館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

交通事故を減らせるシートの位置と関係

交通事故にあったときどうすればいいのか? 院長の日記

シートの位置は正しいか
9aaf311e8bce3f40d4fad1a8534e16bd_s

ハンドルの持ち方ということで、前回お話しいたしましたが、怪我ということでは運転姿勢が大切です。

http://tamaisekkotuinn.com/?p=2151

ハンドルにも影響を与えるシートの位置ですが、正しい姿勢にすることが、交通事故に遭遇したときにダメージを防げます。
館林たまい接骨院でも模型があり確認できますが、人間の背骨には限界があるからです。
姿勢を間違えてとらえて運転していると、実は視認性が落ちることになり、交通事故のリスクを未然に発見できません。

人間の背骨は、身体を左右に回転させることができます。
ちょうど背骨が軸になると考えるとわかりやすいでしょう。
コマを想像するとわかりますが、床面から垂直に背骨が位置することで、回転が正常に機能していきます。
実際にやってみるとわかりますが、視界が正しくとれるようになるのを理解できるでしょう。
ところが、身体を寝そべった状態にすると前すら見えなくなるでしょう。
左右も首が動きにくくなり、疲労感だけが高まっていきます。
感覚も鈍っていくため、交通事故の可能性が高まることを実感できるはずです。
運転姿勢が交通事故につながる意味がわかるはずですのでまずは試してみてください。
脳も理解できない状態になるのも大きな問題です。
飛び出しなども診えるわけがありませんし、避ける場所も見つけられないでしょう。
どこかにぶつかり、むち打ちになってしまうようなことも出てきます。
背骨の動きがわからないときには、館林たまい接骨院にお話しください。
正しい動き方のご説明もできますし、怪我になるしまう場所も理解していただけると思います。

リクライニングを倒さない理由とレーサーの姿勢

では、どんな姿勢が運転するときに正しいのかを考えてみる必要があります。
人間の身体は背骨を中心に水平に回転することが無理をしていないとするのであれば、リクライニングは、できるだけ倒さない姿勢が求められるでしょう。

この姿勢を実践しているのは、レースの世界です。
さまざまなカテゴリーがありますが、どのレースでもリクライニングを倒しているようなものを見たことがないでしょう。
なぜかといえば、それだけの情報を得なければいけない競技だからです。
路面の状況やピットからのサイン、フラッグ、他の車など驚くほどの情報を処理しながら走っています。
1つの情報の欠陥が大きな事故につながってしまうため、情報を得やすい姿勢を取っているといえるでしょう。
実際にはハンドル操作にも大きな影響を与え、レスポンスを高めるためにも、姿勢が重要になってきます。
視認性を高めるためにも、一度考えてみるといいでしょう。
左右の視界の取りかた、ハンドルの鳥回しなど全く違う世界があるからです。
さらに、身体もしっかりとホールドされるようになり、交通事故が起きたときでもダメージを抑えられます。
館林たまい接骨院でもよく見られるむち打ち症の予防という部分でも、背骨の位置を意識することが意味を持ってくるのです。
安全運転をするという意味でも、シートの位置や座り方が重要なポイントになるでしょう。

ペダルとの関係

ペダルとの関係もシートに関わってきます。
アクセルが踏めるだけではありません。
ブレーキを強く全開で踏むためには、そこまで届かなければいけません。
ひざが伸びきった状態になると、それ以上踏み込むことはできないでしょう。
アクセルよりもブレーキが踏めることが重要になるのは、交通事故の状況を考えれば当然ですので、一度確認してみることが大切です。
その時には、ひざが完全に伸びきるのではなく、少し曲がった状態で踏み切れる位置を探すのがポイントになってきます。
肘の怪我と同じですが、ひざも完全に伸びきってしまうと、衝撃によって折れてしまう可能性があるからです。
館林たまい接骨院で施術ができますが、関節で折れてしまえば、一般の骨折よりも強い痛みが出ますし、苦しみも出てきます。
回復までにも長い時間がかかるため、よく考えておかなければいけません。

もちろん、シートを前に出すことで、ハンドルと干渉してしまう場合も出てきます。
ハンドルのチルト機能を使って上下に動かせる車も一般化しているため、すべてぴったりと収まるポジションを考えてみることが大切です。
正しい運転姿勢を取ることによって、交通事故のリスクは大幅に減っていきます。
館林たまい接骨院で多いむち打ちになるのも、姿勢に関わることが多数あるのですから、自分を守るためにも姿勢を考え直してみましょう。

たまい接骨院700

«