館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テニスの代表的な怪我であるテニス肘

テニスの怪我の参考に

【テニスの持つ危険性と怪我】
テニスの怪我というと、テニス肘という言葉を聞いたことがあるはずです。
最も気をつけなければいけないといわれているもので、バックハンドを繰り返すことにより、テニス肘なる危険性が高まります。
このテニス肘は、正確には、上腕骨内側上顆炎と呼ばれるもので、ひじ関節の親指側の骨のでっぱりの部分での炎症を指すのです。

バックハンドで打つことで前腕から肘の関節部分の腱に負担がかかります。
結果として出血したり断裂したりしてしまうことが原因になるのです。
悪化する前に処置をすることが重要ですので、痛みが出るようであれば、館林市本町のたまい接骨院にご相談ください。

 

【始めたばかりの人に多いテニス肘】
テニス肘が多くみられるのは、まだ始めて間もなくの人であるということも注目するべきでしょう。
フォームが定まっていない状態は、筋肉にかかる負担を高めてしまいます。
どうしても肘にかかる負担も高まってしまい、テニス肘になるリスクを抱えていくのです。

テニスを含めて日ごろスポーツはしないという人も、この中に含まれます。
筋肉がうまく使えないため、負担が増えてしまうことが原因です。
バックハンドのフォームが定まっていないということは、手首や肩にも負担をかけるようになりますので、必然的にほかの怪我も増えることになります。
ダメージということを考えると、かなり大きなものになりますので、違和感を覚えたときには、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院などで施術を受けるべきだといえるでしょう。

 

【テニスはボールを打つだけが練習ではない】
テニス肘がだんだんと悪化してくると、テニスをするどころか日常生活にも支障をきたしてくる怪我です。
何かを握ることもできなくなってしまいますので、タオルを絞ったりすることも困難になるなど、かなりの影響を出し始めます。

そうなる前に、館林市本町たまい接骨院にご相談いただければ、カウンセリングから原因を突き止め、施術を進めていくことができるのです。

練習を休んだりすることになりますが、テニスはラケットを握っていないときでもできる練習はたくさん存在します。
自分がどういったイメージを持っていくのかということも重要ですし、テニスに大切な基礎的な体力をつけることも練習です。
館林市本町たまい接骨院では、練習の休止を進めますが、体力作りなどテニスにとって大切なことを指導することができますので、テニス肘ことだけではなく気兼ねなくご相談ください。

たまい接骨院700

«