館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

肩こり・肩の痛みの原因を考える

肩凝り、肩の痛みは日本人だけにしか現れないのか

肩こり・肩の痛みの原因を考える

【肩凝り、肩の痛みは日本人だけ?】
肩凝り、肩の痛みというと、外国の人にはないといわれたりします。
日本人の国民病といわれたりするゆえんですが、日本人と外国の人とは体の構造が違うのでしょうか。
結論から言えば、そんなことはありません。
体の構造は同じで、肩に違いがあるわけではないのです。

では、日本人の姿勢や生活が問題で、日本人にしか起きないのかといえば違います。
表現する言葉がないという事かといえば、それも違うのです。
肩凝り、肩の痛みはstiff neckと表現します。
肩ではなく首を指しますが、これも肩こりの表現方法の違いなのです。
肩ですからstiff shoulderかなと思われがちですが、これは肩の関節のことを指し、スポーツや交通事故で傷めた場合で使うため、肩凝り、肩の痛みとは異なります。
ちゃんと言葉もありますし、悩んでいる人もいるのです。

【日本人が特殊なのか】
言葉の語源としては、夏目漱石が「門」の中で使ったことが始まりとも言われています。
頸と肩の継目の少し背中へ寄った局部が石のように凝っていたというくだりがあり、ここから肩こりという言葉が生まれたというのです。
確かに、肩こり、肩の痛みということを指しそうな感じがします。
これが、夏目漱石という文豪の力で一気に広がったというのですが、ちょうど前期三部作といわれる「三四郎」と「それから」続く作品ですので、相当な勢いだったのでしょう。
ただこれで、館林市本町のたまい接骨院にも数多くの人が来られる肩凝り、肩の痛みが日本に認識され、日本だけで意識されていると考えるのは、あまりに早計ではないでしょうか。

日本人だけ特殊なわけではありません。
生活様式から肩凝り、肩の痛みにつながることは確かですが、これだけで日本人だけに現れるわけではないのです。
安心して館林市本町たまい接骨院にいらしてくださいというのもおかしな話ですが、どこの人であっても肩凝り、肩の痛みはあるといえるでしょう。

【ぴんと張るという言葉と正しい姿勢の誤認】
肩凝り、肩の痛みの原因には、背筋の問題もあるといわれます。
これが生活様式の違いという部分ですが、よくぴんと伸ばしているといいといわれることがあるでしょう。
しかし、これは無関係なのです。
館林市本町たまい接骨院でも、体幹トレーニングという言葉を使うことがありますが、人間の体が正しい位置でバランスが取れるように鍛えていくものです。
人間の体は、複数のパーツが複雑にバランスをとるようにできています。

それは何も、背筋が一直線に伸びている状態ではありません。
自然に背中がカーブし、本来持っている姿になることにあるのですが、こうした間違った認識が、日本人の肩凝り、肩の痛みを作り出している可能性はあるといえるでしょう。

肩凝り、肩の痛みは、辛いことには変わりがありません。
そんなつらい痛みを館林市本町たまい接骨院では改善していくことができますので、悩んでいるだけではなく、解決に向けてご相談ください。

姿勢と肩凝り、肩の痛みの関係性

肩こり・肩の痛みの原因を考える

【肩凝り、肩の痛みは体のバランスの崩れから】
人間の頭部は、体重のうちの10%を占めていると考えられます。
60kgの人であれば、6kgもあるのです。
何だと思う人もいるかもしれませんが、それが体の一番上にあるということが問題です。

重心は、低ければ低いほど安定します。
何か重いものを持つ時に、頭の上に持ち上げたりすればふらついてしまうでしょう。
しかし、手に提げていれば、重いですが安定はします。
つまり、人間は最も不安定な状態を、体中の筋肉を使いバランスを取っているといえるでしょう。
体幹と呼ぶこともありますが、こうしたバランス能力が体を支え耐えているのです。

肩凝り、肩の痛みを考えれば、肩の周りの筋肉は、とても重要な位置にあることがわかるでしょう。
館林市本町たまい接骨院でも多く見られますが、それだけ大きな負担を掛けていることが多いのです。

【座ってばかりいると肩凝り、肩の痛みが出やすいか】
人間の体は、合理的なデザインになっているといえます。
たとえば、背骨は緩やかなカーブを描くようにできています。
生理的湾曲とも呼ばれますが、重い頭部を支えるために、力を分散できるようになっているのです。
力を分散することができても、これだけでは動くことができないため、筋肉がコントロールしています。
正しい姿勢をつくることができるのも、筋肉が複雑に力を加え、動きを作り制御しているからなのです。

そんな筋肉に対して、パソコンのような操作で前のめりになっていたらどうなるでしょう。
デスクワークの多い人は、肩凝り、肩の痛みに悩まされていることが、館林市本町たまい接骨院でもよく見られる状況です。
座ったままの姿勢で、重さに耐えられるようにするためには、首や肩の筋肉は背中の筋肉をあまり使うことができずに緊張しなければなりません。
首回りの筋肉が中心となり、緊張が進み、血行が悪化することにより、肩凝り、肩の痛みはどんどん進行していくことになるのです。
やがて、疲労は蓄積し始め、老廃物は流れ出せずにとどまり、これが更なる肩凝り、肩の痛みにつながってしまうのは、自明の理といえるでしょう。

【背筋を伸ばすことが肩凝り、肩の痛みにつながるわけではない】
では、背筋を伸ばし生活をすればいいのかといえば、一概には言えません。
本来もっている背骨や首の骨の緩やかなカーブは、重たい頭部の加重を分散させるためにあるのですから、ただまっすぐにのばしたところで解決はしないのです。

癖の問題もあります。
重心の移動のさせ方には、人それぞれの動きがあり、それは一定ではありません。
かみ合わせなどでも、肩凝り、肩の痛みの原因となる動きが隠れています。
筋肉の動きや緊張度合いなど、さまざまなバランスが肩凝り、肩の痛みを引き起こしているのですから、原因は複数存在し、それぞれを改善させていかなければ解決しないのです。

肩凝り、肩の痛みは、根深い問題でもあります。
館林市本町たまい接骨院の施術も、解決のための一手段ですが、手をこまねいていると悪化する一方ですので、気が付いた時にスタートさせることが大切なのです。

肩凝り、肩の痛みにはストレスの存在を忘れない

肩こり・肩の痛みの原因を考える

【肩凝り、肩の痛みの原因にストレス有】
日本人は、常に強いストレスにさらされているといわれています。
このストレスは、肩凝り、肩の痛みに関係があるとするのであれば、解消したいと思う人も少なくないでしょう。
しかし、いったいストレスのどんなことが肩凝り、肩の痛みにつながるのかが重要です。

人間の体にストレスがかかると、血管が細くなることがわかっています。
血管が細くなるということは、それだけ血流の悪化を招くのです。
血の流れが悪くなってしまうと、それだけ疲労物質はたまりやすくなりますし、筋肉は緊張してしまうことになるでしょう。
そのどれもが肩凝り、肩の痛みの原因となることであり、ストレスがたまるというだけで、辛いものになる可能性があるのです。

だからこそ、館林市本町たまい接骨院では、手技や物理療法で筋肉の緊張を解き、血流を改善するようにしていきます。
ストレスを解消する個はできませんが、肩凝り、肩の痛みは格段に緩和させることができるようになるのです。
ただし、館林市本町たまい接骨院の手技によって、血流が改善し、ストレスが一時的に解消することは考えられます。
ですが、これはストレスの解決策ではなく、一時的に発散できているにすぎません。
根本解決を考えるのであれば、ストレスの原因を改善し、耐性をつけることが必要となるのです。

【すべてが悪循環へ】
体がストレスを感じると、特定のホルモンが分泌されるようになります。
ストレスホルモンと呼ばれることもありますが、これが血液中の水分を外に流してしまうのです。
そこから起きることは、想像通りドロドロになった血液で、流れを悪くしてしまいます。
さらに、酸素や栄養素も供給しにくくなっていくため、肩凝り、肩の痛みにつながっていくのです。
これに、筋肉の緊張が重なるのですから、さらなる悪循環が待ち構えているといえるでしょう。

ストレスがたまっている状態になると、気分的にも乗らず何をするのも重い動きになるはずです。
これも悪循環の一つなのであり、肩凝り、肩の痛みがどんどん悪い方向にしか進まなくなってしまうでしょう。

【ストレス発散で肩凝り、肩の痛みを解消へ】
対策としては、ストレスを発散できるようにしていく方法しかありません。
軽い運動をしてみるということも肩凝り、肩の痛みを減らすことにつながっていきますが、これはストレスの発散方法でもあります。
血行を改善させ、不用な物質を押し流していくことができるようになるのです。
水分を多くとるというのもいいでしょう。
悪循環を断ち切るためにも、血液をサラサラの状態にすることは大変大きな意味があるからです。

館林市本町たまい接骨院の施術もその中の一つですが、ストレスという根本を解決することを忘れてはいけません。
そのままにしておけば、また肩凝り、肩の痛みが悪化することになりますので、解決できる道を模索しながら通っていただくことが大切なことなのです。

かみ合わせの悪さが肩凝り、肩の痛みにつながる

肩こり・肩の痛みの原因を考える

【かみ合わせが肩凝り、肩の痛みを呼ぶ】
肩凝り、肩の痛みの原因はいろいろとありますが、意外と無視できないのがかみ合わせです。
人間は、ものを食べなければ生きていくことはできないでしょう。
言葉を交わすとしても、口を開けたり口を閉じたりを繰り返します。
この時に、下あごは重力に逆らう形で動くことになるのです。

動きということを考えれば、ほんのわずかなものですが、繰り返す数が問題です。
周辺の小さな筋肉には大きな力が必要となります。
特に片側の歯や奥歯だけで噛んでいると、ある一定箇所の筋肉だけに負担をかけるようになるでしょう。
頭部を支える筋肉が肩と首にあるわけですから、この力は肩や首の筋肉の緊張を読んでしまいます。
これが頭蓋骨にも伝わっていくようになり、肩凝り、肩の痛みにつながってしまうのです。

館林市本町たまい接骨院の場合、歯を治療することはできません。
口を大きく開けたときに、あごから音がしたり、不自然に動いたりするなどの異常がある場合には、歯科医の判断を仰ぐことが必要となります。

【バランスを崩し頭痛にも影響する】
かみ合わせというものは、肩凝り、肩の痛みに直接的に影響を及ぼすだけではありません。
体のバランスを崩し、重心がくるってくることがあります。
そうなると、頭部のバランスをとるためにも、体の筋肉はバランスを崩しながら支えなければいけなくなるのです。
これが、姿勢のゆがみとなって現れ、さらなる肩凝り、肩の痛みにつながってしまいます。
館林市本町たまい接骨院でも例がありますが、頭痛がしたりするのも、このかみ合わせが原因になることもあるのですから、簡単に見逃していいことではないでしょう。

食事をするということは、生命活動の根幹でもあるのですから、肩凝り、肩の痛みということだけではなく、歯はできるだけ治してしまうことが大切です。

【神経にも働いてしまいさらなる悪循環に】
肩凝り、肩の痛みということと、かみ合わせは直接的にも関係しますが、神経にも影響を与えてしまいます。
それが交感神経と副交感神経で、本来はバランスがとれていなければいけません。
肩凝り、肩の痛みが出てくると、交感神経ばかり活性化していくことになるのです。
副交感神経は、筋肉の緊張を緩和させることができるため、このバランスが崩れれば、緊張度はさらに高まり、ストレスにもつながっていきます。
これが、さらに肩凝り、肩の痛みにも変わっていくことになるため、いつまでたってもよくなりません。

館林市本町たまい接骨院では、手技や物理療法を施していくことで、こうした体の崩れも少しずつ適正な方向へと導いていくことができます。
原因は一つではないため、これも一つの解決方法でしかありませんが、解決の道を模索しなければ、肩凝り、肩の痛みはいつまでたっても悪循環の中におり、解決してはいかないのです。

クーラーによる冷えが肩凝り、肩の痛みの元に

肩こり・肩の痛みの原因を考える

【環境による冷えでも肩凝り、肩の痛みが出る】
さまざまな原因が肩凝り、肩の痛みにはありますが、その中でも知らず知らずのうちになっているのが、冷えによるものです。
たまい接骨院のある館林市本町では、夏は極端なほど気温が上がることを考えると、この冷えによる肩凝り、肩の痛みは見過ごすことはできません。
エアコンによる室温でも肩凝り、肩の痛みに発展することがあるからです。

【冷えが引き起こす緊張と疲労】
人間の体は、温度が下がると筋肉を緊張させていきます。
この緊張により、熱量を上げて耐えようとしていくのです。
その分だけ、疲労もたまることになるのは、冷えと大きな関係があるといえるでしょう。

非常に寒いところに行くと、体が震えることがあるでしょう。
これも筋肉の緊張で、熱を作り出そうと震えていくのです。
そうしなければ、体温を維持することができなくなり、生命維持に問題が出るため、自然と反応していきます。

ところが、たまい接骨院のある館林市本町のように、日本国内でも屈指の気温の高さを記録すると、クーラーなしではいられません。
それこそ、生命維持に問題が出るようになるでしょう。
ですが、クーラーの風を体に浴び続け冷やしてしまえば、筋肉は緊張しっぱなしになり、必然的に肩凝り、肩の痛みにつながっていくのです。

筋肉の緊張により、血管が細くなることも重要な意味を持ちます。
これにより、体温を奪われにくい状態を作り出していくのですから、血流が悪化してしまうのです。
緊張による疲労と血流の悪化が重なるのですから、肩凝り、肩の痛みはどんどんと悪化していってしまいます。
ほかの原因でもあるように、冷えの問題が肩凝り、肩の痛みの悪循環を作り出していくことになってしまうのですから、環境を考えると皮肉なことでしょう。

【肩凝り、肩の痛みにつながらない対策を】
館林市本町たまい接骨院では、肩凝り、肩の痛みに対しての施術ができます。
それでも、環境を改善しなければ、いつまでたっても改善することはないでしょう。
体がどうしても冷えてしまうような場合には、首周りだけは冷えないようにスカーフを巻いたりすることも有効です。

血管が収縮しないようにするためには、一酸化窒素を作り出さなければいけません。
スイカの中には、シトルリンという成分が入っており、この一酸化炭素の生産を高めさせることができるようになるのです。
サプリではあまり見かけるものではありませんので、肩凝り、肩の痛みの対策だと思って食べてみるのもいいでしょう。

鍼灸を施すことで、緊張も解けますし、血流も改善させることができます。
即効性が高い方法ですので、冷えが原因ではないかと思うときには、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

体型でわかってしまう肩凝り、肩の痛み

肩こり・肩の痛みの原因を考える

【肩凝り、肩の痛みと体型は関係があるか】
肩凝り、肩の痛みというと、まず姿勢が疑われます。
毎日どうやって過ごしているのか、仕事の状況とかも考えなければいけないでしょう。
しかし、それ以前に体型ということを考えなければいけないのです。

一般的な見方として、太り気味の人や明らかに痩せすぎている人は、肩凝り、肩の痛みがあるのではないかと思ってしまいます。
これは、何となく感じることがあるでしょう。
館林市本町たまい接骨院でも、そう判断する場合がありますが、これには明確な理由が存在するからこそ、肩凝り、肩の痛みがあるのではないかと考えるのです。

【太ってしまうことによる負担】
太ってしまうといってもいろいろな形がありますが、皮下脂肪が多くなり、体が重そうに見える人は、体自体が首に重石をつけている状態になってしまいます。
地球上には重力があり、下半身が上半身を支えてはいますが、上半身の重みを肩がしょっている状態です。
この筋肉があるからこそ、姿勢も維持することができますし、頭も支えることができます。
ところが、そこに皮下脂肪が増えていき、どんどんぶら下がってしまう状態になっていくと、下半身がいくら支えたとしても、負担は増大することとなるのです。
肩凝り、肩の痛みにつながってしまうのは、自明の理といえるでしょう。

さらに、こうした状態になると、運動もしたくなくなってしまいます。
筋力のバランスも崩れていくこととなり、血行も悪化していくことになるため、必然的に肩凝り、肩の痛みにつながるのです。
館林市本町たまい接骨院でも、運動をお勧めするのは、肩凝り、肩の痛みで苦しむ状態から脱却するためでもあります。

メタボリックの場合、内臓脂肪という点で違いがあるでしょう。
おなかが前に出てしまうことが特徴ですが、これが姿勢を崩しています。
横から見てみると、おなかが前に出た分だけ、背中が後ろに下がり、頭は前に出ます。
この姿勢の崩れにより、肩の筋肉は過剰に増えた負荷を支えなければならず、肩凝り、肩の痛みにつながってしまうのです。
太ってしまうことによる弊害は、たくさん存在するといえるでしょう。

【痩せてしまってはなぜいけないのか】
逆に痩せすぎている人も、肩凝り、肩の痛みに悩むことになります。
頭を支え、姿勢を制御している肩周りの筋肉は、ある程度の筋肉量がなければ維持することはできないということは誰にでもわかることでしょう。
ところが、痩せすぎてしまうと、元々力をかけて安定させていた筋肉や肩甲骨がふらふらと不安定な状態になってしまうのです。
つまり、ある程度の力を掛けるだけの体重がなければ、この筋肉は力を発揮することができません。
さらに、痩せてしまうことで、筋肉力も減ってしまうのですから、負担は必然的に増えてしまうのです。

痩せすぎていることで、必要な栄養を送りこめないということが、筋肉の疲労にもつながっていきます。
これにより、肩凝り、肩の痛みはどんどんと進んでしまうことも、よくわかることでしょう。

館林市本町たまい接骨院では、施術だけではなく、できるだけ運動をお勧めします。
体を健康に保つためには、筋力のバランスが重要ですし、血行の改善にも効果を上げることができるからです。
施術だけでは限界が出てきますので、生活習慣のレベルまで改善していくことが大切なことだといえるでしょう。

目からくるといわれる肩凝り、肩の痛みは本当か

肩こり・肩の痛みの原因を考える

【肩凝り、肩の痛みと目の疲れ】
肩凝り、肩の痛みというと、目から来ているんだよといわれることがあるでしょう。
館林市本町たまい接骨院でも、生活習慣ということをお聞きする場合、目の疲れということは大いに注目する部分となります。

ちょっと考えると、目は物を認識する場所であり、肩凝り、肩の痛みに関係する肩は筋肉です。
どちらにも関連性が見当たらないような気がするでしょう。
しかし、目の疲れである眼精疲労は、全身に影響を与えることとなる怖い状態なのです。

【眼精疲労という問題】
近年、コンピューターの発達やスマートフォンの普及により、画面というものを見る時間が長くなりました。
ここにあるのは、光を見るということもあるのですが、一定の距離で見つめているということが重要なのです。
そのため、目の動きは少なくなってしまい、眼球を動かしている筋肉は緊張したままになってしまいます。
肩凝り、肩の痛みに似ていますが、一定の緊張を保ち続けると、筋肉は疲労し回復させるのに時間が必要になるのです。

さらに、最近指摘されるようになったのが、テクノストレス眼症と呼ばれるものです。
画面を見続けることで、極端に瞬きが減ってしまう現象で、精神的ストレスや交感神経への影響がわかってきています。
眼精疲労も進むことになる危険な状態なのです。

肩凝り、肩の痛みと眼精疲労の関係は、完全に解明されているわけではありません。
ですが、目が疲れてくると、だんだんとモニターに近づいたりするようになるだけで、姿勢は崩れてしまいます。
これが、ストレスにもつながってしまい、前のめりになるような一定の姿勢を作り出してしまうことで、肩の筋肉の緊張も呼び肩凝り、肩の痛みも出てしまうのです。
眼精疲労により見にくくなってしまう状況が、体のバランスを崩すことは間違いないことで、体に大きな負担を与えてしまうことは間違いないでしょう。
だからこそ、館林市本町たまい接骨院では、どんなお仕事をしているのか、その状況なども注視するようにしているのです。

【解消させていくためには】
館林市本町たまい接骨院では、肩凝り、肩の痛みの対策になる施術を行っています。
その中で、目を大きく動かすことや、近くと遠くを繰り返してみるような、基本的なことを採り入れていくことができれば、肩凝り、肩の痛みの解消につなげることができるようになります。

瞬きを意識的にするようにするだけでも、目の乾燥は防ぐことができるようになり、栄養も送れるようになっていくのです。
たったこれだけでも、肩凝り、肩の痛みを解消できる可能性があるのですから、どんどん取り入れるべきでしょう。

目薬を差す場合にも、栄養価のあるものを使う方法があります。
これだけでも、眼精疲労を抑える効果がありますので、少々高くはなりますが選択してみると、肩凝り、肩の痛みの予防に効果を上げることが手着たりもするのです。

肩凝り、肩の痛みにつながる姿勢とはどんなものか

肩こり・肩の痛みの原因を考える

【座ることと肩凝り、肩の痛み】
肩凝り、肩の痛みというと、デスクワークとの関連性が指摘されることがあるでしょう。
座っているときの姿勢は、肩凝り、肩の痛みに重要な意味を持っています。
館林市本町たまい接骨院でも、カウンセリングでお聞きしますが、こうしたことが肩凝り、肩の痛みにつながるからです。
どんな椅子に座っているのか、姿勢はどうなのか、仕事的に前かがみになったりすることはないのか、そういった点からも原因は追究することができます。
そのためにも、細かな情報が大切になるのです。

【座る姿勢の重要性】
肩凝り、肩の痛みにつながらないような座る姿勢を考えた場合、日本人がなじみ深い正座の姿勢が一番正しい姿勢と考えることができます。
坐骨から耳たぶの後ろを結んだ線が、腕の骨のやや後ろを通るようにすることが大切です。こうした姿勢を作り出すためには、坐骨の一番とがっているところに体重がかかるようにすることが大切で、これだけでも背筋がまっすぐのびるようになります。
後は肩の力を抜いて、胸を少し広げるようにし、あごを軽く引くだけで正しい姿勢を作ることができるのです。
最初のうちは、鏡を見ながらやってみるといいでしょう。

デスクワークが主体の場合、あまり深く腰掛けてしまうと、手を全開で延ばすことになり、届かなくなるとだんだんと前のめりになる傾向があります。
こうなると、バランスを崩し肩凝り、肩の痛みが出てしまう要因となりますので、少し浅く腰掛けてみるのも対策となるでしょう。

【肩凝り、肩の痛みと運転姿勢の問題】
座る姿勢ということでは、車の運転ということもあるでしょう。
たまい接骨院のある館林市本町では、非常に多くの車を見かけますし、運転しているという肩もいらっしゃいます。
この姿勢がお菓子なことになってしまっているからこそ、肩凝り、肩の痛みになってしまうことも出てくるのです。

運転席に座ったら、まずは深く腰掛けます。
次に、ブレーキを踏んだ時に、ひざが軽く曲がるように位置を合わせましょう。
上半身は、ハンドルを握った時に腕が軽く曲がるようにしなければいけません。
片手でハンドルを持ったりすると、体をひねることとなり、バランスを崩します。

自分は大丈夫という勘違いから、背もたれを下げっぱなしにしたり、片手でハンドルの上のほうを持ったりするだけの人もいるでしょう。
肩凝り、肩の痛みはもちろんのこと、運転方法としても、大変危険です。
痛みということでは肩凝り、肩の痛みも苦しいものですが、こうした勘違いの運転で事故でも起こせばそれどころではなくなってしまいます。
座る際に正しいポジションを取り、体に負担がかからないようにしていくことが大切なのです。

パソコンの操作環境からくる肩凝り、肩の痛み

肩こり・肩の痛みの原因を考える

【日常化するパソコンでの操作】
パソコンを使った作業は、日常化するようになりました。
肩凝り、肩の痛みということを考えた場合、かなり高い負担になっていることがこの作業の中にあるのです。
大きく分けると、目の問題と作業環境ということに行きつきますが、パソコンの作業環境を見直してみるだけでも、肩凝り、肩の痛みは緩和させることができます。
館林市本町たまい接骨院でも、カウンセリングで注意することもありますが、たかが姿勢と考えないことが大切です。

【肩凝り、肩の痛みにつながる問題】
まず、パソコンを使った作業の場合、細かなものになればなるほど、何とか見ようと前のめりになってしまうことがあるでしょう。
頑張れば頑張るほどなりやすいことですが、この時の姿勢は前かがみであり、背中は丸くなっているはずです。
体に力が入っていますので、肩甲骨も開いた状態で、前に突き出た格好となるでしょう。
もちろん、首も前に出てしまうことになるため、強いそり帰りができてしまうのです。

この時の状況は、どれをとっても肩凝り、肩の痛みに影響します。
血行も悪化させますし、だんだんと疲労を強く感じるようになり、さらに細かいものが見にくくなるでしょう。
そうすると、さらに前のめりになり、肩凝り、肩の痛みの原因として、悪循環を起こすのです。

こうした状況になってしまう場合、ディスプレイに光が当たり見にくかったり、明るさが足りていなかったりすることもあるでしょう。
モニターの角度の問題や倍率の問題も出てきます。
どれも、目の疲労を呼ぶことにつながり、姿勢を悪化させるのです。

目に関することだけではありません。
こうした作業環境が肩凝り、肩の痛みにつながるため、館林市本町たまい接骨院では細かく聞くことになるのです。

【肩凝り、肩の痛みを考え改善を】
館林市本町たまい接骨院で肩凝り、肩の痛みの施術を進めるだけではなく、こうした作業環境は改善しなければいけません。
たとえば、モニターにあたる光を考え、位置をずらしたりすることも必要です。
ずらせない場合には、遮光フィルターを張ったりすることも考えましょう。
画面の角度も、視線が正しく届くように考えることも必要です。
見にくい場合には、表示倍率を変更だけではなく、フォントサイズの変更も視野に入れます。
もしも、必要な解像度が得られない場合には、モニターサイズを大きくすることも肩凝り、肩の痛みを考えれば必要になるといえるでしょう。

ハードの問題ですから、簡単にできないこともあります。
ですが、少しずつ改善していかなければ、肩凝り、肩の痛みも館林市本町たまい接骨院の施術だけでは根本解決できませんので、できることから変更していくべきなのです。