館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

腰痛とは一体どんなことか

たまい接骨院で施術することができない内科的疾患の腰痛

腰痛とは一体どんなことか

【筋肉や骨だけではない痛みの原因】
腰痛は館林市本町たまい接骨院や整形外科で症状を緩和できます。
しかし、どうしても施術することはできないのは、内科的疾患からくる腰痛の場合です。
内臓というと、腰痛と関係ないと思われがちですが、胃や肝臓、腎臓といった内臓でも、腰に痛みが出てくることがあります。
そのほかにも女性の子宮に関する病気はよく知られているところでしょう。

【内臓から痛みが来るパターン】
腰に痛みが来るのには、いくつかの理由があります。
たとえば、臓器の傷みが腰にまで響くというケースです。
これを放散痛と呼びます。

もう一つが関連痛と呼ばれるものです。
こちらは、脳が痛みを勘違いして起きてきます。
別の部位に問題があるのですが、病気自体が腰の付近にまでおよび痛みをもたらしているため、こうした勘違いが起きてしまうのです。
どんな形にせよ、内臓から腰の痛みに発展することは、病気を発見するために重要な意味を持ちます。

内科的疾患の場合、館林市本町たまい接骨院では対応できません。
直接的な要因が判明しない場合、専門医の診断を受けるような指導も行っております。
この場合には、病巣を取り除かなければ腰痛を回復させることはできないからです。

ただし、すべての内臓の病気が腰痛を引き起こすわけではありません。
それでも、安静にしているだけでも痛みが出たり、就寝中でも痛みだし、熱や寒気、吐き気やだるさなどを伴ったりする場合には、内臓疾患を疑うべきです。
排尿や排便の異常がある場合には、内科に行ってみましょう。
その結果、問題がなかった場合には、館林市本町たまい接骨院においでください。

【内科的疾患は命取りになることがある】
実際の問題から考えた場合、内科的疾患が原因になる腰痛は、全体の1%程度だと考えられています。
ほとんどの場合には、筋肉や骨の問題による痛みだと考えることができますので、ご相談いただければ対処することができるのです。
しかし、内科的疾患を見逃してしまうと、致命的なことになる場合もあるということも、覚えておかなければいけないでしょう。

痛みの原因がわからない非特異的腰痛とストレス

腰痛とは一体どんなことか

【原因がわからない】
腰痛の中には、どうしても原因がわからないものがあります。
実は、腰痛全体の85%が、この原因がわからないけど腰が痛いという悩みなのです。
これを非特異的腰痛と呼びますが、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査で原因を突き止めることはできません。
館林市本町たまい接骨院では、筋肉のこわばりをほぐしたりして、痛みからの回復を目指せます。
原因が突き止められなければ、腰痛症や坐骨神経痛とされることもでてきます。

なぜ、この二つで片付けてしまうのかといえば、腰痛症という言葉には、筋肉の疲労や怪我が原因であろうという意味があり、坐骨神経痛には神経症状であると丸めてしまうからなのです。
どんなに痛みがあったとしても、異常が見つからなければ、この二つにしてしまうのですから、痛い側からすればたまったものではないでしょう。

【痛いということは間違いなくても】
こうした非特異的腰痛が、これだけ多くなってしまうのかといえば、腰が痛いという状況は同じであっても、原因は一つではないということです。
腰は体を支える重要な部分であり、体が老化したり筋力が低下したりしても負担が増えていきます。
さらに、運動不足や疲労の蓄積、生活習慣上の問題などが絡み合っていくのです。
その結果、いったいどれが主たる原因なのかさっぱりわからなくなってしまいます。
原因の特定から対処へと至ることが難しくなってしまうのです。

館林市本町たまい接骨院では、カウンセリングによって、生活習慣上の問題なども掘り下げていくことができます。
対応して、施術もしていくことができるようになっているからこそ、対策になっていくのだといえるでしょう。

【原因を複雑にするストレスの存在】
ストレスということも忘れてはいけません。
いろいろな原因が関係していきますが、ストレスが占める割合が増えてくると、余計原因がわからなくなってしまいます。
強い痛みに代わってくる可能性も高まるのですから、腰痛の天敵なのです。
それでも、館林市本町たまい接骨院の様に、筋肉の緊張をほぐすことによって、痛みの緩和と共に血行改善させることができます。

急性と慢性の腰痛の問題と過度の安静

腰痛とは一体どんなことか

【大きく分けて考える】
腰痛は、大きく分けると急性腰痛と慢性腰痛に区別することができます。
急性腰痛とは、痛みがおこってから4週間以内に収まるものと定義することができますが、突然急激な痛みに襲われたりするのが当てはまってくるのです。
ぎっくり腰などが含まれてくることになりますが、いったい何が原因だったのか明確にわかる点も急性腰痛の特徴といえるでしょう。

基本としては、安静にしていると痛みが和らいでいきます。
どんなにつらいものでも、1か月安静にすることができれば、9割は完治するといわれていますが、何かと忙しい現代社会では、これだけの時間をかけるのは不可能でしょう。
館林市本町たまい接骨院でも施術を行っておりますが、まずは痛みの原因を特定し、緩和させていくことができます。
そのうえで、回復を早めていくことができますので、まずはご相談ください。

この急性腰痛のもう一つの特徴としては、非特異的腰痛が大部分です。
はっきりと原因が特定できません。

【長く続いている場合には】
慢性腰痛の場合、3か月以上も続いてしまうものを指します。
急激な痛みというよりは、鈍くつらくいつまでも続いていくのが特徴です。
体の芯に響くような痛みで、違和感や不快感に置き換えることもできます。
ですが、いったいいつから痛みが始まったのかが分からないというのも、慢性腰痛の特徴といえるでしょう。

基本的には、自然治癒はしません。
回復させるまでに時間がかかり、完治という状態にするのは大変難しい状態です。
なぜならば、自然な老化現象で起きてしまったり、神経の損傷が進んでしまっていたりするからです。
一時的におさまっても、再発する可能性が高いため、痛みと共に過ごせるようにしていくことが重要となるでしょう。
館林市本町たまい接骨院でも、こうした例はたくさんあります。
日常生活ができるようにしていくことと、これ以上悪化させないようにすることが重要です。

【動かさないことも悪化の要因】
腰痛にとって、重要な要素となってくるのは、慢性化させないということでしょう。
できるだけ早く、館林市本町たまい接骨院で施術を始めることも重要ですが、生活環境も考えていかなければいけません。
慢性化すればするほど、回復に時間を要することになるからです。

加齢の問題もあります。
歳を取るごとに老化することは避けられませんが、悪化しないようにしていくことが重要なのです。
そのうえ、精神的にストレスがかかってしまうと、激痛を起こしたりするようになりますので、普段の生活から考えていかなければいけないのです。

だからといって、過度に安静していても、筋肉は凝り固まってしまい、回復は遅くなってしまいます。
痛みが和らいで来たら、無理をしないレベルで動かしていくことが大切だといえるでしょう。

新しい記事 »