館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

腰痛にはさまざまな原因がある

院長の日記

秋に入って悩まされる腰痛

この時期になってくると、夏場の反動が体に表れてくるようになってきます。
そのひとつとして、腰痛が出てきてしまうこともあるでしょう。
大人たちだけではありません。
子供たちにとっても休み明けということで起きることが出てきます。
休みの間に姿勢が崩れたりすることも問題になることがあるでしょう。
違和感を覚えたら、すぐにでも館林のたまい接骨院にいらしてもらうのが一番です。
ですが、日常から注意しておくことがありますので、よく考えて生活していくことが必要になってきます。

座り仕事は腰痛の原因だらけ

デスクワークが主となっている場合、大きな問題になるのはその姿勢にあります。
この場合には、座り続けることが多くなるのが特徴です。
正しい姿勢をとっていないと、どんどん負担が増えていくことになりますが、そのひとつがパソコンの作業にあるでしょう。
姿勢を乱さないようにしていくことが重要ですが、机から離れすぎないということに注意するところから始めなければいけません。
離れすぎてしまうと、どうしても腕に負担がかかり始め、姿勢が崩れていくようになります。
これが、腰痛の大きな原因です。

次にディスプレイと体が平行かどうかを見てみなければいけません。
平行になっていないと、体はどんどん前かがみになることも出てきます。
特にノートパソコンを使っている場合には、姿勢が崩れやすいことに注意しなければいけないでしょう。
もしも、体制がおかしい場合には、ノートパソコンの位置を高くして、キーボードを増設してみるというのもひとつです。
これだけで姿勢は大きく変化させることができるでしょう。

姿勢を崩すということでは、自分の肘を見てみるのもひとつです。
肘が開くように打っているということは、それだけ姿勢が前に出ます。
態勢も崩れますので、とうぜんこしにも負担がかかることを忘れてはいけません。

腰痛にはさまざまな原因があります。
デスクワークといっただけでもこれだけの問題が出てくる物です。
違和感を覚えた時には、すぐに館林たまい接骨院にご相談ください。
その時には、こうした姿勢もチェックしてみるといいでしょう。

立っていてもヒールは天敵

デスクワークとは真逆の立ち仕事で痛みが出るということも少なくありません。
館林たまい接骨院でもよくある例ですが、体の芯がずれているということがあげられます。
人間の体はまっすぐ立つようにできていますが、続けていけばどんどん負担も増えていくため、どちらかの脚に重心を預けていくようにすると楽です。
ただし、これが体のずれを作り出していくことに注意しなければいけません。
いつも同じ方向にするのではなく、意識して変えていく必要もあるからです。
靴はできるだけフラットなものにするということも大切ですので、違和感を覚えている人はヒールなどを止めてみるというのもひとつでしょう。

ヒールを履くということは、つま先で立つようになります。
そうなると、腰が前に出るようになるでしょう。
反った状態になることになりますが、本来の人間の姿勢とは異なるということに注意しなければいけません。
かかとで支えるはずの体重もつま先で支えることになります。
これを筋力で耐えるようにすることになりますが、筋肉も疲労してきますし、やがて衰えも見せてくることになるため、大きなダメージになってしまうのです。
こうした例も腰痛の大きな原因です。
こうした日常を館林たまい接骨院でお話しいただければ、ダメージに関する理由も見えてきますので、一緒に対応を考えていくこともできます。

日常的に立ち仕事を繰り返している場合には、ストレッチをしたりしながら、疲労を残さないということが重要です。
お風呂に入ってみることも重要ですし、足の疲労も取ることが腰にも影響してきます。
単純に腰に対する問題だけではありませんので、トータルして考えていくといいでしょう。

椅子に座っているとダメージが大きい?

日常生活ということを見てみても、腰痛の問題がいろいろと見えてきます。
動作ということも考えていかなければいけないのは、腰に圧力がかかってくるからです。
負担がどの程度になっているのかということを考えていかなければいけませんが、まっすぐ立っているときに比較すると、仰向けになるだけで1/4にまで落ちます。
横向きに寝ると3/4程度になると考えることができるでしょう。
これでも思ったほど減っていないということに気が付かなければいけません。
ところが、少し猫背気味になるだけで、その態勢を引き上げなければいけないため1.5倍の負担増です。
椅子に座っているときも、同じように1.4倍といわれていますが、これが上体を傾けるだけで、1.86倍になるという計算があるところに注意をしなければいけません。
ここでおかしいと思った人は正解ですが、椅子に座っているほうが楽といわれていたりすることはあっても、実はそうではないということです。
腰痛でひどいときに、座っているほうが楽ということは実はないということです。
館林たまい接骨院でも訴えることがありますが、姿勢が崩れているからこそ、立っていて辛いということになるでしょう。
ですが、その原因の多くは、座っているときにあるということに気が付かなければいけません。
特に前かがみになっているような人は、ここから改善を考えていかなければいけないでしょう。
無理に耐えようとすると、さらに悪化させることも出てきます。
そうならないようにするためにも、違和感を覚えたらすぐに館林たまい接骨院にお越しください。

クールダウンの重要性

スポーツをするということも増えてくる季節です。
子供たちに関しても、これからは盛んにおこなっていくことになるでしょう。
ここ数日の涼しさも拍車をかけることになるはずです。

スポーツをしているから腰痛になりにくいということも出てきますが、これは筋肉を動かして鍛えているということもあげられます。
姿勢が崩れてしまっているような人も、運動をすることで改善することもあるでしょう。
血行の悪化も改善させることになるのですから、重要なポイントにもなってきます。
ところが、運動するということが腰痛の原因につながることも出てくるのですから、よく考えなければいけません。

問題点としてあげられるのが、疲労がたまるということです。
館林たまい接骨院でも、スポーツ後にはクールダウンを必要であるということを指導しますが、これが予防策としても有効です。
体全体の怪我の予防ということにもつながりますので、子供たちには必ずやらせるようにしなければいけません。
ストレッチをしても、こうしたクールダウンをしないという人も多いからです。

クールダウンをするということは何かといえば、筋肉の内部にある疲労物質を流すということです。
筋肉の内部にため込まないようにすることで、疲労回復を早めます。
腰痛になる原因のひとつでもありますが、炎症を起こしにくくするということにつながるポイントです。
運動後には、軽く動かしながら時間をかけつつ、最後に整理体操をおこなったりすることが基本ですが、筋肉を硬化させないようにすることが重要といえるでしょう。

腰回りの場合、なかなかやりにくいということも出てきます。
そんな時は、仰向けになって腰の部分にテニスボールなどを入れてもみほぐすといったことでも対応が可能です。
できるだけ柔らかいボールにすることが重要なのは、筋肉にダメージを与えてしまうようなことを防ぐという目的があります。
ある程度の弾性がなければこうした問題を引き起こしてしまうことになるため、よく考えて選択すすることが大切です。

こうした運動は習慣づけることが重要になってきます。
一過性では意味がないのですから、運動したら必ず行う、子供たちには行わせるということを心掛けていかなければいけません。
1回のことだからと思っていても、どんどんとダメージを貯めることになりますので、習慣づけていきましょう。
そのうえで、違和感がある場合には、館林たまい接骨院で施術を進めていくことが大切です。
鍼灸によって、筋肉の緊張をほぐすこともかのですので、悪化しきってしまう前におこなっていきましょう。

たまい接骨院700

«