館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

オーバーユースが引き起こす野球の怪我としての背部挫傷

野球で起きる具体的な怪我

【一定の動きをする野球だからこそ】
野球は、一定の動作を繰り返す部分を持っているスポーツです。
投球フォームや打撃フォームなど、ある程度決められた形にすることで怪我を未然に防ぐようにしていきます。
しかし、強い力を与えることにより、筋肉がむりに伸ばされてしまうことで、廃部挫傷を起こすことがあるのです。
これも、軽いものから重度のものまであり、ひどい場合には筋肉組織が断裂してしまうこともあります。
もしも、筋断裂まで言ってしまえば、機能を果たすことはできなくなり、スポーツ障害として残ってしまう可能性も出てくるのです。
そうなる前に、違和感を覚えたら、館林市たまい接骨院にご相談ください。

【野球でのオーバーユースが問題】
背部挫傷は、強い衝撃を受けたときにも引き起こされる怪我です。
野球の場合には、背中に衝撃を受けるようなことはまれですので、同じ動作が問題になるといえるでしょう。
特にオーバーユースになってしまうと、危険性は数倍に上がってくると考えておくべきです。
背中周りの筋肉が硬くなってしまっているような場合には、柔軟性がなくなり怪我をする可能性が高まっていきます。
日ごろから体のケアを欠かさず、練習後にはクールダウンを取り入れ、疲労物質を筋肉にためないようにしていくことも重要なのです。

【背骨がずれる?ゆがむ?】
背部挫傷は、簡単に言えば、背中のぎっくり腰であるといえるでしょう。
館林市たまい接骨院でもよく見られるケースです。
息をするたびに、肋骨まで嫌な痛みを感じることも出てきてしまいます。
ですが、ここで勘違いしてはいけないのは、背骨がずれているとかまがっているとかで起きることではありません。
人間の背骨は、強靭な筋肉でつながれており、野球をしたから背骨がずれたりすることはまずありえないのです。
背骨は曲がって当然の部分ですので、こういったことは起きないと考えるべきでしょう。
館林市たまい接骨院では、しっかりとした理論に基づき施術をしていきます。
体に違和感を覚えたら、悪化させる前にご相談ください。
できるだけ早く施術を始めていくことが、ダメージを残さないためにも大切です。

たまい接骨院700

«