館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

交通事故にあったときどうすればいいのか?

むち打ちはどうして起きるの?

交通事故にあったときどうすればいいのか?

【深刻な怪我となる交通事故でのむち打ち】

交通事故における怪我として、むち打ちはよく知られていることです。

どうしてむち打ちが起きてしまうのか、そういった怪我になるのかという事は分かってきていますが、定義としては定まっていません。

さらには、筋肉の損傷である捻挫は、レントゲンやMRIといった検査方法で判別することができず、痛みに対する対処療法しか整形外科でできないのが現状です。

 

館林市本町たまい接骨院にいらっしゃる方でも、慢性的な頭痛や吐き気を訴えるケースも多く、検査でわからないから何も起こっていないわけではありません。

どんなことが体に起きているのという事を知ることで、本当に深刻なことだという事を知ってもらうことができるはずです。

 

【車にかかった力が首にもかかる】

むち打ちは、交通事故が起きたときに加わった力が体に働くところに原因があります。

車が停止しており、後ろから追突された時を考えると一番わかりやすいでしょう。

 

後ろから前の車に与えた衝撃で、ぶつけられた車は前方に力が働きます。

この時に、車は停止する力がかかっており、かつシートベルトによって体はシートに抑えられている状況です。

そのため、力は首から上の頭部へと抜け、前へ倒れますが、体はそれを引き戻そうとします。

結果として、首はむちのように時間差をつけてしなってしまい、その衝撃を受け止めた軟骨や筋肉に傷がついてしまうことになるのです。

 

この力を考えるうえでは、頭の重さ×頭を動かしてしまう力(スピード)ということがわかるでしょう。

人間の体の中で、最も重い部位である頭なのですから、後ろから力が加われば、速度に合わせ加速度的に衝撃は大きくなっていってしまいとても大きな衝撃を受けることになるのです。

 

たまい接骨院そばの群馬県館林市本町の近くの新宿交差点での交通事故でもよくあるケースですが、力は何も真後ろからだけではありません。

斜め後ろからぶつかれば、首は横にも振られることになります。

首の可動範囲は、前には60度まで動きますが、横には50度しか可動範囲がありません。

これ以上に強い力が働いてしまえば、最悪のケースでは神経が抜けてしまい、むち打ちという症状を越え、二度と治ることがない状態にさえなるのです。

 

首に強い力が働けばむち打ちになる可能性がある以上、どんな時でもむち打ちになってしまう可能性があります。

館林市本町たまい接骨院でも例がありますが、転んでしまったときや水泳の飛び込みのようなときにでも起こることがありますので、注意が必要です。

 

【あとから出てくることも多い】

交通事故によるむち打ちにも、いろいろな症状があり一つの形にすることができません。

その多くは、頸椎捻挫によるむち打ちではありますが、中にはバレー・リュー症候群といった状態になってしまっていることもあるのです。

 

交通事故による怪我は、状況に左右されますし、体質や年齢など個人差が大きく出てきます。

その場で症状が出ないこともありますが、まずは館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

交通事故後は、筋肉の緊張により気が付かないような症状でも、あとから四肢に麻痺を感じたりすることも出てきます

軽くとらえずに、必ず検査をして体に何が起こっているのかを考えていくことが大切なのです。

むち打ちを予防することってできるの?

交通事故にあったときどうすればいいのか?

【交通事故で体を守るための予防】

むち打ちを予防することは、大変難しいことです。

スポーツをしているときなどであれば、予防する方法が出てきます。

トレーニング方法なども理解度が高いのが館林市本町たまい接骨院の強みですので、ひとことご相談いただければご指導可能です。

ところが、交通事故となると自分だけではありません。

ぶつけられてしまった場合も想定すると、予防は非常に難しいこととなってくるといえるでしょう。

それでもいくつかの方法がありますので、実践しておくことに越したことはありません。

 

【予防は安全の確認でもある】

交通事故に遭ってしまったときに、むち打ちにならないようにするためには、ぶつかる瞬間を予測することが重要です。

前方にぶつかってしまった交通事故の場合には、ぶつかる瞬間を予測することができることから、むち打ちになりにくいと考えられています。

これは、首の筋肉が衝撃に備え一時的に委縮して、首にかかるせん断力から守ってくれるためです。

 

実際にむち打ちになってしまうことが多いケースは、後方から追突される交通事故です。

館林市本町たまい接骨院でも、多くはこのケースになります。

ですが、後方からぶつけられてしまった場合、そんな予測はできないと考えるかもしれません。

しかし、常に周囲の確認を怠らず、後方も確認していれば後ろに続く車も見えているでしょう。

夕方などでは、早期にライトをつけることで、前方に車がいるという事を後方の車に教えることができます。

急ブレーキを踏んだりすることも追突される原因の一つですので、安全な走行を心掛けるだけで、大きな予防になってくるのです。

普段気を付けているといっても、自分だけのレベルに終始していることも珍しくありませんので、周辺を含め安全に走行できるように配慮することも予防策だといえるでしょう。

 

【交通事故から体を守るためにも】

交通事故にあった時に、体を守るためにはシートベルトも必須です。

シートベルトがあるからむち打ちになってしまうと考える人もいますが、シートベルトをしていないとさらに大きな怪我になることも出てきます。

 

シートベルトは、骨盤の上にぴったりと着用し、首と肩の間を通すようにすることが重要です。

苦しいからいやだという人もいますが、正しい着用方法ではない場合、シートベルトが大きなけがを招くことも出てきます。

結果として危険性が増してしまいますので、運転するのであれば正しく着用しましょう。

 

館林市本町たまい接骨院では、筋肉の怪我や骨折は施術によって回復させることができます。

しかし、むち打ちどことかもっと大きな怪我を負い、命の危険にさらされることも出てくるのです。

最近では、高性能のシートも取り付けられるようになってきており、衝突時にむち打ちにならないようにカバーしてくれるものも出てきました。

こうしたものが普及してくれば、館林市本町たまい接骨院にもむち打ちで苦しむ人の数が減ることでしょう。

それぐらい、交通事故に付随してむち打ちになってしまう人の数は多いのです。

どんな安全装備もシートベルトをして初めて効力がありますので、正しく着用することが予防であり体を守ってくれるということを忘れないようにしましょう。

シートベルトがむち打ちを引き起こす?

交通事故にあったときどうすればいいのか?

【交通事故でシートベルトはむち打ちを引き起こしてしまうのか】

交通事故でむち打ちになってしまう可能性がありますが、原因の一つに体が固定されていても、頭部は固定されていないという事があります。

首から上が衝突時の動きに追従できず、あとから動くためにむちのようにしなってしまうために、筋肉や腱、軟骨を損傷してしまうケースです。

館林市本町たまい接骨院でも、むち打ちの多くのケースが当たりますが、ここで問題になるのはシートベルトをしていなかったらむち打ちにならなかったのかという事でしょう。

ですが、この判断はとても甘いものであり、さらに重篤な状態に陥っていた可能性すらあるのです。

 

【シートベルトと改良されつつあるヘッドレスト】

交通事故に遭ってしまったときに、シートベルトをしていたことで、頭部が揺れてしまったことは事実です。

もしも、シートベルトをしていなかったらどうなるかといえば、体は衝撃を受けた瞬間に前に投げ出されることになります。

そのまま、ダッシュボードに直撃することになりますし、ハンドルにもぶつかることになるでしょう。

最悪のケースでは、フロントガラスから飛び出してしまうことも考えられるのです。

 

最近の安全装置の中には、この首の動きを抑えるために、ヘッドレストが改良されているものも出てきました。

衝撃に対して、首がむちのような動きにならないように、ヘッドレスト自体の動きを変化させることで安全性を高めているタイプです。

まだまだ普及しているとは言えませんが、今後は標準装備の一つとして投入されることが期待されています。

 

【交通事故による重大な怪我を避けるためにも】

交通事故で面衝突した場合などで、ダッシュボードにあたってしまい怪我をすることを、ダッシュボード損傷と呼んでいます。

体は、ハンドルにまずぶつかりますので、こちらの怪我はハンドル外傷として区別しているのです。

 

ダッシュボード損傷は、主に下半身の怪我になります。

膝や下腿がぶつかり怪我をすることになりますが、重度になれば骨折する可能性が出てきますし、股関節脱臼のような怪我をする可能性があるのです。

打撲や骨折に関しては、館林市本町たまい接骨院でも施術することができます。

ですが、シートベルトをしていないため、体がハンドルを越えてしまい、頭部がダッシュボードぶつかってしまった場合などでは命に係わることも出てくるのです。

 

交通事故によるハンドル外傷は、主に上半身の怪我となります。

エアバッグの装着で、かなり抑えることはできますが、それもあくまで正面からぶつかったときです。

後方から追突された場合には、構造上エアバッグが作動しないことがあります。

これでは、体を守ることができず、ろっ骨を骨折してしまったりするため、内臓まで損傷を受けてしまう可能性も出てくるのです。

施術という事であれば、ハンドル外傷の中で骨折などは館林市本町たまい接骨院の専門分野になります。

ですが、交通事故に遭ったとしても、シートベルトをするだけで、かなりの部分の怪我を防ぐことができるのです。

 

怪我の内容によっては、館林市本町たまい接骨院で施術を進めたとしても、完全に回復することができないことになることもあります。

むち打ちにならないためなど色々な理由をつけてシートベルトをしない人もいますが、交通事故による重大な怪我を未然に防ぐためには、必ず着用するべき重要な装置だといえるでしょう。

新しい記事 »