館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

エアロビクスで起きてしまう可能性がある怪我

エアロビクスで危険な肉離れ

エアロビクスで起きてしまう可能性がある怪我

【エアロビクスで肉離れを起こすか】
有酸素運動として知られているエアロビクスは、脂肪の燃焼も加速させることができます。
ダイエットにチャレンジしている人も多いでしょう。
館林市本町たまい接骨院でも、こうした運動をすることは大事なことだと認識しています。
しかし、エアロビクスの前に準備運動を怠ったりすると、肉離れを起こしたりすることもあるのです。
かなりつらい痛みを発しますので、異常を感じたら、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
歩行が困難になるほどつらいこともある肉離れではありますが、手技と最新機器による施術で、つらい痛みを少しずつ緩和させていくことが可能です。

 

【筋断裂と内出血】
肉離れと一般的に呼ばれていますが、正確には筋断裂と呼ばれています。
急に強い収縮力を筋肉に与えたとき、耐えきれずに断裂するのが肉離れです。
発生しやすい場所は、太ももの大腿屈筋や前側の大腿直筋、ふくらはぎにある大腿内転筋が一般的な場所といえるでしょう。
ジャンプした時の着地のような状況でなると思われている部分もありますが、実際にはジャンプするときや力を入れて移動するときなどに引き起こされます。
年齢的に見てみると、太もも周りは20代で発生しやすいことがわかっていますが、ふくらはぎは年齢に関係がみられないのです。

非常に強い痛みを伴う肉離れですが、一緒に内出血を起こしてしまうことも忘れてはいけません。
やがて腫れも見受けられるようになり、最悪は腱の付着部のはく離骨折まで生じてしまいます。
重傷の場合には、押しただけでも強い痛みがあり、歩行も困難になってしまうのです。
エアロビクスで起こしてしまう場合には、外傷を負う状況は少ないため、館林市本町たまい接骨院がとる保存療法が適しているといえるでしょう。

 

【健康のためのエアロビクスなのだから】
肉離れの場合、まずはエアロビクスをやめ、冷やすことが重要となります。
その後、弾性包帯で圧迫して固定することが重要です。
RICE処置と呼ばれますが、安静にしながら処置をして館林市本町たまい接骨院にご相談いただければ、施術を開始します。
基本としては、急性期には冷却を続けていくことになるでしょう。
これだけでも、炎症を広げないようにすることができ、ダメージを抑えていくことができるようになります。
患部の温度を下げることによって、血流量もさげることができますので、痛みも少なくなっていくのです。
その後、徐々に筋肉のこわばりをとりながら、関節部分を広げられるようにしていくことになります。

エアロビクスは、健康のために行うものではありますが、十分なストレッチをして、体を温めてから行わないと、どうしても怪我をしてしまう可能性が高まってしまうのです。
クールダウンもするようにして、筋肉に疲労をためないようにしていくことも大切ですので取り入れていきましょう。

見た目以上にハードなエアロビクスと腰の痛み

エアロビクスで起きてしまう可能性がある怪我

【軽い運動ではないエアロビクス】
エアロビクスといえば、健康維持のためやダイエットのために始める人が多いスポーツです。
インドアでありながら、かなりのカロリー消費ができるのが特徴で、体に強い負荷をかけずともできます。
ですが、軽い運動というわけではありません。
怪我ということも考えて行っていかなければいけないといえるでしょう。
特に腰回りは気を付けておかなければ、思わぬ怪我につながることがあります。
館林市本町たまい接骨院でも多い腰痛ですが、せっかく汗を流すためのエアロビクスですので、怪我をしないように考えていかなければいけないといるでしょう。

 

【自分の体の状態に合わせて】
エアロビクスは、見た目以上にハードな動きが求められます。
そのため、体が硬くなっている状態や、筋力が衰えている状態でハードな動きをすれば、怪我や障害につながってしまうことも少なくありません。
慢性化する可能性も高いため、腰に違和感を覚えたら館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

だからといって、エアロビクスをすることが腰に悪いわけではありません。
正しく運動をすることは、メタボリック症候群に対しても有効です。
下半身強化にはもってこいの運動ですので、健康のためにはどんどん取り入れていくべきでしょう。
ただし、自分の体の状態を考えずに無理をすることが問題なのです。
無理をするのではなく、自分の尺度に合ったレベルからゆっくりとなれさせていくことが重要になってきます。

 

【慢性的な腰の痛みにも】
エアロビクスの場合には、急激な体のターンやジャンプ、ダッシュなどもありません。
走ったりするのではなく、一定の範囲内で動きを繰り返していきます。
ですが、体をほぐしてから行わなければ、思わぬ怪我を引き起こすことにもつながってしまいます。
これは筋肉が固まっていることから起きる痛みで、急性腰痛と呼ばれています。
ひどい場合には、ぎっくり腰と呼ばれることもありますが、ダメージは大きくなかなか動けないことも少なくありません。
館林市本町たまい接骨院でも施術が可能ですので、何か違和感を覚えたらできるだけ早く処置を始めることが大切です。

慢性的に腰に痛みを感じている人は、館林市本町たまい接骨院で予防方法や対処も指導することができます。
どんなことに気を付けていけばいいのかということも、専門家として知識と経験がありますので、ご相談ください。
接骨院の技術は、エアロビクスの様に痩せたりすることに使うことはできませんが、怪我をしないように健康維持のための指導は可能です。
特に腰痛のような症状に関してはスペシャリストですので、自然治癒するだろうと思わずに回復に向けて施術を始めてみませんか。

エアロビクスの動きとひざの痛み

エアロビクスで起きてしまう可能性がある怪我

【美容や健康のためのエアロビクスと怪我】
美容や健康のためにエアロビクスをしている人は、かなり多いものです。
館林市本町たまい接骨院でも、運動することを推奨させていただいてはいますが、エアロビクスには特有の動きがあるところがポイントになります。
それが、横に動く動きです。

一般的な運動では、前後ろに動くことはあっても、横に動くことはまずありません。
一瞬動くことはあっても、体を反転させることになるため、実際には前後運動になるといえるでしょう。
しかし、エアロビクスの場合には、常に正面を向いて、左右に動く運動を繰り返していきます。
これは、下半身の強化に大きな影響を与えることになるのですが、ひざにも大きな負担がかかることになるのです。
怪我をしないように調整していくことが大切ですが、何かの拍子に痛み出すことも考えられます。
そんな時には、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【ひざの負担はサイドステップにある】
エアロビクスでのひざの痛みの背景には、サイドステップがあります。
水泳でもジョギングでも、体にいいといわれるような、日常に取り入れることができる運動では、サイドステップのような動きをすることはありません。
つまり、普段から鍛えることができていない筋肉を動かすことになるのです。
そこで、ひざにも体重が移動することとなり、筋肉でカバーできないために、痛みが出るようになってしまいます。

館林市本町たまい接骨院でも指導することができますが、ひざが痛むようになったのであれば、アイシングを取り入れていくことが必要です。
これだけでも炎症を抑えることができますので、痛みも少なくすることができるようになります。
ですが、根本的には物理療法などで施術をしながら、ひざの炎症を抑えられるようにすることが重要であるといえるでしょう。

 

【怪我をしないようにするために】
体を鍛えるためにも、エアロビクスは大変有効です。
レッスンを通して、ダイエットにも通じますし運動不足を解消し健康な体を作ることもできるようになります。
それだけに、普段体を動かしていない人は、しっかりとウォーミングアップをし、クールダウンも考えやっていかなければいけません。

館林市本町たまい接骨院では、ひざの施術だけではなく、こうした予防に関しても指導することが可能です。
エアロビクスで健康な体を作るためには、怪我をしないということが重要となりますので、気になった場合には気軽にご相談ください。