館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

バレーボールでの腰痛には柔軟性の高い体を

バレーボールの怪我の特徴

【バレーボールのオーバーユースが引き起こす腰痛】
バレーボールの怪我は、接触のない競技であるということもあり、オーバーユースが原因となっていることが多くなっています。
筋肉の使い過ぎということがポイントで、これによって慢性疲労性腰痛を起こすことがあるのです。
一般的には、これが急性として起こった場合にはぎっくり腰と呼んでいますので、わかりやすい言葉でしょう。

もしも、こうした腰痛を引き起こしてしまった場合には、できるだけ早い段階で館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
なかなか移動ができないような場合には、急性の場合には必ず冷やすようにしておくと、悪化させないようにすることができます。

 

【日常生活でも考えていく】
慢性的な疲労により腰痛を引き起こしやすいことがわかっていますので、バレーボールの練習の合間であっても、体の汗を良くふくことが重要です。
単純なことですが、これだけでも体を冷やさないようにすることができますので、疲労の蓄積に効果を発揮することができます。
練習後は必ず入浴し、疲労回復に努めることも重要です。
こうした自己管理によって、腰痛はかなり抑えることができますので、細かなことではありますが実践していくことが重要であるといえるでしょう。

もう一つは、バレーボールを以外でも腰を傷めないように配慮して生活することです。
ただでさえ疲労が蓄積し、腰痛になってしまいがちな状態ですので、重いものを持つ時などは、腰で持ち上げないようにすることが大切だといえるでしょう。
ひざを曲げ、荷物を体に寄せてから持ち上げるだけでも、負担を軽くすることができます。
こうした管理を徹底していくことで、バレーボールを続けていけるようになるでしょう。

それでも痛みを覚えたときには、館林市本町たまい接骨院にご相談いただければ、カウンセリングから原因を探り、適切な施術を進めていくことが可能です。

 

【バレーボールを続けたいのなら柔軟性の高い体を】
腰痛を引き起こしてしまう原因は、体が硬いということがあります。
たとえば、立体前屈で手のひらが床につかないようでは、バレーボールを続けていくうえで、かなり体が硬いといえるでしょう。
ひざを抱えて座った時に、胸につかないような状態では、改善を考える必要が出てきます。
館林市本町たまい接骨院でケアしていくことはできますが、それ以上に柔軟性の高い体を作ることも考えなければいけないでしょう。

怪我をしないようにストレッチを繰り返して行くことは大切です。
どうしたら怪我をしないような体をつくれるかということも、館林市本町たまい接骨院でおうけすることができますので、まずは気軽にご相談ください。

たまい接骨院700

« «