館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テニスの疲労骨折の裏にあるオーバートレーニング

テニスの怪我の参考に

【テニスと疲労骨折】
鉄のような硬いものは、何度も衝撃を与えたり、曲げ伸ばしをしたりしているうちに切れてしまいます。
金属疲労と呼ばれる現象ですが、硬いものはこうした力を繰り返しているうちに、いつか壊れてしまうものなのです。
それと同じことが、人間の体にも起きてしまいます。
疲労骨折と呼ばれる状態で、テニスでも起きうる怪我であるといえるでしょう。

疲労骨折を起こさないようにするためには、何よりも疲労をためず、痛みなどがあったらできるだけ早いケアをすることです。
状況によっては、スポーツ障害となってしまうこともありますので、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【テニスで体にかかる強い衝撃】
テニスの場合、ラケットのインパクトの瞬間に強い衝撃を受けます。
これに耐えるために、グリップしているわけですが、この力の反復運動により、手の骨が疲労骨折してしまうことがあるのです。

もう一つが、酷使される下半身の負担になります。
足首や腰回りの疲労骨折はとても多く、オーバーワークからくる疲労の痛みと間違うほどです。
左右の動きを求められますし、ストップ&ゴーを繰り返して行うことから、負荷が大きくなります。
それでも休ませることができていれば回復していきますが、オーバートレーニングとなってしまえば回復させる時間がなくなってしまうのです。
そうなると、気が付いた時には、骨に目に見えないほどのひびが入っていってしまいます。

このような事態になった場合、即時練習を中止することが大切です。
オーバートレーニング症候群の様に簡単に抜け出せない状態となってしまうこともありますので、痛みを感じたりしたときには、館林市本町たまい接骨院にいらしてください。

 

【テニスの疲労骨折は休息させることが重要】
テニスにおける疲労骨折を回復させるためには、何よりも休息です。
2か月から3か月はかかりますが、その間に館林市本町たまい接骨院では周辺筋肉にかかるストレスも解放できるようにしています。

疲労骨折してしまうのは、オーバーユースであり、オーバートレーニングが原因であることは間違いありません。
過度の負荷が最大の問題ですので、回復後にテニスをしたいのであればトレーニング方法を考え直すことが大切です。
治ったと思っても、再度同じ運動強度を与えれば、再発してしまいますし、最悪はテニスもできなくなる可能性も出てきます。
そうなってしまわないように、トレーニングの方法やケアに関してもご相談に乗ることができますので、館林市本町たまい接骨院にお問い合わせください。

たまい接骨院700

« «