館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

脱臼を起こすということはテニスのラケットなどが合わない

テニスの怪我の参考に

【テニスで起こしてしまう脱臼と原因】
肩を何か動かした時に、関節がずれ抜けてしまうのが脱臼です。
怪我ということを考えれば、全身にある関節どこでも起きる可能性がありますが、テニスということではラケットを振るため、肩関節やひじの関節で起きることがあります。
テニスでは、体のひねりを使い、ラケットの重さも利用して打っていくことになりますが、これに耐えられるだけの筋力が関節にないと、脱臼してしまうことがあるのです。
そのため、初心者や普段運動していない人が、重いラケットを振ったりすると負担が高まり、脱臼してしまう危険性が高まります。

自分に合った重さのラケットを持ち、無理をしないでテニスを行うことも大切ですが、筋肉や靭帯へダメージをためないということも考えなければいけません。
館林市本町たまい接骨院では、そういった施術もできますので、テニスのプレーで何か関節におかしさを感じたときには、ご相談ください。

 

【準備運動をして必ず予防を】
脱臼に関しては、館林市本町たまい接骨院が専門です。
しかし、施術をすることよりも、脱臼しないということが重要でしょう。
一度なってしまうと、再発しやすくなりますし、何よりもいたくてつらいものです。
脱臼を起こさないようにするためには、準備運動が重要になっていきます。
関節の負担を下げるためにも、準備体操をして体をほぐすことでリスクを下げることができるのです。
もう一つは、しっかりしたトレーニングでしょう。
テニスにとって、プレー以外のトレーニングが重要です。

館林市本町たまい接骨院では、施術をとおして、関節の負担を下げる動きを指導したりすることもできます。
ボールを打つだけが練習ではありませんので、クールダウンまで含めてテニスだと思いましょう。

 

【応急処置は冷やすことから】
もしも、テニスをしていて脱臼をしてしまった場合、応急処置としてまずは冷やします。
その後、固定をしながら安静にして、館林市本町たまい接骨院にお越しください。
自分で戻したり、外から押し込んで戻そうとしたりする人もいますが、正しい位置に整復できないと再発しやすくなってしまいます。
靭帯や筋肉も傷めてしまうことがありますので、専門知識がない素人が行うのは大変危険です。
下手をした場合、骨折を伴っていることもありますので、ダメージを広げてしまうことにもなりますので、できるだけ早くご相談ください。

たまい接骨院700

« «