館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

走っていて肉離れを起こしたら

院長の日記

一人で夢中で走っている時に

7745889b2b17f3c0ffb367807541ac2d_s

ソーサルディスタンスは、かなり浸透してきました。
館林たまい接骨院でも、コロナ対策として色々な取り組みをしていますが、運動するにしてもいろいろと考えることが出てきます。
その一つとして接近しないようにするというのが挙げられますが、なかなか難しい問題でしょう。
そこで走るということを選択する人も増えました。
一人で走って運動をするのであれば、マスクなどの着用もあまり必要とは言えません。
人と接触しないようにするだけで感染の確率をかなり下げられるからです。
ですが、一人で走るからこそケガの心配もしなければいけません。

力のかかりやすい太もも

eaca5a03599ffec00eb4b21d9f1bd8ff_s

走っている間に大きな怪我をしやすいのが太ももです。
着地をする時に、足には非常に強い力がかかります。
その時反発するのが太ももの筋肉で、館林たまい接骨院でも、肉離れをするケースが非常に多く見られるのです。
肉離れとは筋肉が断裂してしまっている状態です。
太ももだけではなく、ふくらはぎの筋肉が切れるケースも見られます。
筋肉には血液がたくさん通っていますが、断裂すれば内出血を起こしたり、筋肉自体が炎症を起こしたりするのです。

太ももの肉離れの大きな特徴が、とにかく痛みが出ます。
筋肉が断裂するのですから当然ですが、血液が患部を圧迫するため、驚くほどの痛みがあるのです。
とにかく早い段階で施術をするのが大切で、成長期などには剥離骨折まで発展しているケースも少なくありません。
太ももは非常に強い力がかかるので、怪我には十分注意が必要でしょう。

太ももの肉離れを起こしたと思ったら

191018

もしも、太ももが肉離れを起こしたと思ったら、まずは冷やしてください。
炎症を起こしている時にはまずは冷やすのが大切です 。
できるだけ安静にしながら、水に濡らしたタオルを患部にかけます。
氷などがなくても構いません。
とにかくすぐに冷やすことが大切です。

冷やすことによって、内出血を抑えることで炎症の拡大を防ぎながら、ダメージを増やさないようにします。
あまりに冷たくしてしまうと、今度は回復に使う血液も足りなくなるので、30分程度を限界としやしていきましょう。
後はできるだけ患部に体重をかけないように移動しつつ、館林たまい接骨院においで下さい。
歩く時にはできるだけ体重をかけたりしないだけでも出血を抑えられます.
館林たまい接骨院は、平日土曜日は19時までやっておりますので、早い段階で処置していきましょう。

たまい接骨院700

«