館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

椎間板ヘルニアに助かるコルセットの使い方

椎間板ヘルニアと症状と施術

【椎間板ヘルニアとコルセット】
椎間板ヘルニアになったりすると、腰痛ベルトやコルセットを使うようになるでしょう。
館林市本町たまい接骨院でも販売しておりますが、使い方を間違っていると、全く効果を上げることができません。
正しいタイミングで使っていくことで、体をサポートしてくれるのがコルセットですので、痛みに悩んでいる方は覚えてしまう必要があるでしょう。

【コルセットは支えるためにある】
まず、基本的なことですが、コルセットをしたからといって、椎間板ヘルニアが治るわけではありません。
勘違いされている方も多いのですが、コルセットは椎間板ヘルニアになってしまった時に、筋肉や背骨の動きを助けてくれるものです。
腰の周りには筋肉があり、体を支えてくれますが、これができなくなってしまっています。
姿勢も正しく安定させることができませんので、コルセットで手助けをするのです。
これにより、体にかかる負担を減らすことができます。

冷えの防止にも効果がありますので、椎間板ヘルニアだけではなく、腰痛で悩んでいる場合にも効果を上げることができるのです。
サポートするという面では、重い物を持ち上げるときなどには、ぎっくり腰防止にも役立ちます。
もしも、腰に不安があるというときには、館林市本町たまい接骨院でも販売しておりますし、適切な使用方法も指導することができますので、適宜ご相談ください。

【椎間板ヘルニアの痛みが出る前に】
いったいいつつけるべきかといえば、痛くなる前がベストです。
負担のかける動きをするのがわかっていれば、予防策としてつけるだけで違います。
どうしても、動きが取れなくなってしまった場合でも、体をサポートしてくれますので、それまでよりは動けるようになるでしょう。
悪化や再発を防ぐことにもつながりますので、椎間板ヘルニアには重要なアイテムになることは間違いありません。

【コルセットも販売しています】
コルセットをすることで、負担は格段に減ります。
体が楽になることは間違いありませんが、いつも装着していると、筋肉も動かなくなってしまいますので、筋力の低下に見舞われることにもなるのです。
つまり、コルセットが腰痛の原因になってしまうことさえあるのですから、考えなければいけません。

椎間板ヘルニアの痛みがひどいときには、コルセットはとても重要です。
ですが、症状が緩和してきたら、日常生活の中で筋力をつけられるように正しい姿勢を保つとともに、動いていかなければいけないといえるでしょう。

館林市本町たまい接骨院では、椎間板ヘルニアの施術を進めるとともに、体の動かし方や日常生活についても指導しています。
コルセットを販売もしておりますが、すべて頼るのではなく、うまくサポートさせ、自分の筋力で椎間板ヘルニアから守ることができるようにしていかなければいけないのです。

たまい接骨院700

«