館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

夏休みに起きやすい子供たちの怪我

院長の日記

落ち着かせて痛みの確認を
夏休みに入ろうとしていますが、たまい接骨院のある館林は、これからお祭りもいろいろと出てきます。
先日も館林祭りがあり、多くの人が楽しんでいました。
たまい接骨院の前でも、出店が出ていました。
楽しい時期ではありますが、これからの時期は、子供たちの怪我ということも考えていかなければいけないでしょう。
IMG_1957

子供たちの怪我で怖いのは、切り傷などだけではありません。
転倒したりしたときに打撲してしまうということも出てくるでしょう
夏の最中ですから、元気に走り回ってしまうことも出てきます。
ですが、注意しておかなければ、どんどん暴走することも出てくるでしょう。
そうなると、大人が歯止めを聞かせてあげなければ、思わぬ大けがになってしまうことが出てきます。
ぶつけてしまったときには、まずは子供を落ち着かせましょう。
興奮していると、いったい何が起きているのかがわかりません。
けがの程度の判別もつかなくなるため、どんな怪我であろうとも落ち着かせることが必要です。
そのあとに、どこをどの程度ぶつけたのかを確認します。
子供たちは、とにかく痛いということしか言わないことも珍しいことではありません。
度合いを知るためには、好きなものを見せたりしながら、痛いかどうかを確認します。
笑いが出るようなら、そこまで深刻ではないでしょう。
ところが、激しく泣き続けたりするようであれば、痛い場所を触ってみます。
触らせないようだったり、さらに激しく泣いたりする場合には、相当の怪我であると考えるべきです。
まずは患部を冷やしてあげることが重要です。
そのまま安静にし、しばらくしてから動くことができるかどうかを確認します。
動かすことができれば打撲などとなりますが、晴れてきたりするようであれば、骨折なども疑っていかなければいけません。

骨折や脱臼は素早い対処で
子供たちが激しく痛みを訴え、患部も触らせないようなときには、確実に問題があると考えなければいけません。
患部を固定することも必要になってきますが、実際に簡単なことではないでしょう。
館林たまい接骨院であれば、すぐに処置ができますので、できるだけ早く施術を開始していくべきです。

子供の骨折の場合、早期に直ってしまうという特徴を持っています。
成長期であるということもありますが、くっつきやすいことはメリットでありデメリットともいえる部分です。
大きな骨折の場合には、これから先の成長に大きな問題をきたすということも考えておかなければいけません。
館林たまい接骨院でも、骨折で問題がなくなったとしても、しばらくは経過観察を続けます。
それほど早くくっついてしまいますが、異常が出てしまうこともあるからです。

もしも、脱臼などの場合には、無理に引っ張り入れてしまうということも避けなければいけないことのひとつといえます。
無理に引っ張ってしまうと、悪化させてしまうことも出てくるため、すぐに館林たまい接骨院にいらしてください。
子供に起きやすい肘内障もありますが、亜脱臼のひとつであり、無理に引っ張ってしまうと繰り返しやすくなるだけではなく、成長に影響してしまうことも出てきます。
時間がたつと回復しにくくなるため、早期に体に固定しておくようにして、館林のたまい接骨院にお越しください。
子供たちのことを考えた場合、時間をできるだけ開けないということが重要です。

成長痛ともいわれるオスグッド症候群
成長期に入っている場合、男の子は特に出やすくなってくるのがオスグッド症候群です。
成長痛というとすぐにわかる人も多いでしょう。
スポーツ障害としても知られていますが、軟骨部分の炎症が問題となっていきます。
夏休みなどは、体を動かす機会が減ってしまうこともあるでしょう。
実際にオスグッド症候群を発症した場合、そのまま成長が止まるまで待つというのも一つですが、根本的な対応にはなりません。
館林たまい接骨院でも対処していくことができますが、子供たちに運動をさせていくということを忘れないことも必要です。
運動といっても、強度の高い者が必要というわけではなく、関節を柔らかくするようにストレッチを繰り返していたりすることがポイントになります。

オスグッド症候群は、だれにでも表れるわけではありません。
表れやすいとされているのは、体が硬い子供たちです。
硬いということは、ストレッチもできていないということになりますが、自宅にいる夏休みの時期になると、運動する機会も減ってきて、体が硬くなることもあります。
正しい姿勢で過ごすようにするだけでも、オスグッド症候群の予防になることを覚えておけば、日常生活の中にも取り入れてあげることができるでしょう。

部活などがある場合でも、まずは十分なストレッチからスタートさせます。
家庭でもできることですので、習慣づけることも必要です。
体を温めてから運動をしていくことができれば、夏場だけではなく冬場でも怪我を減らすことができることを指導できるでしょう。
もうひとつ、患部は冷やすということを忘れてはいけません。
痛みが出てくるような場所は、必ず冷やすことで痛みを緩和することができます。

大事なことですが、子供たちの生活リズムは狂わないようにして行かなければいけません。
夜更かしをしたり睡眠が不足したりしてしまうと、怪我をしてしまう可能性は高まります。
寝不足のまま行動すれば、怪我をしやすくなってしまうのですから、休みだからといってリズムを変えたりしないように大人が見てあげる必要があるでしょう。

館林たまい接骨院では、子供たちの怪我も対応しています。
とにかく傷みがあるような場合には、まず確認からスタートしていきましょう。
大人が管理することが最も重要ですので、見逃したりしないようにしながら、楽しい夏休みにしてあげてください。

安全と思っていても起きるゴルフの怪我

院長の日記

ゴルフで考えられる怪我とは
暑い季節が続いていますが、この時期になるとゴルフが楽しいという人も多いでしょう。
梅雨の雨がぜんぜん来ないこともあって、時間が取れればゴルフ場に行きたいという人も多いはずです。
ゴルフというスポーツを見ると、飛んだり跳ねたりするわけではありません。
自然の中で楽しむものだから、怪我なんか心配ないと思っている人も多いでしょう。
ところが、怪我をしないというわけではありません。
さまざまなプロプレイヤーが、怪我で悩まされ成績が上がらなくなるどころか、引退まで迫られることが出てきます。
これは、アマチュアだからといって起きないことではないということを認識しなければいけません。

館林たまい接骨院でも、いろいろな症状がありますが、アマチュアだからこそ起きる可能性が高いことを理解しておかなければいけないでしょう。
プロとは違い、アマチュアの場合には、スイングも安定しません。
その分だけ体にも負担がかかります。
力の加減もバラバラになりやすいことを考えると、怪我を防止できるように、どんな怪我が起きるのかを知ることが大切です。
館林たまい接骨院は、ゴルフの怪我にも対応することができますので、おかしいと思ったときには、すぐにおいでください。

初心者に多い親指の傷み
ゴルフの怪我として可能性を考えておかなければいけないことが、親指の怪我です。
意外に多い怪我のひとつで、大きな怪我にならなくても、成績は出なくなっていきます。
始めたばかりの初心者にも多く見られることから、おかしいと感じたらすぐに館林たまい接骨院にお越しください。
なぜ、親指なのかといえば、ゴルフには特徴的なグリップがあるからです。
オーバーラッピンググリップやインターロッキンググリップなどがありますが、右利きなら左の親指がシャフトに直角になるということが原因です。
どちらのグリップにしても、親指には大きな負担がかかってしまいます。

本来、ゴルフのスイングということを考えると、親指を直角にする必要性がありません。
位置をしっかりさせることが目的なのであり、親指の上からかぶせたとしても、グリップ力が強くなるわけでもないからです。
それどころか、親指の関節を握りつぶすことになってしまうため、ダメージは増加することになります。
長期的に引きずる大きな怪我になることもありますので、痛みを感じるのであれば、ベースボールグリップにするなどの対処も必要です。
関節が変形してしまったり、軟骨がすり減ったりすることもあるのですから、グリップは見直すべきでしょう。
館林たまい接骨院では、深部に対するアプローチもできますので、放置したりせずに施術を始めるべきです。

夢中になっていると怖い肋骨の骨折
ゴルフをすると、どうしても夢中になってしまうこともあるでしょう。
館林たまい接骨院でも、打ちっぱなしなどでつい夢中になってしまって、気が付いたら体が痛かったということもあります。
ここで問題になるのは、肋骨を骨折することもあるということです。
大きな怪我のひとつですが、スイングをするということは、体の回転運動をクラブに伝え、ボールにぶつけて飛ばすことになります。
ゴルフというスポーツの根幹的な部分ですが、体を回転させる以上、その力が肋骨にもかかっているため、骨折してしまうことも出てくるのです。
特に一番下の骨はもろく、普通にスイングしても折れる可能性があります。
これは、力の強弱は関係なく、簡単に折れてしまうほどもろい部分だからです。
もちろん、グリップエンドなどが当たれば危険ですが、そういった状況でなくても痛みがあるというときには、館林たまい接骨院においでください。

肋骨の骨折は、整形外科でも対処がほとんどできません。
それも一番下の骨ともなれば、痛み止めであとは安静にといわれるぐらいになるでしょう。
ギブスをすることもできない場所になるため、我慢していくしかありません。
館林たまい接骨院では、最新機材を使い、深部にもアプローチします。
それだけではなく、骨の回復を早めることができる機材もあるため、こうした肋骨の怪我にも対処することができるようになっているのが違いです。
通常の接骨院や整形外科では対処することができないことも、館林たまい接骨院であれば回復を目指すことができるのですから、おかしいと思ったときには、早期に施術していきましょう。
それでも、問題はスイングのし過ぎにあるのですから、無理に回数を増やしたりすることを止めなければいけません。
早目に止めることも重要ですが、打ちっぱなしでは、いったいどんなスイングをしたいのか、打球も見ながらよく考えていくことが必要です。
数を打つよりも、質のいい練習を心掛けていけば、肋骨の怪我も防げます。

もっとも多いのは腰痛
ゴルフで最も多いけがは、腰痛であることは間違いありません。
館林たまい接骨院でも、ゴルフで腰痛ということは、もっとも多いパターンといってもいいでしょう。
それこそ、世界中のプロを悩ませ、かのタイガーウッズ選手でさえ、あれだけの成績を残しながら、腰痛によって成績はおかしくなっていってしまいました。
どんな人でも悩ませることであり、ゴルフをする以上切り離すことができない部分ともいえるでしょう。

実際に予防策を考えるとするのであれば、ゴルフをしないことが一番です。
回転させることによって力を伝える以上、絶対に怪我をしないということが言えません。
館林たまい接骨院でケアをしていくということも怪我を軽くすることができますが、絶対怪我をしない状態を作るというわけではないからです。
そこで重要になってくるのは、準備運動をするということになるでしょう。

スポーツは何でも同じですが、筋肉を使うことになります。
始める前の状態は、まだ温まっていませんし、硬く締まったままの状態です。
この時に強い力をかけてしまえば、怪我をするのは当然のことといえるでしょう。
しなやかさもないのですから、切れてしまったりすることも出てきます。
骨にも負担がかかりますので、当然大きな怪我にもつながる原因です。
そこで、筋肉を動きだせる状態にするため、準備運動をします。
できるだけ念入りに、温まるようにしていくことで、腰の怪我も減らすことができるようになっていくのは間違いありません。
関節周りは念入りに動かしていくことによって、ダメージの蓄積も下げることができます。
始める前だけではなく、日常から念入りにストレッチして硬くしないということも必要でしょう。
回転運動に耐えられるようにすることによって、腰痛はかなり防ぐことができます。

ひどい状態になると、椎間板ヘルニアなどを引き起こしていることもあるのが、ゴルフの腰痛です。
それも首までに掛けて、さまざまなところに回転の力がかかるため、ダメージが出てくる可能性が否定できません。
痛みがあるというときには無理をせず、まずは回復できるようにしていくのも、上達の早道です。
絶対に無理をせず、異変を感じた時には、館林たまい接骨院にご相談ください。

交通事故の怖さを考え安全運転を

院長の日記

確実に存在しなくならない事故
交通事故は、たまい接骨院のある館林でも確実に存在しています。
増減はありますが、ゼロになることはないでしょう。
今年の交通事故の推移が出てきていますが、実際に高齢者の事故は横ばいであり、高齢者以外が下がってきていても、かなりの方が事故に遭い被害を出していることがわかります。
特に大きな事故は減ってきておらず、致死率ということでは上昇していることを忘れてはいけません。

事故の中でも、正面衝突と横断中の事故が大半を占めていることを知っているでしょうか。
たまい接骨院のある館林でも多い事故の類型であり、この2つで6割近くを占めてしまっています。
死亡事故ということでは、正面衝突がもっとも多く、次いで横断中の事故です。
ですが、右左折時や追突事故でも死亡事故になることはあります。
事故を起こしたり巻き込まれたりするということは、それだけ大きな危険性があるということになるでしょう。

館林たまい接骨院にいらっしゃる方の事故ということで考えていけば、追突事故や出会いがしらの事故ということになるでしょう。
非常に多くの件数があり、こちらも6割もの事故件数が起きています。
追突ということで考えれば、車間を安全な車間距離を取るだけでも違いますし、確認を怠らないようにするだけで、出合いがしらの事故は、大幅に減らすことができるものです。
それほど、安全運転ということが大切で、それだけでリスクを大きく減らすことができるといえます。

ほんの少しの注意をするだけでも、怪我をしたり、させたりすることがなくなることを考えれば、大きな意味があるでしょう。
スピードを緩めるというだけでも違います。
安全に対して配慮するということを考えれば、確実に減らすことができるのです。
事故ということは、偶然起きるものではなく、必然的に起きるのですから、安全運転には十分気をつけていかなければいけないでしょう。

絶対にわき見運転をしない
交通事故を起こさないようにするためには、具体的にわき見運転を止めるということが効果的です。
いろいろと用事もあるかもしれません。
ですが、進行方向から目を離した瞬間に、事故に遭う可能性が高まります。
当たり前の話ですが、非常に多くの事故が、こうしたわき見運転で起きているのは間違いありません。

携帯をいじったり、何かをしたりしながら運転していると、それだけ危険が迫ります。
カーナビを触るということも、同じような危険が迫ってくると考えなければいけません。
操作しなければいけないのであれば、車を止めるということが重要になってきます。
たったこれだけのことで安全になるということを考えると、大きな違いとなってくるのは間違いありません。

館林たまい接骨院でも、多くの方が交通事故に巻き込まれています。
その状況を考えると、こうしたわき見運転によって怪我をされていることを考えてみなければいけないでしょう。
こうしたことをしないだけでも、多くの人が巻き込まれなくなることを考えなければいけません。
ハンドルを握る以上、わき見運転をしないというのは、当たり前のことなのです。
それができないのであれば、周りを巻き込んでしまう前に運転を止めるということも考えるべきでしょう。
それほど重大なことであることは間違いありません。

たまい接骨院のある館林で見かけることがありますが、歩行者を優先にしないというのは危険です。
これは大原則であり、歩行者を守るのがドライバーの務めであることは間違いありません。
歩行者が良そうなところでは、徐行するというのは当然のことでしょう。
T字路で見通しが悪ければ、安全確認をするべきです。
一時停止などがあるかないかは関係ありません。
安全を確認できないようであるのなら、運転をするべきではないとまで言えます。
それほど、安全確認ということは重要であるといえるでしょう。

怖いむち打ち症
追突事故を起こした時には、むち打ち症になってしまうことが出てきます。
館林たまい接骨院でも非常に多い例ですが、相対速度が大きければ大きいほどなりやすいもので、意識せずにぶつけられれば、さらにひどくなる可能性を持っているといえます。
相対速度とは、追突される車と、追突した車の速度の和であると考えることが可能です。
停車しているのであれば、その速度はゼロであり、そこに40km/hで突っ込めば、それだけの速度さがあるということになります。
正面衝突の場合には、お互いが接近するように速度さがあるため、非常に大きな衝撃が発生することになるでしょう。
そこに、予期することなくぶつけられるという状況が重なると、むち打ち症になる可能性は高まります。

むち打ち症になってしまうと、回復には非常に長い時間をかけなければいけません。
短期間の施術で回復するためには、受傷からできるだけ早く施術を始めることが必要になります。
むち打ち症になるということを考えると、首だけではなく、肩にもダメージが及びます。
それも、かなり奥深くまで筋組織や神経に力がかかってしまうことになるのですから、どうしても辛い思いをすることになるでしょう。

実際に強い力がかかったとしても、その場ではよくわからないということも出てきます。
これが怖いところで、筋肉が衝撃を受け止めるためやぶつかったという事実直面し緊張しており、これが痛みを感じさせていないだけです。
ダメージは受けていることに変わりはなく、筋肉の緊張が解ければ痛みを感じるようになっていきます。
あとから強い痛みを感じる仕組みになっているといっていいでしょう。
こうした状態に対して、館林のたまい接骨院であれば、早期の対応ができますので、痛みがあとからやってくる可能性がある以上、できるだけ早い対処をするべきです。
時間をかけて回復するものではないのですから、間を置くべきではありません。

安全運転をすること
館林たまい接骨院では、さまざまな怪我の対応ができます。
ですが、亡くなられてしまうようなダメージの事故は、どこでも対処することはできません。怪我であれば、最新機材もあり、手技や鍼灸を使って館林たまい接骨院でアプローチもできますが。それ以前に事故を起こさない、巻き込まれないようにするということが大切です。
あとから失敗したと悔やんでも遅いものである以上、日々安全運転ということを心掛けていくことが必要といえるでしょう。
注意一秒、怪我一生ということだけではなく、事故の賠償も一生かかるということを忘れるべきではありません。

野球やソフトボールの怪我は早期の施術がポイント

院長の日記

野球やソフトボールの怪我
これから暑くなる季節になると、野球やソフトボールの試合もどんどんと増えていきます。
草野球などでも、良い季節になってきているのは間違いないところでしょう。
今年の梅雨は空梅雨らしきところもありますので、余計に試合も組みやすいことも確かです。
そこで、怪我ということを見なおしてみることも必要になってくるでしょう。
館林たまい接骨院でも、野球やソフトボールの怪我は、かなりの数の症例があります。
実際に怪我をしていらっしゃる方が多数いますので、スポーツ障害になってしまったりする前に、どういったことが起きるのかを知るということが大切です。
これが予防にもつながっていくことを考えた場合、何かおかしいと思う前に、対策をするということが必要になることを覚えておくべきでしょう。

良く起こる肩の痛み
野球やソフトボールの怪我として、もっともよく知られているのは、肩の怪我です。
館林たまい接骨院でも、非常に多いパターンであるのは、ボールを投げるスポーツであるということになるでしょう。
投球動作を繰り返すことが基本となってきますが、これによって肩の筋肉だけではなく、接合部である腱板や骨、肘に負担がかかる、炎症を起こしていきます。
損傷することもありますが、これが痛みなどを引き起こし、はがれた部分が衝突するようになることが野球肩と呼ばれる症状の基本形です。
つまり、野球肩といっても、ひとつのかたちではないということになります。
リトルリーグなど、成長期などの起こってしまうのは、軟骨の一部が傷ついてしまうかたちです。
特有の症状ということで、リトルリーグ肩と呼ばれますが、こうした状態は、大人が判断してあげなければいけない部分といえます。
子供たちは、せっかくの機会を逃したくありません。
だからこそ、痛みも我慢してしまうことがあるからです。

実際に投球動作の時にぶつかってしまうことになるため、他のことをしているときには痛みが出てこないこともあります。
ひどく悪化すると、なにをしていても痛みが出てくることもあるのですから、生涯となってしまうでしょう。
腕を親指が下になるようにひねり、だれかに腕押さえてもらいながら上げようとする動作の時に、痛みが出てくるようであれば、損傷している可能性が出てきます。

早期に施術すれば、回復させることは難しいことではありません。
ところが、悪化させてしまうと、簡単に回復させることができなくなり、怪我的な手法に出なければいけないことも出てきます。
館林たまい接骨院では、深部にも届く施術方法がありますので、本人がおかしいと思うだけではなく、大人が判断して異常がみられるようであれば、施術をスタートすることが必要です。
フォームの問題なども出てきますので、こうしたことも館林のたまい接骨院にご相談ください。

投球するときに出る肘の痛み
肩だけではなく、肘にも野球やソフトボールでは影響が出てくることがあります。
プロでも起こす怪我ですが、野球どころか日常の生活もできなくなる可能性があるのが問題点です。
野球の動作は、筋肉の張力でおこないますが、これが肘に対する負担となり怪我につながっていきます。
筋肉が骨にくっついている部分に強い負荷がかかることになりますが、さらに回復する力も加わり、連続的におこなうことで異常が出てきてしまうのが問題です。
つまり、一連の動作によって障害となってしまうことになるため、これもひとつの場所というわけではありません。
実際に肘の外側と内側、後ろ側の3カ所に痛みが出ることがあり、押すと痛いこともありますし、動きによって問題が出ることもあります。
同じ野球肘といっても、原因がいろいろとあるため、簡単にひとくくりできないことも出てくるといえるでしょう。

外側の場合には、軟骨や骨がこすれ合っていることがあり、折れることさえあります。
関節ネズミと呼ばれる軟骨が剥がれ落ちてしまっている状態も、この外側で起きる症状のひとつです。
内側は、野球肘といった場合に多く見られる場所といえます。
これは、投球動作ということに大きくかかわっていますが、力を掛ける部分となるため痛みが出てくることが多いといえるでしょう。
外側と同様に骨がこすれ合うことで剥がれ落ちてしまうこともあります。
外側よりも軽度であることもありますが、一概に言えることではありません。
比較すれば外側よりも軽いことが多いというだけですので、安心できることではないといえるでしょう。
後ろ側は、内側と外側とは少々異なり、骨同士がぶつかるのはリリース後になるため、痛みの考え方が異なります。

このままにしておけば、日常生活にも支障が出てくるのは当然のことです。
骨が剥離したりする前に施術を始めることが重要であることは明白でしょう。
早めに館林たまい接骨院での施術をスタートすれば、それだけ回復も早くなります。
練習はもちろんですが、動きを制限するなども考えていかなければいけません。
原因となるのは、使い過ぎによる疲労だからです。
成長期に差し掛かるときには、部活などもあるかもしれませんが、休ませることが重要となってくるのですから、こうなる前に施術をするということが重要なことがわかるでしょう。
もちろん、大人が判断し、早めに中断させることができれば、それだけ子供たちの負担も減ります。
違和感があるといった段階から館林たまい接骨院にご相談いただければ、対応策も一緒に考えていくことができるでしょう。
実際に傷みが出てきてからでは回復に時間がかかってしまうことになりますので、少しでも違和感があるというところからスタートするべきです。

ソフトボール特有の怪我とは
野球とは別に、ソフトボールには怪我の類型や確率に違いがあります。
その理由のひとつがボールとグラウンドの大きさの違いです。
突き指や打撲が多くなるのも、特有のものといっていいでしょう。
特に突き指は、グラウンドの大きさに大きな影響があるところになります。
野球と比較すると、非常に距離が短くなるため、捕球の時にぶつかることが多くなるはずです。
グローブをしていても、親指が当たってしまうことも珍しいことではありません。
打席に立っても、避けるのが間に合わないこともありますし、キャッチャーが補給する際にピッカーライナーで打撲することも出てきます。

単なる打撲や突き指だと思っていたら、実は腱が断裂していたり、骨折などもっと大きな怪我になっていたりすることもあります。
突き指の場合には、脱臼してしまっていることもありますし、靭帯損傷までいくこともあるのですから、簡単な怪我とは言えなくなるでしょう。
よく突き指ぐらいといってしまうことがありますが、そんな簡単なものではありません。
そのため、指導者としても、判断を誤らないようにすることが必要になってきます。

症状としては、異常に曲がってしまった状態や、大きな腫脹が出てくることも珍しいものではありません。
内出血が見られる場合には、組織が傷ついてしまっている可能性があり、骨折や靭帯損傷を疑うべきです。
自分で伸ばすことができなくなることもありますし、強い痛みが出てくることもありますので、すぐに館林たまい接骨院にご相談ください。

休むことも重要な意味がある
野球やソフトボールには、いまだ根性論があることは確かです。
たしかに練習をしなければうまくならないことは間違いないでしょう。
ですが、怪我をすれば、そんなこともすべて無に帰します。
生活に問題も出てくるようになることは、スポーツの根幹にも影響する問題でしょう。
おかしいと思ったときには、休むということが重要になってきます。
その時には、できるだけ早期に館林たまい接骨院にお越しください。
ソフトボールの経験者として、どんなことをしていて、何が問題になるのかも判断することができますので、早期の回復を目指すことができます。
9人いなければできないスポーツなのですから、怪我をしてしまえば、それだけ他の人に影響を与えることも出てきます。
元気に続けていくことが大切なのですから、ケアも忘れないようにするべきでしょう。

治療に効果を挙げられる最新機材

院長の日記

高い能力を持った立体動態波
館林たまい接骨院は、常に最新の機材を入れて対応を進めています。
これはなぜかといえば、機器は常に進化しており、それぞれ高い能力を持たせているからです。
古い機材が駄目だというわけではありません。
もっと、高い効果を生み出すことができる可能性があるのですから、館林たまい接骨院としては、新たな機材を投入しているということです。

いろいろな機材を投入してきましたが、そのひとつが立体動態波を主とした治療器になります。
立体動態波とは一体何かといえば、名前は一般的に知られたものではないかもしれません。
ですが、さまざまな力を持っている方法であり、有効な機器です。
一般的に低周波などでも、一定の方向に伝えることが重要になってきます。
立体動態波の場合には、複数の中周波を使いながら、お互いに緩衝させることによって、立体的なかたちをとるところに大きなメリットが出てくる方法です。
これまでのスタイルを大きく変えた方法といっていいものであり、1つのカ所しか対応できなかったものは、2つのカ所同時に対応できるようになりました。
立体波のように電流を流すということは、非常に広範囲を刺激できることにもつながっていきます。
トレーニングなどで痛めてしまった場合、患部が深部に至ることも出てきますが、この立体動態波であれば到達させることができるようになるのです。
最新の機材として投入したのも、この立体動態波を持っています。
6点の電極から電流が流れ、3次元的に干渉することによって、神経にも刺激が届くようになるため、表層から深部まで到達することができる機材です。

それだけではなく、もっと様々な機能も持っています。
独立して使うこともできますが、併用することもできるようになっているのは、今までの機材よりも高性能になってきた部分といえるでしょう。
吸引装置も持っているため、確実に効果を挙げていくことができる装置です。

実際に使ってみるとわかりますが、体の奥からもみほぐされているような感覚を覚えることでしょう。
これが立体動態波であり、短時間で大きな効果を挙げることができる方法です。

深部にも到達させられる3D MENSと3D EMS
今回の館林たまい接骨院が導入した機材は、他にも立体的に刺激することができる3D MENSモードもあります。
深部組織を刺激していく方法で、微弱な電流が、体の中で傷ついてしまった組織の修復を早めてくれる力を持っているのです。
人間の体の中にも微弱な電流が流れていますが、損傷部に対して立体的に流していくことによって、対応させつつ神経が興奮したりすることもさせずに使うことができます。
かなり深部まで到達させることができますが、きわめて微弱な電流しか使わないからこそ、安心して使うことができるといえるでしょう。

3Dということでは、EMSモードも持っています。
テレビショッピングなどでもおなじみになったでしょう。
このEMSを3Dにして使うことが可能です。
自分の意思とか関係なく、筋収縮を引き起こすことで知られていますが、筋力も強化させることができるため、腹筋強化に使われることもあるでしょう。
これをより深部まで到達させることができるため、筋力の低下に悩まされている場合にも対応できます。
予防策としても活用できますし、筋委縮してしまうような状態に対して改善策にもなるのが大きなポイントでしょう。
怪我をしたときにも筋力トレーニングは難しくなりますが、これを自動的におこなっていくことができます。
もちろん、テレビで見るような家庭用とは全くレベルが異なるため、大きな力を生み出すことができるのです。
大腰筋を痛めてしまったような場合でも、回転モードを使うことで刺激をしていくことができます。
さまざまな効果を挙げることができるようになるのです。
筋肉に立体的な刺激を与えることは、大きな力になってくるでしょう。

豊富な2D機能も魅力がある
立体的な3D効果だけではなく、2Dの能力も高まっています。
高電圧を使って深部に到達させるHi-Voltageモードは、ツインピークパルス波形を使っていくことができます。
これは、極めて短時間で連続させることができるため、皮膚の抵抗を気にすることなく深部まで刺激が可能です。
痛みがつらいようなときや可動域が狭くなってしまった人でも改善させることができる方法といえます。
痛みがつらいときには、なかなか施術が進まないこともありますし、可動域を広げていくということも、かなりの苦痛が伴うこともあるでしょう。
こうした状態であっても改善させることができるのですから、辛く苦しいと感じているときには、館林たまい接骨院で施術してみる価値があるでしょう。

人間の体の中には電流が流れているわけですが、組織が傷ついたときには、修復させるために流れていることもわかっています。
この組織修復に使われている電流と同レベルの本当に微弱な電流を流せるのが、MCRモードです。
こちらの電流も非常に微弱で、刺激はほとんど感じるレベルではありません。
コンディショニング調整にも役立てられるほどの力を持っています。
このほかにも、一般的なEMSモードもありますので、さまざまな力を発揮できるといえるでしょう。

辛い痛みから脱するためにも
館林たまい接骨院では、多くの症状に対応してきています。
こうした機材を投入しているのも、対応力を高めて、できるだけ多くの症状に対応するだけではなく、対応する速度を高めて負担を減らしていくことも目的のひとつです。
高い能力を持てば、それだけ負担は減らすことができるでしょう。
立体動態波などは、深部にまで到達することができるため、これまで届かなかったところも施術ができますし、時間をかけていかなければいけなかったところも短時間で進められます。
館林たまい接骨院は、丁寧に施術をしてはいきますが、深部までとなるとどうしても主義では届かないことも出てきますので、こうした機材が重要な意味を持つといえるでしょう。

痛みで辛い生活をするというのは、精神的にもよくありません。
回復させるためには、自分で回復させたいという意思を持つことが重要でしょう。
大変なこともあるかもしれませんが、最新機器をそろえてありますので、館林たまい接骨院で施術を進めてみてはいかがでしょうか。

GW明けには5月病と怪我に注意

院長の日記

5月病につながる怪我の問題

5月もGWが過ぎ、今日から本格的に仕事というところも多いでしょう。
学校でも、今日から改めてスタートということも多いはずです。
館林たまい接骨院もGW明けの営業がスタートしました。

この時期になるととかく取り上げられるのが5月病です。
何をするのもおっくうで、嫌になってしまうこともおおい時期ですが、これが精神的に大きな影響を与えることもわかってきています。
不安感や抑うつ、焦りといったことが挙げられますが、逆に無気力になってしまうということも出てくるでしょう。
胃の痛みなどを感じるということも出てきます。
これらの根本にあるのは、ストレスであることも間違いありません。

5月病になりやすい人を見てみると、環境の変化が大きかったということが挙げられます。
新入学や就職、部署転換などがありますし、自分の環境に新たな人員が多数入ってきたというのも、環境の変化といえるでしょう。
こうした状況にうまく対応できないと、ストレスとなって表れてきてしまいます。
これが、精神的に圧迫となり、5月病というかたちであらわれてくることも間違いありません。

スポーツの怪我も増える5月

怪我ということで見てみると、スポーツの怪我はこの時期にかなり多くなったりします。
これには、5月病ということも大きく関連していることは間違いありません。
この時期になると、競争も生まれてくるようになるでしょう。
そうなると、どんどんとアピールすることも重要です。
ところが、コンディションが不安定な状態で無理をすれば、確実に怪我に近づくのは、だれでもわかることでしょう。
少々痛みがあったり、不安感があったりしても、無理をしてしまう時期でもあるため、どうしても怪我が増えることにつながります。
さらに精神的にバランスを崩している時期でもあり、これも怪我につながりやすいことは間違いありません。
休みをとったことで、慢性的な怪我が顕在化してくるということも出てくるでしょう。
少し考えるとすぐに見えてくることですが、どうしても後回しにしてしまうことも出てくるのです。
そのため、少しでも異常を感じたのであれば、すぐに館林たまい接骨院にいらしていただき、施術を進めていくべきと考えています。

結果として無理をするということは、体に取ってメリットはありません。
適切な運動強度を保ち、必要な練習をこなしていくことが、怪我も防止し効率もあげていきます。
適度な運動を繰り返していくことによって、ストレスも発散することができるのもメリットでしょう。

運動不足と5月病の負のスパイラル

この時期には運動不足になっているということも重要です。
出かけたりしているという割には、今までの体の使い方とは違う休みを過ごして板でしょう。
必要となる筋肉を使っていない状態であり、どうしても衰えが出てきます。
ここに急激に負荷をかけることにもつながるため、腰痛を引き起こしたりすることもよく見られることです。
さらに問題なのは、腰痛を引き起こすことによって、さらに5月病を加速させることになるところでしょう。
これがさらにつらい状況を作り出すスパイラルになってしまうのです。
つまり、どこかで断ち切ることが重要になるといえるでしょう。

館林たまい接骨院では、辛い腰痛も解消できるように施術を進めていくことができます。
体を動かすことは大切ですし、ストレス解消にもつながりますが、どこかを痛めたりすれば、それがストレスになってしまうことも確かです。
元気に毎日を過ごすということも5月病には重要な対策であることは間違いありません。
辛い気持ちはマイナスになってしまいますので、館林たまい接骨院で断ち切ってしまいましょう。

スポーツ障害に見える危険度の高さ

院長の日記

練習のし過ぎが引き起こす危険なスポーツ障害

GWも新入生は練習ということも多いでしょう。
部活に入ったばかりですので、早く慣れたいという思いも強いはずです。
たしかに練習することは大切ですが、怪我をしないようにしていかなければいけません。
そのためには、休ませるということも大切です。
練習をすることで、筋肉をはじめ、骨や筋にもダメージがたまります。
これを回復させることによって、はじめて体を作っていくということを忘れないようにしなければいけません。

これは、指導者にも言えることです。
昔のようにやかんを持って掛けるような時代ではありません。
怪我を防止して、子供たちがスポーツ障害につながったりしないようにしていくことが必要です。
根性論でコーチをする時代ではないということになるでしょう。
痛ましい事故などにつながらないよう、早く怪我の状態を把握し、スポーツ障害とならないように適切なケアをしていくことが大切です。

スポーツ障害は、使いすぎ症候群とも呼ばれます。
一定の負荷をかけすぎていくことによって起こるものを指していますが、成長期の子供によく見られるところが特徴です。
大人でも起こす可能性があります。
骨を例に取ると、金属疲労に例えられることがありますが、同じ個所に連続的に力をかけていくことで、堅牢な金属もやがて折れてしまうということです。
骨に問題のない負荷をかけ続けていたとすると、やがて結合部が破壊されるようになっていきます。
これが骨折につながってしまうといったことです。
腓骨骨折がよく見られますが、初期の段階ではレントゲンをとってもはっきりとわかりません。
整形外科で見逃してしまうことが多いのも、この時点でスルーすることがあるからです。
館林たまい接骨院では、本人の痛みの感じ方も考えていきます。
本人がつらい思いをしている以上、どうしたら緩和できるのか、回復する手段を講じるアプローチが整形外科とは異なるため、施術をスタートすることができるのです。

骨折などの例で行けば、本人の申告も重要ですが、異変を感じてあげるということも必要でしょう。
大人が見て、何かがおかしいと感じた時には、休ませて回復させなければいけません。
もちろん、トレーニングの強度の問題もあります。
何でも強い強度で練習すればいいというわけではなく、耐えられる強度で回復させられるということが大切でしょう。

事故ということも踏まえていけば、怪我をしてから治すという考えは、すでに過去のものであると考えるべきなのです。
スポーツ障害を起こすということは、指導者にも大きな責任があるということを忘れるべきではありません。
異変が少しでもあると考えた時には、館林たまい接骨院にお越しください。
適切な処置をスタートさせます。

スポーツ障害の代表格である野球肘

スポーツ障害は、骨だけではありません。
肉離れや腱断裂、靭帯損傷も含まれていきます。
スポーツによる障害であり、組織が破綻をきたす可能性も否定できません。
なぜ学生など未成年に起きやすいのかということも問題でしょう。
子供たちの成長は、骨から起こっていきます。
筋肉は、その骨をカバーするように成長するのが、一般的なプロセスといえるでしょう。
成長期の子供たちの骨が、どんどんと成長しているため、密度が低くなりやすく非常にもろくなっている状態です。
この状態で、強い力を加え続けていけば、当然変形をしたりすることも出てきます。
健康に成長できるようにサポートしなければいけない時期で、回復を超えるようなダメージを与え続ければ、一生抱えるスポーツ障害にもなりかねません。

スポーツ障害として、よく知られたものに、野球肘があります。
ひどい場合には、日常生活にも悪影響を与えることで知られているでしょう。
一番の原因は投げ過ぎであることはよく知られている部分です。
内側と外側で起きる可能性がありますが、外側では解離性骨軟骨炎が起こりやすく、軟骨が損傷して変形してしまうことが原因となっています。
関節ネズミと呼ばれていますが、軟骨は壊死して剥がれ落ちてしまっている状態です。
内側の場合には、靭帯が引っ張られることで断裂するというのが、内側側副靭帯損傷の原因となっています。
断裂といっても、付着部からはがれてしまうことさえあるのです。

この二つの症状とも、適度に休ませて回復させていけば、発症することは少なくなります。
重症化させてしまう前に館林のたまい接骨院に来ていただければ、適切に処理を進めていくことが可能です。
ですが、気づくことなく練習をさせていたらどうでしょうか。
もっと重い障害になってしまう可能性もあり、野球もすることができなくなるかもしれません。
そういったスポーツ障害につながる危険性があるのですから、適度に休息をとり、回復させていくことが必要です。
無理に練習を続けていくことは、のちに休まなければならなくなり、穴をあけることにつながるのですから、早めに体をケアすることが必要でしょう。
館林たまい接骨院では、カウンセリングを進めながら、いったいどんなことが起きているのかも判断していきます。
痛みや違和感を抱えたままにせず、早めに施術を始めていきましょう。

痛いといえる環境を作ること

スポーツ障害につながらないようにするためには、運動をするために準備運動をすることです。
体を温め、代謝を高めることで、筋肉も筋も動ける体制になっていきます。
ウォームアップが重要で、できるだけ20分程度の時間をかけて、ゆっくりと温めていきましょう。
いきなり力を掛けると、これだけで怪我をしてしまうかもしれないからです。

運動終了後には、クールダウンが重要になってきます。
体を鎮めるとともに、疲労回復を狙っていきますが、ストレッチなども効果的ですし、アイシングするというのも方法となるでしょう。
この2つをするだけでも、かなり防ぐことができるようになります。

根本的な対策として、運動量を適切なところにとどめるということも考えなければなりません。
特に同じ動作を繰り返していくことで、どんどんとダメージを蓄積していくことになります。
一体どれぐらいの運動量にするのかを考えていかなければいけません。
オーバーユースが問題の根底にある中、負担を増やしては意味がないからです。

中学生と高校生に対する考え方も異なります。
個人差が表れやすい時期でもある以上、個人に合わせた練習が必要です。
筋力トレーニングをするとしても、確実に適切な時期あります。
この時期以外では、体が出来上がっていないだけで、負荷を上げるだけになるでしょう。
これでは、体に負担をかけるだけで得るものはありません。
見極めをするということが重要であり、一人ひとりに合わせたトレーニングをするべきでしょう。

子供たちは、痛いといったりしたら、もう使ってもらえなくなる、レギュラーを失うと考えてしまいます。
こうした環境がスポーツ障害につながることは間違いありません。
では、だれがこうした環境にしているのかといえば、大人であることも確かでしょう。
痛いと言わせないのではなく、痛いとはっきり言える場所を作ってあげることです。
スポーツ障害になるほどの怪我になることを考えたら、そうなる前に施術をスタートするほうが、よほど理にかなっているでしょう。

館林たまい接骨院では、スポーツ障害に対する対応も可能です。
ですが、そういった状態になる前に、改善できる方法を考えるべきです。
小さなきっかけからでも、十分に回復させることができますので、何かおかしさを感じたらすぐに館林たまい接骨院と回復を考えていきましょう。

改めて考えるむち打ち症の怖さ

院長の日記

交通事故が原因となるむち打ち症

自動車事故の外傷で、怖いもののひとつがむち打ち症でしょう。
館林たまい接骨院でも、多くの症例があります。
交通事故ということから考えると、その原因が見えてきますが、早期に施術を始めていくことが、回復の第一歩になることは間違いありません。
館林たまい接骨院でも、何度も取り上げていますが、今一度怖いものであるという認識をしましょう。
GWにはいるところですので、気のゆるみで事故を起こす可能性も否定はできません。
若葉マークの多い時期でもありますので、仮に接触事故でも起こされたときにも、むち打ち症は、怖いものだと認識してください。

なぜ、再三再四恐怖をあおるのかというと、むち打ち症というものは、レントゲンで判別がつかないことが多く、理由はわからないが傷みがるといった状態になりやすいということです。
整形外科に行ってみても、一向に良くならないのは、原因に対する対処療法しかとる術がないということが大きな理由になってきます。
つまり、痛いという理由で治療はできないのです。
むち打ち症は、事故にあったり、起こしたりしたその場で症状が出るとは限りません。
あとから症状が現れることもよくあるからです。
この場合、大きなダメージになることも少なくないため、早期の施術が必要となります。
事故の場合、人体に対する保障は自賠責保険から行われますが、整形外科で何ともできないとなると、保険もうまく使えなくなってくることも出てくるのです。

ところが、実際には痛みがあり、苦しさが続いていくのは間違いありません。
自然治癒しにくいのもむち打ち症の症状であることから、早期に対処していくことが一番であるということになります。
首というのは、人間の体の中で最も重い部分を支えています。
これがむち打ち症の原因にもなってきますが、とても大事な神経が多数通っているのです。
その部分を痛めてしまうのですから、早期に対処するということがよくわかることでしょう。
吐き気などの辛さが出ることもありますし、とにかくだるいといったことが続きます。
保険を打ち切られてからでは対応しにくくなりますので、とにかく早くスタートを切りましょう。

後方からの追突と人間の頭の重さ

むち打ち症の原因を考えていくと、一番可能性が高いのは、後方からの追突です。
なぜ後方が怖いのかといえば、ぶつかった瞬間がわからないということが挙げられます。
人間が真正面からボールを投げられれば、避けるか捕るか考えるでしょう。
ところが、後ろからぶつけられたらどうでしょうか。
まったく避けられるわけがありません。
当然ですが、見えていないからです。

後方からの追突ということでも同じことで、衝撃に耐える準備ができません。
人間の体は、筋肉を硬直させて守ろうとしますが、それもできない状態になってしまうのです。
つまり、正面からぶつかるよりも、後方からぶつけられた側のほうが、肉体ということではダメージは大きくなりやすいといえるでしょう。

次に問題があるのは、人間の頭の重さです。
衝撃が伝わる速度を考えると、人間の体は前に押されていきます。
当然頭も前に力が働きますが、首があるために後ろ側にのこってしまうのです。
その後、シートベルトやハンドルなどに体がぶつかり、衝撃を受け止めた瞬間に、贈れて頭が前に出てくるというのが、むち打ち症の仕組みと原因といえます。
むちのようにしなるからつけられたのですが、人間の頭は重いため、とても大きな力が首にかかってしまうのです。
当然のことですが、筋肉は傷つき、骨に異常が出ることもあります。
神経への影響もありますし、筋も炒めることになるでしょう。
結果として、体はダメージがなくても、首は大きなダメージを受けることになるのです。
頭部から神経が体に通っていますし、それを支える筋肉もあります。
それだけに、ダメージを受ければ、体のいたるところに影響が出てくるようになるでしょう。

むち打ち症は、非常に怖いため、最近の自動車レースでは、首周りを固めるプロテクターをします。
HANSと呼ばれることもありますが、命を守るためのものであり、ヘルメットと並び重要視されるようになりました。
さらにヘルメットにチェーンなどをつけて、むちのようにしなるのを留める方法もあります。
それほど怖いものであるという認識があり、厳重に守られているのです。
実際に多くのドライバーが、頸椎の怪我で命を落としています。
仮に一命をとりとめたとしても、半身不随になる可能性だってあるのです。
それに比べると、一般車両のドライバーは、いかに守られていないのかがわかるでしょう。
ぶつかってむち打ち症になれば、一生涯をふいにする可能性だってあるのです。
だからこそ、早期に館林たまい接骨院にお越しくださいとお願いしているといえます。

重度のむち打ち症の恐怖

重度のむち打ち症でも完治できますと掲げているところがあります。
実際の問題を考えれば、ものすごく長い時間をかけて改善させていくということで、すべて元通りということまでは、かなり可能性が低いといっていいでしょう。
それでも、痛みを改善し、症状を緩和させ、少しでも日常生活に支障がないようにしていくのが、館林たまい接骨院の役割です。
館林たまい接骨院の場合には、必要に応じて整形外科も紹介し、うまく関係を保って回復を目指していくこともできます。
これはなぜかといえば、重度のむち打ち症というのは、そんなに簡単なものではなく、一生涯の障害にもなるからです。
それもできるだけ早く始めていって、初めて可能性を見いだすことができると考えましょう。

重度のむち打ち症とは、首の痛みがあったり、けだるいといったりする程度ではありません。
神経組織を損傷してしまうほど、強い力が働いた状態を指します。
四肢のマヒなども出る可能性がありますし、脊髄までダメージが及ぶ危険性もあるのです。
こうなると、後遺症も残るような状態であり、体全体に影響が及ぶケースもあります。
むち打ち症と軽く言う人もいますが、死亡するケースさえあるのです。
ここまでのダメージは、軽く完治できるといえるレベルではありません。
後遺症とは、将来完治する見込みがないものを指します。
ですから、完治させることができなくても、少しでも以前の状態を取り戻し、元気な背活ができるようにするのが、接骨院のあり方といえるでしょう。

軽度であれば、そこまで深刻にとらえなくても、早期の施術開始で回復できる可能性は十分にあります。
受傷当初は、自覚症状がないかもしれません。
これも、筋肉が硬直しているためであり、だんだん緊張が解けてくると、ダメージを感じるようになってしまいます。
その前に施術を開始することができれば、辛い思いも軽くすることができます。

むち打ち症ということでは、とにかく時間をおかないということが大切です。
時間を空ければ空けるほど、体にはダメージが蓄積してしまいます。
少しでも対処を早めることができれば、ダメージを軽くできるのは間違いないことでしょう。
館林たまい接骨院では、鍼灸による対応もできますので、さまざまな角度からむち打ち症の対応が可能です。
もちろん、交通事故による自賠責保険も使うことができます。

まずは、むち打ち症は時間を開けないでください。
できるだけ早くお越しいただくことが一番です。
必要があれば整形外科を紹介することもできます。
順番的に整形外科が先ではなく、館林たまい接骨院が先で問題はありません。
スムーズに進むように調整することも可能ですので、とにかくスタートを切りましょう。

交通事故がもたらす人生のダメージ

院長の日記

交通事故が抱えていくリスクの大きさ

GWに入ろうとしていますが、車に乗って出かけようという人も多いでしょう。
免許を取って初めての大型連休という人もいるはずです。
運転はしないが出かけようと考えている人も、今一度交通事故ということについて考え直してみることも必要です。
1回の交通事故が、体だけではなく、人生においても大きなダメージを与えるからです。
安全運転をするということが、どれだけ大切なものなのかを考えるとともに、怪我で済んだのであれば、できるだけ早期に回復できることを考えていきましょう。

交通事故を起こしてしまったときのリスクを考えてみることから始めなければいけません。
自動車というものは、鉄の固まりであり、事故を起こしたときには、とても大きな力を与えることになります。
人にぶつかってしまえば、大きなダメージを与えることになるでしょう。
自動車同士でぶつかっても、ダメージの大きさは計り知れないものがあります。
なぜかといえば、相手が止まっているのであれば、壁などと同じですが、向かい合って走ってきたのであれば、その分のダメージが増えるからです。

事故を起こしたことにより、社会的に責任を取らなければいけません。
保険を使うことは当然ですが、会社や学校に対しての信用も失います。
それだけの経費も支払っていかなければいけません。
保険を使えば終わりということではないのです。
膨大な時間を使い、その間働くことも、学校に行くこともできないことがあるでしょう。
こうした損失は、膨大なものになってしまうのです。

物的損失も多く、ものにぶつかれば直さなければいけません。
相手の車もそうです。
家にぶつかれば、建てなおさなければいけないような事態も出てきます。

相手を怪我させてしまったときには、もちろん、元の状態になることができるように治療をしてもらうことが重要です。
そのうえで、相手が失ってしまった収入や時間を補てんする必要があるでしょう。
館林たまい接骨院では、交通事故の治療もできますので、どちらの立場であってもご相談いただければ対応は致します。
ですが、館林たまい接骨院にきて施術しなくてもいいように、事故を起こさないというほうがもっと大切でしょう。

 

交通事故が起きる要因を考える

交通事故がなぜ起きてしまうのか、これを考えるのはとても大事なことです。
自分は絶対に安全であると思って運転する人は非常に多いですが、それは大きな間違いであるということに気が付かなければいけません。
運転する以上、絶対に安全などということはないからです。

運転ということを行動として分析してみると、認知と判断、そして操作ということを繰り返していきます。
この中のひとつが欠けても事故を起こすことになるでしょう。
何か認知できないものがあれば、ぶつかるのは当然です。
危険な場所と判断できずに、一時停止の看板がないからといって突っ込んでいけば、ぶつかる可能性があるでしょう。
これは完全に判断不足です。
安全であると思って運転していても、危険に対して回避できないことがあれば、やはり操作の問題でしょう。
運転がうまかったとしても、車1台分の路地を100kmで走っていて、見えないところから40kmの速度で車がきて、これに気が付いたのが0.5秒前だったとしたら、よけられるということはありません。
プロドライバーでも無理です。
100kmで走っていれば当然だと思うかもしれませんが、仮に10kmで走っていても、飛び出されたらよけられないことも出てきます。
動いている以上、操作をしなければいけません。
それが100%よけられる、回避できると考えている人は、交通事故を起こす前に運転を止めた方が良いでしょう。
ぶつけられたりすれば、それ以上のダメージを受けるからです。
自分の人生を棒に振るだけではなく、相手の人生も傷つけるのですから、すべてを考え直すべきです。
館林たまい接骨院では、怪我の施術はできますが、人生を取り戻してあげることはできません。
運転がうまいと思っている人ほど、車を運転するときは慎重です。
それだけ事故が怖いものとわかっていますし、危険はいつでもあるということを知っているからです。

 

交通事故を起こさないようにするために

交通事故を起こさないようにするためには、まずは運転しないということです。
運転しなければ、自動車での交通事故を起こすことはありません。
ですが、通勤や通学、普段の生活でも自動車は必要でしょう。
たまい接骨院のある館林では、車は欠かすことができないものだからです。

では、どうしたらいいのかといえば、まず過信は止めるべきでしょう。
自分の運転よりも、危険はどこにでもあると考え、常に予知することを心掛けるべきです。
そのために、スピードを落としたり、車間をとったりするのは当然の行動でしょう。
見えなければ、止まって安全を確認し、それから動くということも必要です。
一時停止の看板があるかないかなど関係ありません。
危ないと思ったら、止まって安全確認をすればいいだけです。

イライラしないということも必要でしょう。
周りの車もいるということを認識し、自分の思っているように動かないものだと考えます。
予測できない行動に出るかもしれないからです。
運転がうまいなどと思っている人に良くありますが、相手に予期できない行動をとれば、事故の可能性は高まります。
相手が事故を起こしたのではなく、運転がうまいと思った人が誘発させたからです。
不注意や思い込みも事故につながって行くのですから、かもしれないと思うよりも、確実な選択肢をとりましょう。
安全な方法をとることができれば、安全かもしれないと思うよりも危険は少なくなります。
もちろん、何が安全なのかという知識は必要であり、これがないのであれば、運転そのものを止めるべきでしょう。

交通事故ということでは、言葉は強くなり、きつい言葉も出てきます。
これは、それだけ人の人生も狂わせてしまうからです。
自分の人生もくるってしまうことも出てくるでしょう。
それだけの衝撃を与えることになるのですから、運転には十分気を付け、事故を起こさないようにするとともに、自分でも事故に遭わないように考えていくべきです。
館林たまい接骨院では、交通事故の施術をしておりますし、保険適用もできますが、よく考えて行動しましょう。
危険なことは、だれが見ても危険だからです。

新たなシーズンとなり

院長の日記

やっとお休みという人も多い中、まだ頑張っている人もいるでしょう。
こうした時期は、無理をしてしまうことも多いはずです。
学校でも会社でも、まだ入ったばかりだったりすれば、とにかく夢中で何かをしていることもあるでしょう。
ですが、こういったときだからこそ、大きな怪我をすることが出てきます。
小さな怪我に気が付いていないからですが、疲労とともにだんだんとダメージが大きくなってしまうからです。
夢中になっているということは、良いこともあれば悪いこともあるということになるでしょう。

自分の体が悲鳴をあげるようになっているときには、どこかに異常があるということです。
疲れがたまっているからということだけではなく、どこか故障していることもあります。
自分の体に向き合ってみると、痛みがある場所なども見えてくるようになるでしょう。
その時に早めに施術し、回復させることが、体を動かしていくコツとなっていきます。

なにか異常を感じたら、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
体に関する相談も受けることができますし、怪我を悪化させることなく回復させることも可能です。
19:00までオープンしていますので、時間的にも余裕があれば、悪化させる前に館林たまい接骨院で施術していきましょう。

« 古い記事