館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

運動の空きに気を付けたい怪我の予防方法

院長の日記

秋だからこその運動中の怪我

たまい接骨院のある館林でも、急激に寒さも増してきました。
先日まではクーラー必須だったのに、急に長袖を出してきた方も多いでしょう。
秋になったんだなと感じる瞬間でもありますが、運動するにはいい季節になってきたといえます。
ですが、この季節だからこそ、いろいろなことも考えていかなければいけません。

秋はスポーツの秋とも呼びますが、厳しい暑さがなくなったことがポイントです。
運動会なども増えますし、それに伴って親子で運動するということも出てきます。
部活などもかなり活性化する時期ではありますが、それだけに怪我ということも考えていかなければいけません。
全般的に言えることですが、涼しくなったから運動をするということでは、かなり体が訛っているということもあります。
そのままでは負荷に耐えられないようなことも出てくることは忘れてはいけません。
子供たちも、急激にピッチを上げた運動をしていけば、それだけ負担がかかり怪我をするということが出てきます。
少しでも異変を感じた時には、すぐに館林たまい接骨院にいらしていただくのが一番です。
それよりも、怪我をしないようにするということを心掛けていかなければいけないでしょう。

昔のことは幻想でしかない

秋口に体を動かして怪我をする理由のひとつが、昔は動けたのにという言葉に隠れています。
昔取った杵柄という言葉がありますが、あくまでも昔なのです。
同じように動いてみたら、大けがをしたということも出てきますが、今は昔ではないということを忘れてはいけないでしょう。
この勘違いが、大きな怪我を生み出します。

子供たちとの運動会ということを考えても、昔とはかなり異なることでしょう。
普段から動いている子供たちは、体も動けますが、仕事中心の大人ともなれば、イメージとのギャップが出てきます。
ギャップが存在することで、足がついてくるはずなのに、実は全く上がっていなかったりして点灯するようなことが出てくるのです。
当然のことですが、大きな負荷をかけるということにつながり、怪我をしてしまうことが出てきます。
館林のたまい接骨院でも施術することができる打撲やねんざ、肉離れといったことは、こうしたプロセスで生まれてくるといえるでしょう。
よく見かけるケースではありますが、重症化してしまうと、手首を骨折したりするような例もあります。
冗談かと思うようなことですが、昔とは違うということを認識しなければいけません。

ストレッチからスタートする

怪我を防ぐためにはどうしたらいいかを考えていかなければいけません。
子供たちでも同様ですので、部活を頑張っているような場合にも対策になっていくでしょう。

原因から考えていかなければいけませんが、子供たちも含め体が硬くなってしまっているという状況は怪我を誘発します。
館林たまい接骨院でも見かけることですが、柔軟性を失ってしまうと、怪我は多くなるのは間違いありません。
そこで、日常的にストレッチを繰り返していくということが重要です。
部活の前にやっているようなことも、できるだけ入念にするということが必要で、日常的におこなうことによって柔軟な筋肉を手に入れることができるようになります。
足の曲げ伸ばしから始め、上背部や頸部を伸ばすことでも体は柔らかくなっていくため、少しずつでも繰り返していくことが重要です。
さまざまな方法がありますが、この時に呼吸を止めてはいけません。
有酸素運動にすることも重要で、20秒から30秒のあいだ、ゆっくりと伸ばしていくことが重要です。
その時に、筋肉が伸びていることがわかるはずですので、意識しながら行っていくといいでしょう。
子供たちの中には、反動をつけて伸ばす様子が見て取れますが、これは逆効果です。
ゆっくりで構わないため、意識をしながら伸ばしていくだけで、かなりの違いを生むことができます。
館林たまい接骨院での指導もできますので、どうしたらいいのかわからないときにはお聞きください。

服装も怪我の予防のひとつ

ストレッチも重要ですが、運動するときには、それなりのかっこうがあります。
かっこうから入るということではなく、負担がかからないようにするということが重要です。
服装を軽んじてしまう傾向もありますが、非常に危険なことです。
運動をする以上、体を動かすことができるような服装を考えなければいけません。
ストレッチ性のある素材を使ったものを選んだりするだけでも、膝やひじに負担をかけないようにすることができます。
そうなれば、転倒することも少なくすることができるでしょう。

靴も同じです。
あっていない靴を履けば、転倒することも出てきますし、体に強い負担をかけます。
クッション性の低い靴を履けば、それだけ膝にも腰にも負担をかけることになるため、捻挫をしたり肉離れをしたりすることも考えられるでしょう。
ほんの少し考えればわかることですが、とりあえず何でもいいと考えてしまうことも出てくることが非常に危険です。
クッション性が低いということだけではなく、ソールの形状なども重要になってきます。
運動をする場所によっては、靴が合わなければ滑ってしまうことが出てくるでしょう。
これだけでも肉離れの危険が高まります。
テニスのようにコートによっては使うことができない靴もありますので、必ずあったものを選択しなければいけません。
怪我をするということだけでも危険ですので、何か違和感があった場合には、すぐに館林のたまい接骨院にお越しください。

いつから運動できるかを自己判断しないこと

肉離れということをもう少ししっかりととらえなければいけないでしょう。
単なる怪我として考えることもできますが、実は非常に痛みが伴い重症化すると出血も見られます。
改善できるようになるまで時間がかかりますし、運動をするだけで強い痛みがでるため、非常につらい思いをすることになる怪我です。

実際に館林たまい接骨院で施術することによって回復を早めることができますが、まずは安静にして痛みが引くまで様子を見ることも必要になります。
これが問題で、復帰するまでの時間がはっきりとしないため、イライラすることも出てくるでしょう。
実際にわかりにくいのも確かです。
ですが、内部では筋繊維が傷んでいる状態ですので、これが回復できなければリスクが付きまといます。
すぐに再発することも出てきますので、重症度を判断して、本当にどの程度で回復できるのかを認識する必要があるため、まずは館林たまい接骨院にお越しください。
そこから、いったいいつぐらいに回復できるのか、現状の状態の判断もできるようになります。
判断としては、ストレッチをしたときの痛みというものがあります。
角度によって判断することができるため、どの程度なのかを館林たまい接骨院で見付けましょう。
癖になってしまうようなこともありますので、そうならないようにするためにも、しっかりとした方法で回復を目指すことが必要です。

クールダウンも考えていく

怪我をするということでは、運動前に体を温めるストレッチだけではなく、運動後にもケアすることが重要です。
運動をした後でも、体を動かさなくなるわけではないでしょう。
どこかの運動場で楽しんだ後に帰るかもしれません。
家にいる間に怪我をするという可能性もあるからです。

普段動かしていないような人だけではなく、運動もしているような部活の学生さんたちも同じように考え、運動後にストレッチすることが大切になってきます。
運動をした直後には、必ず疲労物質がたまっている状態です。
自分で思っていなくても、あとで疲れたなと思うことがあるでしょう。
これを筋肉の中にそのままにしておくのが問題です。
そこで、予防していくためにも、運動後に運動前と同様にストレッチを繰り返していきます。
何か難しいことをする必要はなく、簡単なことを繰り返していくだけでも影響してきますので、そのままにしないことが大切です。
徐々に普段の体の状態に戻っていくようになり、疲労物質は流れていきます。
体の負担を減らすことができますので、地味なことですが必ず行いましょう。

これでも怪我をゼロにすることができるわけではありません。
ですが、大きな怪我を少しでも予防することができるようになるのですから、取り組んでいく価値はあります。
館林たまい接骨院でも、指導することができますので、怪我をしないような体作りも考えていきましょう。

たまい接骨院700

« «