館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

梅雨の身体の傷みには鍼灸で対策

院長の日記

梅雨だからこそ身体の不調が出る

IMGP5246-1
気象病によって、いろいろなところに痛みを生じることは知られるようになりました。
館林たまい接骨院の過去の記事でも取り上げましたが、

連日の気温の変化で辛い気象病と体の痛み

http://tamaisekkotuinn.com/archives/2190

梅雨の時期でもあり、ここ数日の気温の変化を考えると、さまざまなところに痛みを感じている人も増えてきています。
対策として、もっと具体的にどんなことをするといいのか、日常生活の中で取り入れられることもしていくのが一番です。
もちろん、痛みが生じ苦しんでいる状況であれば、すぐにでも館林たまい接骨院にお越しください。
身体の不調に対する鍼灸の施術もできます。

クーラーで身体が冷えることの対策を

気象病に関わるのが、気温と気圧です。
普段の生活の中でわずかに変化している程度であれば問題はないものの、大きな変化を生じたときに体に変調を感じます。
この変化を抑えるのが身体を温めることです。
梅雨時期の気温の変化を考えたときに、なにが問題かといえば冷えることにあります。
普段よりも急激に気温が下がってきたときに痛みが出たりしてくるため、冷やさないでおけば問題は軽くなるといえるでしょう。

重要なポイントのひとつはクーラーです。
暑い日には掛けなければ、命に係わることも出てきます。
しかし、外気との温度差が大きくなると、どうしても自律神経が狂い始めてしまうことから、痛みだすことが出てくるのです。
梅雨時期となれば、そうそう掛けることはないと思いがちですが、職場でエアコンが当たる席にいたりすると、かなりの温度差を感じることも出てきます。
できれば、外気温と5度以内に収めることが必要となるため、ショールなどを掛けて体温が下がらないようにするといいでしょう。
特に冷え性と感じている人は、徹底した防御が必要です。

こうした防御策をしていても、痛みがあるときには気象病ではないこともありえます。
できるだけ早めに館林たまい接骨院で痛みをとっていきましょう。

お風呂や鍼灸に共通する自律神経

体調の変化を感じるときには、ゆっくりとお風呂に入ってみるのも方法です。
ゆっくりと体を温めることによって、冷え性対策にもつながっていきます。
お風呂に入ることで、ストレス発散にもつながりますし、関節も温めることが可能です。
長時間はいる必要はありませんが、ぬるくしてゆったりとしてみるのもいいでしょう。
交感神経の刺激を弱めてくれるようになり、興奮状態が下がります。
これは副交感神経を刺激するためで、痛みに対する感覚も弱めてくれるのが重要です。
梅雨時期ということもあって、身体がじめっとしている嫌な感覚も取れますので、ゆったりとした時間を過ごしてみるといいでしょう。

館林たまい接骨院では、鍼灸の施術をしていますが、自律神経を整えられるのがポイントです。
お風呂に入る効果でもわかるとおり、痛みには自律神経も関与しています。
リラックスさせることもできるのも共通していますが、梅雨時期で気圧や気温が安定せず、身体の各所に痛みが出てくるときでも有効です。
この時期に身体のあちこちに痛みを感じるときには、一度館林たまい接骨院で鍼灸の施術を受けてみませんか?

たまい接骨院700

«