館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

子供たちを悩ます成長痛

院長の日記

夏休み明けと成長痛

夏休み明けになると、子供たちを悩ませることも出てくるのが成長痛です。
小学生から始まる場合もありますし、高校生で悩む場合もあります。
館林たまい接骨院でも数多くの症例がありますが、ひとつのかたちではありません。
成長痛としてオスグット症候群やシンスプリントなどもありますが、これらもすべて原因がはっきりしていないところが問題です。
痛みを抱えているのにもかかわらず、整形外科にいってみたら、レントゲンで何も映らないからといって帰されることもあるでしょう。
ですが、子供たちは、痛いから痛いといっている現実を見なければいけません。
原因がわからなければ対処しない病院ではなく、痛いという現実を緩和し対処することが求められるでしょう。
館林たまい接骨院は、痛いという事実からスタートしていきます。
どうしていたいのか、触診や問診から原因を突き止めていき、最新の機材で対処するところが違いです。
整形外科などではそのままにされてしまうような状態でも、まずは診察してみて、傷みの現実を少しでも緩和し、改善できるようにしていくため、子供たちの成長痛でも対処可能となっています。

成長とともに痛みを伴うことが多い

痛い現実がある成長痛ですが、多くの人が悩まされたことがあるはずです。
特に男性に多くみられ、第二次性徴期以降で安くなっていきます。
スポーツをしていると出やすいとも言われますが、これも確実ではありません。
成長ホルモンの分泌量と肉体の成長のバランスがついてこれないためとも言われますが、筋肉量との問題もあるため、悲鳴を上げてしまうというのが現実です。
痛みが出る場所は、膝がよく知られています。
オスグット症候群でもお皿の下にある骨の部分が押し出されてしまい、痛みを感じるという仕組みが問題です。
そんなに一気に成長するのかといわれれば、はっきりとしませんといえるものがありません。
成長は個人差があり、その負担がゆっくりと表れていても、子供たちは気が付くことがなく、痛みという現実的な問題でわかることもあります。
実際に膝以外の部分でも表れてくることになりますが、体重を支えることになる膝は傷みがわかりやすいということになってくるでしょう。

第二次性徴期に表れやすいものの、もっと小さな子供たちに表れるケースもあります。
夜泣きを続けるといったことの原因になってくることもあり、子供たちは意味不明の痛みに悩んでいる場合があるのです。
でも説明することがうまくできず、痛みに耐えていることもあるのですから、おかしいと思ったときには、館林たまい接骨院にご相談ください。

基本として成長によって痛みが伴ってくるところが問題です。
この問題を考えれば、未発達な部分に表れやすいことが想像できます。
かかとや足首でも起きますし、すねなどが痛いといった間接外でも出てくることが問題点です。
既存の考えだけではなく、痛みがあるという事実から、対処を考えていかなければいけません。
整形外科では苦手としている原因追及のひとつにもなってくるのですから、レントゲンでも何もないとなったときにも諦めずに、館林のたまい接骨院にご相談ください。

夏休み明けと子供たちのストレス

夏休み明けに起こりやすいところには、いろいろなポイントがあります。
もちろん、他の時期でも表れてくることがありますが、身体が休んでいた時期から、急激に運動をしたりすることにもなるでしょう。
自分の好きなペースでできた夏休みとは異なり、カリキュラムの中で体を動かしていかなければいけません。
夏の間に実は様々な疲れがたまっていたというケースもあります。
これらが成長とぶつかることによって、痛みだしてしまうことがひとつのパターンです。
逆にリラックスしていたことで、成長の痛みが発生してくることもあります。

精神的な部分として、ストレスや不安がたまり、問題になってしまうことも夏休み明けのパターンです。
新学期にはさまざまなことが待っています。
新しい刺激にもなっていきますが、これがストレスになるのは間違いないでしょう。
身体も動かさなければならず、ストレスによって、筋肉も緊張してしまいます。
成長する段階で、筋肉が追従できなくなるのですから痛みが出てくるのが当然です。
こうしたストレスというと、大人は子供たちのわがままだとか、そんなことは社会に出ればいくらでもあるというでしょう。
しかし、子供たちは、子供たちなりにさまざまなストレスを受けています。
これが傷みにつながるのであれば、痛みの原因は取り除いてあげることが一番でしょう。
館林たまい接骨院にご相談いただければ、鍼灸によって筋肉の緊張をとき、痛みを緩和することも可能です。
年齢や状態によってはできない場合もありますが、最新機材での対応は可能ですし、手技によって筋肉の緊張を取っていくことができます。
スポーツが原因になってしまうこともありますが、成長痛とは異なる場合も出てくるのですから、痛みがあるといった時点で館林たまい接骨院にお越しください。

クーラーで肩や腰が痛い理由は

院長の日記

秋になると出てくるクーラー病

クーラー病という言葉は、何か珍しいものではなくなりました。
日常的に聞くことが出てきましたし、気をつけておかなければいけない部分もたくさんあるでしょう。
ですが、現実的な問題として、自分の体に何が起きるのかは、あまり理解していない人が大半です。
館林たまい接骨院でも、涼しくなってくると、肩こりや腰痛などを訴える方が旧掃除てきます。
もちろん、暑い日にクーラーをつけずに熱中症などになってしまう方がはるかに危険です。
それでも、クーラー病という状態を認知しておくことで、別の方法で予防もできるようになっていきますし、身体の不調が発生した時に、すぐに館林のたまい接骨院にも訪れられるようになるでしょう。
自分の体をしっかりと認知することが大切なのであって、そのままにしてしまうことがいいわけではないからです。

なぜクーラー病が起こるのか

体調的に不調な時には、すぐに館林のたまい接骨院で施術をして対策をすることがポイントになってくるのは間違いありません。
冷え性が起きてしまう理由は何かということが、対策の第一歩です。
エアコンをつけていると快適な反面で、寒いと思うようなこともあるでしょう。
銀行などに入った瞬間によくありますが、涼しいと思う以上に寒いという反応をすることがあるはずです。
これが、温度差でうけるストレスと考えるとわかりやすいでしょう。

身体の中には、自律神経があります。
交感神経と副交感神経の二つがうまく機能していることで、無意識でも体を調整することができるようになっているのです。
夏場のような暑い時期は、副交感神経がこのまま体温が上がると危ないということで、血管を拡張させていきます。
全身をめぐる血管ですので、血液をめぐらせ体温を奪って発散していくことで、できるだけ上がらないように調節しているのです。
もちろん、体温が下がれば、血液を回し過ぎてしまうと冷えてしまうため、収縮させて冷えないように調整してくれます。
当然、危機的状況と判断しているため、自律神経はどんどん頑張りますが、その分だけ疲弊していくことになり、やがて体温調節機能は鈍っていくことになるのです。
自律神経がうまく働かなくなっていくため、急激な気温差に体温も対応できなくなっていきます。
たまい接骨院のある館林でも驚異的な気温でしたが、銀行に入ったりすると、あまりの涼しさにびっくりしたということもあるでしょう。
この時に違和感を覚えるはずですが、肌の表面で感じている室温と自分の体温が対応できないため、何らかの危険があるよと身体が教えてくれている状態です。

身体も状況に合わせて順応仕様としていきますが、自律神経が披露していくとうまく対応ができません。
繰り返していくと、どんどんと混乱をきたします。
自律神経の混乱が、胃腸の働きにも影響しますし、ホルモン分泌も正しくおこなわれていかなくなるのは、これらがみな自律神経によって制御されているからです。
血液循環も正しくおこなわれなくなるため、肩こりや腰痛といったことにもつながっていきます。
これがクーラー病の原因であり、回復までには疲弊した自律神経が正しい機能を取り戻さなければいけないため、時間がかかってしまうことになるのです。
秋口に辛い思いをしたりしているのも、これが原因となるのがわかるでしょう。
肉体的にもダメージが及んでいるのですから、痛みだけではなく、変化を感じた時には、それだけの問題を抱えているのですから、すぐにでも館林のたまい接骨院にお越しください。

クーラー病の予防方法

館林たまい接骨院では、肩や腰痛といったことの施術ができます。
問題としては、対処療法になってしまうところにあるでしょう。
どうしても痛みが出てから対処を考えることになりますが、予防ができるというのが一番です。
辛い思いをすることになるため、なにかおかしいと思ったときには、身体に異常が出ているのですから、すぐに館林たまい接骨院にご相談ください。

予防方法としては、生活習慣の中にあるのは間違いありません。
クーラーは使うことが大前提です。
たまい接骨院のある館林も大変暑い地域であり、クーラーを切って過ごすことが良いわけではありません。
ですが、適温を見つけることが重要に案ってきます。
その手がかりが、寒くないと感じる温度です。
この温度にすることによって、ギャップが生まれにくくなり、身体に働くストレスを減らせます。
直接風が当たらないようにすることも大切で、仕事場などで当たってしまうような場所では、保温性の高いものを使ったりするといいでしょう。
特に末端部分である足などは、カバーしてあげると冷え性対策にもなってきます。

クーラーの温度は外気マイナス3度から4度といわれますが、40度近くにもなる地域で考えればナンセンスな話です。
無理にこの温度に合わせると、命に係わることがあるため、寒くないと思う温度にしましょう。

食事も重要なポイントで、温かいものを食べるというのは、中心部の温度を下げない効果があります。
夏場ですから、冷たいものを食べたくなりますが、身体を温めやすい食材を選んでみるのもポイントです。
特にショウガいいとされますが、注意しなければいけないのは、生のまま食べると、身体を冷やします。
加熱したものを使うと温めてくれるため、うまく調理する必要があるでしょう。
この時期は葉ショウガなどもおいしいですが、勘違いしないようにしなければいけません。
食欲がない時には、冷たい物なら入ると思ってしまいます。
これも冷やすだけなので、カロリーがあるもので、ビタミンもうまく摂取できる暖かいものにするといいでしょう。
熱々の必要があるのではなく、冷たいものを避けるというだけでも効果があります。
それも大量に必要なわけではなく、少量でもかなり変わってくるので、意識しておくことが対策です。

体を動かすことを取り入れる

クーラー病の対策としてもっとも大切なことは、身体の血流の改善にあります。
血流が改善できるようになれば、自律神経も正常なかたちを取り戻すようになるでしょう。
もちろん、自律神経が正常化すれば、血流もどんどんと良くなっていくのですから、きっかけを与えてあげることが重要です。
館林たまい接骨院でも、肩こりや腰痛の施術をするように、運動や入浴をうまく取り入れていくことでも対策になっていきます。
例えば、座りっぱなしなら、1時間に1回程度立ちあがって、背筋を伸ばし、屈伸をしてみるだけで、身体は血を送ろうとするでしょう。
座ったまま足を動かすだけでも構いません。
筋肉が必要になってくるため、日常的に歩くというだけでも、改善するようになります。
夏だからこそ、湯船に使って体を芯から温めていくというのも効果的です。
実はこれだけでも自律神経を活発化させてくれる方法ですが、少しぬるめでゆっくりとつかる方がいいでしょう。
こうした生活を繰り返しているだけでも、身体にかかるストレスの発散につながっていきます。
もちろん、冷え性対策にもなりますし、クーラー病の予防にもなるのですから、取り入れていくことに大きなメリットが生まれてくるでしょう。
これでも、やはり痛かったり、異変を覚えたりした時には、すぐにでも館林たまい接骨院にお越しください。
ひとつのことではなく、うまく組み合わせていくことが大切だからです。
その結果がクーラー病対策にもなっていきます。

今回の台風は要注意

院長の日記

台風は非常に危険

かなり巨大な台風がやってきそうです。
たまい接骨院のある館林では、そうそう大雨になることはありませんが、コースによっては、今回はかなりの被害が出るかもしれません。
一般的な知識として、台風の強さのスケールがあります。
土曜日の段階の台風の大きさを見ると、実は猛烈な台風でした。
この猛烈という言葉は、台風の中でも最大の威力を持っていたことがわかります。
中心気圧を見てみると、もっとも低い915hPaだったこともわかっているわけです。
この猛烈な台風レベルが来れば、当然尋常ではない被害を発生させることになるでしょう。
たまい接骨院のある館林に接近するころには、おそらく945hPaぐらいにはなると思われます。
強さの階級としては落ちますが、実は非常に強いと表現される台風は、1993年から上陸したことがありません。
25年ぶりに直撃するかもしれないことを考えると、備えは十分にしておく必要があるでしょう。

過去の台風を見てみると、1993年の13号は最大瞬間風速が50m/sでした。
この強さで鹿児島に上陸したわけですが、今回は60m/sの予報も出ています。
13号のほうが、観測史上1位だったことを考えると、60m/sがいかに大きなものなのかもわかってくるでしょう。
仮にもう少し小さくなったとしても、驚くほどの被害を出してくるかもしれません。
それも今回はたまい接骨院のある館林に近いコースを取ります。
対岸の火事では済まない可能性が出てくるのですから、備えをしなければいけないのは間違いありません。

平均風速と最大風速から危険性を

風速50m/sといったことが、どれだけのものか、簡単には想像がつかないはずです。
数字だけ見ても、一体なにが同だかわからないのは当然でしょう。
風速には瞬間と平均があります。
一瞬でも強い風が吹くことと平均値の違いですが、最大瞬間風速が60m/sぐらいになりそうだというところが今回の重要点です。
これをおおよそ平均に換算すると、35m/s以上になる計算になってしまいます。
実際に工事現場で使われているクレーンは、平均風速が10m/sを超えるとブームと呼ばれるアーム部分を立てません。
転倒の危険性が出てくるためですが、この差を考えてみないといけないでしょう。
平均風速10m/sというのは、おおよそ最大瞬間風速が20m/sぐらいです。
仮に今回は瞬間最大風速が40m/sまで落ちるとしても、なにかにつかまらなければ歩行は困難なレベルにまでなっていきます。
これでも平均風速が25m/s程度です。
車の速度にしてみると、この速度でも高速道路を走行しているのと変わらないような100km/hぐらいになってきます。

想像してみるとわかりますが、これだけの風が吹く中で、外に出るのがどれだけ危険なのかがわかるでしょう。
転倒したりすれば、館林たまい接骨院で施術するといった範囲を超えて、命の危険性さえ出てきます。
よく見かけるビニールハウスなどのシートも破れてしまうレベルですし、固定していなければプレハブ小屋は動き出してしまうほどのエネルギーです。
屋根瓦も飛んでしまう可能性が出てくるのですから、被害を想定しておかなければいけません。

ハザードマップの活用も

実際に怪我をするはなしとは関係はありませんが、家の備えは十分におこなっておく必要があるでしょう。
館林たまい接骨院の周辺でも、水があふれやすいところはいろいろとあります。
できれば、排水側溝は掃除しておくことがポイントです。
水はけだけでも違いが出ると、浸水の被害を抑えられます。
さらに、屋根や塀、壁にも注意が必要です。
倒壊するかどうかは判断が難しいところにはなりますが、普段から注意が必要でしょう。
子供たちに、ブロック塀の近くを歩かせないことも、大事なポイントになってきます。

非常用品の備蓄も必要になってくるでしょう。
今回は台風で過ぎてしまえばと思うかもしれません。
ですが、さまざまなインフラがダメージを受ければ、買い物にも出れないかもしれませんし、ものが入ってこない可能性も出てきます。
数日間でも備蓄をしておけば、安心して過ごせるようになるのは間違いありません。
さらに、懐中電灯や着替えの用意、ライターやマッチとともにろうそくもあるといいでしょう。
水も備蓄があることが重要ですが、人は1人当たり1日2リットル近くの水が必要になってくることを想定して用意が必要です。
トイレの水も困ってしまいますので、浴槽に水をためておくだけでも安心感が高まるでしょう。

たまい接骨院のある館林市には、ハザードマップが作成されています。

http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/docs/2010092600017/

避難所の設定もされていますし、浸水の度合いの想定もできるため、一度は目を通しておくといいでしょう。
避難場所の指定もはっきりとしているため、何かあったときにはどこに避難するべきかわかります。
こうした情報などいらないと思う人も数多くいるのは確かです。
ですが、岡山や広島で起きた水害の時にニュースを見た人もいるでしょう。
一瞬の気の緩みが、あっという間に水の中に飲まれる結果になります。
事前に情報を得ておくこと、備蓄や対策をしておくことが、命を守る結果となるのです。
だからこそ、楽観視することなく、備えをしておくことが必要といえます。
怪我は館林たまい接骨院で対応できますが、命に関わるような事態は、自分で守るところからスタートしなければいけないからです。

秋に差し掛かってくるからこそ無理をしない

院長の日記

安全の確保が重要

台風がきていますが、今回はかなり気をつけていかなければいけない規模です。
館林たまい接骨院の周辺でも、かなり注意が必要なレベルといっていいでしょう。
良くあるケースとして、台風がきているのにもかかわらず外に出ることです。
今回の台風は桁違いの規模になると予想されています。
田んぼが気になる季節ではありますが、決して外に出てはいけません。
用意は今のうちに済ませておくことが重要になってくるでしょう。

こうした状況で何が怖いのかといえば、勘違いしてしまうところにあります。
昔は大丈夫と思っていても、今の自分とは違うことを理解しなければいけません。
ここに生まれてくるギャップは、大変大きいものです。
昔の自分と比べてしまうことは大切で、若いときの体力とは異なることを自覚するのが大切になってくるでしょう。
部活などに関しても同様です。
いつも動けていたことがいつでもできるとは限りません。
昔取った杵柄になる可能性は出てくるのですから、過去が平気でも今が兵器と思わないことが、怪我を防止する大事な考え方です。
特に運動をしていなかったりしたときには、頭が動いても、身体がついてこないことは当然出てきます。

館林たまい接骨院でも数多くみられる怪我として、転倒してしまうことがあげられます。
台風の風によっておこる怪我も当然転倒が多くなってくるでしょう。
擦り傷程度であれば問題は大きくなくて済みますが、捻挫や肉離れを起こす可能性は否定できません。
特に今回の場合には、かなり強い風が吹くと予想されています。
そうなると、身体に強い力が働き、転倒してしまう可能性が出てくるのは容易に想像がつくことでしょう。
対策はいたって単純です。
台風が来たときには、外に出ない。
これだけで安全が確保できるようになるのですから、無理をしないようにしなければいけません。

ストレッチをしてみる

日常的な部分を見てみると、怪我をしないようにストレッチを欠かさないという方法があげられます。
館林たまい接骨院でも指導している部分がありますが、体の柔軟性が下がってしまうと、どうしても肉体的ストレスが増大し、怪我を助長してしまう可能性が出てくるのです。
そうならないようにするためには、柔軟性を下げないようにすることしか対策はありません。
一般的におこなわれている柔軟体操でも全く問題はなく、身体を伸ばして縮めてと繰り返していくことで、少しずつ柔らかくなっていきます。
いきなり始めるのはリスクがありますので、毎日少しずつおこなっていくといいでしょう。
単純に前屈するだけでも変わっていきますし、足を延ばしたり、腕を回転させたりする方法もあります。
無理をしないように繰り返していくのが重要で、呼吸は止めずにおこなっていきます。
ゆっくりと30秒程度掛けるような感じの動きにして、痛みを感じない程度に繰り返すといいでしょう。
反動をつけたりする必要はなく、自分でどこが動いているのか意識してみると効果が出てくるようになります。

ゴルフなどにも良い季節ですが、ファッションばかりに気を取られて、動きが悪くなってしまうような服装にしてはいけません。
これだけで肉体的にストレスがかかるからです。
怪我を増やしてしまうことになるため、運動しやすい服装を用意してから始めるのが重要になってきます。
クッション性なども意識しておくといいでしょう。
運動したあとにも必ずストレッチをしておくと、疲労物質が筋肉の中にたまりにくくなり、怪我の予防につながります。
これも簡単なものでかまいませんし、痛みを伴うようなものにする必要もありません。
ゆっくりとからだを動かしていくだけで、筋肉痛の予防にもつながります。

異常を感じたら

スポーツの秋といった言葉を使うのは簡単です。
ですが、環境的に危険な時や肉体的負担があるときには、無理をしないことが大切になるでしょう。
どこか痛いと思ったり、異常を感じたりした時には、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
季節的に体を動かしたくなりますが、無理をするのが一番のリスクになるからです。
せっかくの季節を楽しむためにも、怪我は早期に治しましょう。

涼しくなり始めた時には十分に注意

院長の日記

涼しくなって動くと勘違い

夏休みが終わると、子供たちも学校にいくようになります。
館林たまい接骨院の周りでも、元気に新学期を迎えている姿はほほえましいものがあるでしょう。
秋に入ってくると、行事もいろいろと出てくるようになり、遠足や運動会といったこともおこなわれていきます。
活発に行事をおこなってくれるのはいいとしても、怪我という部分も考慮していかなければいけません。

秋口になると怪我が増える理由として、活動量が大きくなることがあります。
今年はとにかく暑い日が続きましたが、台風が来ることもあって、涼しくなるような日々が出てくるでしょう。
そうなると、身体が万全でなくても無理をしてしまうようなことが出てくるからです。
それも夏の疲れが残っているにもかかわらず、状態を理解しないで運動してしまえば、どうしても怪我につながります。
もう少し寒くなると、きているものも厚くなり、さらに怪我もしやすくなってしまうでしょう。
体調を整えてあげることが大切ですが、なによりも疲れがあるのにも無理をさせないことが重要です。
どうしても部活などでも大会があったりすれば、無理をすることも出てきます。
しかし、体調がすぐれない状態で練習を繰り返しても、まったくプラスにはならないでしょう。
子供たちは、大会といえば無理をしてしまうことも出てくるのですから、大人が管理してあげなければいけません。

小さな子供たちの怪我も

これは小さな子供たちでも変わりません。
思っている以上に無理をしてしまうことも出てきます。
涼しくなって身体が動くと勘違いしてしまうからです。
非常に危険なことも出てくることを理解しながら、体調管理に気を使ってあげましょう。
それでも体調がすぐれない様子が見えた時には、早めに館林たまい接骨院にお越しください。

夏が終わるからこそ計画的なトレーニングを

院長の日記

夏の終わりだからこそ

夏も終わりに近づき、どうしても疲れがたまってきているでしょう。
休み明けというものは、気持ち的にも上がっていかない時期です。
館林たまい接骨院の周辺でも、これは同じことでしょう。
ただでさえ暑い時期を過ごしてきた中で、これから学校になったりすると、それだけでも負担が増えていくからです。
社会人でも同じことがいえます。
休み明けになったりすると、疲労を回復しているどころか蓄積している場合もあるでしょう。
これが大きな怪我につながってしまうことを考えていかなければいけません。
だんだんと涼しくなり、さまざまなスポーツも楽しくなる時期ではありますが、疲労の蓄積と怪我の関連性をよく理解して対処していかなければいけないでしょう。

肉体的なストレスとの関係

怪我のしやすいタイミングという考え方があります。
人間には体力があり、その体力量に合わせてトレーニングをしていかなければいけません。
体力に合わせてトレーニングをすることで、ストレスを掛けることになるでしょう。
このストレスにさらされることによって、耐えていこうと考えるようになります。
同じようなストレスに耐えられるように身体も考えていくことになるわけです。
一般的に適応と呼ばれる反応になりますが、強度を大きくしていくことによって適応しようと体が反応していくことになります。
ところが、抵抗力はどんどんと下がっていくため、急激に強度を高めると、当然耐えきれなくなり、怪我になるというのが一般的な仕組みです。

つまり、練習強度を増やすことによって耐えられる力がつきますが、徐々に増やしていかないと、ストレスのほうが上回り、怪我をしてしまうという流れを覚えておかなければいけません。
徐々に高めていかなければいけません。きつい練習をすれば効果が上がるわけではなく、怪我のリスクだけが上昇することになるでしょう。
こうした怪我は大きなものになりやすいため、異変に気が付いたときにはすぐに館林たまい接骨院にいらしてください。

あくまでも計画的に

実際の問題として捉えた時に、休み明けは関係なく、体力の限界まで追い込むことがあります。
特にこの時期の部活でおこなわれることがありますが、効果は途中から上がらなくなってしまうことに気が付かなければいけません。
それどころか、精神的なストレスまで増えていくことになってしまいます。
やがて、これも肉体の能力を下げることにつながり、耐久力を下げていくため、さらに怪我をしやすくなるでしょう。
計画的におこなわれていかないトレーニングは、怪我のリスクだけを増大させてしまうことになります。
秋に大会があったりすると、追い込みをかけたりすることも出てきますが、あくまでも計画的に進めることが必要でしょう。
それでも何かあれば、すぐに館林たまい接骨院においでください。

夏だからこそ疲労を貯めないように

院長の日記

晴れているからトレーニングを増やすのは危険

今年の梅雨は、館林たまい接骨院でも存在感もなく終わってしまいました。
季節感が変わってきたのかなというところもありますが、暑い夏がやってくるのは間違いありません。
気温の測定機器が、美園の消防署から館林高校のグラウンドに移されたといったニュースもよく見ます。
何にしても暑いのには変わりがありません。
ほかの地域ではずる林だの言っているところもありますが、住んでいる人間からすれば、暑いことには何も変わらないのです。
何度であっても、他の地域よりよほど暑いでしょう。

そんな夏場になってくると、身体にもだんだんと負荷がかかるようになり、蓄積していくことを忘れてはいけません。
いきなり怪我をするようなことはなく、疲労がたまり、何かの拍子に怪我をしてしまうような可能性が高まります。
これは、なにもスポーツをする学生だけの話ではなく、社会人でも変わりません。
非常に危険なことを理解しておく必要があるでしょう。

館林たまい接骨院でも、多くの人がスポーツを楽しんでいることがわかります。
さらに学生の部活では、雨が降らないことで、トレーニング量を増やすところも多いでしょう。
理に適っていることもありますが、それだけ疲労が蓄積することは理解しなければいけません。
当然ですが、怪我のリスクは高まりますので、ケアを欠かすことができないでしょう。

無理なトレーニングは厳禁

夏場に館林のたまい接骨院でも増えてくるのは、腰痛であることは間違いありません。
他にも膝蓋靭帯炎や腸脛靭帯炎も増えていきます。
腰痛はわかりやすいところですが、膝蓋靭帯炎は、ひざのお皿の下の傷みです。
腸脛靭帯炎は、ランナーズ膝と呼ばれる怪我であり、曲げ伸ばしをするために必要な靭帯が炎症を起こし、痛みになってしまう状態を指します。
これらの症状からわかることは、疲労がたまっているということになるでしょう。
筋肉の動きも悪くなり、痛みにつながっていくのです。
暖かい季節だから、負担も少ないと考えがちですが、疲労がたまることに変わりはありません。
トレーニング量だけ増大させれば、こうした状況になってくるのは容易に想像がつくでしょう。
それでも、天候が良かったりするため、あとから考えればすぐにわかることでも、理解せずに進めてしまうことが出てくるのです。
もちろん、なにか異変があれば、すぐに館林のたまい接骨院にお越し願うのが一番でしょう。
しかし、トレーニング方法などを考えて取り組み方を検討しておくことのほうが重要なのは、忘れてはいけないところです。

夏のトレーニングの怪我を減らすためには、ケアをするというところになってきます。
疲労を回復するために睡眠をしっかりとることも必要ですし、水分の摂取を心掛ける必要もあるでしょう。
オーバーワークにならないようなコントロールも必要であり、違和感を覚えたらすぐに館林たまい接骨院にお越しいただくこともケアになってきます。
異変があるのにもかかわらず、放置してしまうのが最も問題といえるでしょう。

疲労を貯めて無理をしないこと

一般の社会人で見ても、暖かくなると、無理をするといったことも出てきます。
水分不足のまま無理をするといったことは、怪我につながる危険性が高まるのです。
日常で疲労を貯めてしまっているのにもかかわらず、回復させることなく次の日を迎えるといったこともリスクとなるでしょう。
疲労に対応するといったところでは、やはり睡眠をしっかりととることが必要です。
館林たまい接骨院でも、季節の変化に体がついていかず、無理をしたことで腰痛を起こしたり、ひざ痛で悩まれたりする方も多い時期になっています。
身体がうまく対応できない時期ともいえることから、無理をした瞬間に強い痛みが出てしまうことがあるのです。

社会人の場合、時間のコントロールが難しくなる部分があるでしょう。
どうしても疲労もためてしまうことも出てきます。
暑い時期になると、非常に大きな負担となって表れてくることも出てくるはずです。
ケアするとこはするというかたちでメリハリをつけることが必要になりますが、深酒をしたりしてしまえば、その分ダメージを蓄積していくことになるでしょう。
どうしても厳しい時期になってくることから、無理をしたりしないことが必要です。
いかに疲れを抜くのか、睡眠不足にならないようにするのかが、怪我を回避し、回復も早めることになるのを意識していく必要があるでしょう。

館林たまい接骨院にこられる際も、非常に暑い季節になってきます。
身体の負担にはならないように、涼しい時間帯を選んでいただくのもひとつです。
19時までおこなっておりますし、朝もそこまで暑くならない時間から始めておりますので、うまくコントロールされることが重要になってきます。

保険を使わせてくれないような状況で

院長の日記

怪我をしたら回復させたいのが当たり前

怪我をなおしたいときに、いったいどんなことを考えるか、非常に重要なポイントになってくるでしょう。
館林たまい接骨院で施術をおこなうということもひとつです。
痛いという事実を考えた時、解決する手段を講じるのは当然のことになっていきます。
特に痛いと思ったときには、怪我をした瞬間であると考えられるでしょう。
受傷した急性の段階になるのですから、保険を使って館林のたまい接骨院で施術することに何ら問題はありません。
ですが、保険組合などの中には、痛い状況であっても保険料の無駄と言い切るようなところさえあります。
本来、保険料を支払っているのですから、回復させようと思うのは当然の権利です。
館林たまい接骨院でも、原因がある傷みに関しては、保険が使える事実を伝え続けています。
これは、整形外科を使えばいいという問題ではありません。
事実、整形外科では異常なしと判断されていても、痛みがあるといったことは出てきます。
レントゲンに映っていないからといって、処置もされないこともあるでしょう。
違和感が残ったまま、まったく先に進まないといったことさせあるのです。
なにか解決できる手段はないのかと思うのは、保険組合などではなく、自分の決断となるでしょう。
薬を使いたくないといったこともあるはずです。
手術といわれたものの、納得ができないといったこともあります。
さらに、セカンドオピニオンの考え方もあるはずです。
整形外科がすべてではありませんし、なにか相性的に考えられないということもあるからこそ、セカンドオピニオンのように、複数の診断を受けるということも必要になってきます。
その中で、原因がある痛みや急性のケガに関して保険を使った治療は何も問題がありません。
問題は、自分が改善していきたいという意思と行動です。
根本的に解決していきたいと思ったときには、館林たまい接骨院にご相談ください。

理不尽な理由で拒否するところもある

問題を解決するというところでは、痛みがあり、どうしても改善できていない状況でも施術をしたいと思うことがあるでしょう。
しかし、会社などの保険組合が首を縦に振らないといったことも出てきます。
本来使うことができる権利であっても、しがらみも出てくることはあるはずです。
そんな時には、自費で施術を受けるといった選択肢もあることは忘れてはいけないでしょう。
館林たまい接骨院でも可能ですが、保険使わない選択も取れます。
一般のマッサージを受けるのとは異なり、的確な施術で進めていくことができるため、改善策として考えてみるべきです。
例えば、どうしても仕事をしているときに肩に痛みを感じ、施術を受けたいとします。
ところが、肩こりだといわれてしまい、保険組合が首を振らないといったことが考えられるでしょう。
ですが、本来は痛みがある事実が存在し、仕事中に痛みを感じたのであれば、急性であることは間違いのないことです。
保険が使える条件がそろっているのにもかかわらず、ダメといわれてしまうことも出てきます。

痛みがあり、何とか改善したいということも出てくるでしょう。
会社との関係性もあり、保険を使わないといった選択を考えられている人もいます。
館林たまい接骨院では、保険を使ったときと同様の施術を受けることができますし、鍼灸で対応するといった方法も取ることが可能です。
本当につらい状況を改善しようと考えた時に、時間だけが過ぎていくような選択は、なにもいいことがありません。
時間が過ぎたことによって、怪我が慢性化したといった理由で保険が使えなくなってしまうことも出てきます。

実際に保険料を支払っているのですから、辛い思いを改善していくのは当然の権利です。
意味もなく断られてしまうようなことはあってはならないことでしょう。
理不尽な否定をするところもありますし、本来は保険を使うべきです。
仮に悪化してしまったとしても、健康保険組合や会社は何もしてくれるわけではありません。
整形外科に行っても改善していないといった状況でも、よくわからない理由で拒否されることも出てきています。
最善なのは、保険で施術を受けて回復させていくことですが、どうしても厳しい時には、自費で施術してでも回復を考えられてはいかがでしょうか。
辛い状況を改善していくという方向性も必要になってきますので、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。
最善の方法を考えていきましょう。
とにかく痛みがあるなど、怪我をしたら、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
回復が早くなるということは重要ですが、保険を使って回復を目指せる大事な要件にもなってくるからです。

睡眠不足は怪我の治りも悪くなる

院長の日記

寝不足がもたらすこと

Wカップの日本戦の後で、寝不足の人も多いでしょう。
眠い目をこすりながら、一喜一憂していた人も多かったはずです。
こうした状況の中、実は体に大きな変化が出てきます。
怪我ということでも、実は大きな影響を与えることを考えておかなければいけません。
館林たまい接骨院に早くきていただくことも重要ですが、寝不足にならないということが重要なことを考えましょう。

まず、睡眠不足が招くリスクを考えてみなければいけません。
睡眠不足になると、だれもが感じるのがストレスの増大でしょう。
心にも体にも影響することになりますが、かなりの打撃を受けることになってきます。
科学的にもわかってきていますが、ゆっくりと睡眠をとることによって、身体はリラックスしますし、心も落ちつくでしょう。
さまざまな面に影響を受けてくることがわかりますが、判断力にも影響することを考えておかなければいけません。

免疫システムが弱体化することも重要でしょう。
負担から回復する睡眠の時間を失うため、防御機能も休まることがなく、免疫システムが弱体化してしまいます。
風邪を引きやすいといったことだけではありません。
もっと大きな病気になる可能性もありますし、怪我もしやすくなることがわかるでしょう。

体重の増加も招きます。
睡眠が消化器系や新陳代謝の機能も落とすことになるからです。
エネルギー消費のプロセスもくるってくることから、適切な範囲で体重をコントロールできなくなっていきます。
こうした体重増加は、あとから落としにくいものとなってしまうのが問題です。
交通事故のリスクまで増加することがわかると、睡眠不足がいかに恐ろしいものかがわかるでしょう。

怪我という部分で考えると、コンディションの悪化が出てきます。
睡眠の間に、身体はいろいろとメンテナンスをしていくことになりますが、当然怪我の治りにもかかわってくることになるのです。
睡眠不足になれば、当然治りが遅くなってくることになります。
館林たまい接骨院で施術を進めることで、回復させていくことができますが、睡眠不足を繰り返していくことになれば、当然遅くなっていくことになるでしょう。
人間の自然治癒力を生かせないことは、大きなマイナスになるのです。

栄養よりも睡眠が大事

館林たまい接骨院で施術をおこなった後、睡眠不足になるとどれぐらい遅くなるのかも考えてみなければいけません。
実際に実験はおこなわれており、さまざまな資料があります。
こうした資料によれば、傷の治療に関しては、栄養を摂るより睡眠を良くとったほうが、修復にかかる時間が短かったという結果があるのです。
その例では1日の差でしたが、傷や怪我の大きさが重度になれば、もっと差が出てくることも考えられるでしょう。
身体にとって、睡眠が及ぼすメンテナンスの力の大きさが、これほどのものではないと思っている人もいるかもしれません。
しかし、睡眠をとらないことが、大きなリスクになってしまうことは間違いないでしょう。

ちょっと視点を変えると、生活習慣病のリスクが増大してしまい、免疫力が下がることもわかっていますが、ウエストまで増えてしまうと考えられています。
睡眠が少ない人は、代謝が悪いことがわかっているほか、こうしたリスクも抱えるのですから、体全体にかかってくる負担は増えていくことに違いがありません。
体重が増加すると、関節などにかかる負担も増えることになるのですから、健康な生活をするのであれば、睡眠をしっかりとることに越したことはないのです。
館林たまい接骨院を活用するとともに、すっきりできるほどの睡眠をとることが必要になるでしょう。
睡眠不足は天敵です。

成績も上がらなくなる

明日に備えて、しっかりと睡眠をとりましょう。
子供のころに言われたことがあるはずです。
当たり前のことなのですが、実は運動をするときには、成績にも影響してくる問題になることは、外せないことになるでしょう。
館林たまい接骨院で怪我の施術をしていくことにも絡んできますが、どうして成績が上がっていかないのかを考えてみる必要があります。

睡眠不足になると、ストレスがかかるようになりますが、有酸素運動にはあまり影響がみられません。
ところが、反復的な無酸素運動には大きな影響が出てくることがわかっていますし、戦略車集中力が必要になると、判断が鈍り成績が上がりません。
もちろん、高い集中力が必要な競技はミスが増えていくことになるのですから、大きなマイナスです。
良く午後に試合があるから大丈夫といわれることがありますが、睡眠不足になると、さらにパフォーマンスが鈍くなるといわれています。
午前中のエンジンがかからないパフォーマンスと同じようなレベルになってしまうといわれているのです。

睡眠時間がうまく取れなかった時のことを考えると、毎日ちゃんと睡眠をとっているだけでも違います。
水分の摂取も毎日適切におこない、食事も考えておくことが、突発的な睡眠不足に対応もできるようになりますが、なによりも睡眠をとっておくことが一番でしょう。

Wカップで睡眠不足なら運転はしない

院長の日記

交通事故の確率を跳ね上げてしまう睡眠不足

暑い季節になってきました。
サッカーのWカップでも熱い毎日が続いていますが、寝不足になっている人も多いでしょう。
こんな季節だからこそ、交通事故にも気をつけていかなければいけません。
特に今日も深夜から試合になってくるでしょう。
明日の朝は、多くの人が寝不足と簡単に言ってしまうことになりますが、運転をするなら大変危険です。

館林たまい接骨院でも、交通事故のケガを多数対応してきました。
ここで考えていかなければいけないことが、睡眠不足になると、事故の可能性は倍にもなってしまうということです。
7時間睡眠をとった場合と1~2時間少ない寝不足の状態を比較すると、アメリカ自動車協会交通安全基金の調査で、交通事故の可能性が倍にもなってしまうことがわかっています。
リスクとして倍増することは、歩行者にもそれだけの危険を強いることになるでしょう。
交通事故のケガを考えた時にも、あまりに危険なことが見えてくるようになるはずです。
さらに、5時間以下の睡眠時間で運転するようなことをすれば、飲酒運転と同様のレベルのリスクになると考えられています。
どれだけ危険なことなのかは、ここからでもわかるはずです。

ちなみに4時間未満の睡眠しかとらなかった場合には、日本の研究でリスクは11.5倍になると考えられています。
11.5倍というのは、あまりに驚くべき数字になってくるのは、ハンドルを握る人ならわからなければいけない数値です。

サッカーで寝不足になるのは、ここまで盛り上がることからも理解できる範囲にはなるでしょう。
ですが、交通事故のケガの施術をしてきた館林のたまい接骨院の立場から言えば、運転なさる方はしっかりと睡眠をとってください。
特に現在のように熱くなってくると、集中力も描くことになってくるのですから、しっかりとした睡眠が重要です。
交通事故のケガは館林たまい接骨院へといいたいところですが、今日のような状況を考えれば、睡眠をとって事故を起こさないようにしてください。

睡眠不足は寝るのが一番

暑いぐらいの日が館林たまい接骨院でも続いていますが、居眠り運転をするというのは、交通事故でも驚くほど多い原因になっています。
安全不確認、わき見運転、動静不注視、漫然運転となってきますが、居眠り運転が4番目の漫然運転となるのです。
ぼやっと運転をしていることを表していることからも、集中していない状態なのがわかります。
いろいろと原因がありますが、疲労や眠気といったことでも交通事故につながってしまうことがわかるでしょう。
睡眠不足の状況でも、ぼやっとしてしまうことが出てくるのですから、非常に危険な状態であることがわかります。
過労運転と比較されることもありますが、そもそも過労の状態では正常な判断はできない恐れがあるのですから運転はしてはならないと法律で定められているのです。
特に遅くまで起きていて、居眠り運転するようなことは、運転手として許されないといえるでしょう。
サッカーを見ていましたというのは、過労と認められるようなことはありません。
本当にわずかな時間の睡眠不足であっても、交通事故の確率が跳ね上がっていくことを考えると、どれだけ危険な行為なのかを考えていかなければいけないでしょう。

今回のことだけではなく、もしも、運転して眠くなったときには、速やかに仮眠をとることです。
一般道でも車を止められるところを見つけ休むのが最も効果的な方法になるでしょう。
車の運転だけではなく、普段の仕事の中でもできれば休めると、効率が良くなることが知られるようになりました。
眠気があるまま仕事をしているほうが、効率が悪いと認識されるようになってきたのですから、運転はなおのこと危険です。

身体を動かしてみるのも効果があります。
車から降りて気分転換してみたり、外で体を伸ばしてみたりするだけでも、血行が良くなり眠気も改善できることが出てくるでしょう。

カフェインを取ったりガムをかんだりする方法もありますが、すべては睡眠にかないません。
しっかりと睡眠をとっておくことが事故の確率を下げるのですから、サッカーが気になっても、運転するのであれば、お休みになられることが一番です。

« 古い記事