館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

今年も1年よろしくお願いいたします。

院長の日記

あけましておめでとうございます。
今年も一年、たまい接骨院をよろしくお願いいたします。

cd272fbade2abeb137b2fda57a33fd49_s

新年は4日より開院いたしますので、皆さまよろしくお願いいたします。

寒さが原因になってくる肩の痛み

院長の日記

冷えてきて出てくる肩の痛み

今年の残りもわずかになりましたが、非常に冷えてきています。
本当に雪になるのではないのかという状況ですが、この季節になると、肩こりに悩まされることも少なくありません。
寒さが厳しくなってくると、体もどんどんと冷えてくることになります。
館林たまい接骨院がある地域も、本当に寒くなってきました。
こたつに丸まっていたりすると、肩こりに悩まされることも出てくるでしょう。
本来であれば、背筋を伸ばして生活するところですが、どうしても縮こまってしまうことも出てきます。
これが血行不良につながっていくことになりますが、肩こりの原因にもなってしまうのが問題です。

筋肉の緊張ということがかかわってくるのは、膝などの痛みも同じで、老廃物がたまりやすくなることがかかわっています。
気温が低い場所では、人間は自分自身を守るために、自然に縮こまらせて、震えるようにして体温をあげることがポイントです。
そうなると、自然と力が入ってしまい、血行も悪化するのが悪循環の始まりといえます。

肩こりの原因を考えていくと、この季節特有の運動不足も考えていかなければいけません。
どうしても外に出たくなくなる寒さです。
そうなると、体を動かすことが少なくなり、老廃物が筋肉にたまりやすくなります。
本来であれば、血行が良くなれば押し流していくことになりますが、運動をしないがために溜まっていってしまうという悪循環です。
どんどんと悪循環は加速し、肩こりもひどくなっていってしまいます。
何ら変化のないことだと思っていても、体にはどんどんとダメージの蓄積が見られるようになるのも当然です。
こういった痛みでも、まずは館林のたまい接骨院にご相談ください。
年明けからでも遅くはありません。
早く回復させることができれば、それだけダメージの回復も早まるからです。

自己防衛本能からくる肩こり

寒さからくる肩こりの原因のひとつが、人間の体の構造にあります。
自己防衛本能のひとつですが、環境の変化に対して体を壊さないように守ってくれている現象です。
単純な方法として、体を暖めれば済むため、暖かい格好をするということが重要ですが、ここに問題があります。
あまりに厚着をしてしまうと、体は動きにくくなり、血行も悪化することになるでしょう。
動きが取れないことによるストレスも出てきます。
そこで、ホッカイロなどを貼って温めることもポイントです。
これだけでも大きな違いが出てきますので、肩こりがひどい人は取っておくことも対処になります。
この時に手足を温めるよりは、おなかに貼ったほうが効果はあるのは、なかなか発想的に出ないかもしれません。
体の中心から温めていくことで、血液も温まり、全身に走っていくからです。
血行障害ということでも、対応方法になるでしょう。

寒くなると、筋肉が収縮してしまうことでいろいろな怪我をすることも出てきます。
館林たまい接骨院でも、まずは温めるということが筋肉のこわばりをほぐすポイントになってくるのは間違いありません。
もっと単純に考えれば、ホースを手でつかんで力を入れれば、水も通りにくくなります。
これが筋肉の中で起き、肩こりにつながっていってしまうのですから、血管の萎縮をさせないようにすることがポイントです。

温かくすることが重要ですが、端的に言えば、乾布摩擦でも改善することができます。
手でさするだけでも血行は変わってくることも覚えておくといいでしょう。
人間の手には不思議な力があるわけではなく、刺激によって血管が拡張されて起こります。

ストレスが要因になってくることがある

館林たまい接骨院でも施術例が多い肩こりですが、さまざまな機器を駆使して改善させていくことができます。
鍼灸もできるのが大きなポイントで、館林のたまい接骨院の特徴です。
その中で、よく考えていかなければいけないのが、ストレスの存在といっていいでしょう。
館林たまい接骨院の施術だけではなく、普段からの対策も考えていかなければいけない点です。

人間には、さまざまなストレスがかかります。
生活の中だけではなく、仕事でもかかってくるでしょう。
いろいろなストレスがかかりますが、うまく発散していかなければいけません。
このストレスが溜まってくると、コルチゾールというストレスホルモン物質ができることがわかっています。
この物質が傷みを誘発することが問題です。
人間は、ストレスを感じることがさまざまな問題を引き出していきますが、感受性が高い人は、こうしたストレスに弱いこともわかっています。
寒さによって肩の痛みが出ることはあっても、明日雪が降るといわれていたくなることはないと思うはずです。
ところが、ストレスが原因になっていると、こうした情報だけでも痛みが出ます。
これは、頭の中に、寒さと肩こりというかたちができあがっており、寒くなると思うだけでも痛みが出てしまうのです。
なにもテレビなどで見るだけではありません。
すれ違った人が寒くなりそうだねと会話をしているだけでも、引き金になってしまうことが出てきます。
テレビのCMでも起きることです。
これがストレスの怖さであり、体に大きな影響を与えてしまう要因といえます。

対処方法としては、ストレス発散を心掛けることでしょう。
普段からストレスをためないようにしておけば、少々のストレスでは対応しなくなります。
敏感に感じているのであれば、暖かな場所に移動するというだけでも、ストレスを感じなくなるでしょう。
館林たまい接骨院で、肩こりを解消させてしまえば、こうした心配もいらなくなっていきます。
早めに対応してしまうことが一番ですので、あとに残さないようにしておきましょう。

寒いからこそ考えていく対策は

院長の日記

冬になり膝も痛くなる季節

冬になり気温が落ちてくると、どうしても関節が痛くなるようなことが出てきます。
スポーツの怪我としても考えていかなければいけません。
走ったりするだけでも、人間の膝には強い力がかかっていきます。
バレーボールやバスケットボールといった球技でも力がかかり、怪我をして可能性は十分に考えられることです。
館林たまい接骨院でも、この時期になると多くみられるようになる怪我のひとつといえます。

寒さと怪我の関係を考えてみると、強い関係があることが見えてきます。
首筋や肩こりといったことも関係してきますが、寒くなると血管の収縮が起こりやすくなることが大きな影響を与える原因です。
酸素も栄養も供給されにくくなる問題があります。
循環されにくい状況になるのですから、当然のことになるでしょう。
筋肉は硬くなりやすく、老廃物もたまってしまいます。
これが大きな問題であり、血行の悪化がさらに悪くすることになるのですから、寒さ対策を考えていかなければいけません。

館林たまい接骨院でも、姿勢を小さくしたりしないように指導しますが、寒くなるとどうしても小さく丸まってしまいがちです。
これが、さらに悪化させる要因で、血行がどんどん悪くなります。
筋肉も固まってしまうことになりますので、できるだけ服装を軽くするとともに、暖かな洋服を着ることがポイントです。
実際に末梢神経の圧迫や損傷も起きることから、防止策を考えていかなければいけません。

適度な運動が体を温める

スポーツをするうえでも、体を暖めることが重要です。
準備運動ということは、館林たまい接骨院でも指導することができますが、温めるとともに睡眠と休憩をしっかりとっていけば、体には老廃物もたまりにくくなります。
そのうえで運動をすることが、体の機能を発揮させるポイントです。
成績を残そうと思えば、練習をすることが大切ですが、それだけではだめだということになるでしょう。

体の活動性を高めるということでは、血行を停滞させないようにしなければいけません。
どうしても厚着をしがちですが、体は動かなくなるでしょう。
これはスポーツをするということだけではなく、普段の生活から考えなければいけないポイントです。

普段からの生活を考えた場合には、適度な運動が重要になってきます。
ウォーキングやストレッチをするのは、大変効果的です。
膝などが悪くないということが条件ですが、歩く場所が少なかったりするときには縄跳びもいいでしょう。
間接を動かすことになりますし、腕もまわすことになるため、体が温まり血行が改善していきます。
縄跳びといっても、縄がなくても、その場で軽くジャンプ運動をするだけでも効果が出る方法です。
ただし、膝や腰が悪い時には、避けなければいけません。

服装ということでは、保温性の高い衣服を考える必要があります。
ヒートテックなどのインナーをつけるだけでも、かなり暖かくなるでしょう。
服装としても軽くなりますので、負担が減ってきます。
指先やつま先なども冷えないように温めておくことも必要です。
こうしたことを繰り返していくだけでも、対策として有効になってきます。

それでも、痛いところが出てくることは予想できることです。
辛さを感じた時には、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。

食べ物から体を冷やさないように

体を冷やさないことが、けが防止には確実に効果をあげていきます。
負担を減らすことも同時に考えていかなければいけないでしょう。

怪我をしたときには、館林たまい接骨院が対策になりますが、まずは健康な体を作ることが必要になってきます。
そのためには、食を考えることが必要です。
代謝をあげていくことがポイントになってきますが、黒い食品がよいとか、根菜が良いなどいろいろといわれてきました。
そのうえ、精製されたものは食べるべきではないといったことまであります。
白米は体を冷やすといわれたりしますが、これは誤りです。
本当に何がいいのかといえば、炭水化物はエネルギーに変換することができます。
体温が下がっているときに炭水化物や糖質を取れば、体の中でエネルギーを作る基礎になるといえるでしょう。
ただし、それだけではなく、ビタミンや酵素も取らなければ、効率は上がりません。

体温をあげる香辛料もあります。
唐辛子に含まれるカプサイシンはよく知られるようになりましたが、実際には大量に摂取しなければならないところが問題です。
コショウにはピペリン、ショウガにはガラノクトンやジンゲロールといった物質が含まれており、血行改善に役立ちます。
ですが、これらを大量摂取するのは、健康にも良くないため、バランスよく摂取することが必要です。
他にもニラやネギ、ゆず、山椒といったものも血行改善に向いているので、うまく活用するといいでしょう。
鍋にしたりすれば、効率的に摂取することができるはずです。

肉類も効果をあげることができますが、食べれば食べるほど、エネルギーを使って消火しようとすることがポイントです。
食事誘発性熱産生と呼ばれる現象ですが、これだけで温まることになります。
ですが、あまり好きではない人もいるでしょう。
その場合には、魚や卵、大豆食品を中心にしていくだけでも、近い効果をあげていくことができます。
肉はいくら食べても太らないということも言われるようになりましたが、バランスを取ることが重要です。

食事をする際には、よく噛むことも忘れてはいけません。
これだけでも、基礎代謝が上がるからです。

簡単な運動からひざ痛対策

館林たまい接骨院でも、膝の怪我は良くあることです。
問題は、怪我を施術するということだけではなく、リハビリを考えることにあるでしょう。
怪我を長引かせてしまうのではなく、元のように戻していくことが必要だからです。

実際に膝の怪我を抱えている人は多く、変形性膝関節症で悩まれている人は、全国に2500万人にも及ぶとされています。
とんでもない数であることがわかりますが、負担を減らしていくとともに、リハビリをしていかなければ、辛い思いを続けることになるでしょう。
間接の動きを柔らかくするようにしていくだけで、傷みも実際に和らいでいきます。
簡単なものとして、椅子に座って、片方の足を水平に伸ばし、5秒程度とめておろすことを繰り返すだけで、太ももの筋肉を鍛えることが可能です。
内側の筋肉は、横向きに寝て、上の足を少し開くように5秒とめます。
これを繰り返していくだけで、十分に対策になるのがポイントです。

曲げ伸ばしがつらい時には、足を延ばして座って、かかとの下にタオルを置き、そのまま膝をゆっくりと曲げるように滑らせてきます。
あとは伸ばすだけで、改善運動ができるのですから、日々の生活に取り入れていくことができるでしょう。

どの方法でも、動かすという意思が大切です。
筋肉を鍛えていくだけで対策になることを考えれば、徐々にでも取り入れていくべきでしょう。
O脚改善といったことにも効果をあげることができますので、ひざ痛で悩んでいるときには、館林たまい接骨院にご相談いただくとともに、生活に取り入れていくべきです。

今年も一年ありがとうございました

院長の日記

今年も一年、皆様方には大変お世話になりました。
本年も残りわずかではありますが、健康には注意し、怪我などをなさらないようにお気を付けください。
寒さもまだまだ続くと思われます。
もしかしたら、雪が降るようなこともないわけではありません。
体にも響きますので、十分にお気を付けいただくよう、お願いいたします。

123

館林たまい接骨院は、新年は4日から営業いたしますので、よろしくお願いいたします。

もしも雪が降ったときの運転は

院長の日記

雪が降ってしまったら

今年も残りが少なくなりましたが、かなり冷え込みも激しくなってきています。
雪が降る可能性も否定できない中、もしもの時には車の運転を考えなければいけないでしょう。
館林たまい接骨院の周辺では、ほとんど雪も降りません。
その中で運転をしなければいけないとなると、とても危険なことが起きてきます。
どんなことが起きるのか、交通事故につながってしまう可能性があるのかということを再認識することで、運転を辞めるという選択も考えることができるでしょう。

たまい接骨院のある館林では、雪にはなれていません。
乗車する際には、慎重な操作をすることが重要になってきます。
自分は大丈夫とおもって考えると、大きな問題になってしまうことが出てくることは覚悟しなければいけません。

まず、車に積もった雪を落とします。
乗せたまま走っている車を見かけますが、突然フロントウィンドウに落ちれば、視界がなくなってしまうでしょう。
後方に落ちれば、後ろからきている車にぶつかります。
非常に危険な状態となることから、注意しなければいけないポイントです。

基本として、走り出したら急な運転は絶対にしないということを忘れてはいけません。
タイヤは冷たい氷の上などでは、正確に路面をとらえることができないからです。
急ハンドルだけではなく、急ブレーキや急加速といったことも避けなければ、すぐに事故につながってしまいます。
非常に危険性の高い状態であると認識し、慎重に運転することが求められるということです。
大きな交通事故になってしまうことからも、スノータイヤを履いていても、危険な状態であるということを認識しましょう。

このような状況で交通事故を起こすと、非常に大きな力がかかることになります。
操作もできなくなり、避けられなくなるからです。
むち打ちなどで済まないようなことも出てきます。
避けられないということで、速度が遅くても大きな事故になりますので、もしも、交通事故にあってけがをしたときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。

路面の状況が大きく変わる

路面はどんな状態なのかを考えます。
滑りやすく状態になっているという認識を崩してはいけませんが、冬の道路は状況がどんどんと変化している状態です。
たまい接骨院のある館林でも、路面が凍ってしまっているときが良くあります。
橋が少ない地域ではありますが、国道354線の小桑原跨線橋のような大きな橋もあるでしょう。
つなぎ目になっている部分には、伸び縮みを吸収するために、鉄の部品が使われて路面に露出しています。
これが凍っていて、滑るということはよく発生する事案です。
不意に滑ってしまうことで、大きな交通事故になってしまうこともあります。
滑るということが念頭にあれば、回避できる部分なのですから、日があたっているかどうかを含めて、よく見ながら運転しなければいけません。

たまい接骨院のある館林で本当によく見かけるのは、車間距離の不足です。
ぶつかってしまえば、前の車は強い衝撃を受けて、むち打ちになってしまうような交通事故になりやすいのは間違いありません。
雪が降ったりすれば、確実に制動距離が伸びていきます。
タイヤが路面をとらえることができないからですが、思うような操作もできなくなってしまう問題も考えるべきでしょう。
止まることができず、曲がることもできないのは、こうした理由があるからです。

雪が降ることによって、路肩が見えなくなることも出てきます。
たまい接骨院のある館林は豪雪地帯ではありませんので、ガードレールが見えなくなるほどはありませんが、縁石は見えなくなるでしょう。
これが、大きな危険をもたらすことになります。
ほんの少しでも運転を誤れば、普段当たらないものにもあたることになるでしょう。
もしも、人のいる方向にでも行けば、大参事も招きます。
できるだけ中央付近を走るようにするだけでも避けることができるのですから、こうした事態が起きることを想定しておかなければいけません。

3倍の距離を取ることの意味を考える

路面の状態から、ブレーキとコーナリングを考えていく必要があるでしょう。
なぜ考えなければいけないのかといえば、タイヤが路面をとらえていないからです。
力が伝わらなくなってしまうということは、車は思っているような動きを見せません。
ブレーキをかけて止まりたくても、タイヤはロックしたまま滑っていくことになります。
雪の中では、こうした状況が起きるため、教習所でもならうポンピングブレーキが有効になりますが、実際にこのような状況でできるわけがありません。
プロドライバーなどではないのですから、瞬時に効果的にできるのは、マンガの世界です。
では、どうするのかといえば、できるだけ余裕を持ってブレーキをかけることを心がければいいということになるでしょう。

ハンドルをきるという操作を考えても、路面の状況が悪い雪が降っていたり積もったりすることが影響します。
止まらないのですから、単純に曲がりません。
曲がらない以上、曲がるようにするのはどうするかを考えなければいけないでしょう。
つまり、タイヤが路面をとらえることができる状態で進むことです。
速度を落とし、できるだけ手前からハンドルを切るようにすれば、それだけ安全に曲がれる可能性が高まります。
十分な減速が必要になりますが、最低でも3倍の距離を取って減速することが基本です。
特に下り坂では、多くの減速が必要になります。
もちろん、3倍ということで考えれば、かなりの距離を必要にするため、速度を出さない運転が求められるでしょう。

最近の車にはABSがついているから大丈夫という人もいますが、とんでもない誤解です。
機械制御でポインピングブレーキの代わりはしてくれますが、結果的に操縦するのは人でしかありません。
過信すれば、当然大きな事故になります。
タイヤがスノータイヤであっても同じです。
止まらない、曲がらない状況を考え、運転をすることを意識していかなければいけないといえるでしょう。
雪が降るということは、運転には大きな障害になることは確かです。

雪が降ったら運転自体を考える

雪が降ることがわかったら、車のワイパーは立てておきましょう。
ゴムが張りついてしまうこともありますし、雪の重みで曲がって使えないことが出てきます。
サイドブレーキも引かないことが鉄則です。
ワイヤーが凍り付いてしまうことがあるため、外せなくなる事体が発生する危険性があります。
マニュアル車であれば、傾斜している方向を見て1速かバックにギアを入れておく、ATならパーキングに入れるだけで対処可能です。
エンジンは切って停車することも考えなければいけません。
寒いからといってかけっぱなしにすると、やがて雪が積もり、排気ガスが車内に入ってしまう事態が考えられます。
雪で通行止めになるようなときには、こうした事故が起きていることを知らなければいけません。
非常に危険なことであり、十分な注意をする必要があります。
スキーに行ったりするときに、仮眠をとるときにも十分な注意をする必要があるでしょう。

たまい接骨院のある館林で、大きな雪が降らない保証もありません。
降るかもしれないと考えておけば、さまざまな対処ができます。
大きな交通事故を起こせば、命取りになる可能性もあるでしょう。
怪我であれば、館林のたまい接骨院で対応することができますが、雪が降ったときには、もう一度運転するべきかを考えてみることが大切です。
それほど、この地方は、雪が降る状況に弱いことを思い出さなければいけません。

寒くなると辛くなってくる肩の痛みの正体は

院長の日記

寒さと肩の痛みの関係

11月を前にして、とても冷え込んできました。
館林たまい接骨院でも、びっくりするほどの気温になっていることがあります。
先日の台風が熱帯低気圧になりながらも発達したことが、極端な冬型を招いたということになりますが、ちょっと冷えすぎです。
こうなると、館林たまい接骨院でも、肩の痛みを訴える方が増えてきます。
風邪などに気をつけるだけではなく、こうした肩の痛みということも、寒さに関係してくるからです。
肩こりがひどいと思われる方は、よく考えておかなければいけません。

大きく分けると、原因は2つに絞られることが見えてきます。
もちろん、外傷を受ける怪我は別として考えていきますが、だれもがわかるところに行きつくはずです。
そのひとつが、血行不良にあります。
寒くなってきたのを感じるはずですが、ここに問題があることを見逃してはいけません。
肩や首には、さまざまな筋肉があり、血管が通って酸素や栄養を運んでいきます。
冷えてくると、筋肉は緊張して耐えようとしますが、この時に血管も圧迫されることになり、血行が悪くなるのが問題です。
そうなると、酸素もいき届きにくくなりますし、血液によって温められるようなこともありません。
さらに悪いことに、筋肉で作られる疲労物質も運び出せなくなります。
そうなると、筋肉はうまく動けなくなり、だるさも感じるようになるでしょう。
これが、神経も圧迫することになり、痛みも起こしてくるようになります。
首筋まで広い筋肉が走っていますが、だんだんと吐き気なども生じるようになり、頭痛を併発するなど、辛い痛みを引き起こす原因です。
館林たまい接骨院でもよく見られるケースであり、この寒さの中で冷やしたりすれば、必然的に起きるでしょう。

人間の体の中でも頭部は最も重い部分です。
当然のことながら、その重みを支えなければならない以上、冷えてしまえば辛い肩こりにつながっていきます。
それだけの筋肉が動いているのですから、冷えないように考えることが必要です。

洋服の着方を考えてみる

もうひとつの原因も、寒さに関係してきます。
それが、寒さによって縮こまるということです。
館林たまい接骨院の周辺でも、かなり寒くなってきました。
そうなると、体は自分自身を守るため、体を小さくして防御しようとします。
これが自然な反応ですが、縮こまって筋肉を収縮させ、震わすことで熱を出そうとするのですから、やはり血行が悪化してしまうことがわかるでしょう。
当然ですが、酸素もいきわたりませんし、疲労物質も流れにくくなります。
強度に緊張させ続けるということは、それだけ肩こりを誘発させる原因です。

同じ態勢を続けるということも、同じような原因になると考えられます。
負担をかけるということでは、重いものを持ち続けたりすることも肩こりを引き起こす原因です。
もちろんですが、冷房によって冷やすことでも起きるため、夏場でも同じようなことが原因となってしまいます。
この時期になれば、たまい接骨院のある館林は風も吹きますし、体を冷やさないような恰好をして悪化しないような対策をすることが、型の痛みを軽減できるともいえるでしょう。

ただし、ここで考えなければいけないのは、服の重みも肩にかかるということです。
そうなれば負担が増えることになりますし、猫背になってしまうことも出てくるでしょう。
体がうまく動かなくなってくるため、当然負担がかかります。
ストレスもかかるようになり、肩こりが加速してしまうということになるでしょう。
冷えないようにするということが、その分の負担になってしまうことも出てくるため、防寒対策はするとしても、血行が悪くならないような配慮が必要です。

つまり、無駄な重ね着は逆効果になってしまいますので、適切な方法を考えていかなければいけません。
インナーは、速乾性と保温性を考えた機能性インナーがいいでしょう。
ただし、こうしたインナーは汗を吸って蒸れなくすることがポイントになってくるため、フィットした物を選ばなければいけません。
次の中間着は、隙間をつくることが重要です。
この空間が暖かな空気を作り出すため、セーターなどが有効でしょう。
フリースも軽くて向いています。

上着は外気の温度を遮断するということが重要です。
枚数を重ねれば効果をあげるというわけではありませんので、ダウンジャケットなどが軽量で効果的です。
ニットやフリース素材もあったかいように見えますが、風を通すことになるため、せっかくの温まった空気を逃がしてしまいますので、注意しなければいけません。
実際に重い上着を着ることによって、肩に負担をかけてしまうことになりますので、できるだけ軽い素材を選ぶことがポイントです。

ストレッチやお風呂で予防と回復

肩の痛みということでは、館林たまい接骨院で施術することで対応できます。
ですが、普段からストレッチをするということで予防することも重要です。
単純なところでは、姿勢が悪化してしまわないように、座ったままの状態から立ち上がるということが基本となるでしょう。
意識して立ち上がり、背筋を伸ばすというだけでも、体が動くことになるため熱を生み出します。
これだけでも、体温が上がり血行も回復します。
ストレスの発散ということでも、効果をあげることができるでしょう。
なかなか立ち上がることができないという人でも、椅子の上で伸びをするだけで違います。
これだけでも肩の痛みの予防になるのですから、繰り返していくべきです。

お風呂で体を暖めるということも大切な方法といえます。
暖かい湯船につかれば、それだけで血管は拡張し血行が回復していき、リラックスもできるでしょう。
ストレス発散にもつながり、肩こりの防止にも役立ちます。
炭酸ガスを使った入浴剤も肩にはメリットがあり、湯の温度が高く感じるはずです。
これが炭酸ガスの持っている力ですので、肩こりがつらいというときにも使ってみるといいでしょう。

こうしたことで普段から対応していくことができます。
それでも、辛い痛みが出てしまうこともあるでしょう。
そんな時には、最新機材のそろっている館林たまい接骨院へいらしてください。
鍼灸での対応も肩の痛みの回復には役立ちますので、早めに施術を始めていきましょう。

11月の夕方の暗さは交通事故に要注意

院長の日記

暗闇から飛び出さないといえるのか

10月も終わりを迎え、だんだんと夕闇が深くなってきました。
館林のたまい接骨院のある前は、交通量が多いこともあってかなり明るいこともありますが、脇を見れば飛び出されてもわからないような薄暗い路地も見えるはずです。
運転している人であれば、まず考えなければいけないことですが、この時間に飛び出してこられたら、今の状態でよけることができるかどうかということになるでしょう。

館林のたまい接骨院から、郵便局の本局のほうへ北上するとします。
1本道いで街灯もありますが、小さな道もいくつかあるでしょう。
交差点の影もあります。
この時期で考えたら、そこから飛び出してきたことを考えなければいけません。
自分が青だから、何か飛び出してこないということは言えないはずです。
飛び出しをするときは、他のことに意識を取られているでしょう。
その時に一体なんkm/hで走っていたら安全だといえるのか、自分の運転を振り返ってみなければいけません。
40km/hだから安全といえるのか、危ないと思ったときには徐行することも必要なのは間違いないでしょう。
もう少し、安全運転の大切さということの認識を改めていくことも必要です。

交通事故が発生しやすい時間帯とは

少し視点を変えて考えてみると、交通事故が発生しやすい時間帯があります。
24時間のうち、交通事故が集中しやすい時間を考えてみると、特に気をつけていかなければいけないことがわかるでしょう。
その時間は、朝の7時~8時と夕方の17時~18時です。
全国平均でもわかることであり、さまざまな統計から判断することができますが、この時間は交通事故が極端に増えてしまいます。

朝方の交通事故の理由を見てみると、通勤時間であるということがわかるでしょう。
特に8時のほうが多くなっているのは、間に合わないと思いスピードをあげる、焦ってしまうということもあげられます。
館林のたまい接骨院の前でも多くの自動車を見かけますが、余裕のない運転が事故を招いてしまっていることは間違いありません。
実際に歩行者としての視点で考えても、焦っていることが多くなります。
信号待ちをせずに無視をしてしまうようなことも見られることから、事故は多くなることは間違いありません。
人の数も多いのですから、安全に気をつけるだけではなく、すぐに止まれるような速度で運転することが求められるでしょう。

夕方ということで見てみると、視認性の問題が大きくかかわってくることは間違いありません。
だんだんと暗くなるということは、明るい余韻が残っているということにもなります。
そうなると、どうしても油断が生じることにもなるでしょう。
視認性が落ちていくのにもかかわらず、そのままにしてしまうことによって、自己の発生確率は高くなります。
これは、歩行者側にも言えることですので、危険性がどんどんと高まっていく時間帯です。
館林のたまい接骨院でも、こうした時間に事故にあってしまった、起こしてしまったという方が非常に多いといえます。

夕方という言ことでは、死亡事故の多発時間帯であるということも見逃すことができません。
視認性が悪化するということがどれほど影響するのかは、運転している人がもっとも実感があるはずですが、認識が遅れることでブレーキも遅れます。
当然のことですが、同じ速度で走っていれば、認識できる時に比べて、衝撃は大きなものになってしまうことはだれにでもわかります。

冬場に事故は発生しやすいということも忘れてはいけません。
月別に見ると、12月にかけて驚異的に増加する月であり、10月11月12月と死亡事故も急激に増加します。
冬に向けて増加するのは、道路状況ということではありません。
どうしても暗くなりやすい時期であり、当時を迎えて明るくなってくる2月などでは交通事故の件数減ってきているのが証拠です。
日没時間が早まることによって、たまい接骨院のある館林でも視認性が落ちます。
早めにライトをつけるだけでも、十分に対策となることを考えると、ドライバーの注意というだけでも事故はかなり防げるということになるでしょう。
見えていませんでしたでは済まないことを考えれば、十分に対策をしていかなければいけません。

車の速度の読み違いも起きる

館林のたまい接骨院でも、冬にかけての18時前後は非常に暗くなります。
この時間に路上に出てみるとわかりますが、かなり暗いと感じることでしょう。
その中で、歩行者がいるかどうかわからないことも出てきます。
安全に注意して走行するということは当然のことではありますが、非常に危険な状況であることを考えておかなければいけません。

実際にさまざまな統計がとられていますが、死亡事故につながるような場合には、車から見て右方向より横断してくるケースが多くなっています。
左側は注意していても、右からは来ないと思い込んでいるということが背景にあるでしょう。
こうした思い込みが大きな事故につながりやすくなるのは間違いありません。

歩行者の心理を見てみると、右から渡ってくるということは、歩行者からは反対車線であるということになります。
車は遠く見えることから、安全であるという勘違いを起こすことがあるのも事実です。
距離を正確に読み取ることができれば、まだ安全である可能性は出てきますが、車との速度を間違えれば、事故につながってしまうのは当然といえます。
それも、冬にかけての夕暮れ時間で考えれば、こうした事故が起きるということは、容易に想像がつくでしょう。

事故を起こしたり遭遇した時に

もしも、事故を起こしてしまったり、遭遇してしまった場合には、2次的な事故にならないように車をよけて、人命救助を最優先とすることが重要です。
けが人の確認と救助をすることが重要であり、後続車などによる事故も防がなければなりません。
どういった怪我をしているのかを確認し、救急車を呼ぶことが大切です。
仮に外傷がなくても、あとから出てくることがあります。

次に警察への連絡です。
交通事故の内容と場所を伝えることが重要であり、できれば加害者が通報するということが必要といえます。
自分で事故現場を記録するということも必要です。
メモを取っておくだけでも、今後が変わってきます。

ここで、相手の身元の確認をしましょう。
事故の情報を集めるということにもなりますので、相手の身元と状況を正確に確認しなければいけません。
目撃者も確保してから、保険会社に通知します。

自分自身の怪我にもよりますが、館林のたまい接骨院をはじめ、診断を受けることが重要です。
特に頭部を売った形跡がある場合には、すぐに病院にかかる必要があります。
むち打ちなどであれば、館林のたまい接骨院にご連絡ください。

だいたいの流れとしては、こうしたかたちになってきます。
保険請求もしなくてはならなくなりますので、その場で示談をしたりするのではなく、必ず警察と保険会社を通すことが重要です。
相手の治療費などの問題も出てきますので、しっかりと決めるということを考えなければいけません。
館林のたまい接骨院でも、さまざまな対応が可能ですので、加害者被害者を問わず、怪我をしたときにはご来院ください。
当然ですが、自賠責保険も使用することができますので、被害に遭われた方をご紹介いただくといったかたちも可能です。

いろいろな原因がある首の痛み

院長の日記

日常的に出てきやすい首の痛み

日常的な問題として、首が痛いということはありえることでしょう。
長く痛みが続いているという人は、すぐに館林のたまい接骨院お越しいただきたいところではありますが、どんなことが問題になるのかということから考えていかなければいけません。
肩こりが問題だと思ったら、実はもっと大きな原因が隠れていることもあるからです。
早めに施術をしていくことが一番ですが、市販のシップを貼っていればいいといった甘い考えは、早々にやめた方が確実といえるでしょう。

多くの原因が存在し、かなり危ないものまであります。
館林たまい接骨院で施術できないものまで存在することを考えておくことも重要です。
一般的な考え方からいけば、肩こりなどを原因とする場合、筋肉量が少ないほうが症状は出ます。
人間の頭部は、体全体から見て最も重い部分であり、それを支える首の痛みは、相当なものであることがわかるでしょう。
側面の筋から傷みが出るようになり、頭の付け根に広がっていくのは当然です。
疲労ということも含めて考えていけば、長時間同じ姿勢でい続けるような人のほうが症状はひどくなると考えるべきといえます。

PCによるデスクワークは、職業病といえるようなレベルです。
これは、避けられない部分もありますが、スマートフォンの使用による問題は、避けることができるでしょう。
眼精疲労や腕の疲れでも発生してくることになるため、体全体にダメージが出るようになります。
仕事中の場合には、できるだけ席を立つような機会を作り動くだけでも違いますし、筋肉を緩めるようにしていくことが、対策として重要になってくるでしょう。

こうした症状を抱えたままでは、仕事に支障が出てくることになります。
対応することが難しいだけではなく、辛い痛みを抱えているときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。

ヘルニアや狭窄症などの原因がある

館林たまい接骨院で施術することが適切な原因があります。
首の痛みといっても、非常にいろいろな症状が見られますが、首の骨に原因があるようなときには、特に早い段階で館林たまい接骨院で施術していくことが重要です。
そのひとつとして、頸椎椎間板ヘルニアがあげられます。
頸椎以外にも存在しますが、骨と骨の間には、椎間板と呼ばれるクッションが存在していることが重要です。
この軟骨部分がつぶれてしまうだけではなく、内容物が外に出てしまうような状態が椎間板ヘルニアと呼ばれる状態であり、痛みが出てくることが多くみられます。
他にも胸椎や腰椎でも起きる可能性があり、その場所によって呼び名が異なりますが、基本的な問題点は同じです。

ヘルニアになってしまって首の痛みが出るようなときは、起き上がれないほどの痛みが出てくることさえあります。
椎間板が神経を圧迫するということになるため、手足などにしびれが出てしまい、辛い症状になることもあるのは要注意です。

脊柱管狭窄症も同じように首の痛みが発するようになる病気といえます。
首だけではなく、背骨や椎間板、関節や靭帯などに神経が通る脊柱管がありまますが、これが何らかの原因によって狭くなるのが狭窄症です。
神経を圧迫することになるのですから、当然しびれなどが出てきます。
首の痛みだけではなく、他の部分にも発生することがあるため、気を抜くことはできません。

狭窄症とは少々違いがありますが、年齢とともに変形してしまうのが変形性頚椎症です。
首の痛みになりやすいものであり、さまざまな部分に痛みが出てくることがあります。
肩の凝りがおかしいと思っていたら、実は神経を圧迫している状態であるということも出てくるのが問題点です。
加齢が原因だとしても、痛みが出ることには変わりがありません。
特に背部痛がひどい場合には、変形性頚椎症の疑いがかかるといえるでしょう。
個人差があるため、何歳になったら現れるのかといったことも決まりがあるわけではありませんが、椎間関節や筋肉などの組織に問題があることもあります。
痛みに気が付いたら、とにかく早い段階で館林のたまい接骨院にお越しください。
施術を早めに開始することができれば、それだけ楽にすることができます。

女子に多く見られる側弯症

首の痛みを生じてしまう原因のひとつとして、側弯症もあります。
館林たまい接骨院でも見られることですが、原因がよくわからないといったことが8割にも及ぶのが特徴です。
先天性の場合もありますが、ほとんどは突発性側弯症といえます。
これが問題で、神経系に異常を発してしまうことになり、首の痛みを訴えることも原因のひとつです。

館林たまい接骨院でも、女子の場合がとても多く、男子の5倍以上にもなりますが、まったく起こらないというわけではないということが重要といえます。
女子といういい方でもわかる通り、後発年齢は思春期であることが多いのも特徴です。
小学生から中学生の時に多く見られます。
他の年代でも見られることがありますが、圧倒的に多いと考えて間違いありません。
問題は、予防するのが難しいということです。
何が原因で発症するのかもわかっておらず、痛みが出て気が付くということも少なくありません。

鞄などの持ち方で変形するということも考えられていましたが、専門領域から見た場合にはほとんど関係がないといえます。
日常生活の姿勢も気にすることは重要ですが、これで予防することができるわけではなく、進行を防ぐことができる程度です。
カルシウムも対策にはなりますが、これで直ったりすることはありません。
それよりも、できるだけ早い段階で館林たまい接骨院にご来院ください。
施術を通して対策をしていくことが、首の痛みだけではなく、側弯症の対策にもなってくるからです。

むち打ち症による首の痛み

首の痛みがあとから現れてくる場合、むち打ち症ということもあります。
交通事故によってなることが多いのがむち打ち症です。
事故の衝撃によって、体が先に動き出し、そのあとに首から上の頭部がむちのようにしなりながらついてくるというのがそのプロセスになります。
首が支えていれば問題はありませんが、強い衝撃には耐えることができません。
その上、加速度的な動きを見せることになり、強い衝撃を首に与えてしまいます。
この時に、頸椎を挫傷してしまうことによって引き起こされるのがむち打ち症です。

むち打ち症ということは、強い衝撃が必要になることからも、館林たまい接骨院で辛い症状を訴える方が多い特徴を持っています。
ところが、事故当日などにはそんな症状を感じなくてもあとから出てくることも少なくありません。
館林たまい接骨院の実際の症例としても、多いのはなぜかということを考えておくことが必要です。

人間の筋肉は、強い衝撃に耐えようとすると、収縮させて対抗しようとします。
体を守るためですが、これでダメージを減らそうとするところが重要です。
もちろん、ダメージを受けてしまうことには変わりはなく、その時には痛みを感じないことが出てきます。
これが、時間とともに緩んでいき、あとからダメージを感じるようになるというのが、ひとつのプロセスとなっているところがポイントです。
つまり、事故が起きた時には、ダメージを受けていてもわからず、あとから出てくることがあるということになります。

もうひとつの考え方として、緊張も外せないポイントです。
事故が起きた瞬間には、体は必ず緊張しているでしょう。
この時にも、筋肉は収縮し、さまざまなストレスから耐えられるように身構えます。
外敵にもいろいろなストレスがかかってくることになりますが、これから耐えられるようにしていくことで守る防衛本能といえるでしょう。
時間とともに緩くなっていき、通常と同じ状態に戻っていきますが、体はダメージを受けていることには違いがありません。
緊張が解けていくとともに、全身に痛みを感じたりするのも、こうした防衛本能による部分です。
首へのダメージに関しても、時間とともに緩くなっていき、感じるようになるため、数日後に痛みが出てくることがあります。

重要なことは、交通事故にあったら、速やかに施術を開始するということです。
ダメージを受けていることには変わりがなく、それが時間とともにわかってくるということだけですので、時間をあけるのは危険といえます。
さらに、保険などの問題も出てくるでしょう。
あとから本当に痛みを訴えても、それが問題になることが出てきます。
整形外科では、診断が下せないことも出てきますので、早期に館林たまい接骨院にお越しください。

日本人の大半が悩む腰痛の問題

院長の日記

クーラーで出てくる腰痛とは

この時期になると、腰が痛いということが起きてきます。
暖かい日が続き、今日のように寒い日になってくると、突然襲ってくるという人も多いでしょう。
館林たまい接骨院にも大勢いらっしゃります。
その原因のひとつとしてクーラーがあることは間違いありません。
ですが、なぜクーラーが問題なのか、その理由から考えていかなければいけないでしょう。

クーラーが問題になるのは、単純なことですが体が冷えるからです。
暑いのですから、体を冷やせばいいと思うのは当然でしょう。
しかし、体は冷え続けることに耐えられるというわけではありません。
特に必要以上に冷やしてしまうというのが問題点です。
体が冷えてしまうことになると、血行が悪化してしまうことになるでしょう。
全身の血行が悪化するようになると、疲労は回復できなくなり、全身をめぐり溜まりやすいところに行くことになります。
そのひとつが腰であり、大きな問題になってきます。

実際に仕事をしているときなどは、座っていることが多いでしょう。
どうしても、腰に負担がかかる時間が長くなってしまいます。
これは、冷房がかかっているいない関わらず負担はかかっているということです。
これがだんだんと積み重なっていき、秋になってくると吹出してくることになるのが、この時期の腰痛といえます。

こうした辛い腰痛対策としては、できるだけ温めておくということが重要です。
腰周りを冷やさないようにしておくだけでも、効果をあげることができますので、ブランケットのようなものをまいておくといいでしょう。
なぜこれが効果をあげるのかといえば、温めることで筋肉の緊張が取れるようになり、血行を回復させることができるからです。
体を冷やさないようにするということで、温かいものを飲むというのも対策になります。
体の中を冷やせば、当然のことですが、周辺にある筋肉も冷えて血行が下がるため、腰痛の原因を作り出してしまうことになるからです。
たまい接骨院のある館林でも、これから冷え込んでくることを考えると、温かいものを飲んでいくというのは、そこまで辛いことでもないでしょう。

腰痛は温めるか冷やすのか

腰痛ということでは、多数の方が館林たまい接骨院にいらっしゃいます。
実は日本の国民病とも呼ばれているのが腰痛だからです。
その総数は2,800万人ともいわれるほどで、驚くほど多数の人がつらい思いをしているといえるでしょう。
簡単に治るものではないということも、多くの人が悩んでいるポイントです。
いろいろと対策が講じられているかもしれませんが、正確に考えていかなければ、回復はしないと考えていかなければいけません。
そのためにも、痛みが出たら、すぐに館林たまい接骨院にご相談ください。

腰痛の種類ということでは、クーラーによるような痛みだけではありません。
痛みの総称として使われますが、内容はばらばらであるということを忘れてはいけないでしょう。
症状などでも違いますし、当然期間も変わってきます。
ぎっくり腰では、急性期にはまず冷やさなければいけませんし、慢性化してきた場合には温めることが必要です。
どちらの対応が正しいのかといえば、熱を出しているのであれば冷やす、冷えているのであれば暖めなければいけません。
クーラーで冷やしたのであれば、温めていくことが重要であるといえるでしょう。

辛い椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアも、辛い腰痛のひとつです。
さまざまな原因が存在し、問題が多岐にわたることも少なくありません。
腰椎椎間板が、正しい位置からずれてしまい、神経を圧迫することによって発症するところが問題ですが、実は腰痛の原因にならないこともあります。
神経を圧迫していることが椎間板ヘルニアではなく、腰椎椎間板がずれていることが原因だからです。
そのため、強い症状が出ないこともありますが、実はその周囲の筋肉が炎症を起こす筋膜性腰痛であるということも出てきます。

発症には遺伝子要因や加齢といった問題がありますが、環境が問題になっているということも重要です。
例えば、ずっとデスクワークを続けるというような状況は、姿勢を崩してしまい、筋肉のバランスを崩したことで椎間板ヘルニアを引き起こすということが出てきます。
筋肉のバランスが崩れていたりすることもありますし、座り方によって負担がかかっていることも考えられるため、その部分を改善していかなければいけません。
館林たまい接骨院でのアプローチということも、こうした面から考えていくことになります。
だからこそ、見た目だけで判断することはできず、日常生活の中で何が起きているのか、ヒアリングをしていかなければいけないといえるでしょう。

腰椎分離症と腰椎すべり症

スポーツをしている場合には、腰椎分離症もあります。
よくわからないけど腰が痛いといったことが多い中で、中高生などでスポーツをしている場合に起こりやすいかたちです。
成長期に多いことがわかっており、原因もはっきりしていますが、まだ若い年代では腰痛自体の認識が遅れてしまうため、発見できずに対処が遅れることがあります。
そのため、異変を認識した場合には、できるだけ早く対応することが重要です。

基本としてあるのは、オーバーユースということになるのが特徴といえます。
高齢になると、椎間板や靭帯の劣化ということも原因となることも重要でしょう。
腰椎の椎弓根部で起きる腰痛で、本来連続性を維持していなければいけない部分が分離してしまったことで痛みを起こします。
もっと端的に表現した場合には、骨折していると考えてもいいでしょう。
旋回や前屈、後屈を良くおこなうスポーツで起きやすい特徴もあります。
野球やゴルフはよく知られているところですが、バスケットボールやバレーボールでも起きている例があり、柔道のようなコンタクトスポーツでもみられることがあります。
非常に多くのスポーツで見られる症状ですが、筋力の低さが原因になっていることが多いともいえるでしょう。
衝撃で起きるのではなく、負担をかけた動作を繰り返したことが問題のため、休息をとりながらケアをすることで予防ができます。

安静にすることが一番であり、館林たまい接骨院で筋肉のケアもしていくことが早期回復を目指す方法です。
年齢的にすぐに動きたくなるかもしれませんが、そうなると再発する可能性が高まります。
大人が面倒見てあげなければいけない問題でもあり、筋力の強化とともにできるだけ負担がかからない状態を作り出してあげなければいけないといえるでしょう。
リハビリも重要になってきますので、館林たまい接骨院にご相談ください。
悪化させてしまうと、腰椎すべり症になってしまい、さらに重症化する可能性があるからです。

腰椎すべり症とは、腰椎分離症から骨が滑ってずれてしまうことが原因です。
腰痛はさらに激化し、激痛が出るようになります。
血管や神経の圧迫が見られるようになり、手足にしびれも発症することになるため、早期の対策をしていかなければいけません。
姿勢の崩れなども原因となってきますが、リスクを上昇させないように工夫することはいくらでもできるでしょう。
怖いのは、一生抱えるかもしれないということです。
早めに対処することによって対策も講じられますので、館林たまい接骨院にご相談いただき、無理をしないようにして回復させていかなければいけません。
実際に手術をするという例もありますが、大半は保存療法で対応することができます。
体全体で見ていかなければいけないため、早めに対応を始めていきましょう。

入浴や軽いジョギングも

さまざまな腰痛がありますが、日常からケアをしていくことが大切です。
筋肉の問題が多くみられることから、入浴をするというのもいいでしょう。
血行改善を考えることができるため、湯船に入って体を温めるというのは、効果的な対処となってきます。
ですが、長い時間はいると、体に負担をかけてしまうため、半身浴をするといいでしょう。
シャワーで済ませてしまうという人の中で、腰痛に悩まされているのであれば試してみるだけでも効果をあげられることがあります。

有酸素運動も効果をあげるため、軽いジョギングをするというのも腰痛改善に一役買ってくれる方法です。
ただし、腰痛の状態によっては逆効果になるため、館林たまい接骨院で診断を受けた後に考えると間違いはありません。
ウォーキングだけでも効果をあげられるため、無理をしないで対応していきましょう。

運動の秋に気を付けたい怪我の予防方法

院長の日記

秋だからこその運動中の怪我

たまい接骨院のある館林でも、急激に寒さも増してきました。
先日まではクーラー必須だったのに、急に長袖を出してきた方も多いでしょう。
秋になったんだなと感じる瞬間でもありますが、運動するにはいい季節になってきたといえます。
ですが、この季節だからこそ、いろいろなことも考えていかなければいけません。

秋はスポーツの秋とも呼びますが、厳しい暑さがなくなったことがポイントです。
運動会なども増えますし、それに伴って親子で運動するということも出てきます。
部活などもかなり活性化する時期ではありますが、それだけに怪我ということも考えていかなければいけません。
全般的に言えることですが、涼しくなったから運動をするということでは、かなり体が訛っているということもあります。
そのままでは負荷に耐えられないようなことも出てくることは忘れてはいけません。
子供たちも、急激にピッチを上げた運動をしていけば、それだけ負担がかかり怪我をするということが出てきます。
少しでも異変を感じた時には、すぐに館林たまい接骨院にいらしていただくのが一番です。
それよりも、怪我をしないようにするということを心掛けていかなければいけないでしょう。

昔のことは幻想でしかない

秋口に体を動かして怪我をする理由のひとつが、昔は動けたのにという言葉に隠れています。
昔取った杵柄という言葉がありますが、あくまでも昔なのです。
同じように動いてみたら、大けがをしたということも出てきますが、今は昔ではないということを忘れてはいけないでしょう。
この勘違いが、大きな怪我を生み出します。

子供たちとの運動会ということを考えても、昔とはかなり異なることでしょう。
普段から動いている子供たちは、体も動けますが、仕事中心の大人ともなれば、イメージとのギャップが出てきます。
ギャップが存在することで、足がついてくるはずなのに、実は全く上がっていなかったりして点灯するようなことが出てくるのです。
当然のことですが、大きな負荷をかけるということにつながり、怪我をしてしまうことが出てきます。
館林のたまい接骨院でも施術することができる打撲やねんざ、肉離れといったことは、こうしたプロセスで生まれてくるといえるでしょう。
よく見かけるケースではありますが、重症化してしまうと、手首を骨折したりするような例もあります。
冗談かと思うようなことですが、昔とは違うということを認識しなければいけません。

ストレッチからスタートする

怪我を防ぐためにはどうしたらいいかを考えていかなければいけません。
子供たちでも同様ですので、部活を頑張っているような場合にも対策になっていくでしょう。

原因から考えていかなければいけませんが、子供たちも含め体が硬くなってしまっているという状況は怪我を誘発します。
館林たまい接骨院でも見かけることですが、柔軟性を失ってしまうと、怪我は多くなるのは間違いありません。
そこで、日常的にストレッチを繰り返していくということが重要です。
部活の前にやっているようなことも、できるだけ入念にするということが必要で、日常的におこなうことによって柔軟な筋肉を手に入れることができるようになります。
足の曲げ伸ばしから始め、上背部や頸部を伸ばすことでも体は柔らかくなっていくため、少しずつでも繰り返していくことが重要です。
さまざまな方法がありますが、この時に呼吸を止めてはいけません。
有酸素運動にすることも重要で、20秒から30秒のあいだ、ゆっくりと伸ばしていくことが重要です。
その時に、筋肉が伸びていることがわかるはずですので、意識しながら行っていくといいでしょう。
子供たちの中には、反動をつけて伸ばす様子が見て取れますが、これは逆効果です。
ゆっくりで構わないため、意識をしながら伸ばしていくだけで、かなりの違いを生むことができます。
館林たまい接骨院での指導もできますので、どうしたらいいのかわからないときにはお聞きください。

服装も怪我の予防のひとつ

ストレッチも重要ですが、運動するときには、それなりのかっこうがあります。
かっこうから入るということではなく、負担がかからないようにするということが重要です。
服装を軽んじてしまう傾向もありますが、非常に危険なことです。
運動をする以上、体を動かすことができるような服装を考えなければいけません。
ストレッチ性のある素材を使ったものを選んだりするだけでも、膝やひじに負担をかけないようにすることができます。
そうなれば、転倒することも少なくすることができるでしょう。

靴も同じです。
あっていない靴を履けば、転倒することも出てきますし、体に強い負担をかけます。
クッション性の低い靴を履けば、それだけ膝にも腰にも負担をかけることになるため、捻挫をしたり肉離れをしたりすることも考えられるでしょう。
ほんの少し考えればわかることですが、とりあえず何でもいいと考えてしまうことも出てくることが非常に危険です。
クッション性が低いということだけではなく、ソールの形状なども重要になってきます。
運動をする場所によっては、靴が合わなければ滑ってしまうことが出てくるでしょう。
これだけでも肉離れの危険が高まります。
テニスのようにコートによっては使うことができない靴もありますので、必ずあったものを選択しなければいけません。
怪我をするということだけでも危険ですので、何か違和感があった場合には、すぐに館林のたまい接骨院にお越しください。

いつから運動できるかを自己判断しないこと

肉離れということをもう少ししっかりととらえなければいけないでしょう。
単なる怪我として考えることもできますが、実は非常に痛みが伴い重症化すると出血も見られます。
改善できるようになるまで時間がかかりますし、運動をするだけで強い痛みがでるため、非常につらい思いをすることになる怪我です。

実際に館林たまい接骨院で施術することによって回復を早めることができますが、まずは安静にして痛みが引くまで様子を見ることも必要になります。
これが問題で、復帰するまでの時間がはっきりとしないため、イライラすることも出てくるでしょう。
実際にわかりにくいのも確かです。
ですが、内部では筋繊維が傷んでいる状態ですので、これが回復できなければリスクが付きまといます。
すぐに再発することも出てきますので、重症度を判断して、本当にどの程度で回復できるのかを認識する必要があるため、まずは館林たまい接骨院にお越しください。
そこから、いったいいつぐらいに回復できるのか、現状の状態の判断もできるようになります。
判断としては、ストレッチをしたときの痛みというものがあります。
角度によって判断することができるため、どの程度なのかを館林たまい接骨院で見付けましょう。
癖になってしまうようなこともありますので、そうならないようにするためにも、しっかりとした方法で回復を目指すことが必要です。

クールダウンも考えていく

怪我をするということでは、運動前に体を温めるストレッチだけではなく、運動後にもケアすることが重要です。
運動をした後でも、体を動かさなくなるわけではないでしょう。
どこかの運動場で楽しんだ後に帰るかもしれません。
家にいる間に怪我をするという可能性もあるからです。

普段動かしていないような人だけではなく、運動もしているような部活の学生さんたちも同じように考え、運動後にストレッチすることが大切になってきます。
運動をした直後には、必ず疲労物質がたまっている状態です。
自分で思っていなくても、あとで疲れたなと思うことがあるでしょう。
これを筋肉の中にそのままにしておくのが問題です。
そこで、予防していくためにも、運動後に運動前と同様にストレッチを繰り返していきます。
何か難しいことをする必要はなく、簡単なことを繰り返していくだけでも影響してきますので、そのままにしないことが大切です。
徐々に普段の体の状態に戻っていくようになり、疲労物質は流れていきます。
体の負担を減らすことができますので、地味なことですが必ず行いましょう。

これでも怪我をゼロにすることができるわけではありません。
ですが、大きな怪我を少しでも予防することができるようになるのですから、取り組んでいく価値はあります。
館林たまい接骨院でも、指導することができますので、怪我をしないような体作りも考えていきましょう。

« 古い記事