館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

週末には注意!ブラックアイスバーンの恐怖

院長の日記

f81f7428cfbd53a104c0c761d6786b8f_s

凍った路面に見えないブラックアイスバーン

関東の天気予報で、7日は崩れるのではないかという予報が出てきました。
それも東京で雪という予報を出すところまであります。
たまい接骨院のある館林も例外ではなくなるため、車の走行を含め、十分に注意と警戒が必要です。
その中で、スリップ事故が多発するのが、ブラックアイスバーンと呼ばれる状態です。

滑ったら止まらない

ブラックアイスバーンは、路面の状況の中でも非常に危険です。
その理由のひとつが、認識時の問題にあります。
運転するときには、どのような路面状況になっているのか必ず確認しているでしょう。
この状況は、そのまま運転方法にもつながります。
ブラックアイスバーンは、路面が凍っている状況にもかかわらず、見た目は濡れているだけです。
黒く見える状況を見たら、館林たまい接骨院の周辺では、まず凍っているとは考えません。
冬場の雪面で走る機会も少ないため、濡れているだけと考えてしまいます。
これが非常に危険で、タイヤのグリップ力が低下する状況に注意せずに侵入してしまうため、スリップ事故につながるかもしれません。

まっすぐ進んでいるときならいいでしょう。
そのまま乾燥した路面にたどり着けばグリップを取り戻すからです。
これがカーブだったら、滑って突っ込んでいきます。
そのときに、もしも人がいたら、確実に人身事故です。
どんなレースドライバーだったとしても、氷の上で滑った車は、止めるすべがありません。
ブレーキを掛けたとしても、タイヤはロックしたまま滑っていきます。
ハンドルを切ってもなにをしても、滑っていくだけの状態だからです。

ブラックアイスバーンの対策は

ブラックアイスバーンの対策で一番効果的なのは、速度をあげないという現実的な部分です。
早期に路面状況を認識すれば、速度は確実に落とせます。
ブラックアイスバーンが起きると知識を持ち、ちょっとでも異変があると感じたら、すぐに速度を落とすべきです。

グリップ力という面では、スタッドレスタイヤが必要です。
チェーンを巻くという方法もありますが、館林たまい接骨院の周辺で使うというのは、現実的ではありません。
よほど雪でも降れば可能性もありますが、実際に巻くというのはほぼないといってもいいでしょう。
それよりも、なにかあったときに合わせて、スタッドレスタイヤを装着しておくのが基本です。
これだけで、危険性はかなり下がるのは間違いありません。
スタッドレスタイヤは、雪面や凍った路面でも、グリップしやすく作られています。
ブレーキを踏んで停止するまでの制動距離は、ノーマルタイヤと比較できないほどの性能を発揮できるからです。

もちろん、必要以上の速度を出さず、注意して走るのは大前提です。
交通事故を起こし、怪我をしたときには直る可能性もあります。
車にしても、修理をすればいいでしょう。
しかし、死亡事故のような大きな交通事故につながれば、後悔ではすみません。
危険だと思ったら、運転しないという選択肢も大切です。
運転の必要があるとしても、無理をしないようにしていきましょう。

たまい接骨院700

«