館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

腰痛は野球やソフトボールでの疲労が大きく関与する

野球とソフトボールの怪我とは

【野球やソフトボールが引き起こす腰痛とは】
腰痛の原因というものは、大変複雑なものがあります。
一般的に、野球やソフトボールでの腰痛を考えてみても、疲労性腰痛症や椎間板変性、すべり症や腰椎分離症、脊柱狭窄症のような神経にまで障害を有してしまうものまであるのです。

筋肉が原因の場合、疲労と弱化があります。
野球やソフトボールでの怪我を考えた場合、疲労がたまってしまい筋肉の腰痛を引き起こしてしまうのです。
この筋肉は、体重の70%を支えていると考えられ、野球やソフトボールの様なスポーツを続けていると、負担が大きくなっていき、疲労となって腰痛が表れてきます。
この腰痛は、筋肉の緊張が強くなり、腰椎の前湾を強めてしまったりすることで、腰椎症を起こしやすくなってしまうのです。
ここから繰り返し運動のようなストレスを加えていくと、内部組織にもダメージが増え、悪化していくことになります。
そうなってしまう前に、館林市本町たまい接骨院では筋肉の緊張をほぐして行くことができるのです。

 

【疲労と関連性の強い腰痛】
野球やソフトボールの腰痛の中でも、多く見られるのは腰椎分離症でしょう。
疲労性疾患の一つで、成長期に見られます。
身長の成長と筋力のバランスが悪くなってしまった時期に、同じ動作の伸展と旋回運動を繰り返すことで、ダメージが蓄積して発症してしまうのです。
分離症とは、疲労骨折のことで、突起状になっている部分が折れてしまい、痛みが出ることが多くなっています。
ただし、レントゲンを撮ってみて骨折していることがわかっても、痛みが出ないこともあります。
そのため、筋肉の疲労との関連性が指摘されていますが、さらに悪化し腰椎分離すべり症などになってしまうと、神経症状まで伴うことになるのです。

館林市本町たまい接骨院では、カウンセリングと触診によって判別していくことになります。
早期の発見が重要であることはもちろんですが、周辺筋肉の疲労を手技によって回復させ、弾力を取り戻すことが重要です。
整形外科では、固定によって疲労回復を待つことになりますが、もっと直接的な対応をとってくことが可能となっています。

 

【野球やソフトボールに理解度が高いからこそ】
野球やソフトボールの場合、腰の動きは大変重要です。
正しく正確な動きをしている場合には、負担も減らしていくことができますが、悪いフォームのまま続けていると、高いストレスを掛けることにつながり、腰痛を引き起こしてしまう原因ともなります。
館林市本町たまい接骨院では、施術だけではなく、こうした部分でも指導することができるのです。
館林市本町たまい接骨院の院長は、総合格闘技の現役選手であり、学生時代は名門ソフトボール部の選手でした。
そのため、野球に関しても動きのチェックなどもすることができますし、リハビリの指導もすることが可能なのです。

野球やソフトボールでの腰痛は、長引いてしまうことも多く、プレーに支障をきたすことも少なくありません。
できるだけ早く施術を開始し、疲労をためないようにしていくことが、重要なポイントとなってくるのです。

たまい接骨院700

« «