館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

冬で悩まされやすい腰痛の解消を

腰痛とは一体どんなことか 院長の日記

冬になると表れてくる腰痛

館林たまい接骨院でも、冬になると極端に増えてくるのが腰痛です。
中でも温めるだけで腰痛が楽になるという人も目立ちます。
お風呂に入ってみるだけで違いを感じることがありますが、これは冬の気温の低さによって痛みだしてくるためです。
この季節になると特有の傷み方をしてくるため、対策も考えていかなければいけないでしょう。

確実に言えることは、冷えからくるのですから、身体を冷やさないことです。
他にもいろいろとありますが、温かい格好をするだけでも違いが出てくるでしょう。
注意しなければいけないのは、身体の末端を冷やさないことにあります。
人間の血液は全身を巡っていきますが、腰を温めたとしても末端が冷えてしまっていると、冷たい血液となるからです。
腰は身体の中心であり、血管も集まっています。
せっかくあったかい格好をしても、末端が冷えていてはあまり意味がありません。
これは逆もしかりです。
末端を温めていたとしても、腰が冷えていれば、手足も詰めたくなるでしょう。
身体全体のことを考えて温めることが、冬の腰痛対策にも意味が出てくるのです。

ショウガをうまく使って温める

館林たまい接骨院でもさまざまな処置ができますが、日常生活の中でもいろいろと対策を講じていかなければいけません。
身体を温める食べ物を取るというのも、冬には欠かせないところでしょう。
中でも注目されやすいのは、ショウガであることは確かです。
ですが、ここで注意しなければいけないのは、生で食べても身体は温めないことです。
ショウガにはジンゲロールと呼ばれる物質が含まれていますが、末端の欠陥まで拡張してくれるところはありがたい成分といえます。
しかし、発汗も促進させるため、熱を逃がしてしまうことになるでしょう。
つまり、生のショウガを食べるというのは、身体の熱を下げることを意味しています。
ショウガには吸熱反応を持つカリウムも豊富です。
水に溶けた際に熱を奪い反応をするため、どうしても冷え性を加速しやすい食品になってしまいます。

ところが、ショウガは加熱すると、ジンゲオールはショウガオールという成分に変化するのが特徴です。
このショウガオールは、ジンゲオール同様に血行を促進させる作用を持っていますが、末端までは届きません。
さらに身体を温める力が持続しやすく、発汗やカリウムによって熱が奪われてもカバーすることができるのです。
この時期は鍋が美味しい時期にもなるため、薬味としてショウガを使うのではなく、ショウガを出しの中に入れて使えば、身体を温めてくれるようになるでしょう。
一緒にカブやニラ、ニンニクなども取れれば、効率的に温めてくれる鍋ができあがります。

異変を感じた時がスタート

仕事でも同じ姿勢を取らないようにするだけで、冬の腰痛対策になっていきます。
筋肉が緊張すると、どうしても血液が流れにくくなるため、どうしても熱が届きません。
腰痛の原因につながっていくため、こまめに動かして血液の流れを助けます。
筋肉をほぐしてあげるだけでも違うため、ストレッチを組み合わせていくといいでしょう。

入浴ということでも、シャワーでなく、浴槽につかるようにすると違いが出てきます。
熱い風呂に瞬間的に入るのではなく、少しぬるめでもゆっくりと時間を掛けるだけで、全身を温めてくれるでしょう。
肩こりなどにも使えますが、寒い冬にはぴったりの方法です。

どんな方法であっても、痛みが出てきたときは我慢しないことが大切です。
すでに筋肉に損傷があるなど、変化が出てきているため、痛みがあることを忘れてはいけません。
しびれが出てきたりすることもあるのですから、何か変化を感じたときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
さまざまな機器が取り揃えてあり、血行改善につかえる鍼灸も選択できます。
整形外科などで改善がみられず悩んでいるときでも、館林たまい接骨院で一緒に解決していきましょう。

たまい接骨院700

« «