館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

筋肉に疲労がたまって発症する腰痛とは

腰痛とは一体どんなことか

【筋肉疲労による腰痛】
筋肉の器質的痛みの中でも、筋肉疲労というものは、気が付いたら腰痛につながってくるため、原因が特定しにくいものにあたります。

腰の周りには、さまざまな筋肉が支えています。
中には、奥深くにある大腰筋や脊柱起立筋のようなものまであり、さまざまな負荷から守ってくれているだけではなく、正しい姿勢もできるようにしているのです。
それだけに、酷使しやすい筋肉群でもあり、日常生活だけではなく、仕事で同じ姿勢を続けるなど酷使していると、どんどんと疲労がたまっていってしまいます。
これが、炎症につながり、鈍い痛みを出してくることがあるのです。

腰痛につながってしまうと、簡単に回復できないのも、疲労が原因となっている場合の特徴といえるでしょう。
館林市本町たまい接骨院では、こうした状態も手技によって回復させていくことが可能です。

【疲労物質が蓄積する理由】
筋肉というものは、動かしているからこそダメージを受けるわけではありません。
同じ姿勢を続けていたりすると、その分だけ筋肉が緊張することとなり、血流が悪くなります。
これが鈍い痛みにつながってしまいますが、さらに問題なのが疲労物質や痛みの元となる物質が流れ出ていかなくなってしまうのです。
本来は、血流と共に流され、疲労を回復させていくことができるのですが、固くなってしまった筋肉は、どんどんと貯め込み、痛みは増大していくことになります。
そのおかげで、筋肉も靭帯も弱くなっていってしまうのです。

この状態で、腰をひねったり、重い物を持ち上げたりすれば、負担に耐えることができなくなり、捻挫して大きな痛みにつながることもあります。
これがぎっくり腰の一つの原因になるのですから、日常生活が大きな要因となってくることがわかるでしょう。
こうした要因は、どうしてもわかりにくいものとなります。
館林市本町たまい接骨院では、必ずカウンセリングを行ってから施術を始めていくのも、こうした日常生活の疲労などが背景にないかを考えていかなければいけないからです。

【疲労が長く続いて発症する腰痛】
問題となるのは、こうした筋肉疲労が長く続いていった状態でしょう。
そうならない様に、できるだけ早く腰痛を館林市本町たまい接骨院で回復させてしまうことが重要なことは間違いありません。

筋肉が固くなり、支えられなくなるということは、骨の位置もずれやすくなってしまいます。
簡単な衝撃で腰の障害につながることも出てきますが、椎間板ヘルニアのような状態になることさえあるのです。

疲労がたまっている状態ですので、数日安静にしていると腰痛が回復することもあります。
しかし、根本的にダメージを負ってしまえば、回復することができなくなってしまうため、館林市本町たまい接骨院での施術で筋肉の緊張をほぐし、疲労物質をたまらないようにし、腰痛を回復させることが重要なのです。

基本的にだるさを伴い、鈍い痛みであるがゆえに放置しやすいものではありますが、悪化させないようにすることが重要だといえるでしょう。

たまい接骨院700

« «