館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テニスで起こしやすいアキレス腱炎とフットワーク

テニスの怪我の参考に

【テニスの足への負担と炎症】
ストップ&ゴーを繰り返すテニスは、足への負担が高い競技です。
方向転換も頻繁に行うため、アキレス腱に対する負担は高く、急激な収縮と伸縮を繰り返すため、アキレス腱炎は避けて通ることができません。
反復により過度に緊張とストレスを加えていくため、アキレス腱自体を傷め断裂してしまうこともあるのです。

館林市本町たまい接骨院でも、炎症がひどくなってしまい、歩行が困難になってしまうアキレス腱炎もあります。
そうなってしまう前に、ケアを考えていくことが重要となるのです。

 

【フットワークを維持するために】
テニスにとって、フットワークはラケットのスイングを決める前の段階として、機敏に反応できることが求められます。
フットワークが悪ければ、それだけ振り回されることになり、体力も消耗してしまいますし、試合のコントロールも効かなくなるからです。
もちろん、先手にも取れなくなりますので、常に不利な状況となってしまいます。
それだけ重要なのですから、アキレス腱炎になってしまった場合には、できるだけ早く回復を目指さなければいけないでしょう。

館林市本町たまい接骨院では、筋肉の緊張をとることができます。
最新機器を使うことで、アキレス腱炎に対しても効果を上げることができるとともに、テーピングを施すことも可能です。
注射をしたりするのと違い、影響が少ない保存療法ですので、テニスを長く続けたいと思う人に向いているといえるでしょう。

 

【テニスを休むと消えてしまうのは】
アキレス腱炎は、テニスだけではなくほかの競技でも発症してしまう可能性があります。
館林市本町たまい接骨院でも、いろいろなスポーツでのアキレス腱炎がありますが、慢性化しやすいのが特徴となっているのです。

問題となるのは、テニスなどを中断させれば痛みも治まってしまう点にあります。
これが重要で、これで治ってしまい、これ以上は考えなくてもいいだろうと考えてしまうのです。
これが慢性化へのプロセスで、だんだんと回復ができなくなり、動くこともつらくなってしまいます。
そうなると、日常生活にも支障が出てくるようになってしまいますので、アキレス腱炎かなと思ったら、館林市本町のたまい接骨院にご相談ください。
テニスを長く続けていくためには、早く回復させましょう。

たまい接骨院700

« «