館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

むち打ちとは一体どんな怪我なのか

交通事故で起きるむち打ちとは何か

むち打ちとは一体どんな怪我なのか

【交通事故でよくある怪我】
交通事故に遭ってしまったとき、むち打ちになるといわれることがありますが、はっきりと認識している人は意外と少なかったりします。
なぜかといえば、むち打ちという言葉が先行してしまい、いったい何が起きているのかよく分からず、首が痛いといえばむち打ちであると考えてしまうからです。
もしも、異常を感じた場合には、まずは館林市たまい接骨院にご相談ください。

【むち打ちとは一体何か】
むち打ちとは一体何かということを考えると、外傷性頸部症候群と頸椎捻挫という言葉にあたります。
交通事故で、診断を受けた際にはよく聞く名前でしょう。
簡単に言えば、首を傷めた怪我であり、打ち身に捻挫、骨折、頭部外傷までが混在している状態です。
だいぶ判断しにくい部分もありますが、こうした診断を整形外科で受けた場合には、館林市たまい接骨院で施術ができます。
逆に、こうした診断を受けていなくても、館林市たまい接骨院から整形外科をご紹介し、診断を受けてもらうこともできるのです。

【できるだけ早い回復を目指すのであれば】
こうした交通事故で怪我を負うと、いろいろな症状を発してきます。
首の痛みはもちろんのこと、背中や肩に痛みを覚えたり、耳鳴りも感じたりすることがあるでしょう。
頭痛やめまいというのも、特徴的な症状であるといえます。
手足のしびれや震えなど、大きな問題になる場合もありますので、症状に注意する必要もあるのです。

交通事故に遭った瞬間には、こうした症状はほとんど見られません。
筋肉が緊張しているために、よく分からないというだけで、実は大きな怪我になっていることも少なくありません。
軽い事故だからといって甘く考えず、体にはダメージを負っているということを認識、早期の施術開始を考えることが大切です。
復帰までの時間も、いかに早く回復を目指すかによって決まりますので、あとからでいいと考えたりしないようにしましょう。

なぜ交通事故でむち打ちになってしまうのか

むち打ちとは一体どんな怪我なのか

【交通事故での怪我】
交通事故におけるむち打ちは、首がむちのようにしなり怪我をすることから呼ばれています。
基本的な状況として、停車している状況で後方から追突された時を考えてみると、どうしてこうした怪我になってしまうのかが見えてくるでしょう。
非常に危険な部分も理解できるはずですので、もしも、交通事故に遭ってしまったら、できるだけ早く館林市たまい接骨院にご相談ください。

【むち打ちになる理由はどこに】
停車している状況では、運転手は脱力していると考えられます。
車が後ろからぶつかってくるとは思ってもいませんので、力を入れて衝撃に備えたりすることはありません。
この状況が、むち打ちを引き起こすのです。

後方からの衝撃を受けると、体は前に押し出されます。
しかし、頭部は衝撃が伝わるのが遅れます。
次に、体はシートベルトで抑えられますが、慣性の法則により、頭部が時間差をつけて前に出てしまうのです。
ただでさえ重い頭部のため、首には驚くほど強い力がかかりますが、前に出てしまった頭部は、後ろに戻されてしまいます。
これがむちの様にしなる動きをするからこそ、むち打ちという名前がつきました。

状況によっては、首がしなるどころか折れることもありますし、神経が抜けてしまうようなことも起きます。
いち早く、館林市たまい接骨院にご相談いただくことが重要だといえるでしょう。

【加速運動と減速がむち打ちをもたらす】
もっと細かく考えていくと、交通事故で衝突された段階から、ぶつけられた側は加速運動に入ります。
ですが、ブレーキを踏んでいたりするわけですから、すぐに減速が起こるのです。
この時に体は前に出ていきますが、首はそこまで強いわけではなく、後ろにしなるように取り残されてしまいます。
これが、可動域を超えてしまうことが問題で、首が耐えられる領域を超えてしまうからこそ、大きな怪我になるのです。

交通事故に遭ったら、とにかく早く診断を受けることが必要です。
実際にどんなことが体に起きたのか、理解できないこともありますので、まずは館林市たまい接骨院にご連絡ください。

むち打ちになってしまう可動範囲を超える交通事故の衝撃

むち打ちとは一体どんな怪我なのか

【危険なことも多いむち打ち】
交通事故でむち打ちになってしまうということの一つの原因が、首の可動域を超えて動いてしまうということがあります。
可動域の中に収まればいいのですが、それ以上に強い力で動いてしまうため、首周辺の組織が伸びたり切れたりすることになるのです。
非常に危険な状態になっていることもありますので、事故に遭ったりした場合には、まずは館林市たまい接骨院にご相談ください。

【交通事故でなぜこうした状態になるのか】
首の可動域を考えると、大体60度程度が限界になります。
人によって違いはありますが、これを超えれば損傷してしまう可能性が出てくることは間違いありません。
特に後方からぶつけられた交通事故ときには、大きな衝撃になりやすく、怪我の度合いも大きくなってしまう傾向があります。

前方からぶつかる場合には、迫ってくる車も見えますので、予測をつけることができるでしょう。
そのため、筋肉を緊張させ、衝撃に備えることができるため、ダメージを減らすことができるのです。
この状況に比べ、側方や後方から追突された場合、ぶつかる瞬間を予測することができません。
筋肉も緊張させて耐えることができないため、可動域を超えて動いてしまい、むちのようにしなることでむち打ち症になってしまう可能性が高まるのです。

こうした状況になってしまった場合には、とにかく早く館林市たまい接骨院にご相談ください。
交通事故による怪我は、遅くなればなるほど、回復も遅れてしまうからです。

【むち打ちにもいろいろとある】
交通事故で起きるむち打ちと一言で言っても、実はいろいろな形が存在します。
可動域を超えて筋肉や靭帯が一時的なダメージを受けた状態や、断裂してしまった状態、神経までダメージを受けてしまった状態までさまざまです。
さらに交感神経にまでダメージを受けてしまうと、また違う症状を起こしてしまうことになります。
事故の状況によっても異なりますので、一口にこうなるとは言えませんが、見た目にはわからないこともありますので、早い段階で館林市たまい接骨院にご相談ください。

交通事故でむち打ち症になる首の可動範囲

むち打ちとは一体どんな怪我なのか

【交通事故でむち打ちが起こるプロセス】
むち打ちというものをもっと細かく見ていくと、事故に遭ってしまったらすぐにでも館林市たまい接骨院などで施術を受けなければいけない理由が見えてきます。
交通事故による怪我ということで、簡単にひとくくりにしてしまいますが、実は大きな怪我であることが多く、後遺症として残る可能性も高いのです。
それも、プロセスを知ることで、もっとはっきりと認識できるでしょう。

【交通事故の衝撃と首の可動限界】
交通事故の衝撃により首が前に倒れることが、むち打ちになってしまう大きな原因ですが、首は前に倒れた段階で、あごが胸にぶつかれば必ず止まります。
これ以上は物理的に前に行くことはできませんから、これが限界点となるでしょう。
実はこの動きは、可動域の範囲内にあると考えることもできるのです。
つまり、この程度の動きでは、障害にはならない可能性があります。
しかし、外力である衝突したときの衝撃が強く、高い加速度を発生させてしまった場合、屈曲するだけではなく、頸椎椎体の前の部分がつぶれてしまうことがあるのです。
非常に怖い状況で、時に骨折までしてしまい、大きな損傷となることもあります。
脊髄や脊髄神経にも影響が出てしまうこともありますので、できるだけ早く館林市たまい接骨院ご相談いただくことが重要といえるでしょう。

【交通事故で怪我を大きくしないために】
ヘッドレストが正しい位置になかったりした場合、前に倒れた頭部は、後ろにユリ戻されます。
この時には、体のどこも止めることはできないのです。
むち打ちとして症状が悪化するケースは、この後ろの動きにあるといえるでしょう。
理論的な面から考えれば、首が後方へと動くとき、その限界点は背中にぶつかるまでです。
ここまで動きを止めることができないと、むち打ちどころか、頸椎を骨折し死亡してしまうケースも出てくるといえるでしょう。

館林市たまい接骨院でも、ここまで悪化すれば施術はできません。
それほど、大きな力となってしまうこともあるため、シートのヘッドレストの位置は大変重要なものであるということがわかるでしょう。
事故の度合いによっては、骨折することも珍しくありませんし、死亡事故にならなくても脊髄損傷を招く可能性も高いのです。

よく、ヘッドレストを外していたりする車もあります。
安全ということを考えれば、自分から危険性を著しく高めている行為だということに気が付くべきなのです。

交通事故におけるむち打ちと加速度損傷の関係

むち打ちとは一体どんな怪我なのか

【交通事故とむち打ちに関係する速度】
交通事故に遭ってしまった際に、いったいどれぐらいの衝撃がかかるからむち打ちになってしまうのかということは重要です。
速度を出して交通事故を起こすことの怖さもわかりますし、安全運転という言葉の基準にもつながっていくでしょう。

頸椎にかかる力を考える場合、どれだけ頭に外圧が加わってしまうのかということが重要です。
これは、頭の重さに対して動かされるスピードを計算することで表すことができるでしょう。
つまり、スピードが0なのであれば、頸椎にかかるダメージも0なのです。
頭部が前方に加速した場合、あごが胸にむつかれば、速度は0になりますので、この時点から前方に動くことのダメージはなくなります。
ですが、ダメージは絶対に0なっているわけではありませんので、まずは館林市たまい接骨院にご連絡ください。

【むち打ちになってしまう後方加速損傷】
後方からの衝撃で、前方に動く場合を考えると、あごが胸につくような動きは正常の可動範囲です。
相当な加速がかからなければ、外傷とはなりません。
それよりも、この加速した頭部が、別のものにぶつかった時のほうが、大きな怪我となるでしょう。
だからこそ、シートベルトが必要となるのです。

次に問題となるのが、頭部は急激な加速のあと、後方へと投げ出され戻ります。
この時にも、頭部の重さ×加速度が重要となり、むち打ちになってしまうような強い力がかかるのです。
もしも、ヘッドレストがなかったりすれば、大きな衝撃となり、頸椎にダメージを与えることになるでしょう。
この後方加速による損傷が、むち打ちに最も大きな影響を与えるのです。
交通事故に遭ってしまったときには、おそらくこうしたことはわからないはずですので、まずは館林市たまい接骨院にご相談ください。

【速度が上がることの大きなリスク】
人間の頭部は、体の中でも最も重い部位になります。
ここに加速度を掛けるわけですから、ほんの少しでも速度が上がっていけば、ダメージは加速度的に高くなってしまうのです。
単純に速度が10km/hでぶつかったのと、20km/hでぶつかったのを比べても、ダメージは単純に2倍になってしまいます。
それが揺り戻されて後方加速損傷につながれば、さらに2倍のダメージを受けることになってしまうのです。
必要以上に速度を出すということは、それだけ相乗的に危険性を引き上げているといえるでしょう。

交通事故が与える人体のダメージは、思っている以上に大きなものとなりますので、まずは館林市たまい接骨院にご相談ください。

交通事故によるむち打ちの種類

むち打ちとは一体どんな怪我なのか

【交通事故の直後には見られなくても】
交通事故に遭ってしまった時に起きやすいむち打ちには、いくつもの形が存在します。
頸椎が受けた衝撃の大きさによっても大きく変わってきますが、重度になると命にもかかわるものであることを理解しておかなければいけません。
最も怖いのは、いきなり症状が出ず、2週間以降に出てくるケースさえあるのです。
そのため、交通事故に遭ってしまったら、まずは館林市たまい接骨院にご相談いただき、いったい体にどんなダメージが起こっているのかを確認することが必要でしょう。

【むち打ちで最も多いのは】
交通事故のむち打ちとして最も多いのは、頸椎捻挫型です。
頸椎が受けた衝撃により、筋肉や靭帯が傷ついてしまい、捻挫した状態と考えることができるでしょう。
肩の筋肉にもダメージを受けることがありますが、だんだんと正常な状態に戻っていくことができる状況であるともいえます。
長時間かかってしまうことは大変まれで、後遺症もほとんど出ません。
館林市たまい接骨院でも、最も多くみられます。

もっと重くなってしまうケースとしては神経を傷つけてしまう場合です。
神経根症状型とも呼ばれますが、脊髄からです根元部分の神経根がダメージを受けてしまうケースになります。
どの部分にダメージを受けるかで変わりますが、体の様々な場所にしびれを感じるようになったり、力が入らなくなったりすることがあるのです。
知覚障害や反射異常が出るケースもありますので、非常に危険な状態であるといえるでしょう。

【さまざまな症状が現れるバレリュー症候群】
バレリュー症候群もむち打ちの症状の一つです。
交感神経を傷めてしまった時に見られる症状で、体のバランスが崩れたりすることが出てきます。
交感神経は、自立している神経で、副交感神経と共に働き、体のバランスをとっています。
意思とは全く関係なく生体維持をする神経でもある特色を持っているのです。
そのため、このバレリュー症候群の場合には、さまざまな症状を引き起こしてしまうことになるといえるでしょう。
耳鳴りから難聴やめまい、吐き気が続くことや、眼精疲労が強く出たりするようになるなど、本当に多くの症状が見られます。
非常に難しい症状でもありますが、こうした状態になっても、むち打ちであるということに気がつかない人もいるのです。
だからこそ、交通事故に遭ってしまったら、まずは館林市たまい接骨院にご相談ください。
放置することが最も危険ですので、早めにアクションをすることが重要なのです。

むち打ちは交通事故直後から自覚症状が出ないことも

むち打ちとは一体どんな怪我なのか

【交通事故直後には痛みを感じないことも】
交通事故に遭いむち打ちになってしまったといっても、いろいろな症状が出てくることを知らなければいけません。
一つの症状でおさまることはほとんどなく、2つ以上の複合した症状があることが特徴でもあるのです。
館林市のたまい接骨院でも、多くの症例が存在しますが、ほとんどが複数の症状を発しています。
交通事故直後に感じ始めることもありますが、大半は数時間後や数日後に増強してくることが多いのも、むち打ちの特色であるといえるでしょう。

【むち打ちの自覚症状】
ほとんどの場合には、自覚症状が表れてきます。
ただし、事故直後には、筋肉が緊張していたり、精神的にも緊張状態にあったりすることが多く、痛みを感じないことが大半です。
館林市のたまい接骨院でも、事故に遭ったらすぐにでもご相談くださいといっているのも、こうした状況により、症状に気がつかないことが多いからです。

筋肉や靭帯を損傷してしまうことが多いため、頭部の痛みが出た場合も鈍痛になりやすいといえます。
さらに、左右対称に出ることはまれです。
後頭部から肩にかけての圧痛も特徴で、しびれを感じてしまうことも出てきます。
このしびれも特徴があり、腕の小指側に出やすく、はっきりとした協会がありません。
握力などの低下もみられることがあります。

【交通事故に遭ったらすぐにご相談を】
頸椎部分を見てみると、痛みのせいにより、可動域が狭まってきます。
首の動きに合わせて痛みが出てきますので、こういった症状が見られれば、交通事故によってむち打ちになってしまっている可能性が高いといえるでしょう。
この動作をするだけで、めまいが出てくることもあります。
交感神経を傷つけてしまったときには、腕や足に汗をかくことがありますが、左右非対称になってしまうのが特徴です。

むち打ちはレントゲンをとってはっきりわからないこともありますので、まずは館林市のたまい接骨院にご相談ください。