館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

暖かくなってきてゴルフをするなら準備運動から

院長の日記

暖かい冬のゴルフ

今年の冬は、結果として暖かいと感じることも多かった年です。
館林のたまい接骨院でも1月はかなり厳しい時期もあったものの、2月は温暖な日も多く、ゴルフにいこうという人も多いでしょう。
身体を動かすのにはちょうどいい気温ともいえるからです。

ゴルフをするなら、気を付けなければいけないことがいくつもあります。
特に怪我に関しては、避けることができない部分があるのは確かです。
例えば手首の怪我は、ゴルフを楽しんでいればだれでも可能性が出てきます。
クラブをスイングしてボールを打つゴルフでは、インパクトの瞬間の衝撃を手首が受けるため、傷めてしまうことが良くあるからです。
衝撃をうまく逃がしながらも、スイングを安定させる技術が必要ですが、これも簡単ではありません。
手首はゴルフのプロでも怪我をしやすい部分で、強く握らずに必要な力をコントロールしなければいけないからです。
館林のたまい接骨院でもよく見られますが、手首の衝撃を肘がうけとり、炎症を起こすこともあります。
ゴルフエルボーと呼ばれるケースですが、どうしても見逃しやすい部分です。
軽く出も痛みを感じ始めたら、早めに館林のたまい接骨院で施術をしていきましょう。

肋骨の疲労骨折

館林のたまい接骨院でもいろいろな例がありますが、ゴルフの怪我は代表的なものだけではありません。
練習をし過ぎた結果で怪我をするようなこともあるからです。
肋骨の疲労骨折は意外と起こしやすい怪我のひとつで、気がつかないうちに起こしてしまっています。
夢中になっていると、身体の各所に負担を掛けている事実に気がつかず、疲労を蓄積してしまった結果です。
筋肉痛と勘違いするようなケースもありますが、実はレントゲンを撮った程度では判別できないことも少なくありません。
あまりに痛みが続くような場合には、疲労骨折を疑うべきです。
整形外科で判断できないときには、館林のたまい接骨院にお越しください。
レントゲンに頼るだけではなく、痛みという原因から状況を判断していきます。
痛み始めた時に来ていただければ、判断も早くなりますので、回復も早期に目指せるのが特徴です。

必ず準備運動から

ゴルフを楽しむためには、日ごろから対応策を考えておくのが一番です。
怪我をしないようにする身体を作れば、もっと楽しむこともできます。
館林のたまい接骨院でもご指導できますが、準備運動を欠かさないことが大切です。
ゴルフというと、走ったりしないことから、あまり準備運動をしない人も見かけます。
ですが、これは大きな間違いで、始める前にはとにかく準備をするのが大事なことになるからです。

人間の身体は、いきなり動くわけではありません。
身体を温めなければ、怪我する可能性はどんどん高まります。
筋肉がけがから守ってくれますが、温まっていなければ固まってしまい、うまく働きません。
軽い準備運動から始めて温めていくことで、この寒い季節でも暖かさを感じることができるでしょう。
体温の上昇も感じられるようになると、怪我はかなり減らせるようになります。

身体を温めるのと同時に、関節周りもよくほぐすことが必要です。
ゴルフでは、身体を回転運動させることで、ボールを飛ばすことができます。
間接が硬いままでは、この力がうまく伝えられません。
その負担がそのまま間接に衝撃となるため、怪我をしやすくなります。
日ごろからストレッチをおこなうことが一番ですので、意識して取り入れていくのが一番です。
筋肉も関節も柔らかな状態を維持できれば、安心してゴルフもできるでしょう。

無理はしない

何らかの痛みを感じたときには、無理をしないことが大切です。
無理をしても怪我は回復するわけではありません。
それどころか、悪化させるしかないことを理解しなければ、ひとつもよくなることがないからです。
館林のたまい接骨院では、ゴルフの怪我も専門的に施術して対応ができます。
これまで傷みが引かなかったような方でも、安心して施術できるのがポイントです。

ゴルフは長く続けられるスポーツです。
怪我をすることで、もう楽しめなくなる可能性も出てきます。
怪我をすれば、日常生活にも影響を及ぼすことになるのですから、どこかに異常を感じたら、すぐに館林のたまい接骨院にお越しください。

たまい接骨院700

« «