館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

運動不足から引き起こされる腰痛と対策

院長の日記

自粛期間から変わる働き方

コロナウイルスによる自粛あけは、たまい接骨院ある館林でも徐々に進んでいます。
それでも在宅勤務ができるようなシステムを構築したところは、継続しているところも少なくありません。
コロナウイルスの第二波も予測される中、働き方もかなり変化してきたと言っていいでしょう。

その中で、体を動かす機会が極端に減ってしまった問題を見逃してはいけません。
外出自粛要請がかかる中、家の中で過ごしていると同じ姿勢をとり続けるという問題が出てきます。
本来であれば車や電車で移動して、歩きながらでも会社に出社しているはずです。
様々な状況の中で体を動かしていきますが、テレワークなどになると極端に機会が減少してしまっています。

全く体を動かさない状況の中で同じ姿勢を取りながらパソコンの前にいたりすると、急激に腰痛を起こしたりするケースが出てくるのです。
館林たまい接骨院でも対応をしていますが、働き方も変わってきた現在では、十分に注意しなければいけない状態と言えるようになりました。

筋肉性の腰痛を考える

腰痛が起こることの原因の一つとして、筋肉性腰痛が挙げられます。
単純に言えば筋肉痛ですが、同じ姿勢を取り続けたことによって、筋肉が緊張し続けてしまい、疲労を抱え限界を超えた状態です。
筋肉に炎症が発生している状態ですが、休ませれば回復する可能性が出てきます。
それ以上続けてしまうと、 炎症の範囲も広がりますし、ダメージも大きくなりさらにひどい痛みを発する可能性が出てくるのです。

わかりやすい痛みとなり、ピンポイントで見つけられるのも特徴ではありますが、テレワークになると休めない状況も生まれてきます。
パソコンの前で座り続けたから腰が痛いと言えるほど、仕事も甘くないのが当然です。
定期的に体を動かして、筋肉の疲労を抜いてあげる必要がありますが、気がつかずに過ごしている人も多いでしょう。
ストレッチをするだけでも疲労物質を流してあげられるため、かなりの違いが出てきます。
もしも、痛みが強く出てきてしまった時には、できるだけ早く館林たまい接骨院にお越しください。
適切な施術を早めに行えば、ダメージも抑えられます。
時間が経てば経つほど辛い思いが募ってきますので、早めに対処していきましょう。

腰痛予防には運動が重要

腰痛という問題は、今後の社会的な問題として抱えていかなければいけなくなります。
運動不足が大きな引き金となりますが、スポーツジムなどにも行きにくいといった状況もあるでしょう。
最近では、インターネットを使ったオンラインでの指導を行っているところもあります。
YouTubeなどにトレーニングの動画が上がっているところもありますのでうまく活用するといいでしょう。

このような腰痛を予防するためには、運動療法が効果的なことは多くの論文からも読み取って行けます。
特に体幹筋力の強化が重要で、在宅で仕事をしている間に知らず知らずのうちに衰えを見せてしまっているからです。

腰痛の多くは、原因がはっきりしない非特異的腰痛として分類されています。
筋肉の疲労などもはっきりと見て取れるわけではなく、原因がわからないことがほとんどなのです。
痛いという事実には変わりがないのですから、予防策も重要ですし早めに館林たまい接骨院にお越し頂きたいそうするという方法も取って来ましょう。

子供たちの怪我:部活が始まって怪我をする

院長の日記

自粛期間明けの子供たちの部活

たまい接骨院ある館林でも、 子供達の学校の生活が徐々に戻りつつあります。
ただし、コロナウイルスの第二波も予測される中、正常な状態に戻るまでにはまだまだ時間がかかるはずです。
このような状況の中でも、部活が始まれば体を動かす機会が増えていきます。

問題は、 このような状況に対しても体が機能するかどうかです。
外出自粛期間中に体を動かしていれば、いざ部活が始まっても対応できるでしょう。
しかし、全くトレーニングをしていなかった場合には、軽く走るだけでも息が上がり、ついていけない状況が生まれてきます。
身体全体の筋力が落ち、持久力の減少も見られるはずです。
このような状況の中で危険なことは、怪我をしてしまう可能性なのを忘れてはいけません。
子供たちがこれまで通り同じように動けると思っていたら、大きな間違いをしている可能性があるのです。

生活リズムの変化と睡眠時間

怪我をしやすい状況に陥っている子供たちを判別する方法の一つとして、生活リズムが挙げられます。
自粛期間中は、本来であれば勉強したりしていなければいけませんが、学校に通っていた頃と同じような生活リズムになっているとは限りません。
家庭にいるだけでも生活リズムが狂ってきますが、部活の運動習慣も大きく変わってしまったはずです。

朝練があるような部活であれば、早めに就寝するような癖がついていたでしょう。
そうでなければ、朝起きられませんし、体を動かす時にも辛い思いをします。
だからこそ、一定のリズムがついていたはずですが、元に戻っていない状況の中で体を動かせば怪我をする可能性はどんどんと高まるのです。
特に注意しなければいけないのは睡眠不足で、子供たち自身がコントロールできない可能性も出てきます。
睡眠不足になると体の反射も遅れるようになり、動きも鈍ります。
疲労もたまりやすく回復しにくくなるため、生活のリズムを戻してあげる必要があるでしょう。
年齢が上がってくるとなかなか話を聞いてくれないといった状況も生まれますが、大きな怪我をしてしまう前にただしてあげる必要があるのです。

体重の急激な増加

もう一つ注目しなければいけないのが、体重の増加です。
体重が増加するというのは、部活をしていれば消費していたカロリーがなくなってしまうところに注目しなければいけません。
食べ盛りの子供たちは、普段と同じように食事を続けてきます。
ところが、部活動などで体を動かしていない以上、家庭にいる間に消費できるカロリーは格段に落ち込んでいる状況なのです。
ゆっくりと体重が増加していくのであれば、体も成長に合わせて変化に対応していきます。
ところが、自粛期間中のような状態は短期間で体重が増加するため、足首やひざなどの関節がついてきません。
非常に負担がかかる状況の中、部活を始めたりして、硬いアスファルトの上などでランニングをすれば、あっという間に限界を超えてしまうのです。
食べるようのコントロールは、子供たちではなかなかできることではありません。
大人がしっかりと見てあげて、急激な変化が生まれないようにしてあげる義務があると言ってもいいでしょう。

このような身体の変化で怪我をした場合には、回復までに長引く可能性が出てきます。
成長している中での怪我となるため、大きなダメージを残す可能性もゼロではありません。
できるだけ早く館林たまい接骨院にお越しいただきご相談ください。

梅雨時期に増える交通事故のケースと速度

院長の日記

梅雨に入って増えてくる交通事故のケース

たまい接骨院のある館林でも梅雨に入っています。
なんだか梅雨らしくない天気も続いてはいますが、それでもしとしと雨が降る日も悪い、 今が梅雨なんだと感じさせてくれる日もあるはずです

その中で安全運転をするというのはとても大事な季節になってきます。
普段から安全運転を心がけることは、運転手の義務として当然ですが、もしも怪我をしさせてしまったりした時には大きな問題になるからです。
6月のこの時期の梅雨の問題として、雨の日の荷台交通事故原因があることを知らなければいけません、
その二つとは”スリップによる事故”と”見えないことによる事故”です。

雨の日はタイヤのグリップ能力が落ち、 簡単に止まれなくなります。
減速できない状態につながりますが、危険だと感じてもそのまま止まれずに車が進んでしまうのです。

もう一つ見えないことによる事故は、 雨による視界不良が問題となります。
目の前に危険が迫っているとしても、その状況に気が付かない可能性が高い時期なのです。
このような事故原因があるというのは、 運転手として知らなければいけない問題といえるでしょう。

安全のためにはスピードを出さないことがポイント

二つの事故原因が絡みやすいの6月の梅雨時期ですが、少しでも事故につながる原因を回避する方法があります。
そのポイントとなるのは、スピードを出さないことです。
館林たまい接骨院において、交通事故の施術を行ってはおりますが、原因の多くはスピードに関わるのは間違いありません。

雨の日にはタイヤのグリップ能力は落ち、 普段は止まれるような速度で止まれなくなります。
雪が降っていれば感覚として止まれないと考えますが、雨では普段と変わらないと思ってしまうのが危険なポイントです。
止まれないのであれば、止まれる速度までを落として走っていれば安全な領域となるでしょう。
特にカーブでスリップするような事故が起きるのは、過信してしまっているからです。
速度を出してカーブに進入すれば、曲がる時には強い力がかかります。
ブレーキを踏むとしても、 直線で踏んでいれば安全に減速できるのです。
だからといって、カーブの出口で急にアクセルを踏めば車はコントロールを失ってしまいます。
急激な操作は しないのが雨の日の大原則になるでしょう。
そのためには普段から速度を出さないように運転しなければいけません。

視界が悪く見えないのであれば、速度を落としていれば危険に気がついたときも止まれる可能性が高まります。
無理な追い越しや車線変更をすれば、視界から入ってくる情報が少ない状態で運転しなければいけません。
それだけ危険性が高まるため、できる限り安全な状態を確認した上で、必要以上の速度を上げずに運転する必要があります。

夜間の歩行者の見落としという問題も気をつけなければいけません。
雨が降っている中で夜の視界はさらに落ちていきます。
この状況下で普段と同じような速度を出していれば、発見が遅れ停車距離が延びます。
そのぶんだけ事故の危険性が高まるのですから、最初から速度を出さないというのがポイントです。

交通事故に関する怪我の施術を行っています

館林たまい接骨院では、交通事故に関する怪我の施術を行っております。
Tamai Bone Setter Clinic in Tatebayashi treats injuries in traffic accidents.
日本人だけではなく外国籍の方でも、自由診療を始め選択肢が色々とありますのでまずはお越しください。
Foreigners also have various treatment options, so please contact us first.

交通事故の怪我は時間とともに悪化する可能性が高まります。
Injuries from traffic accidents are more likely to get worse over time.
受傷した段階では、体が緊張しており気が付かない可能性があるからです。
When you are injured, your body may be so tense that you may not notice it.
筋肉の緊張が解けてくるとその衝撃の大きさに気がつきますが、保険でもマイナスのイメージがつきやすく、早めに施術を始めるのが大切なポイントとなるのです。
You will notice the effects when muscle tension is released.
It is important to start treatment early.

たまい接骨院の外国人の方への取り組みEfforts for foreigners of Taimai bonesetter’s clinic

院長の日記

片言ですが外語の対応もしています

館林のたまい接骨院では、様々な国の方の施術も行なっています。
The Tatebayashi’s Tamai bonesetter’s clinic also offers treatments to people from various countries.

女性院長が施術するという面でも、女性でも安心です。
It is safe for women as the female director will perform the operation.

交通事故などの場合、外国人で日本語が通じないと言うだけでも、困ってしまうことが出てくるでしょう。
In case of a traffic accident, it may be troublesome to say that a foreigner cannot speak Japanese.

そんな時でも、 片言ではありますが、様々な言葉を理解しようといたしますので、 そのままにすることなくまずはお越しください。
Even in such a case, it is a simple word, but I will try to understand various words, so please come early.

痛いという場所が分かれば、 そのまま回復できるように施術をスタートします。
Start the procedure so that you can determine where the pain and recover.

外国の方でも安心できるように

日本にも様々な国の方々がいらっしゃり、言語も多様化してきました。
There are people from various countries in Japan, and their languages ​​are diversifying.

館林のたまい接骨院では、基礎的な英語程度しかできませんが、 出来る限り理解できるように努めております。
At Tatebayashi’s Tamai bonesetter’s clinic, we can only speak basic English, but we try to understand as much as possible.

もし言葉が通じないようなことがあれば、イラストで書いていただいても結構です。
If you can’t understand the language, you can write it in an illustration.

絵で書いていただけるだけで、痛い場所や状態なども把握し、 施術をしていきます。
Just by drawing a picture, we will understand the painful place and condition and perform the Treatment.

腰が痛いと言ったことから、打撲や骨折 といった症状まで接骨院では対応しています。
From the pain in the lower back to symptoms such as bruises and fractures, the bonesetter’s clinic handles it.

怪我をしたままでは、観光も生活も楽しいものではなくなってしまうでしょう。
If you are injured, sightseeing and life will not be fun.

そのような痛みを抱えて生活する必要はありません。
You don’t have to live with such pain.

女性の院長ですので、宗教上男性に触れられては困る方でも安心です。
プライバシーに配慮した設計ともなっていますので安心してお越しください。
Since I am a female director, it is safe for those who have trouble religiously touching men.
It’s designed with privacy in mind, so don’t worry.

コロナ対策も続けています

館林のたまい接骨院では、コロナ対策を継続して行なっております。
Tatebayashi’s Tamai bonesetter’s clinic is continuing measures against coronavirus.

安心して施術を受けられるような環境づくりを徹底しておりますので、痛いと思ったときにはまずはご相談にお越しください。
We thoroughly create an environment where you can receive treatment with peace of mind, so please contact us if you feel pain.

たまい接骨院 コロナ

継続したコロナウイルス対応をしていきます

院長の日記

たまい接骨院 コロナ

たまい接骨院ある館林でもコロナウイルスによる外出自粛及び休業に関する要請がかまされてきました。
ウイルス防止の拡大の観点から様々な規制がありましたが、段階的に緩和措置が取られるようになっています。
画面解除は30日に予定されていますが、 これにより警戒度が2に変更になります。

DSCN4451

警戒度が2になったからといって、 コロナウイルスが消滅したわけではありません。
引き続き高齢者や基礎疾患のある人の外出自粛は求められています。
館林たまい接骨院でも、警戒度が下がりますが、コロナウイルスの対策は継続して行なっていきます。

DSCN4437

これまでと同様に、換気を徹底し、アルコール除菌剤による消毒も継続していくのは変わりません。
警戒度が2になり様々な所の休業が解除されますが、診察ベッドの距離も現在と同じように広くとり続けます。
安心して利用頂けるような取り組みも継続して行きますが、ご来院いただくときには、 基礎的な対応の測定などもお願いしていく予定です。

DSCN4453

たまい接骨院ある館林でも、 コロナウイルスによる被害は多方面で発生しました。
今、気を緩めてしまうと、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
そうならないように気を引き締め、コロナウイルスなどによる被害が発生しないように徹底した管理を行っていきますので、よろしくお願いいたします。

こちらのコロナウイルスに関する対策は、継続しておりますので一度ご覧になってください。
よろしくお願いいたします。

たまい接骨院

たまい接骨院 コロナ

自律神経の失調を感じる方に鍼灸をお勧めする理由

院長の日記

9d717771f33e8f8cdb5a70c864ac1520_s

気温の変化と自律神経

この季節になると体も温まり、様々な変化が生まれてきます。
館林たまい接骨院周辺でもかなり暖かくなってきました。
その中の一つとして自律神経の悪化が挙げられます。
気温の変化が激しく動く時期になると、うまく対応できない人も多いでしょう。
この原因となるのが自律神経だったりするのです。

自律神経が乱れる原因は

自律神経を整えるためには、交感神経と副交感神経の働きが重要になってきます。
この二つのバランスが重要で、どちらかが優位に立っても自律神経はうまく働きません。
体にも不調がでるようになり、辛い思いをするようになるのです。

自律神経がうまく切り替えられなくなる状況は、交感神経と副交感神経が司っている機能にも乱れが生まれてきます。
その一つとして血流が挙げられるのです。
ストレスが溜まっているような状態に近い交感神経が優位な状況は、血流を制限するような働きが生まれてきます。
冷え性になりやすくなったりもしますし、ふらつきやめまいが発生するなこともあるほどです。
感情的な部分でも曇りがちになりやすいので、副交感神経とバランスをとらなければいけません。

このバランスをとるために、薬を使うのではなく、館林たまい接骨院で施術を行っている鍼灸でも対応ができます。
自分でバランスを取れるようにサポートしてあげる方法であり、副作用などの心配がありません。
WHOも鍼灸に関するデータをあげていますが、その中の一つにうつ症状などの有効性が出てきます。
気持ちに対する変化だけではなく、低血圧や高血圧にも有効性が明記されており、世界中で研究や活用が進んできているのです。

IMGP5339

副交感神経を刺激する

館林たまい接骨院でも鍼灸を使うことによって、自律神経の乱れを改善していくことができます。
なぜ自律神経の乱れを正常に戻すことができるかといえば、リラックスさせることができるからです。
副交感神経を活性するからであり、バランスを整えてことができます。
胃の調子も活発にしながら、血行を改善していくことがポイントになるでしょう。
こうした変化が、鍼灸を利用することによっておきます。
鍼やお灸をすると眠くなってくるというのも、リラックスして副交感神経が優位に立っている証拠です。

だんだんと暖かくなり、気温が安定してくれまでは、どうしても自律神経の乱れが出やすくなります。
何かおかしいと異変を感じた時には、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
コロナ対策も積極的に行っていますので、特設ページをご参照いただきお越しいただくことをお願いしております。

たまい接骨院 コロナ

掃除をしている時に腰痛になる原因は

院長の日記

3306903_s

庭掃除などでなぜ腰痛になるのか

外出自粛となり、たまい接骨院のある館林でも、家のことを中心に過ごしてきた人も多いでしょう。
普段できなかったような、庭の掃除などもしていることがあるはずです。
部屋の中の掃除でも同じですが、一つ間違えると腰痛になる可能性を考えおかなければいけません。
ぎっくり腰になってしまうようなことでもあれば、すぐに館林のたまい接骨院にお越しいただきたいところではありますが、予防する方がもっと大切です。
腰痛にならないような姿勢も考え、庭掃除などもしなければいけません。

思っている以上に重い頭の重量

人間の体を支えるために大切な腰は、重さにも対応できるような構造を持っています。
ところが前かがみになりやすい庭掃除などをしていると、腰が支えきれなくなるような状況が出てくるのです。

人間の頭がどれくらい重いのかを考えてみる必要があります。
まっすぐ直立している時には、腰が重さを支えますが、前かがみになると斜めに支えなければいけないからです。
人間の頭の重さは、体重に対して10%程度の重さがあると考えられます。
60㎏の男性であれば、頭だけでも6kgある計算です。
これを斜めに支えなければいけない状態になると、腰にかかる負荷は2倍から3倍になると考えられます。
単純な計算ですが12kg から18kg の重さがかかっている計算です。
この状態のままは時間を過ごすのですから、腰痛が起こりやすくなる理由もわかることでしょう。

もう一つ大事なポイントとして、昔に比べて伸びてきた慎重による問題もあります。
腰までの距離が長くなることを意味していますが、さらに重さを支えなければいけない状況と加味した時に、負担はどんどん大きくなるのです。
これが庭掃除した時などの腰痛の原因となります。

190713-163F

腰痛にならないようにするためには

館林たまい接骨院でもよく見られますが、庭掃除した時などにぎっくり腰になるのは、基本的な問題となるのが筋肉痛です。
筋肉痛といってもいろいろありますが、腰の周りの筋肉の疲労により緊張して固くなってしまうことで筋繊維が損傷を起します。
この時に炎症が発生し、辛い思いをすることになるのです。

予防策としては、いかに腰から先の角度を浅くするかにあります。
角度が急になればなるほど、頭などを支えるための力が必要で、筋肉に負担がかかるのです。
例えば上半身を立てたまままっすぐ座り草むしりをしていれば、腰にかかる負担はかなり軽減できます。
ところが何かに座り上半身を屈ませて作業をすると、腰にかかる負担はどんどん増えていくのです。
ちょっとしたコツですが、庭掃除をするときなどは膝をつけないようにかがみ込むというのが挙げられます。
これだけでも前屈みになりにくくなるため、腰痛予防に効果を発揮するのです。
その他にも、筋肉のコリ固まった状態のまま作業するのではなく、準備運動をしてほぐしてから始めるというのも良いでしょう。
負担を減らすことが重要になるのですから、しっかりと考えて草むしりなどもしなければいけません。

covid

現在、館林のたまい接骨院では、コロナウイルス対策もしっかりと行なっています。
取り組みの特設ページも作りましたが、腰痛に悩まされた時には、できるだけ早くお越しください。

子供達のストレスに注意

院長の日記

am100_fa001ストレスは子供達も受けている

コロナウイルスの影響で外出自粛になっている中、たまい接骨院のある館林でも子供達の学校も閉鎖になった状態が続いています。
5月31日までは決定していますが、その先もどうなるかはまだ不透明な状態です。
このような状態の中で、 子供が怪我をしないように注意することも大切ですが、ストレスが溜まるという状況も考えてあげなければいけません。

ストレスと言うと大人だけのものと思いがちですが、子供にとっても大きな問題です。
そのサインを見逃してしまうと、思わぬ事故につながることもありますし、怪我をすることも出てきます。
それも軽いけがではなく大きな怪我をする可能性も高まりますので、普段から注意してあげることが必要です。

子供達が出すストレスのサイン

子供たちのストレスは、本人が気が付いていないところでも変化として現れてきます。
自分にストレスがかかっているかどうか判別することが難しいということが挙げられるでしょう。
特に小さなお子さんの場合には、ストレスをうまく表現できないことも出てきます。

現在の状況を考えると、大人達に強いストレスが掛かっている状態です。
このストレスを受けて、子供達が反応してることも少なくありません。
例えば、イライラしていることがあったとして直接影響を与えないように注意していたとしても、その雰囲気を見た子供達がストレスを感じることがあるのです。

ストレスを感じている時のサインとしては、お腹が痛くなったりすることが挙げられます。
皮膚症状として現れることもあり、蕁麻疹のような状態が出てくる時もストレスの存在を考えてあげることが必要です。
心のサインとしては、些細なことで泣き出すようなことが出てきます。、
あまり笑わなくなるというのも一つのサインと言っていいでしょう。
行動的な部分として、暴力的になってしまうようなことも考えられます。
これまで見たことのないような強い反抗を見せたり、口数が少なくなり強く甘えてきたりすることもストレスと考えなければいけません。

子供達に強いストレスがかかってる時には、思わぬ怪我をすることも出てきます。
反応が鈍くなっていることもありますが、集中力が散漫になり、些細なことで怪我をするケースがあるのです。
わずかな怪我でも辛い思いをさせることになりますので、痛みを訴えてる時にはできるだけ早く館林たまい整骨院に起こしてください。

子供達のストレス解消法

子供のストレス解消方法としては、一緒に運動することが大切です。
部屋の中でも構いません。
軽い運動をして行くだけでも、脳が運動に対し集中するようになり、嫌なことなどは忘れられるからです。
一緒に運動をしてあげれば、子供達の持つ不安感も解消することができます。

たまい接骨院 ダイエット1-1

好きなことをさせてあげると言う必要も出てきます。
ただし、外出自粛期間中なので、買い物に連れて行ったりしてあげることは控えたほうがいいでしょう。
部屋の中でできることの中で、好きなことをさせてあげる時間を作るのは、ストレス解消に必要なことです。
友達と遊びたいと言い始めるかもしれませんが、今は我慢させて、他の方法でストレスの解消を目指すしかありません。

館林たまい接骨院では、怪我の施術をする上で、入念なコロナウイルス対策を行っています。
特設ページも作っておりますので、こちらをご覧になってからいらっしゃるようにお願い致します。

緊急 たまい接骨院のコロナウイルス対策について

天候の悪化による視界不良と事故に注意

院長の日記

7046e8c46849a189e0839088861e0e5e_s天候の悪化と交通事故

ゴールデンウィークに入りましたが、なかなか出かけられない日々が続いています。
コロナウイルスの影響で、どうしても外出自粛しなければならない状況でも辛いものがあるでしょう。
暖かな日々が続く中で、どうしても出かけなければならない時、たまい接骨院のある館林周辺では。車で移動することが多いかと思います。

三密という言葉が使われるようになる中、車は一人で動くことができ、他の人と接触しない交通手段として見直されるようになってきました。
他の人と接触しないことにより、移動しても感染するリスクを最小限に抑えることができるからです。
ただし、観光のようにどこかで人と接触したりすると、この効果が薄れてしまいます。

注意しなければいけないのは、この時期急激に天候が変化してきて視界が悪くなるような時です。
視界が悪くなると、交通事故の確率が非常に高くなります。

視界が悪化する中での事故の可能性

視界が変化した時、運転には大きな違いが生まれてくるのは、ドライバーならすぐにわかることです。
事故の件数を見ると、雨の日と晴れの日を作られた時、晴れた日の方が圧倒的に事故の数は増えています。
しかし、雨が降っている状況は、降っていない状況に対してわずか5%しかないのです。
このことから発生確率を考えると、雨が降っているだけで事故率は4倍にも跳ね上がることが分かっています。

たまい接骨院のある館林でも、雨の日では視界が悪くなることがあるでしょう。
ほんの少しの雨でもワイパーを回すだけで、視界が取られることも少なくありません。
外出自粛になっているとはいえ、必要があれば外出する人も出てきます。
車を運転するときの視界は十分に意識して運転しなければいけません。

集中して運転が必要

雨の日の事故の状況を見ると、施設などに衝突する確率が非常に高まります。
視界が悪い状況で駐車場に車を停めようとすると、ポールなどが見えなかったりすることもあるでしょう。
この接触事故を見ると、雨が降っていない時に比べて約9倍も事故率が高くなるという調査結果があります。
これが人間であった時に、どれほど大きな事故になるのかをドライバーであれば考えてみなければいけません。
現在は外出自粛とはいえ、子供達も一緒にいるケースがあります。
非常に大きな事故につながる可能性があるので、集中して運転することが必要です。

現在、館林たまい接骨院では、コロナウイルス対策を徹底して行なっています。
安心して利用していただけるように、様々な方法とっていますので、特設ページの方をご覧ください。

たまい接骨院 コロナ

ストレスと交通事故の関係

院長の日記

00a56b408bdda3d21bb39928f077cca8_s

ストレスが原因になる交通事故もある

たまい接骨院ある館林でも、様々な交通事故が起きています。
原因も色々とありますが、ストレスということで発生する交通事故もあるのです。
現在では、外出自粛がかかり、不要不急の外出は控えるようになりました。
コロナウイルスの影響ですが、こうした状況下で体にかかるストレスが、車の運転に影響を及ぼすことがあることは知らなければいけません。
交通事故を起こしてから、ストレスを減らすようなことをしておけば良かったと思っても、後の祭りとなってしまうからです。

ストレスとの関係

運転してると多かれ少なかれストレスにさらされます。
何らかのストレスがかかるものですが、過度にかかり始めるとイライラが募り冷静さを失うことが出てくるのです。
冷静さを失えば、注意も散漫となります。
普段であればなんてことはない判断もできない状況が生まれてくるのです。
当然大きな交通事故につながることも出てくるため、普段から注意して生活しなければいけません。

あおり運転が注目されるようになりましたが、その原因の一つが腹を立てたりイライラしたりして運転している状態です。
たまい接骨院ある館林でもたまに見かけることがありますが、自己中心的で不安定な運転を繰り返してるような人は、ストレスが溜まった状態と考えることもできます。
もちろん、性格的にそうした運転を好む危険なドライバーも居ますが、イライラが募るとこうした不安定な運転も目立つようになるのです。

事故に対する不安感もストレスにつながります。
不安を覚えるような状況では運転をしないことが大切ですが、急に雨が降ってきたり、雪が降って視界が悪くなるようなことは起きうる状況です。
不安を覚えているような状況の中で運転していると、見落としてしまうようなことが出てきます。
必要以上に注意しているように思えますが、実際には大事なことが抜け落ちていたりすることは珍しくありません。

ストレスの原因には、焦りの気持ちが疲労などもあります。
コロナウイルスの影響でなかなか外出できない中、どうしても必要で運転するような時は焦ってしまうようなこともあるでしょう。
在宅が続く中で精神的に疲労している状況も考えられます。
自分がうまく運転できていないと感じてしまえば、これもストレスにつながるのです。
ストレスを減らしリラックスした中で運転している状況が大切になってきます。

運転中のストレスを減らす方法は色々とあります。
好きな音楽をかけてあり、気分を落ち着かせるように言い聞かせてみたりすることも大切です。
事故に対する不安があるのであれば、速度を緩めゆっくりと運転することが必要になるでしょう。
乱暴なドライバーがいたとしたら、距離を取って巻き込まれないようにするだけでも、不安感が解消できます。

運転中に気持ちの焦りを感じたら、ガムなどを噛んでみるのも方法です。
一定のリズムで噛んでいるだけでも、脳内物質であるセロトニンが分泌され落ち着きを取り戻すとされています。
ほんのりとした甘みのあるガムであれば、運転してる時の気持ちも落ち着かせてくれるのです。

事故を起こさないことが大切

交通事故を起こし、相手に怪我をさせたら、大きな問題になるのは間違いありません。
館林たまい接骨院でも対処をしておりますが、怪我は全て元通りになるとは限らないのです。
事故を起こさないことが大切なのであり、事故が起きたらどうなるかよりも先に考えなければいけないことでしょう。
交通事故の怪我を数多く見てきた館林の誰もい接骨院だからこそ、安全運転をしていただきたいと思っております。

« 古い記事