館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

柔道で行う受け身が怪我を抑制する

柔道で起きやすい怪我と対処

【柔道の授業と考え方】
柔道という武道の中で、受け身をとれるかどうかということは、怪我に直結する重要な部分になります。
館林市本町たまい接骨院でも、柔道における怪我の施術はありますが、やはりしっかりした受け身が取れないと、怪我もしやすく重くなってしまうのです。

最近では、中学校の授業でも必修となりました。
その中で、受け身に関することを指導していきますが、どうしても限られた時間の中でとなってしまうため、全員がしっかり練習し習得することができるわけではない現状があるのです。

もう一つ、柔道で怪我をしてしまう原因として、考え方の違いがあります。
格闘技の中でも柔道は、相手の体力を奪いダウンさせたりするものではありません。
道を究めるために技を磨く武道であり、相手を倒すものではありませんので、怪我をさせたりさせないように配慮することが柔道の姿でもあるのです。
そのためにも、しっかりとした受け身を取れるようにするとともに、怪我をしないような投げ方も考えていくべきだと考えています。
それでも怪我をしてしまうことがありますので、そんな時には館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【受け身が持つ意味】
柔道の受け身というと、どうしても手を抜く人も出てきます。
投げて見たいと思うこともあるでしょうが、怪我を抑制するためには決して欠かすことができません。
受け身をとるということは、投げられたときの衝撃を分散させ、筋肉などに強い衝撃を与えないようにすることができるのです。
派手に音を出したりすることもありますが、これも衝撃を大きな面積に分散させることで、ダメージを抑える方法になります。
一つ一つに理由があり、何も意味もなくやっているわけではありません。
こういったことをカッコ悪いと思うかもしれませんが、大けがをしないためには重要な行為なのです。

受け身が取れたとしても、衝撃はすべて逃がすことができるわけではなく、骨に伝わるダメージは残ります。
怪我をしないようにするためにも、投げる側が配慮しなければいけない部分でしょう。

さらに、頭から落としたりするような投げを打てば、大けがにつながってしまうこともあります。
相手のことも考え、行っていかなければいけませんが、怪我をしたりしたときには、館林市本町たまい接骨院に相談してみてください。
そのままでは回復できないこともありますので、できるだけ早く施術開始することがカギになるのです。

 

【女性だからこそできる配慮があるから】
館林市本町たまい接骨院の院長は、総合格闘技の選手です。
それも女性であるということが重要になります。

中学校などでも柔道を行うようになり、女性でも怪我をしてしまうことが出てくるでしょう。
そんな時でも、接骨院では肌を露出させなければいけないため、どうしても施術を考えてしまうこともあるはずです。
ですが、女性院長であるために、そういった気持ちの配慮もすることができます。

痛みを我慢することは、大変つらいことです。
それも、いつ治るかわからないような状況は、精神的にもつらいものとなってしまうでしょう。
精神的にも明るくなれるように施術を進めていきますので、まずはご相談ください。

たまい接骨院700

« «