に無理をせず、異変を感じた時には、館林たまい接骨院にご相談ください。

たまい接骨院700

« «