館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

腰痛の種類と原因はどこにあるのか

腰痛とは一体どんなことか

【腰痛は腰が痛いというところが共通でも】
腰痛ということを考えた場合、かなり多くの種類があることに注意をしていかなければいけません。
腰が痛いということは共通のことであっても、その症状によって、館林市本町たまい接骨院のようなところがいいのか、それとも内科で見てもらうべきなのか違いがあります。
もちろん整形外科で診断を受けたほうがいい場合もありますが、その場合には館林市本町たまい接骨院でも、必要に応じて手配することができますのでご安心ください。

【多くの種類が存在する腰痛】
一口に腰痛といっても、本当に数が多く、一部だけ抜粋してもこれだけの種類があります。
椎間板ヘルニア
筋膜性腰痛
骨粗鬆症
腰部脊柱管狭窄症
腰椎分離
変形性腰椎症
坐骨神経痛
急性腰痛や突発性腰痛

さらに、館林市本町たまい接骨院では施術することができない下記のものも存在しています。
化膿性脊椎炎
脊椎カリエス
脊椎腫瘍
脊髄腫瘍

これらの中にもいろいろな種類が存在しますので、大まかに分けてと考えたほうがいいでしょう。

よく名前を聞くものもあるはずですし、全く名前を聞かないものもあるはずです。
ですが、ぎっくり腰と呼ばれているのが急性腰痛だったりもしますので、実は自分には起きないというような、遠い世界の言葉ではなかったりもします。

【原因が特定できないことが多いわけ】
腰痛を発症したり、受傷したりしてしまう原因には、外的要因から内的要因までさまざまです。
中には、容易に特定できないものや、どんなに調べてもわからないものまであるということを忘れてはいけません。
かなり複雑な要因が絡みあい、単純に割り出すことはできないといってもいいでしょう。
自分が痛いと思っていても、レントゲンでは写ることがなく、いつまでたっても原因がわかならないということもよくあります。
これも、原因が一つのものではなく、さまざまな要因が関係しており、特定が困難になってしまうということにつながっていくのです。

もしも、何らかの痛みを覚えたときには、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
外的要因や内的要因をカウンセリングから探っていきますので、痛いという事実からどうやって痛みを減らし、回復させていくのかを考えていきます。
レントゲンをとってもわからないような場合でも、さまざまなアプローチで対応する方法を考えていくことができますので、腰痛の苦しみを緩和させていくことができるからです。

たまい接骨院700

« «