館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

シンスプリントはテニスをしている10代になぜ多いのか

テニスの怪我の参考に

【テニスを行っている10代に多いシンスプリント】
テニスをやっている10代に多く見られる怪我の一つに、シンスプリントがあります。
正式名称は、脛骨疲労性骨膜炎といい、疲労が主な原因です。
テニスでもそうですが、オーバーユースを繰り返していると負荷がかかり、シンスプリントになってしまうことがあります。
よくジャンプをする競技に現れやすいといわれることがありますが、テニスではストップ&ゴーを繰り返して行うため、大きな負荷がかかり発症してしまうのです。
特に成長期を迎えた10代に多く、かなりつらい痛みを抱えてしまうことになりますので、異常を感じたら、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【シンスプリントと筋力の関係】
シンスプリントが、10代に見られるのは、基本的な筋肉の弱さにあります。
筋力が十分に整っていないため、激しい運動をした場合に対応することができないのです。
初期のうちは、テニスをしているときにだけすねの周りに違和感を覚え、鈍い痛みを感じます。
対したことはないと考えていても、だんだんと集中して骨の部分に痛みを感じるようになってくるのです。

シンスプリント特有の症状ですが、筋肉が骨についている部分で骨膜の炎症を起こしているため、すねの骨の一部分に集中した痛みが出てきます。
初期段階では、休ませれば痛みを感じなくなるため、あまり真剣に怪我だとは思わないものですが、実際には炎症は収まっておらず、テニスを繰り返しているとかなりつらい痛みへと変わってくるのです。
この状態を続けていると、日常生活にも支障をきたすだけではなく、疲労骨折につながることもあります。
怖い状態であるともいえますので、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院にいらしてください。

 

【休止中も筋力を下げないようにすること】
シンスプリントは、テニスを休止し休ませることが一番ですが、その分だけ筋力も落ちてしまい、また繰り返す危険性が出てきます。
休ませながらも、筋力を低下しないような練習を取り入れていくことが重要となりますので、施術だけではなく館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
ケアの仕方まで指導することもできます。

実際にシンスプリントを起こさないようにするためには、テニスのプレーに耐えられるだけの金力づくりが大切です。
さらに、入念なストレッチとアイシングを欠かさないようにするだけでも、かなり軽減されることがあります。
普段の走り方や、構えの方法でもすねにもストレスを与えることになりますので、しっかりしたフォームを身につけて、プレーの精度を上げていくことも大切です。
館林市本町たまい接骨院では、回復を目指した施術のほかにも、ストレッチ方法やウォーミングアップに関してもご相談に乗ることができますので、まずはご来院ください。

たまい接骨院700

«