館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

変形股関節症と保存療法

院長の日記

変形関節症には、いろいろな部位があります。
ひざがよく知られていますが、股関節にも起きることがあり、立ち上がった瞬間や歩きはじめた時に痛みを感じるようになるのです。
最初のうちはこうした痛みなのですが、だんだんと動かさなくても痛みが出るようになり、寝ていてもいたくなってしまいます。
非常に辛い思いをすることになり、正座もできなくなってしまうのが変形股関節症です。

女性に多く見られている病気でもあり、ほとんどは子供の時の発育障害などが原因となっています。
なかなか気が付くことも少なく、年齢とともに発症することも多くみられる病気です。
整形外科に行くとレントゲンではっきりしますが、実はこれ以上の対応が難しい部分を持っています。
館林たまい接骨院では、関節の可動域を広げ、傷みをとるために関節を動かせるように筋肉を鍛えられるようにすることが可能です。
保存療法が重要で、いきなり手術療法をするようなことはありません。
股関節を手術で切開してしまえば、回復まで時間が必要です。
あまりに変形している場合には、館林たまい接骨院から整形外科をご紹介することが可能ですので、まずは手術を回避していくことが大切ですので、お気軽にご相談ください。

たまい接骨院700

« «