館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

サッカーでリスクを考えなければいけない中足疲労骨折

サッカーでしやすい怪我と対応

【サッカーで多発する中足疲労骨折】
硬い地面でサッカーをプレーしていたりすると、中足疲労骨折になってしまうことがあります。
サッカーは特に多いといわれており、気を付けておかなければいけません。
原因はほかにもあり、シューズが硬いことで起こってしまうケースや、足の裏のバランスが悪く指に負担がかかる場合など、様々な条件で引き起こされます。
原因のほとんどは、オーバーユースが中心にあり、動作の負荷が問題となるスポーツ障害としても知られているのです。
そのため、一般的な骨折とは明らかに異なる過程がありますので、ほかの痛みと思い館林市本町たまい接骨院を訪れて発見するケースもあります。

 

【サッカープレイヤーの中足疲労骨折の個所と割合】
中足疲労骨折の場合、10歳ぐらいから高校生ぐらいに多発しています。
筋力バランスが悪いだけではなく、サッカーでも不適切なトレーニングを繰り返すことによって、中足疲労骨折を起こしてしまうことがあるのです。
オーバーユースという面では、ハードな練習を繰り返して怒ることもありますが、バランスを崩すという面では一般競技者でも中足疲労骨折を起こす可能性があります。

どの骨が一番危険かといえば、第3中足が最も多く、第2、第4の順で多くなりますが、第5中足骨折は非常に治りにくくなってしまうのです。
第1中足骨折はほとんど起こりません。

発症のパターンとしては、急激に痛みを感じる場合と、徐々に痛み出す場合がありますが、男性の8割が急激な痛みを感じているという統計があります。
打撲した覚えも、外傷も見当たらないため、よくわからずにサッカーを続けてしまうこともありますので、注意しなければいけません。

 

【わかりにくい中足疲労骨折の発見】
館林市本町たまい接骨院では、カウンセリングなどによって判別していきますが、整形外科のレントゲンで見つからないケースもあります。
発症直後のケースがほとんどですが、明らかに骨折しているとは判断することができず、MRIなどで見つかることもありますので注意が必要です。

館林市本町たまい接骨院としては、急性の段階ではRICE処置を行います。
歩行時につらい場合には、松葉づえなどで負荷を減らすことも考えなければいけません。

再発防止のためには、原因の追究が重要です。
体重の増加は、サッカーを行う上で疲労につながりやすくなりますので、中足疲労骨折から考えれば絞り込むことも考えなければいけません。
これは、体型的な特徴からもかかわる問題であり、衝撃を逃がせないような体型の場合には予防策を考えなければ、再発につながってしまいます。
サッカーのシューズも重要で、足に合わないようなものを使っているのは大変危険です。
足の特徴を考え選択する工夫が必要となります。

トレーニング量やバランスも適当なのか、判断をし直す必要もあるでしょう。
テーピングすることも再発予防になりますが、一般的な方法とは異なりますので、館林市本町たまい接骨院でご指導することが可能です。

たまい接骨院700

« «