館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

サイクリングに気持ちいい季節だからこそ自転車の怪我に注意

院長の日記

自転車での怪我も

自転車で出かけてみたくなる季節になりました。
館林たまい接骨院の周辺の気温も落ち着き、サイクリングにはぴったりの陽気です。
いろいろなところに出かけてみたくなりますが、自転車も転ぶと大きな怪我をします。
自転車で多いのは、打撲と捻挫です。
そのほかにも、館林たまい接骨院で見られるのが骨折なのも忘れてはいけません。
どの怪我も、接骨院の施術の範囲に入ってきます。
転んだりしたときに、少しでも痛みがあれば、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。

重い怪我の場合もある

自転車で転んだというのは、かなり軽くみられる場合もあります。
実際にどの程度なら、館林たまい接骨院にいくのかというのは、大事なポイントです。
自分で身体を強く打ったのがわかったときや、動かしても強い痛みを感じるのなら、大きな怪我をしている可能性が出てきます。
できるだけ早く対処していくのがポイントで、遅れれば遅れるほど、回復も遅くなると考えておきましょう。

怪我の種類によっては、館林たまい接骨院ではない方が適切な場合があります。
たとえば、頭部を強打した場合などでは、適切な病院をご紹介することもできます。
まずは、どのような怪我なのかをはっきりさせるためにも、館林たまい接骨院にご相談ください。

自転車の運転の仕方や扱いにも注意

怪我をしてしまうというのは、なにか問題があるのは確かです。
単純に転ぶというのも、原因が隠れています。
最近多くみられるようになったのは、スピードの出し過ぎでしょう。
自転車が高性能化し、簡単に速度が出るようになりました。
スピードが出れば、それだけ転んだ時にも衝撃は大きくなります。
怪我の度合いも高くなるため、スピードは抑えて楽しむのが大切です。
特に暗く視界が悪くなってきたら、十分に速度を落とし安全運転しなければいけません。

社会問題にもなりましたが、人ごみの中を疾走する自転車も危険です。
急に止まれないのは同じですが、自分が怪我をするだけではなく、ぶつかった人も巻き込んでしまいます。

これも大事なことですが、飴の日はできるだけ乗らないようにしましょう。
自転車は2輪であり、雨の中では安定性が極端に下がります。
急に止まれず自分で転んでしまう場合もあるため、出かけるときには晴れの日を選ぶべきです。

自転車の安全点検も転倒防止には大切です。
定期的に問題がないかチェックするとともに、ブレーキなどの機器も確認しておけば、あとで後悔することもなくなります。

たまい接骨院700

«