館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

怖い骨折と対処方法

院長の日記

日常生活の中でも起きる骨折

生活の中で、骨折する可能性を考えるのは、あまりないかもしれません。
ですが、実際に高齢者の骨折として起こる可能性がありますし、他人ごとではない部分もあるでしょう。
スポーツをしているときにも、骨折の可能性は否定できるものではありません。
館林たまい接骨院では、骨折の対応が可能です。
接骨院では、骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷といったことに対応できるようになっており、最新の機材も取り揃えています。
対応力という面では、館林のたまい接骨院は、周辺でもとびぬけたものがありますので、何かおかしいと思ったときには、すぐにご相談ください。

まず、勘違いしやすいところもありますが、骨折の症状は痛みや変形に表れてきますし、患部は腫れてくるのが典型例です。
ですが、場所によって異なる症状を引き起こすところにも注意が必要でしょう。

単純な判別方法としては、痛みがあげられます。
腫れがないときでも、そっと押してみて強烈に痛いような場合には、骨折を疑っていかなければいけません。
完全に折れていない状態である日々の時でも、圧痛と呼ばれるこの状態になります。
はっきりと区別しやすい状態ですが、これが役立つのは、疲労骨折のようなときです。
骨折というと、転んだり、ぶつけたりと外力がかかったときにおこると思われますが、骨粗しょう症のような病気でも起きます。
スポーツ選手が繰り返し力をうけたり、オーバーワークによって疲労骨折したりすることがありますが、これも圧痛で判断できるため、押してみて痛みがあるときは疑わなければいけません。
館林たまい接骨院にいらしてもらえれば、すぐに判断可能です。
怪我をした覚えがなくても、とにかく痛いというときには、骨折を疑ってかかるぐらいがちょうどいいといってもいいぐらいでしょう。

こんな状態が骨折

明らかに骨折とわかる状態もあります。
こんな状態になってしまったときには、大急ぎで館林たまい接骨院にいらしてください。
その状態とは、変形や異常可動性と呼ばれる状態です。
腕など曲げ伸ばしする部分が、異常な状態になっているのは、だれでも簡単に骨折している状態とわかるでしょう。
変形している状態ですが、腫れてきますし、涙が出るほどの強い痛みが出てきます。
明らかに骨折していることもわかりますので、できるだけ早く対応しなければいけません。

同じように明らかにわかるのは、異常可動ですが間接以外のところが曲がってしまっていることです。
折れているのですから、こうした状態が起きますが、非常に強い痛みが出てきます。
はっきりと折れていることもわかる状態ですが、これだけでは済まないことも出てくるため、早めの処置を考えていかなければいけない状態です。

内出血を起こしたりするのも問題点といえます。
骨折すると、周囲の組織を傷つけてしまうことが出てくるため、そこから内出血が見られるようなことが出てくるため、強い痛みを感じるでしょう。
特に異常可動性や変形といった状態になれば、見る見るうちに晴れてくるのも内出血が伴っているからです。
周囲にあざもできるようになってきますので、はっきりとわかるようになるでしょう。
実際に皮下出血を起こしている状態のため、黒ずんだ紫色になります。
治っていく過程で黄色くなりますが、このあとは自然にわからないようになるのが内出血の特徴です。
ただし、外部に出血していないだけで、相当な痛みと低血圧を招く可能性があります。

同様に周辺部が腫れてきますが、骨折の場合には簡単に腫れが抜けません。
血管を傷つけることもあるため、あまりに急激な場合には、すぐに救急車を呼ぶ必要も出てきます。

骨折はわかりにくい場合もあります。
とにかく強い痛みが出てきますが、突き指や捻挫と区別がつかないようなこともあるのは十分な注意が必要でしょう。
簡単に見分けができないこともありますので、早めに診断を受けることが重要になってきます。
館林たまい接骨院では、こうした状態でも対処が可能です。
さまざまな施術がありますし、必要に応じてレントゲンの手配もできますので、まずはお越しください。

なぜ骨折してしまうのか

骨折してしまった場合には、館林たまい接骨院で施術できますが、日常生活の中で気をつけておくことが重要です。
ヒアリングさせていただくことになりますが、できれば日常の中で原因となる部分は排除しておく方がいいでしょう。

骨折の多くは、なにか力がかかったときに起きます。
転倒したりぶつけたりしたときに起きることが多いでしょう。
館林たまい接骨院でも、ほとんどがこれです。
転落や衝突といったことでも起きますし、交通事故でも発生します。
特に高所からの転落では、体全体に及ぶことも出てくる危険性があるといえるでしょう。
交通事故でも起きますが、開放骨折を起こすケースすらあります。
骨折したカ所から骨が飛び出してしまうような状態ですが、非常に危険な状態ともいえるでしょう。

問題はいろいろとありますが、偶発的な部分もあります。
交通事故のように防ぐことが難しい場合もあるのは間違いありません。
ですが、転倒防止という面では、転ばないように靴を選んだりすれば、大きな差が出てきます。
家の中の設備も重要で、つまずかないように段差をなくすことから始め、滑りやすい場所には手すりをつけておくだけでも違うでしょう。
手すりが見えれば、滑りやすいこともわかりますし、意識も変わってきます。
これだけで大きな差がついてくるため、日常生活の中で怪我を防げるようになるはずです。

環境だけではなく、体の作り方でも予防はできます。
柔軟性を失わないようにするだけでも違いがありますし、日常から軽くでも体を動かしていれば、骨折を防げる場合も出てきますので、生活も考えていかなければいけません。

スポーツでの骨折もありますが、病気でなってしまう場合も出てきます。
特に注意をしておかなければいけないのは、骨粗しょう症でしょう。
加齢にもよりますが、骨の強度と密度が低下することで、簡単に骨折してしまうような病気です。
予防策としては、生活習慣も大切な要因ですが、食習慣の改善が必要でしょう。
カルシウムを取ればいいのかといえば、実は体の中で吸収されません。
そこで、吸収されやすいようにするために、ビタミンK2やビタミンDがなければいけないとなってきます。
良くひじきが良いとされていますが、実はこれだけではほとんど吸収できずに終わってしまいます。
そこで、きくらげやビタミンKが豊富な納豆とともに食べるというのも方法です。
実はサバ缶も効果のある食材であり、カルシウムにビタミンDまで持っているのですから、食べておくべきでしょう。
こうした食生活を考えておくと、対策になってきます。

重要なことは、骨折したら、できるだけ早く施術を始めることです。
館林たまい接骨院では、最新機材を投入していることで、回復を早められるようになっています。
固定しておくだけではなく、早期の回復を考えていける方法がありますので、できるだけ早めにお越しください。

たまい接骨院700

« «