館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

寒くなると辛くなってくる肩の痛みの正体は

院長の日記

寒さと肩の痛みの関係

11月を前にして、とても冷え込んできました。
館林たまい接骨院でも、びっくりするほどの気温になっていることがあります。
先日の台風が熱帯低気圧になりながらも発達したことが、極端な冬型を招いたということになりますが、ちょっと冷えすぎです。
こうなると、館林たまい接骨院でも、肩の痛みを訴える方が増えてきます。
風邪などに気をつけるだけではなく、こうした肩の痛みということも、寒さに関係してくるからです。
肩こりがひどいと思われる方は、よく考えておかなければいけません。

大きく分けると、原因は2つに絞られることが見えてきます。
もちろん、外傷を受ける怪我は別として考えていきますが、だれもがわかるところに行きつくはずです。
そのひとつが、血行不良にあります。
寒くなってきたのを感じるはずですが、ここに問題があることを見逃してはいけません。
肩や首には、さまざまな筋肉があり、血管が通って酸素や栄養を運んでいきます。
冷えてくると、筋肉は緊張して耐えようとしますが、この時に血管も圧迫されることになり、血行が悪くなるのが問題です。
そうなると、酸素もいき届きにくくなりますし、血液によって温められるようなこともありません。
さらに悪いことに、筋肉で作られる疲労物質も運び出せなくなります。
そうなると、筋肉はうまく動けなくなり、だるさも感じるようになるでしょう。
これが、神経も圧迫することになり、痛みも起こしてくるようになります。
首筋まで広い筋肉が走っていますが、だんだんと吐き気なども生じるようになり、頭痛を併発するなど、辛い痛みを引き起こす原因です。
館林たまい接骨院でもよく見られるケースであり、この寒さの中で冷やしたりすれば、必然的に起きるでしょう。

人間の体の中でも頭部は最も重い部分です。
当然のことながら、その重みを支えなければならない以上、冷えてしまえば辛い肩こりにつながっていきます。
それだけの筋肉が動いているのですから、冷えないように考えることが必要です。

洋服の着方を考えてみる

もうひとつの原因も、寒さに関係してきます。
それが、寒さによって縮こまるということです。
館林たまい接骨院の周辺でも、かなり寒くなってきました。
そうなると、体は自分自身を守るため、体を小さくして防御しようとします。
これが自然な反応ですが、縮こまって筋肉を収縮させ、震わすことで熱を出そうとするのですから、やはり血行が悪化してしまうことがわかるでしょう。
当然ですが、酸素もいきわたりませんし、疲労物質も流れにくくなります。
強度に緊張させ続けるということは、それだけ肩こりを誘発させる原因です。

同じ態勢を続けるということも、同じような原因になると考えられます。
負担をかけるということでは、重いものを持ち続けたりすることも肩こりを引き起こす原因です。
もちろんですが、冷房によって冷やすことでも起きるため、夏場でも同じようなことが原因となってしまいます。
この時期になれば、たまい接骨院のある館林は風も吹きますし、体を冷やさないような恰好をして悪化しないような対策をすることが、型の痛みを軽減できるともいえるでしょう。

ただし、ここで考えなければいけないのは、服の重みも肩にかかるということです。
そうなれば負担が増えることになりますし、猫背になってしまうことも出てくるでしょう。
体がうまく動かなくなってくるため、当然負担がかかります。
ストレスもかかるようになり、肩こりが加速してしまうということになるでしょう。
冷えないようにするということが、その分の負担になってしまうことも出てくるため、防寒対策はするとしても、血行が悪くならないような配慮が必要です。

つまり、無駄な重ね着は逆効果になってしまいますので、適切な方法を考えていかなければいけません。
インナーは、速乾性と保温性を考えた機能性インナーがいいでしょう。
ただし、こうしたインナーは汗を吸って蒸れなくすることがポイントになってくるため、フィットした物を選ばなければいけません。
次の中間着は、隙間をつくることが重要です。
この空間が暖かな空気を作り出すため、セーターなどが有効でしょう。
フリースも軽くて向いています。

上着は外気の温度を遮断するということが重要です。
枚数を重ねれば効果をあげるというわけではありませんので、ダウンジャケットなどが軽量で効果的です。
ニットやフリース素材もあったかいように見えますが、風を通すことになるため、せっかくの温まった空気を逃がしてしまいますので、注意しなければいけません。
実際に重い上着を着ることによって、肩に負担をかけてしまうことになりますので、できるだけ軽い素材を選ぶことがポイントです。

ストレッチやお風呂で予防と回復

肩の痛みということでは、館林たまい接骨院で施術することで対応できます。
ですが、普段からストレッチをするということで予防することも重要です。
単純なところでは、姿勢が悪化してしまわないように、座ったままの状態から立ち上がるということが基本となるでしょう。
意識して立ち上がり、背筋を伸ばすというだけでも、体が動くことになるため熱を生み出します。
これだけでも、体温が上がり血行も回復します。
ストレスの発散ということでも、効果をあげることができるでしょう。
なかなか立ち上がることができないという人でも、椅子の上で伸びをするだけで違います。
これだけでも肩の痛みの予防になるのですから、繰り返していくべきです。

お風呂で体を暖めるということも大切な方法といえます。
暖かい湯船につかれば、それだけで血管は拡張し血行が回復していき、リラックスもできるでしょう。
ストレス発散にもつながり、肩こりの防止にも役立ちます。
炭酸ガスを使った入浴剤も肩にはメリットがあり、湯の温度が高く感じるはずです。
これが炭酸ガスの持っている力ですので、肩こりがつらいというときにも使ってみるといいでしょう。

こうしたことで普段から対応していくことができます。
それでも、辛い痛みが出てしまうこともあるでしょう。
そんな時には、最新機材のそろっている館林たまい接骨院へいらしてください。
鍼灸での対応も肩の痛みの回復には役立ちますので、早めに施術を始めていきましょう。

11月の夕方の暗さは交通事故に要注意

院長の日記

暗闇から飛び出さないといえるのか

10月も終わりを迎え、だんだんと夕闇が深くなってきました。
館林のたまい接骨院のある前は、交通量が多いこともあってかなり明るいこともありますが、脇を見れば飛び出されてもわからないような薄暗い路地も見えるはずです。
運転している人であれば、まず考えなければいけないことですが、この時間に飛び出してこられたら、今の状態でよけることができるかどうかということになるでしょう。

館林のたまい接骨院から、郵便局の本局のほうへ北上するとします。
1本道いで街灯もありますが、小さな道もいくつかあるでしょう。
交差点の影もあります。
この時期で考えたら、そこから飛び出してきたことを考えなければいけません。
自分が青だから、何か飛び出してこないということは言えないはずです。
飛び出しをするときは、他のことに意識を取られているでしょう。
その時に一体なんkm/hで走っていたら安全だといえるのか、自分の運転を振り返ってみなければいけません。
40km/hだから安全といえるのか、危ないと思ったときには徐行することも必要なのは間違いないでしょう。
もう少し、安全運転の大切さということの認識を改めていくことも必要です。

交通事故が発生しやすい時間帯とは

少し視点を変えて考えてみると、交通事故が発生しやすい時間帯があります。
24時間のうち、交通事故が集中しやすい時間を考えてみると、特に気をつけていかなければいけないことがわかるでしょう。
その時間は、朝の7時~8時と夕方の17時~18時です。
全国平均でもわかることであり、さまざまな統計から判断することができますが、この時間は交通事故が極端に増えてしまいます。

朝方の交通事故の理由を見てみると、通勤時間であるということがわかるでしょう。
特に8時のほうが多くなっているのは、間に合わないと思いスピードをあげる、焦ってしまうということもあげられます。
館林のたまい接骨院の前でも多くの自動車を見かけますが、余裕のない運転が事故を招いてしまっていることは間違いありません。
実際に歩行者としての視点で考えても、焦っていることが多くなります。
信号待ちをせずに無視をしてしまうようなことも見られることから、事故は多くなることは間違いありません。
人の数も多いのですから、安全に気をつけるだけではなく、すぐに止まれるような速度で運転することが求められるでしょう。

夕方ということで見てみると、視認性の問題が大きくかかわってくることは間違いありません。
だんだんと暗くなるということは、明るい余韻が残っているということにもなります。
そうなると、どうしても油断が生じることにもなるでしょう。
視認性が落ちていくのにもかかわらず、そのままにしてしまうことによって、自己の発生確率は高くなります。
これは、歩行者側にも言えることですので、危険性がどんどんと高まっていく時間帯です。
館林のたまい接骨院でも、こうした時間に事故にあってしまった、起こしてしまったという方が非常に多いといえます。

夕方という言ことでは、死亡事故の多発時間帯であるということも見逃すことができません。
視認性が悪化するということがどれほど影響するのかは、運転している人がもっとも実感があるはずですが、認識が遅れることでブレーキも遅れます。
当然のことですが、同じ速度で走っていれば、認識できる時に比べて、衝撃は大きなものになってしまうことはだれにでもわかります。

冬場に事故は発生しやすいということも忘れてはいけません。
月別に見ると、12月にかけて驚異的に増加する月であり、10月11月12月と死亡事故も急激に増加します。
冬に向けて増加するのは、道路状況ということではありません。
どうしても暗くなりやすい時期であり、当時を迎えて明るくなってくる2月などでは交通事故の件数減ってきているのが証拠です。
日没時間が早まることによって、たまい接骨院のある館林でも視認性が落ちます。
早めにライトをつけるだけでも、十分に対策となることを考えると、ドライバーの注意というだけでも事故はかなり防げるということになるでしょう。
見えていませんでしたでは済まないことを考えれば、十分に対策をしていかなければいけません。

車の速度の読み違いも起きる

館林のたまい接骨院でも、冬にかけての18時前後は非常に暗くなります。
この時間に路上に出てみるとわかりますが、かなり暗いと感じることでしょう。
その中で、歩行者がいるかどうかわからないことも出てきます。
安全に注意して走行するということは当然のことではありますが、非常に危険な状況であることを考えておかなければいけません。

実際にさまざまな統計がとられていますが、死亡事故につながるような場合には、車から見て右方向より横断してくるケースが多くなっています。
左側は注意していても、右からは来ないと思い込んでいるということが背景にあるでしょう。
こうした思い込みが大きな事故につながりやすくなるのは間違いありません。

歩行者の心理を見てみると、右から渡ってくるということは、歩行者からは反対車線であるということになります。
車は遠く見えることから、安全であるという勘違いを起こすことがあるのも事実です。
距離を正確に読み取ることができれば、まだ安全である可能性は出てきますが、車との速度を間違えれば、事故につながってしまうのは当然といえます。
それも、冬にかけての夕暮れ時間で考えれば、こうした事故が起きるということは、容易に想像がつくでしょう。

事故を起こしたり遭遇した時に

もしも、事故を起こしてしまったり、遭遇してしまった場合には、2次的な事故にならないように車をよけて、人命救助を最優先とすることが重要です。
けが人の確認と救助をすることが重要であり、後続車などによる事故も防がなければなりません。
どういった怪我をしているのかを確認し、救急車を呼ぶことが大切です。
仮に外傷がなくても、あとから出てくることがあります。

次に警察への連絡です。
交通事故の内容と場所を伝えることが重要であり、できれば加害者が通報するということが必要といえます。
自分で事故現場を記録するということも必要です。
メモを取っておくだけでも、今後が変わってきます。

ここで、相手の身元の確認をしましょう。
事故の情報を集めるということにもなりますので、相手の身元と状況を正確に確認しなければいけません。
目撃者も確保してから、保険会社に通知します。

自分自身の怪我にもよりますが、館林のたまい接骨院をはじめ、診断を受けることが重要です。
特に頭部を売った形跡がある場合には、すぐに病院にかかる必要があります。
むち打ちなどであれば、館林のたまい接骨院にご連絡ください。

だいたいの流れとしては、こうしたかたちになってきます。
保険請求もしなくてはならなくなりますので、その場で示談をしたりするのではなく、必ず警察と保険会社を通すことが重要です。
相手の治療費などの問題も出てきますので、しっかりと決めるということを考えなければいけません。
館林のたまい接骨院でも、さまざまな対応が可能ですので、加害者被害者を問わず、怪我をしたときにはご来院ください。
当然ですが、自賠責保険も使用することができますので、被害に遭われた方をご紹介いただくといったかたちも可能です。

いろいろな原因がある首の痛み

院長の日記

日常的に出てきやすい首の痛み

日常的な問題として、首が痛いということはありえることでしょう。
長く痛みが続いているという人は、すぐに館林のたまい接骨院お越しいただきたいところではありますが、どんなことが問題になるのかということから考えていかなければいけません。
肩こりが問題だと思ったら、実はもっと大きな原因が隠れていることもあるからです。
早めに施術をしていくことが一番ですが、市販のシップを貼っていればいいといった甘い考えは、早々にやめた方が確実といえるでしょう。

多くの原因が存在し、かなり危ないものまであります。
館林たまい接骨院で施術できないものまで存在することを考えておくことも重要です。
一般的な考え方からいけば、肩こりなどを原因とする場合、筋肉量が少ないほうが症状は出ます。
人間の頭部は、体全体から見て最も重い部分であり、それを支える首の痛みは、相当なものであることがわかるでしょう。
側面の筋から傷みが出るようになり、頭の付け根に広がっていくのは当然です。
疲労ということも含めて考えていけば、長時間同じ姿勢でい続けるような人のほうが症状はひどくなると考えるべきといえます。

PCによるデスクワークは、職業病といえるようなレベルです。
これは、避けられない部分もありますが、スマートフォンの使用による問題は、避けることができるでしょう。
眼精疲労や腕の疲れでも発生してくることになるため、体全体にダメージが出るようになります。
仕事中の場合には、できるだけ席を立つような機会を作り動くだけでも違いますし、筋肉を緩めるようにしていくことが、対策として重要になってくるでしょう。

こうした症状を抱えたままでは、仕事に支障が出てくることになります。
対応することが難しいだけではなく、辛い痛みを抱えているときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。

ヘルニアや狭窄症などの原因がある

館林たまい接骨院で施術することが適切な原因があります。
首の痛みといっても、非常にいろいろな症状が見られますが、首の骨に原因があるようなときには、特に早い段階で館林たまい接骨院で施術していくことが重要です。
そのひとつとして、頸椎椎間板ヘルニアがあげられます。
頸椎以外にも存在しますが、骨と骨の間には、椎間板と呼ばれるクッションが存在していることが重要です。
この軟骨部分がつぶれてしまうだけではなく、内容物が外に出てしまうような状態が椎間板ヘルニアと呼ばれる状態であり、痛みが出てくることが多くみられます。
他にも胸椎や腰椎でも起きる可能性があり、その場所によって呼び名が異なりますが、基本的な問題点は同じです。

ヘルニアになってしまって首の痛みが出るようなときは、起き上がれないほどの痛みが出てくることさえあります。
椎間板が神経を圧迫するということになるため、手足などにしびれが出てしまい、辛い症状になることもあるのは要注意です。

脊柱管狭窄症も同じように首の痛みが発するようになる病気といえます。
首だけではなく、背骨や椎間板、関節や靭帯などに神経が通る脊柱管がありまますが、これが何らかの原因によって狭くなるのが狭窄症です。
神経を圧迫することになるのですから、当然しびれなどが出てきます。
首の痛みだけではなく、他の部分にも発生することがあるため、気を抜くことはできません。

狭窄症とは少々違いがありますが、年齢とともに変形してしまうのが変形性頚椎症です。
首の痛みになりやすいものであり、さまざまな部分に痛みが出てくることがあります。
肩の凝りがおかしいと思っていたら、実は神経を圧迫している状態であるということも出てくるのが問題点です。
加齢が原因だとしても、痛みが出ることには変わりがありません。
特に背部痛がひどい場合には、変形性頚椎症の疑いがかかるといえるでしょう。
個人差があるため、何歳になったら現れるのかといったことも決まりがあるわけではありませんが、椎間関節や筋肉などの組織に問題があることもあります。
痛みに気が付いたら、とにかく早い段階で館林のたまい接骨院にお越しください。
施術を早めに開始することができれば、それだけ楽にすることができます。

女子に多く見られる側弯症

首の痛みを生じてしまう原因のひとつとして、側弯症もあります。
館林たまい接骨院でも見られることですが、原因がよくわからないといったことが8割にも及ぶのが特徴です。
先天性の場合もありますが、ほとんどは突発性側弯症といえます。
これが問題で、神経系に異常を発してしまうことになり、首の痛みを訴えることも原因のひとつです。

館林たまい接骨院でも、女子の場合がとても多く、男子の5倍以上にもなりますが、まったく起こらないというわけではないということが重要といえます。
女子といういい方でもわかる通り、後発年齢は思春期であることが多いのも特徴です。
小学生から中学生の時に多く見られます。
他の年代でも見られることがありますが、圧倒的に多いと考えて間違いありません。
問題は、予防するのが難しいということです。
何が原因で発症するのかもわかっておらず、痛みが出て気が付くということも少なくありません。

鞄などの持ち方で変形するということも考えられていましたが、専門領域から見た場合にはほとんど関係がないといえます。
日常生活の姿勢も気にすることは重要ですが、これで予防することができるわけではなく、進行を防ぐことができる程度です。
カルシウムも対策にはなりますが、これで直ったりすることはありません。
それよりも、できるだけ早い段階で館林たまい接骨院にご来院ください。
施術を通して対策をしていくことが、首の痛みだけではなく、側弯症の対策にもなってくるからです。

むち打ち症による首の痛み

首の痛みがあとから現れてくる場合、むち打ち症ということもあります。
交通事故によってなることが多いのがむち打ち症です。
事故の衝撃によって、体が先に動き出し、そのあとに首から上の頭部がむちのようにしなりながらついてくるというのがそのプロセスになります。
首が支えていれば問題はありませんが、強い衝撃には耐えることができません。
その上、加速度的な動きを見せることになり、強い衝撃を首に与えてしまいます。
この時に、頸椎を挫傷してしまうことによって引き起こされるのがむち打ち症です。

むち打ち症ということは、強い衝撃が必要になることからも、館林たまい接骨院で辛い症状を訴える方が多い特徴を持っています。
ところが、事故当日などにはそんな症状を感じなくてもあとから出てくることも少なくありません。
館林たまい接骨院の実際の症例としても、多いのはなぜかということを考えておくことが必要です。

人間の筋肉は、強い衝撃に耐えようとすると、収縮させて対抗しようとします。
体を守るためですが、これでダメージを減らそうとするところが重要です。
もちろん、ダメージを受けてしまうことには変わりはなく、その時には痛みを感じないことが出てきます。
これが、時間とともに緩んでいき、あとからダメージを感じるようになるというのが、ひとつのプロセスとなっているところがポイントです。
つまり、事故が起きた時には、ダメージを受けていてもわからず、あとから出てくることがあるということになります。

もうひとつの考え方として、緊張も外せないポイントです。
事故が起きた瞬間には、体は必ず緊張しているでしょう。
この時にも、筋肉は収縮し、さまざまなストレスから耐えられるように身構えます。
外敵にもいろいろなストレスがかかってくることになりますが、これから耐えられるようにしていくことで守る防衛本能といえるでしょう。
時間とともに緩くなっていき、通常と同じ状態に戻っていきますが、体はダメージを受けていることには違いがありません。
緊張が解けていくとともに、全身に痛みを感じたりするのも、こうした防衛本能による部分です。
首へのダメージに関しても、時間とともに緩くなっていき、感じるようになるため、数日後に痛みが出てくることがあります。

重要なことは、交通事故にあったら、速やかに施術を開始するということです。
ダメージを受けていることには変わりがなく、それが時間とともにわかってくるということだけですので、時間をあけるのは危険といえます。
さらに、保険などの問題も出てくるでしょう。
あとから本当に痛みを訴えても、それが問題になることが出てきます。
整形外科では、診断が下せないことも出てきますので、早期に館林たまい接骨院にお越しください。

日本人の大半が悩む腰痛の問題

院長の日記

クーラーで出てくる腰痛とは

この時期になると、腰が痛いということが起きてきます。
暖かい日が続き、今日のように寒い日になってくると、突然襲ってくるという人も多いでしょう。
館林たまい接骨院にも大勢いらっしゃります。
その原因のひとつとしてクーラーがあることは間違いありません。
ですが、なぜクーラーが問題なのか、その理由から考えていかなければいけないでしょう。

クーラーが問題になるのは、単純なことですが体が冷えるからです。
暑いのですから、体を冷やせばいいと思うのは当然でしょう。
しかし、体は冷え続けることに耐えられるというわけではありません。
特に必要以上に冷やしてしまうというのが問題点です。
体が冷えてしまうことになると、血行が悪化してしまうことになるでしょう。
全身の血行が悪化するようになると、疲労は回復できなくなり、全身をめぐり溜まりやすいところに行くことになります。
そのひとつが腰であり、大きな問題になってきます。

実際に仕事をしているときなどは、座っていることが多いでしょう。
どうしても、腰に負担がかかる時間が長くなってしまいます。
これは、冷房がかかっているいない関わらず負担はかかっているということです。
これがだんだんと積み重なっていき、秋になってくると吹出してくることになるのが、この時期の腰痛といえます。

こうした辛い腰痛対策としては、できるだけ温めておくということが重要です。
腰周りを冷やさないようにしておくだけでも、効果をあげることができますので、ブランケットのようなものをまいておくといいでしょう。
なぜこれが効果をあげるのかといえば、温めることで筋肉の緊張が取れるようになり、血行を回復させることができるからです。
体を冷やさないようにするということで、温かいものを飲むというのも対策になります。
体の中を冷やせば、当然のことですが、周辺にある筋肉も冷えて血行が下がるため、腰痛の原因を作り出してしまうことになるからです。
たまい接骨院のある館林でも、これから冷え込んでくることを考えると、温かいものを飲んでいくというのは、そこまで辛いことでもないでしょう。

腰痛は温めるか冷やすのか

腰痛ということでは、多数の方が館林たまい接骨院にいらっしゃいます。
実は日本の国民病とも呼ばれているのが腰痛だからです。
その総数は2,800万人ともいわれるほどで、驚くほど多数の人がつらい思いをしているといえるでしょう。
簡単に治るものではないということも、多くの人が悩んでいるポイントです。
いろいろと対策が講じられているかもしれませんが、正確に考えていかなければ、回復はしないと考えていかなければいけません。
そのためにも、痛みが出たら、すぐに館林たまい接骨院にご相談ください。

腰痛の種類ということでは、クーラーによるような痛みだけではありません。
痛みの総称として使われますが、内容はばらばらであるということを忘れてはいけないでしょう。
症状などでも違いますし、当然期間も変わってきます。
ぎっくり腰では、急性期にはまず冷やさなければいけませんし、慢性化してきた場合には温めることが必要です。
どちらの対応が正しいのかといえば、熱を出しているのであれば冷やす、冷えているのであれば暖めなければいけません。
クーラーで冷やしたのであれば、温めていくことが重要であるといえるでしょう。

辛い椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアも、辛い腰痛のひとつです。
さまざまな原因が存在し、問題が多岐にわたることも少なくありません。
腰椎椎間板が、正しい位置からずれてしまい、神経を圧迫することによって発症するところが問題ですが、実は腰痛の原因にならないこともあります。
神経を圧迫していることが椎間板ヘルニアではなく、腰椎椎間板がずれていることが原因だからです。
そのため、強い症状が出ないこともありますが、実はその周囲の筋肉が炎症を起こす筋膜性腰痛であるということも出てきます。

発症には遺伝子要因や加齢といった問題がありますが、環境が問題になっているということも重要です。
例えば、ずっとデスクワークを続けるというような状況は、姿勢を崩してしまい、筋肉のバランスを崩したことで椎間板ヘルニアを引き起こすということが出てきます。
筋肉のバランスが崩れていたりすることもありますし、座り方によって負担がかかっていることも考えられるため、その部分を改善していかなければいけません。
館林たまい接骨院でのアプローチということも、こうした面から考えていくことになります。
だからこそ、見た目だけで判断することはできず、日常生活の中で何が起きているのか、ヒアリングをしていかなければいけないといえるでしょう。

腰椎分離症と腰椎すべり症

スポーツをしている場合には、腰椎分離症もあります。
よくわからないけど腰が痛いといったことが多い中で、中高生などでスポーツをしている場合に起こりやすいかたちです。
成長期に多いことがわかっており、原因もはっきりしていますが、まだ若い年代では腰痛自体の認識が遅れてしまうため、発見できずに対処が遅れることがあります。
そのため、異変を認識した場合には、できるだけ早く対応することが重要です。

基本としてあるのは、オーバーユースということになるのが特徴といえます。
高齢になると、椎間板や靭帯の劣化ということも原因となることも重要でしょう。
腰椎の椎弓根部で起きる腰痛で、本来連続性を維持していなければいけない部分が分離してしまったことで痛みを起こします。
もっと端的に表現した場合には、骨折していると考えてもいいでしょう。
旋回や前屈、後屈を良くおこなうスポーツで起きやすい特徴もあります。
野球やゴルフはよく知られているところですが、バスケットボールやバレーボールでも起きている例があり、柔道のようなコンタクトスポーツでもみられることがあります。
非常に多くのスポーツで見られる症状ですが、筋力の低さが原因になっていることが多いともいえるでしょう。
衝撃で起きるのではなく、負担をかけた動作を繰り返したことが問題のため、休息をとりながらケアをすることで予防ができます。

安静にすることが一番であり、館林たまい接骨院で筋肉のケアもしていくことが早期回復を目指す方法です。
年齢的にすぐに動きたくなるかもしれませんが、そうなると再発する可能性が高まります。
大人が面倒見てあげなければいけない問題でもあり、筋力の強化とともにできるだけ負担がかからない状態を作り出してあげなければいけないといえるでしょう。
リハビリも重要になってきますので、館林たまい接骨院にご相談ください。
悪化させてしまうと、腰椎すべり症になってしまい、さらに重症化する可能性があるからです。

腰椎すべり症とは、腰椎分離症から骨が滑ってずれてしまうことが原因です。
腰痛はさらに激化し、激痛が出るようになります。
血管や神経の圧迫が見られるようになり、手足にしびれも発症することになるため、早期の対策をしていかなければいけません。
姿勢の崩れなども原因となってきますが、リスクを上昇させないように工夫することはいくらでもできるでしょう。
怖いのは、一生抱えるかもしれないということです。
早めに対処することによって対策も講じられますので、館林たまい接骨院にご相談いただき、無理をしないようにして回復させていかなければいけません。
実際に手術をするという例もありますが、大半は保存療法で対応することができます。
体全体で見ていかなければいけないため、早めに対応を始めていきましょう。

入浴や軽いジョギングも

さまざまな腰痛がありますが、日常からケアをしていくことが大切です。
筋肉の問題が多くみられることから、入浴をするというのもいいでしょう。
血行改善を考えることができるため、湯船に入って体を温めるというのは、効果的な対処となってきます。
ですが、長い時間はいると、体に負担をかけてしまうため、半身浴をするといいでしょう。
シャワーで済ませてしまうという人の中で、腰痛に悩まされているのであれば試してみるだけでも効果をあげられることがあります。

有酸素運動も効果をあげるため、軽いジョギングをするというのも腰痛改善に一役買ってくれる方法です。
ただし、腰痛の状態によっては逆効果になるため、館林たまい接骨院で診断を受けた後に考えると間違いはありません。
ウォーキングだけでも効果をあげられるため、無理をしないで対応していきましょう。

運動の秋に気を付けたい怪我の予防方法

院長の日記

秋だからこその運動中の怪我

たまい接骨院のある館林でも、急激に寒さも増してきました。
先日まではクーラー必須だったのに、急に長袖を出してきた方も多いでしょう。
秋になったんだなと感じる瞬間でもありますが、運動するにはいい季節になってきたといえます。
ですが、この季節だからこそ、いろいろなことも考えていかなければいけません。

秋はスポーツの秋とも呼びますが、厳しい暑さがなくなったことがポイントです。
運動会なども増えますし、それに伴って親子で運動するということも出てきます。
部活などもかなり活性化する時期ではありますが、それだけに怪我ということも考えていかなければいけません。
全般的に言えることですが、涼しくなったから運動をするということでは、かなり体が訛っているということもあります。
そのままでは負荷に耐えられないようなことも出てくることは忘れてはいけません。
子供たちも、急激にピッチを上げた運動をしていけば、それだけ負担がかかり怪我をするということが出てきます。
少しでも異変を感じた時には、すぐに館林たまい接骨院にいらしていただくのが一番です。
それよりも、怪我をしないようにするということを心掛けていかなければいけないでしょう。

昔のことは幻想でしかない

秋口に体を動かして怪我をする理由のひとつが、昔は動けたのにという言葉に隠れています。
昔取った杵柄という言葉がありますが、あくまでも昔なのです。
同じように動いてみたら、大けがをしたということも出てきますが、今は昔ではないということを忘れてはいけないでしょう。
この勘違いが、大きな怪我を生み出します。

子供たちとの運動会ということを考えても、昔とはかなり異なることでしょう。
普段から動いている子供たちは、体も動けますが、仕事中心の大人ともなれば、イメージとのギャップが出てきます。
ギャップが存在することで、足がついてくるはずなのに、実は全く上がっていなかったりして点灯するようなことが出てくるのです。
当然のことですが、大きな負荷をかけるということにつながり、怪我をしてしまうことが出てきます。
館林のたまい接骨院でも施術することができる打撲やねんざ、肉離れといったことは、こうしたプロセスで生まれてくるといえるでしょう。
よく見かけるケースではありますが、重症化してしまうと、手首を骨折したりするような例もあります。
冗談かと思うようなことですが、昔とは違うということを認識しなければいけません。

ストレッチからスタートする

怪我を防ぐためにはどうしたらいいかを考えていかなければいけません。
子供たちでも同様ですので、部活を頑張っているような場合にも対策になっていくでしょう。

原因から考えていかなければいけませんが、子供たちも含め体が硬くなってしまっているという状況は怪我を誘発します。
館林たまい接骨院でも見かけることですが、柔軟性を失ってしまうと、怪我は多くなるのは間違いありません。
そこで、日常的にストレッチを繰り返していくということが重要です。
部活の前にやっているようなことも、できるだけ入念にするということが必要で、日常的におこなうことによって柔軟な筋肉を手に入れることができるようになります。
足の曲げ伸ばしから始め、上背部や頸部を伸ばすことでも体は柔らかくなっていくため、少しずつでも繰り返していくことが重要です。
さまざまな方法がありますが、この時に呼吸を止めてはいけません。
有酸素運動にすることも重要で、20秒から30秒のあいだ、ゆっくりと伸ばしていくことが重要です。
その時に、筋肉が伸びていることがわかるはずですので、意識しながら行っていくといいでしょう。
子供たちの中には、反動をつけて伸ばす様子が見て取れますが、これは逆効果です。
ゆっくりで構わないため、意識をしながら伸ばしていくだけで、かなりの違いを生むことができます。
館林たまい接骨院での指導もできますので、どうしたらいいのかわからないときにはお聞きください。

服装も怪我の予防のひとつ

ストレッチも重要ですが、運動するときには、それなりのかっこうがあります。
かっこうから入るということではなく、負担がかからないようにするということが重要です。
服装を軽んじてしまう傾向もありますが、非常に危険なことです。
運動をする以上、体を動かすことができるような服装を考えなければいけません。
ストレッチ性のある素材を使ったものを選んだりするだけでも、膝やひじに負担をかけないようにすることができます。
そうなれば、転倒することも少なくすることができるでしょう。

靴も同じです。
あっていない靴を履けば、転倒することも出てきますし、体に強い負担をかけます。
クッション性の低い靴を履けば、それだけ膝にも腰にも負担をかけることになるため、捻挫をしたり肉離れをしたりすることも考えられるでしょう。
ほんの少し考えればわかることですが、とりあえず何でもいいと考えてしまうことも出てくることが非常に危険です。
クッション性が低いということだけではなく、ソールの形状なども重要になってきます。
運動をする場所によっては、靴が合わなければ滑ってしまうことが出てくるでしょう。
これだけでも肉離れの危険が高まります。
テニスのようにコートによっては使うことができない靴もありますので、必ずあったものを選択しなければいけません。
怪我をするということだけでも危険ですので、何か違和感があった場合には、すぐに館林のたまい接骨院にお越しください。

いつから運動できるかを自己判断しないこと

肉離れということをもう少ししっかりととらえなければいけないでしょう。
単なる怪我として考えることもできますが、実は非常に痛みが伴い重症化すると出血も見られます。
改善できるようになるまで時間がかかりますし、運動をするだけで強い痛みがでるため、非常につらい思いをすることになる怪我です。

実際に館林たまい接骨院で施術することによって回復を早めることができますが、まずは安静にして痛みが引くまで様子を見ることも必要になります。
これが問題で、復帰するまでの時間がはっきりとしないため、イライラすることも出てくるでしょう。
実際にわかりにくいのも確かです。
ですが、内部では筋繊維が傷んでいる状態ですので、これが回復できなければリスクが付きまといます。
すぐに再発することも出てきますので、重症度を判断して、本当にどの程度で回復できるのかを認識する必要があるため、まずは館林たまい接骨院にお越しください。
そこから、いったいいつぐらいに回復できるのか、現状の状態の判断もできるようになります。
判断としては、ストレッチをしたときの痛みというものがあります。
角度によって判断することができるため、どの程度なのかを館林たまい接骨院で見付けましょう。
癖になってしまうようなこともありますので、そうならないようにするためにも、しっかりとした方法で回復を目指すことが必要です。

クールダウンも考えていく

怪我をするということでは、運動前に体を温めるストレッチだけではなく、運動後にもケアすることが重要です。
運動をした後でも、体を動かさなくなるわけではないでしょう。
どこかの運動場で楽しんだ後に帰るかもしれません。
家にいる間に怪我をするという可能性もあるからです。

普段動かしていないような人だけではなく、運動もしているような部活の学生さんたちも同じように考え、運動後にストレッチすることが大切になってきます。
運動をした直後には、必ず疲労物質がたまっている状態です。
自分で思っていなくても、あとで疲れたなと思うことがあるでしょう。
これを筋肉の中にそのままにしておくのが問題です。
そこで、予防していくためにも、運動後に運動前と同様にストレッチを繰り返していきます。
何か難しいことをする必要はなく、簡単なことを繰り返していくだけでも影響してきますので、そのままにしないことが大切です。
徐々に普段の体の状態に戻っていくようになり、疲労物質は流れていきます。
体の負担を減らすことができますので、地味なことですが必ず行いましょう。

これでも怪我をゼロにすることができるわけではありません。
ですが、大きな怪我を少しでも予防することができるようになるのですから、取り組んでいく価値はあります。
館林たまい接骨院でも、指導することができますので、怪我をしないような体作りも考えていきましょう。

事故の時に保険に関わってくることになる過失割合

院長の日記

事故の時にポイントになってくる過失割合

館林たまい接骨院では、交通事故に対応した施術をおこなっております。
その交通事故で、必ず問題になってくるのが、過失割合と呼ばれるものでしょう。
どちらにどれぐらいの責任があるのか、それがとても重要な意味を持ってくるからです。
この過失割合があるからこそ、館林たまい接骨院で保険も使っていくことができるようになります。

そもそも過失割合とは何かといえば、交通事故の責任がどれぐらいあるのかを示しているものと考えるとわかりやすいでしょう。
事故というのは、一方的な責任で起きるよりも、さまざまな要因が絡み合って起きてしまうということが多くなります。
そのため、どこかに過失がないのかを考えていかなければいけません。
ですが、簡単にわかることではないのは、だれが考えてもわかることです。
そこで、はっきりとした数値にしておくことが費用となるため、過失割合というかたちをとっているといえます。

実際には、保険会社の担当者が話し合いで決めていくことになるわけですが、この元になってくるのが、過去の判例ということになるでしょう。
元にできるかたちがなければ判断のしようがないということになるため、過去の事例である判例タイムズという本などを参考に決定していくことになります。
これを基本割合と呼んでいますが、典型例がさまざまと掲載されているため、その中から自分に当てはめられるものを見つけ出すということになるのです。

修正要素から考える

基本割合を見つけることができれば、次に修正要素を考えていかなければいけません。
事故ということで考えていくと、常に同じ形にはならないでしょう。
過去の事例と共通ということもありえません。
大型車と普通車の事故の可能性だってありますし、わき見運転や飲酒運転など、さまざまな要素が絡み合っていきます。
事故の数ほど条件は違うものになるといえることから、同じ事故になるとは言えません。
館林たまい接骨院で施術することができる場合もあれば、外科的手術が必要になる場合もあります。
さらに、なくなってしまうケースもあるのが、交通事故の怖いところになるでしょう。
そこで、公平性を保つためにも、修正していくことになります。

いろいろな要素が存在しますが、中でも考慮していくべきなのが、夜間ということです。
これも修正要素になってきますが、夜になって自転車や歩行者が見えなくて事故につながるというケースは少なくありません。
自転車でもヘッドライトがついていれば視認性が高まることは確かですが、歩行者ではそうはいかないことも出てくるでしょう。
そこで、歩行者には+5で修正するということが一般的です。
こうした修正要素も乗せられているため、参考にすることができます。
もっと突き詰めていけば、こうした修正要素が存在するということは、夜間で見えない状態にしているということが、とても危険であるということになるでしょう。
思っている以上にリスクのあることなのですから、無灯火の自転車で走ったり、真っ黒な格好で夜歩いたりしないということも必要です。
館林たまい接骨院で施術したとしても、痛いということに変わりがないでしょう。

自分が悪くないといって本当に悪くないのか

多くの場合、自分が悪くないといい続けるケースもあるでしょう。
例えば交差点での事故で、避けることができないような状況があったとします。
一時停止義務を違反しているような十字路の交差点の直進する乗用車同士で事故を起こすということはよくあるケースです。
片側は一時停止になっていることから、止まるであろうと直進した場合に、一時停止違反で突っ込んでくるような場合には、避けることは難しいでしょう。
仮に相手が減速したとしても、来ないと考えられるところでは、避けることはできないからです。

ここで過失割合を考えてみても、100:0になることはありません。
実際には80:20~90:10に収まるということになるでしょう。
これはなぜかといえば、もしかしたら突っ込んでくるという認識を持たなければいけなかったということです。
交差点は、無条件に侵入していい場所ではありません。
仮に信号がついていたとしても、安全でなければ侵入することはできないということです。
見通しがいいと思っていても、それは自分の判断だけかもしれません。
実は死角になっている部分があり、それを見逃していないといえるでしょうか。
だからこそ、安全確認をしなかった、見落としてしまった可能性があるため、過失が全くないという主張は通らない可能性が高いといえるでしょう。

こうした事故でも、必ずダメージを受けてしまうことになります。
安全を確認することにデメリットはなく、館林たまい接骨院での施術なども考えていかなければいけないのですから、安全は確認するということが重要です。
一時停止がなかったとしても、安全ではないと思ったら、止まるぐらいがいいでしょう。
実際にたまい接骨院のある館林でも、こうした交差点はいくらでもあります。
事故が多い交差点だからというだけではなく、安全ではないと思ったら、安全を確保するということを意識しなければいけないといえます。

<h2>過失割合は保険会社が決める</h2>

過失割合ということでは、保険会社が提示してくることになりますが、すべての主張が正しく反映されるわけではないということになります。
修正要素をどこまで考慮するのか、修正するべきではないことが入ってしまっていることもあるからです。
加害者のみで決めてしまうということも出てくるため、これが正しいとは限らないことは理解しておかなければいけないでしょう。

もうひとつ警察も過失割合を決めてはくれません。
この背景にあるのが、警察の民事不介入ということになります。
警察は民事の損害賠償請求に対して介入をしません。
つまり、過失割合ということは、一切触れないということです。
実況見分をしたとしても、それは過失割合のためではなく、継時的な記録としておこなっているにすぎません。
具体的にどちらにどの程度悪いのかといった話をしても意味はないということを覚えておかなければいけないでしょう。
これは、どちらが加害者で被害者でもです。

保険会社に話すということも重要ですが、すべて従うわけではありません。
自分たちで認定して決めていくため、独自で過失割合を決めることになっていきます。
後日撤回することも出てきますので、注意も必要になってくるでしょう。

実際の過失割合の修正要素と危険性

過失割合ということで、いろいろな言葉が出てきますが、ここから何を注意しなければいけないのかということも見えてきます。
例えば、徐行という言葉がありますが、ドライバーとして考えた時に、いったい何キロを想定するかということを考えてみなければいけません。
抽象的な言葉ではありますが、すぐに止まれる速度を徐行と呼びます。
たまい接骨院のある館林でも、こうした場面はいくらでもあるでしょう。
実際に速度ということでは、時速10キロ以下のことを指します。
これ以上だしていれば、すぐに止まることはできないでしょう。

見通しの悪い交差点などは、進入する際に徐行をしなければいけません。
館林たまい接骨院に来られる方でも、こうした場面でぶつけられてしまったということはよく聞く例です。
出てこないと思うのではなく、出てくるものだと思えば、徐行するのは難しいことではありません。
学校の周りなどは、飛び出してきて当然と思う必要があるでしょう。
こうしたところでは、過失割合は事故を起こした加害者のほうに大きくなると考えなければいけません。

たまい接骨院のある館林でもかなり目立つのが、大回り右折です。
普通に右折できるのにもかかわらず、ハンドルを左に切り右折する行為と考えるとわかりやすいでしょう。
こうした行動をすると、その分だけ左右にハンドルを切ることになります。
当然ぶつかる可能性が増えるだけではなく、何かあったときにも対処ができません。
安全だと思ってやっている方が多くなっていますが、自分から危険を高めている行為だと考えるべきです。
ぶつかってしまえば、大きなダメージを増やすため、過失割合が変化します。
それだけ危険であるということを理解していないのは、さらに危険な行為であるといえるでしょう。

事故につながる行為はたくさん存在します。
館林たまい接骨院では、怪我を施術することはできますが、できることであれば、事故が減るに越したことはありません。
運転する以上、保険の仕組みや過失割合といったことは知っておくべきです。
そこから危険性ということも読み取ることができるのですから、これからのことを考えても、必ず学んでおきましょう。

腰痛にはさまざまな原因がある

院長の日記

秋に入って悩まされる腰痛

この時期になってくると、夏場の反動が体に表れてくるようになってきます。
そのひとつとして、腰痛が出てきてしまうこともあるでしょう。
大人たちだけではありません。
子供たちにとっても休み明けということで起きることが出てきます。
休みの間に姿勢が崩れたりすることも問題になることがあるでしょう。
違和感を覚えたら、すぐにでも館林のたまい接骨院にいらしてもらうのが一番です。
ですが、日常から注意しておくことがありますので、よく考えて生活していくことが必要になってきます。

座り仕事は腰痛の原因だらけ

デスクワークが主となっている場合、大きな問題になるのはその姿勢にあります。
この場合には、座り続けることが多くなるのが特徴です。
正しい姿勢をとっていないと、どんどん負担が増えていくことになりますが、そのひとつがパソコンの作業にあるでしょう。
姿勢を乱さないようにしていくことが重要ですが、机から離れすぎないということに注意するところから始めなければいけません。
離れすぎてしまうと、どうしても腕に負担がかかり始め、姿勢が崩れていくようになります。
これが、腰痛の大きな原因です。

次にディスプレイと体が平行かどうかを見てみなければいけません。
平行になっていないと、体はどんどん前かがみになることも出てきます。
特にノートパソコンを使っている場合には、姿勢が崩れやすいことに注意しなければいけないでしょう。
もしも、体制がおかしい場合には、ノートパソコンの位置を高くして、キーボードを増設してみるというのもひとつです。
これだけで姿勢は大きく変化させることができるでしょう。

姿勢を崩すということでは、自分の肘を見てみるのもひとつです。
肘が開くように打っているということは、それだけ姿勢が前に出ます。
態勢も崩れますので、とうぜんこしにも負担がかかることを忘れてはいけません。

腰痛にはさまざまな原因があります。
デスクワークといっただけでもこれだけの問題が出てくる物です。
違和感を覚えた時には、すぐに館林たまい接骨院にご相談ください。
その時には、こうした姿勢もチェックしてみるといいでしょう。

立っていてもヒールは天敵

デスクワークとは真逆の立ち仕事で痛みが出るということも少なくありません。
館林たまい接骨院でもよくある例ですが、体の芯がずれているということがあげられます。
人間の体はまっすぐ立つようにできていますが、続けていけばどんどん負担も増えていくため、どちらかの脚に重心を預けていくようにすると楽です。
ただし、これが体のずれを作り出していくことに注意しなければいけません。
いつも同じ方向にするのではなく、意識して変えていく必要もあるからです。
靴はできるだけフラットなものにするということも大切ですので、違和感を覚えている人はヒールなどを止めてみるというのもひとつでしょう。

ヒールを履くということは、つま先で立つようになります。
そうなると、腰が前に出るようになるでしょう。
反った状態になることになりますが、本来の人間の姿勢とは異なるということに注意しなければいけません。
かかとで支えるはずの体重もつま先で支えることになります。
これを筋力で耐えるようにすることになりますが、筋肉も疲労してきますし、やがて衰えも見せてくることになるため、大きなダメージになってしまうのです。
こうした例も腰痛の大きな原因です。
こうした日常を館林たまい接骨院でお話しいただければ、ダメージに関する理由も見えてきますので、一緒に対応を考えていくこともできます。

日常的に立ち仕事を繰り返している場合には、ストレッチをしたりしながら、疲労を残さないということが重要です。
お風呂に入ってみることも重要ですし、足の疲労も取ることが腰にも影響してきます。
単純に腰に対する問題だけではありませんので、トータルして考えていくといいでしょう。

椅子に座っているとダメージが大きい?

日常生活ということを見てみても、腰痛の問題がいろいろと見えてきます。
動作ということも考えていかなければいけないのは、腰に圧力がかかってくるからです。
負担がどの程度になっているのかということを考えていかなければいけませんが、まっすぐ立っているときに比較すると、仰向けになるだけで1/4にまで落ちます。
横向きに寝ると3/4程度になると考えることができるでしょう。
これでも思ったほど減っていないということに気が付かなければいけません。
ところが、少し猫背気味になるだけで、その態勢を引き上げなければいけないため1.5倍の負担増です。
椅子に座っているときも、同じように1.4倍といわれていますが、これが上体を傾けるだけで、1.86倍になるという計算があるところに注意をしなければいけません。
ここでおかしいと思った人は正解ですが、椅子に座っているほうが楽といわれていたりすることはあっても、実はそうではないということです。
腰痛でひどいときに、座っているほうが楽ということは実はないということです。
館林たまい接骨院でも訴えることがありますが、姿勢が崩れているからこそ、立っていて辛いということになるでしょう。
ですが、その原因の多くは、座っているときにあるということに気が付かなければいけません。
特に前かがみになっているような人は、ここから改善を考えていかなければいけないでしょう。
無理に耐えようとすると、さらに悪化させることも出てきます。
そうならないようにするためにも、違和感を覚えたらすぐに館林たまい接骨院にお越しください。

クールダウンの重要性

スポーツをするということも増えてくる季節です。
子供たちに関しても、これからは盛んにおこなっていくことになるでしょう。
ここ数日の涼しさも拍車をかけることになるはずです。

スポーツをしているから腰痛になりにくいということも出てきますが、これは筋肉を動かして鍛えているということもあげられます。
姿勢が崩れてしまっているような人も、運動をすることで改善することもあるでしょう。
血行の悪化も改善させることになるのですから、重要なポイントにもなってきます。
ところが、運動するということが腰痛の原因につながることも出てくるのですから、よく考えなければいけません。

問題点としてあげられるのが、疲労がたまるということです。
館林たまい接骨院でも、スポーツ後にはクールダウンを必要であるということを指導しますが、これが予防策としても有効です。
体全体の怪我の予防ということにもつながりますので、子供たちには必ずやらせるようにしなければいけません。
ストレッチをしても、こうしたクールダウンをしないという人も多いからです。

クールダウンをするということは何かといえば、筋肉の内部にある疲労物質を流すということです。
筋肉の内部にため込まないようにすることで、疲労回復を早めます。
腰痛になる原因のひとつでもありますが、炎症を起こしにくくするということにつながるポイントです。
運動後には、軽く動かしながら時間をかけつつ、最後に整理体操をおこなったりすることが基本ですが、筋肉を硬化させないようにすることが重要といえるでしょう。

腰回りの場合、なかなかやりにくいということも出てきます。
そんな時は、仰向けになって腰の部分にテニスボールなどを入れてもみほぐすといったことでも対応が可能です。
できるだけ柔らかいボールにすることが重要なのは、筋肉にダメージを与えてしまうようなことを防ぐという目的があります。
ある程度の弾性がなければこうした問題を引き起こしてしまうことになるため、よく考えて選択すすることが大切です。

こうした運動は習慣づけることが重要になってきます。
一過性では意味がないのですから、運動したら必ず行う、子供たちには行わせるということを心掛けていかなければいけません。
1回のことだからと思っていても、どんどんとダメージを貯めることになりますので、習慣づけていきましょう。
そのうえで、違和感がある場合には、館林たまい接骨院で施術を進めていくことが大切です。
鍼灸によって、筋肉の緊張をほぐすこともかのですので、悪化しきってしまう前におこなっていきましょう。

改めて考える地震と怪我の問題

院長の日記

防災を改めて考える

9月1日ですが、今日は何の日か知っているという人も少なくなったかもしれません。
日本の社会を変えた大きな日であり、今でも安全ということを考えた場合、何が起きたのかをよく考え対応していかなければいけない日です。
それが、1923年ですから大正12年に起きた関東大震災だからです。

今では東日本大震災や熊本地震といった震災により、関東大震災のことは忘れてしまっている人も多いでしょう。
ですが、こうした地震が起きれば、多くの人の命が失われ、怪我をする人も出てきます。
たまい接骨院のある館林も例外ではありません。
非常に大きな怪我につながることも多く、多数の被害を生み出していくことになります。
その状況に対してどう行動するのかということも考えていかなければいけないでしょう。
当然のことですが、施設の多くも被害を受けることになります。
どんな対処をしたらいいのか、その内容も覚えておくことが必要といえるでしょう。

耐震性が進んでも危険な揺れ

ここ数年の日本では、震度6前後という震度を見ない年はないというほどになってしまいました。
震度4というだけでも本来は巨大なエネルギーとなって襲い掛かってきます。
ところが、あまりに大きな地震になれてしまったがために、この程度の震度では大きく感じないということもあるでしょう。
館林たまい接骨院でも、揺れは大きく感じたとしても、大騒ぎになることはなくなったともいえます。
ですが、これはとんでもない慣れであり、危険なことといえるのを忘れてはいけません。

日本の建物は、耐震性が進んでいることは確かです。
しかし、震度4ともなると、歩いていても揺れを感じてしまうほどで、寝ていてもわかることでしょう。
電灯などを見てみれば、激しく揺れていることがわかります。
外灯でもすぐに判別ができますが、激しい揺れが出てきていることがわかるでしょう。
自動車を運転していても、その揺れがわかるはずです。
寝ている人も目を覚ますほどで、実はかなり激しいものだということがわかるでしょう。
耐震ということを考えていなければ、棚の中から中身が落ちてくることも出てきます。
立っていて転ぶというほどではありませんが、バランスを崩すといったことも出てくるでしょう。
日本の建物の場合、震度4で倒壊することはまずありません。
耐震基準が高いというわけではなく、それだけ優れた作りになっているということです。
それでも、怪我をするといったことも出てきますので、つまずいたり転倒したりしたときには、館林たまい接骨院にお越しください。

震度が高くなるということは

震度5には二つの表示があります。弱と経ですが、これが6にも存在し、震度0~震度7までの10段階になっていることはあまり知られていません。
この震度5弱になると、恐怖を感じるようになるでしょう。窓ガラスが割れてしまうほどの力がかかります。
こうなると、歩いていてもかなりの揺れですし、ものに捕まらないと恐怖を感じることでしょう。
5強ともなると、ものはどんどんと落ちてきます。
固定していないものは中身が出てきてしまうことになり、窓ガラスも割れる危険があるため、窓際からは離れる必要が出てくるでしょう。
車も停止状態ででは動き出してくることがあるため危険といえます。
6弱になると立っていられなくなり、6強になるとほとんどの物が動き出して転倒する危険が高まるため、避難が重要になってくるでしょう。
7になると、タイルも落下しますし、壁も剥がれ落ちてきます。
このように、段階が上がると、非常に強い揺れが発生することになり、危険の度合いはどんどんと高まるといえるのです。

打ち身や骨折ということであれば、館林たまい接骨院で対処できます。
その時にどうなっているのかという問題もありますが、ものにぶつかったりしたときでも対応することが可能です。
もちろん、こうした怪我をしないようにすることが大切で、扉に耐震用の開きどめをつけて置いたり、荷物が滑らないようにするといった処置をしておかなければいけません。
問題となってくるのは、館林たまい接骨院が対処できないような怪我をした場合でしょう。
出血などは、できるだけ地に触らないようにしながら圧迫していきます。
これが難しい場合には、心臓に近い動脈を抑えることでも止血することが可能です。
血管を抑えるというだけで、かなりの違いが出ますし、傷口に触れることなく対処できるところは大きいでしょう。

傷口はとにかく洗うことが重要です。
そのあとには、殺菌したガーゼを使うのが一番ですが、もしもなければ、清潔なハンカチでも構いません。
これで包帯でも巻くことができれば応急手当としては完了です。
ですが、あくまでも応急ですので、病院などで処置をするための準備と考えた方がいいでしょう。

やけどの場合には、とにかく冷やすということが重要です。
ところが、地震の時にはこうしたことができない可能性があります。
大量の水で冷やすということが基本で15分程度は行いたいですが、実際にできないこともあるはずです。
こうした場合にも、できるだけ早く医者に行くことが必要であるといえるでしょう。
勘違いしている人もいますが、水ぶくれはつぶさないような対応が必要です。

重要になってくるRICE処置

地震の時に怪我をした場合、慌てないということが大切です。
対処するまでに時間がかかるということも考慮し、対応をおこなっていく必要があります。
特に打ち身やねんざ骨折といった、普段館林たまい接骨院が対応できるようなことでも、こういった事態では混乱のなかにあるため、たどり着くことができないといったこともおきるでしょう。
そこで、スポーツをしたときの怪我と同じ対応をするということを考えておなかなければいけません。
RICE処置と呼ばれる方法ですが、災害時でも十分に使っていくことができるからです。

RICE処置とは、4つの高低の頭文字からきています。
Rest(安静)・Ice(アイシング)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)の4つの工程をすることで対応していこうという考え方です。

Restは、安静ということで、傷めてしまった場所を修復させることを優先させる意味があります。
動くと修復に時間がかかるため、受傷直後はとにかく安静にしておかなければいけません。
Iceはアイシングということで、患部を冷やします。
痛みを減少させるということですが、血管を収縮させることによって、出血を下げることとともに腫れや炎症を抑えるためにも重要です。

Compressionは適度に圧迫するという意味があります。
患部を圧迫することによって、腫れにくくするとともに、炎症をできるだけ広げないようにします。
止血をするという意味もありますが、できるだけ清潔なゴム手などを使用するということが必要になるでしょう。

Elevation(挙上)は、患部を心臓より高くあげます。
血流の問題から、高くすることによって腫れや炎症を少なくすることが重要になってきますが、傷みということでも緩和させることができる方法です。

こうした手法は、館林たまい接骨院でも行う方法といえます。
災害時だけではなく、普段の怪我にも十分に応用できる方法です。
それも、スポーツでも使うことができる方法であると考えると、応用範囲の広い方法ともいえるでしょう。
もちろん、これだけで傷が完治したりすることはありません。
すぐにその場で治ってしまうようなこともありませんが、少なくとも初期の対応としては優れたものとなるでしょう。
初期の対応をしっかりとしておくことができれば、もちろん回復も早くなるのですから、館林たまい接骨院に来られる前にも対処できるように考えておくことが必要です。

だれもが可能性を持っている交通事故とダメージを防ぐシートベルト

院長の日記

大きな問題を引き起こす交通事故

交通事故に遭うということは、驚くほど強い衝撃を体に受けることになります。
こうした衝撃の大きさを理解していない人がいるというのは大きな問題といえるでしょう。
なぜかといえば、車と人がぶつかれば、死んでしまうような力がかかるからです。
この衝撃を首に受けるということも考えれば、むち打ち症の怖さも理解することができるようになります。
そして、自分が交通事故に遭ったときにも、すぐに館林たまい接骨院にいらしてくださいという意味が理解できるようになるでしょう。

衝撃の大きさや問題を知ることができれば、シートベルトをするということの意味も理解できるようになるはずです。
シートベルトをしないで車を走らせるということが、大きな問題を引き起こしてしまうということを理解できることでしょう。

体に驚くほどのダメージをうける交通事故

車が衝突した時の力というものは、衝撃力としてあらわされます。
良くある例としては、時速40kmで走っていた場合ということがあるでしょう。
一般的な速度ですので、理解もしやすい範囲となるはずです。
この速度で静止している壁にぶつかったとします。
この時に受ける衝撃は、約6mから落下した時の衝撃と同じであるということになるのです。
ちょっとわかりにくい数字ですが、だいたいビルの3貝と考えてみるといいでしょう。
この高さから落下した時の衝撃が体にかかります。
この時にかかる力を考えてみるとびっくりするはずです。
体重の30倍以上の力がかかるのですから、これが耐えられるかどうかということを考えてみなければいけません。

自分の体重が60kgとします。
一般男性の体重ぐらいの数字ですが、この体重の30倍ということで考えたら、1800kgですから1.8tの力がかかってしまうということです。
こどもで20kgだったとしても、600kgの衝撃が体にかかるのですから、とんでもない力であることがわかるでしょう。
シートベルトをしていなかった時には、衝撃を止めることができずに、体はフロントガラスなどに向けて飛び出していくことになります。
当然ですが、これで亡くなることがあるのは、簡単にわかることでしょう。
実際に40kmですので、スピードを出していると言い切れる状態ともいえません。
それなのにもかかわらず、ここまでの衝撃がかかってしまうのですから、自己がどれだけ恐ろしいものなのかがわかるはずです。
首にもかかってくることになりますので、むち打ちになってしまうことも簡単に理解できるでしょう。
すぐに館林たまい接骨院で施術を開始するべきなのも、それだけ大きな力がかかってくるということからです。

館林たまい接骨院でも、こうした事態にあっていることがわかるからこそ、早めに回復を目指さなければいけないとアナウンスしてきました。
この衝撃の重さを考えれば、すぐにわかることでしょう。
仮に、大人ではなく、子供が被害に遭ったとしたら、この衝撃の大きさがどれほどの苦痛なのかを創造しなければいけません。

シートベルトはして当然

これだけの衝撃を受けるということは、それを守るためにシートベルトをしなければいけないことがわかるはずです。
シートベルトをしない、させないということは、それだけでも危険にさらすということになるでしょう。
運転する側として、これが正しい選択かどうかはすぐにわかるはずです。
たまい接骨院のある館林でも、車の中で子供たちが自由に動いていることを見ることがありますが、もしも、事故にあったらどうなるのかを考えなければいけません。
シートベルトをさせないという選択をするのであれば、運転はしないということまで考えなければいけないでしょう。

警察から注意されたからシートベルトをするというのは、明らかにおかしな判断です。
自分のみを守り、同乗者の安全を確保するために使われているものであるということを忘れてはいけないでしょう。
館林たまい接骨院では施術もすることができますが、もっと安全を確保しなければいけないことを忘れてはいけません。
運転技術が高いから大丈夫といった人もいますが、運転自体をやめた方がいいでしょう。
人間は万能ではありません。
いつぶつかってしまうのか、未来はだれにもわからないのですから、できるだけの安全確保をするというのは、当然のことといえるでしょう。

むち打ちということを考え直す

交通事故に遭ったとき、遭ってしまったときにむち打ち症になるといわれることがあります。
衝突した時に首に強い力がかかることから起きる症状で、館林たまい接骨院でもすぐに施術を始めることをお勧めしている症状です。

むち打ちの怖いところは、レントゲンでもわからないところにあるでしょう。
外見でわかることもほとんどありません。
客観的な所見ということでもわかりにくいということが、ダメージを広げてしまう原因になります。
受傷した人が痛いということを訴えることによってわかることがほとんどで、だれかに伝わりにくいという性格も持っているといえるでしょう。
そのため、本当に痛いのかといわれてしまうことも出てきます。

実際に交通事故からむち打ちになってしまうと、かなり大きなダメージを受けることも珍しくありません。
頭痛や吐き気が止まらなくなり、めまいや耳鳴りが止まらないということも出てきます。
こうした状態になってしまうと、長くつらい思いをすることになるでしょう。
そうならないようにするためにも、受傷後できるだけ早い段階から施術を始めていかなければいけません。
そのためにも、事故にあったら、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。

むち打ちの大きな問題として、事故直後には痛みも状態もよくわからないということが出てきます。
危険なことですが、むち打ちになってしまっていることに気が付かない状況といえるでしょう。
これはなぜ起きるのかといえば、事故直後には筋肉が緊張しているということがポイントになってきます。
人間の体は、衝撃を受けた瞬間に筋肉で耐えようとする本能がありますが、これが痛みを感じさせない原因です。
衝撃に耐えるようにしなければ大きな怪我になるからですが、筋肉が緊張すると傷みがよくわからないということも出てきます。
あとから緩んでくると、強い痛みを感じることになるため、むち打ちだったと気が付くわけですが、初動が遅れてしまうことになってしまうのです。
館林たまい接骨院でも、こうしたケースをよく見かけます。
そうなると、必ず後手を踏むことになるでしょう。
この時間のロスが非常に危険になってくるため、自己にあったらまずは館林たまい接骨院にお越しください。
そこからどこまでダメージを受けたのかを考えればいいだけです。
あとからダメージを受けていたと思っても、その時にはダメージが増えてしまいますので、初動が重要になってきます。

事故はだれにでも降りかかってくる

交通事故にあるということは、不幸なことではありますが、何も珍しいことではありません。
逆に事故を起こしてしまうということも、だれもが可能性を持っているということになるでしょう。
事故の発生の確率を下げるとともに、事故に遭ったときの対処も考えておくことが必要です。
だれもが可能性を持っている以上、シートベルトをしたり、速度を出さないようにしたりするということも考えていくべきでしょう。
ほんの少しの油断が、大事故を招く可能性を高めます。
それが人生において大きな影響を与えることにもつながっていきますので、決して油断をしないようにするとともに、受傷した時には館林たまい接骨院にお越しください。

8月のお休み

院長の日記

8月に入り皆さまいかがお過ごしでしょうか。
暑い日も続きますが、お体には十分にお気を付けください。

つきましては、館林たまい接骨院の8月のお休み予定になります。
7日は七夕祭りのため午後休診になりますのでご注意ください。
その際の臨時の駐車場が下記の映像になります。

IMG_4206_1

お盆休みですが、14日月曜日から16日までがお休みとなりますのでお気を付けください。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

« 古い記事