館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

子どもたちの怪我:重症化する前に気づいてあげて

院長の日記

本人たちは重大性を知らないかもしれない

21081508

館林たまい接骨院でも常に提言してきましたが、子どもたちの怪我は重症化してからでは遅すぎます。
スポーツをしている限り、怪我と無縁という状況はできません。
どんなスポーツでも怪我をする可能性は必ず出てきます。
特に今のような夏休みの時期は、何かスポーツに打ち込んでいることもあるでしょう。
コロナ禍とは言えども、子どもたちの体力は有り余っています。
その体力の向けどころとしてスポーツという選択は当然出てくるからです。

子どもたちの怪我の大きな問題は、本人たちの知識不足により、事の重大性に気が付かない点にあります。
どれほど危険な状態なのか、今の痛みだけで判断してしまうからです。
大人が気が付いてあげなければいけないポイントですが、問題はほかにもあります。
子どもたちは、大人に教えない可能性があるからです。

苦しいのは子どもたち

21081509

館林たまい接骨院でも、子どもたちが選手から外されてしまうと思い、怪我している状況を隠した例があります。
教えてしまえば、それ以上練習させてもらえなくなるかもしれないと思えば、ひた隠しにするでしょう。
結果的に重症化してから気が付くケースです。
怪我も進行した状態の非常に危険なパターンであり、早期に対応しなければいけません。

怒られると思ってしまう場合もあります。
子どもたちにすると、怪我をした事実よりも、怪我をしたことを怒られると考えるからです。
この思いが怪我をした状態を隠し悪化させてしまいます。
ほんの少しでも異変に気が付いたときには、治して上げることを考えるのが大切です。
一番つらいのは、怪我をした本人であることを忘れないでください。

まずは館林のたまい接骨院にご相談を

201119-439-IMG_0975

館林たまい接骨院では、さまざまな対処ができます。
本人があまりはっきりと気が付いていないことでも、痛みという観点から対処方法を考えていけるからです。

子どもたちが痛いといえば、それは真実があります。
ただ、どこがどのように痛いのか、なぜ痛いのかは説明できないかもしれません。
それを発見し、助けてあげるのが館林たまい接骨院だと思っています。

重症化する前に、ご相談しに来てください。
スポーツ障害は子どもたちの未来に大きな影響を与えます。
将来が大きく変わることさえ出てくるのがスポーツ障害です。
苦しむのは子どもたち自身なのですから、そこを理解してあげてください。

回復すれば、元気にスポーツも続けられます。
明るい未来を作り出してくれるのですから、まずは回復を目指していきましょう。

夏ばてとともに出てくる腰痛ってなぜ?

院長の日記

夏の暑さと腰痛の関係

21081507

たまい接骨院のある館林でも、今年の夏は猛暑とは言えないレベルです。
暑いのは暑いですが、例年よりもパリっとしない感じがしています。
こうした時期になると怖いのが腰痛です。
なんで夏が終わる時期が近づくと腰が痛くなるのか、その理由を考えてみましょう。

暑さ対策が自律神経を狂わせる

201119-125-IMG_0318

館林たまい接骨院の周りでは、夏はとにかく厳しく、クーラーが欠かせません。
熱中症で倒れたら、クーラーの電気代の比ではないお金がかかります。
なによりもつらく苦しいだけなので、どこでもクーラーをつけっぱなしにするでしょう。
ところが、暑いのに冷たい、そんな状況ができると自律神経がパニックを起こします。
正常に保たなければいけない状態と考え、強く働きだすのです。

本来動いていれば、この機能も正常化しやすくなりますが、暑いさなかは外にも出られません。
運動不足に陥りやすく、これも自律神経に影響が出てしまいます。
体温調節機能も落ちますし、うまく調整できなくなるのです。

自律神経にくるいが出てくると、血管の拡張機能などにも影響が出ます。
筋肉の中に老廃物などがたまりやすくなり、これが腰にも影響するのです。
強い痛みが出るようになり、しびれが見られるのもこのせいと考えていいでしょう。
風が吹けば桶屋が儲かるではないですが、体の中ではさまざまなことが連動しているのです。

腰痛に対するアプローチ

201119-054-IMG_0113

館林たまい接骨院では、このような腰痛に対する施術も行っています。
ですが、まずは血行を改善できるように運動をしてみましょう。
夏バテが起きるぐらいの時期には、もうだるくって動きたくないかもしれません。
たまい接骨院のある館林も残暑がきついのでわかります。
それでも軽く体を動かすだけで、自律神経も整えられるので、夏バテの腰痛対策になるのです。

腰痛に対する施術方法もそろっていますが、自律神経を整えるという面では鍼灸も有効な方法になるでしょう。
ツボへの刺激が自律神経に大きな影響を与えるからです。
回復の実感がはやく、腰痛がひどいときの対策にもなります。

館林たまい接骨院では、深層部分へのアプローチができる最新機材をそろえてきました。
急性の腰痛でも対応できる準備がありますので、夏休み明けに調子が悪いと感じたら、できるだけ早くお越しください。

子どもたちの怪我:かかとの痛み

院長の日記

踏み込みによるダメージ

21081505

コロナの影響もあり、個別にできる武道は子どもたちからも、以前に増して注目されるようになりました。
大人数でのトレーニングなども少なく、お互いが離れてできるところも現代的な部分になるでしょう。

こうした武道において、踏み込みは重要な役割を持ちます。
しかし、かかとを含め非常に負担がかかることも確かです。
子どもたちが痛みを訴えたときには、踵骨骨端症も考えてみなければいけません。
大人には出にくいものであり、歩行困難になるケースも出てくるのです。

発育期の子どもに見られるかかとの痛み

21081506

踵骨骨端症は、かかとに現れてくるのが特徴です。
発育期の子どもによくみられるものであり、アキレス腱の付け根に負担がかかり、血流障害が起こるところに特徴があります。
悪化すると組織が壊死したり、炎症を起こしたりするのです。
局所的な症状を出すところも踵骨骨端症の特徴で、血液検査ではわからないことが出てきます。

スポーツ障害にならないために

201119-190-IMG_0444

対処方法の基本は休ませることです。
急激な運動による衝撃は、ダメージを蓄積させるために控えなければいけません。
あまりに痛みが継続していると、松葉杖を使わなければいけないケースまで出てきます。

これまで館林たまい接骨院でも数々の対応を行ってきました。
踵骨骨端症は、スポーツ障害になる前に施術して回復させることが大切です。
実際に骨を引きはがすほどの強い力はかかっていなくても、徐々にダメージを与え苦しんでいきます。
やがて変形するような事態も招きますが、子どもたちは異変に気が付いても教えてくれないこともあるでしょう。

オリンピックを見てもわかる通り、現在のスポーツ界は選手の寿命が延びてきています。
怪我というものを理解し、スポーツ障害などにならないよう注意が払われているからです。
トレーニングにしても理論がしっかりと確立し、根性や我慢といったことで成績を伸ばしたりしません。
体を維持することに注力し、大きな怪我をしないように努めます。
そのポイントになるのは、子どもの頃の怪我にあるのです。

館林たまい接骨院では、子どもの怪我という部分に対しても効果的なアプローチができます。
将来ある子どもたちのためにも、大人が見守ってあげなければいけません。
踵骨骨端症に関しても、深層部分からアプローチできる機材もそろえいます。

何かおかしい、子どもたちの動きなどに異変を感じたら、将来のためにも早めにご相談ください。

低音障害型感音難聴に鍼灸での対応

院長の日記

低音だけ効きにくい低音障害型感音難聴

21081504

若い年代に多い難聴として、低音障害型感音難聴があります。
大人でも発症する例がありますが、急性難聴のひとつで、突発性難聴と間違われるケースも少なくありません。
突発性難聴とはちがい、低音だけに障害が出てしまうのが特徴です。
原因のひとつとして、内耳にあるリンパ液が増え過ぎてしまうと考えられています。
メニエール病に似ていますが、低音障害型感音難聴は、めまいを伴いません。

若い女性に発症するケースが目立ち、急に聞こえなくなるだけではなく、閉塞感を覚えるケースもあります。
軽度な状態から、かなり重度で悩み抜いてしまう場合もあるのです。

館林たまい接骨院では、これまでいくつも症例がありますが、鍼灸での対応を行っています。
いろいろな方法で改善が見られないときには、まずご相談ください。

原因はよくわからない

201119-013-IMG_0029

低音障害型感音難聴の原因はいくつか考えられていますが、はっきりと判明しているわけではありません。
内耳のリンパが腫れてしまうのも原因ですが、なぜそうなるかがよくわからないのです。
ストレスが引き金になるのは、自律神経の乱れに関係するからと考えられています。
人間の肉体にはストレスがかかると、自律神経の交感神経が優位になるのが基本です。
生命活動を守るためでもあり、全体的な血流にも変化が生じます。
血流は血液や栄養を運ぶだけではなく、体内の水分コントロールにも重要な役割を持つのです。

鍼灸による対応

190713-085F

館林たまい接骨院は、手技による怪我の施術だけではありません。
鍼灸の施術も行っており、様々な対応をしてきました。
その一つとして、低音障害型感音難聴があります。
内耳の中にアプローチするのではなく、外部から結構の改善を目指していくのがポイントです。
水分がたまりやすくなる理由はいろいろとありますが、ストレスによる血行不良なども考えられます。
館林たまい接骨院の鍼灸の場合には、ツボを刺激し血行改善を目指していくことにより、低音障害型感音難聴の対策にできるのです。
薬の服用も重要ではありますが、血行という面から考え直してもいかなければいけません。
ストレスをためることも大きな問題となりやすい面があります。
さらに、低音障害型感音難聴は、低年齢に出やすい問題もあるでしょう。
若い子どもたちに強い薬を服用させるのは、デメリットがあるのも間違いありません。
もし、対処にお悩みの際には、館林たまい接骨院にまでご相談ください。

交通事故にあったらまずは診断を

院長の日記

むち打ち症の仕組み

201119-289-IMG_0646

館林たまい接骨院でも、交通事故の怪我で危ないのはむち打ち症です。
なぜ交通事故でむち打ち症が注目されるのかといえば、首に力がかかりやすいところにあります。
この仕組みを改めて考えてみましょう。

車に後ろから追突されたとします。
この時に衝撃は車に伝わり、乗っている人にダメージがくるのです。
人間に伝わってきた衝撃が、すぐに全身に伝われば同じように動きます。
ところが、シートベルトをしているため、体自体はシートに固定されて動きません。
しかし、固定していない部分が頭部です。
ここで時間差が生じます。
体は前に出ようとしますが、止められていて動きません。
頭部は固定されていないので、体に続いて首がムチがしなるように動くのです。

鞭のようにしなる

21081503

首が鞭のようにしなるからむち打ち症と呼びます。
しかし、なぜこのような動きをするのか、もうひとつ大事なポイントがあるのです。
人間の頭部は、体全体の中でも最も重い部位だということです。

非常に重い頭部は、鞭のようにしなった時に首に強い力を掛けます。
引っこ抜かれるような痛みが走り、頸椎捻挫に発展するのは、この重みがあるからなのです。
むち打ち症は、頸椎捻挫だけではありません。
強い衝撃によって、首の神経ごと抜けてしまうケースさえあるのです。
このような状態になれば、非常に重い症状を示します。

あとから痛むケースの理由

201119-116-IMG_0296

館林たまい接骨院でもありますが、あとから痛みが出てくるケースがあります。
むち打ち症であると思っていなかったのに、時間が経ってから首に強い痛みが出てくるケースです。

人間の体は、衝撃に耐えようとします。
交通事故にあったときにも、その力に耐えようとするのです。
それでなければ、命にかかわる状況にもつながるでしょう。
耐える方法は簡単で、全身の筋肉を硬直させて衝撃に備えるのです。
力を入れて我慢すると思うと分かりやすいかもしれません。
この力が徐々に抜けてくると、実は怪我をしていることを自覚するのです。

交通事故では、多かれ少なかれ体にダメージがあります。
このダメージに気が付くかどうかの違いだけでしかありません。
辛い思いをしてもメリットはありませんので、交通事故のケースでは必ず状態の確認が必要です。
そのためにも、まずは館林のたまい接骨院にご相談ください。
早めに施術を開始すれば、ダメージの回復も早くなります。
辛い思いをするのは怪我をした本人です。
時間をかけてもなにもいいことはないのですから、できるだけ早くスタートしていきましょう。

交通事故が増えやすいお盆時期と早期の施術の大切さ

院長の日記

お盆休みと交通事故

21081501

オリンピックも終わり、本格的にお盆休みのところもあるでしょう。
この時期に気を付けなければいけないのは交通事故です。
館林たまい接骨院でも、お盆明けにはさまざまな方がいらっしゃいますが、交通事故の怪我のケースも少なくありません。
大きな病院も休診に入る場合も多く、対処に困る場合もあるでしょう。
それ以上に、交通事故を起こさない姿勢が大切です。

運転する機会の減少が交通事故を招く

21081502

お盆休みでなぜ交通事故が増えるのでしょうか。
たまい接骨院のある館林でも、コロナの影響で帰省を取りやめる人が増えました。
それでも、大きな休みを取得できるチャンスでもあり、なんとか帰省する人もいるはずです。
つまり、この時期になると車が増えます。
観光などでなくても、移動で車を使うケースが増えたのもコロナの影響のひとつです。
いくら運転に気を付けていても、台数が増えればそれだけ交通事故の発生確率は上昇するのは避けられません。

コロナの影響といえば、なかなか外出するチャンスがないのもあげられるポイントです。
運転する機会の少ない人にとって、機会の減少がさらに拍車を掛けてしまいました。
結局のところ、運転しなければ状況に対する対応力も下がります。
どんなに運転が上手な人でも、対応力が落ちてしまえば交通事故の確率が上がるのです。

交通事故の予測にもつながります。
危険予測は経験によるところが大きいため、こうした状況の中ではリスクが高まるといえるでしょう。

早く施術をするメリット

201119-432-IMG_0951

館林たまい接骨院では、常に交通事故の対応を行っています。
交通事故の怪我は、時間とともに悪化しやすい傾向があるため、できるだけ早い対処がその後のカギを握るのがポイントです。

できるだけ早く対処しなければいけない理由には、もうひとつ大事なポイントがあります。
それが保険です。
保険治療する場合、その怪我の原因が交通事故でなければいけません。
しかし、時間がたてば、なにが原因かわからなくなります。
もちろん、自分では交通事故が原因であったことは明白でしょう。
ところが、客観的に見ると説明するのは難しいのです。
早期に施術をスタートしてれば、この疑念はありません。
はっきりと分かったうえで回復を目指していけるからです。
館林たまい接骨院でも、こうした影響はよく見られます。
あとから保険会社との折衝で揉めたりしないよう、できるだけ早く回復を目指していきましょう。
なによりも自分がつらい思いをしないで済むからです。

暑い夏にも対応できるお灸はいかが?

院長の日記

暑い夏だからこそ

5052709_s

たまい接骨院ある館林でも、気温が急上昇し、夏も本格的になってきました。
夏本番といっても良い時期にあたり、体調を崩す人も増えてきます。
普段鍼灸の施術も行なっていますが、怪我の対応だけではありません。
夏のお灸について、ご紹介できたらと思っております。

ツボに刺激を与えるということ

お灸は、ツボに対して刺激を与える方法です。
皮膚の表面にある特定の場所ですが、 人間の活動を司る様々な経路のことをさしています。
このツボをお灸で温めながら刺激することで、体調の改善も目指して行けるのです。

ツボの位置は決まっていますが、自分で押してみると気持ちいい感覚がします。
なんとも説明しにくい場所もありますが、感覚的にも違いがある場所がツボなのです。

お灸は、お灸を据えるという言葉からも非常に刺激が強いように感じるかもしれません。
館林のたまい接骨院が使用しているお灸は、強い刺激があるものは使っていないので安心です。
痛いところか、温かさで眠くなるほど心地の良い刺激になります。
一度試してみると、その刺激の柔らかさを感じることができるでしょう。

夏にいいツボはここ

201119-023-IMG_0046

夏にお灸をするのは、怪我の防止にも役立ちます。
体がうまく動いていないと、怪我をしやすいのは誰でも感じるはずです。
お灸によって体質を改善させていけば、怪我の予防にもつながっていきます。

例えば足の裏にある湧泉というツボは、汗をかくけど冷え性という人にぴったりです。
夏場につらい思いをしている人もいるでしょう。
この暑い夏でも、寒気がして体が上手く動かない。
怪我をするのも怖いという人は、お灸をするとじんわり温まっていくのがわかります。
これが体全体に影響を与えていくのです。
自分でもできるツボのひとつではありますが、悩んでいる人は一度館林のたまい接骨院にご相談ください。

ほかにも膝の裏にある委中というツボがあります。
これから起きやすい夏バテですが、なかなか食欲が戻ってこないという人も増えてくるはずです。
これは体が冷えてむくんでいることと考えられます。
むくんでいると怪我もしやすくなりますが、血液の流れが悪くなっているので、お灸で刺激してあげることで改善を目指していけるのです。
実際にお灸をした後に立ち上がってみると、とても足が軽く感じるツボになっています。
こうした悩みも館林のたまい接骨院で改善を目指して行けますので、怪我だけではなく様々な面でご相談ください。

梅雨でつらい古傷が痛むという人にも

院長の日記

梅雨時期に痛む古傷はなぜ

3306909_s

梅雨時になると、古傷が痛むという人も出てきます。
館林たまい接骨院でも数多く見られるパターンのひとつです。
この古傷が痛む現象は、 実はよくわかっていません。
なぜ古傷がこの時期に痛み出すのか、考えられる現象はいくつかありますが確定した情報ではありません。
それでも注意しておくと、怪我の悪化を防ぐ大事な要素となるでしょう。
ある程度原因が見えたとしても辛い場合には、状態の改善が欠かせません。
館林たまい接骨院では、このような痛みに対する鍼灸の施術を行っていますので、改善したい時にはご相談ください。

ヒスタミンを分泌

f23eab6d0c5a74683679c6dfb420d659_s

梅雨時期に古傷が痛む原因として考えられるのがヒスタミンの存在です。
ヒスタミンと言うと何か特殊なような感じがしますが、実は人間の体の中に多く存在する化学物質です。
普段はあまり反応しないところに特徴があります。
こうした物質を不活性状態と呼びますが、天気が悪くなってくると分泌されやすいことがわかってきたのです。

このヒスタミンが分泌されると、傷ついた場所を修復しようと血管を拡張して行きます。
さらにかゆみの原因ともなる場合があり、アレルギー症状を引き起こしたりもするのです。
これが傷を痛み出させる問題のひとつと考えられるようになりました。

実際に古傷は上手く回復していないケースもあります。
自分で治ったと思っているだけで、深い部分では炎症を起こしていることも出てくるのです。
深い部分の傷に対しても対応できる機材がありますので、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。

自律神経の影響

201119-095-IMG_0236

もう一つの原因とされているのが自律神経に関する問題です。
交感神経と副交感神経に分かれているのは自律神経ですが、生活をするために様々な働きをしてくれています。
積極性の強い部分が交感神経で、もっとリラックスして受け取る側が副交感神経と考えればわかりやすいでしょう。
交感神経が活発になると血圧も上昇してきて興奮するような状態に変わります。
逆に副交感神経が活発になると、心も体もリラックスし眠くなるような状態です。
人間の生活ではこの二つがうまくバランスを取ってくれることが大切といえます。

梅雨の時期にはどうしても交感神経が優位に立つと言われています。
これも低気圧の影響と考えられますが、交感神経が優位に立つと傷の痛みも感じやすくなるのです。
過敏に反応するから痛むのではないかと言われていますが、俺もはっきりとわかっているわけではありません。

梅雨時期に痛みで辛い思いをしていても、そのまま回復するわけではありません。
根本的な部分から解決させるためにも、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。

頭痛にも鍼灸で対応

院長の日記

梅雨時期に痛み出す頭痛の問題

3419176_s

館林たまい接骨院では鍼灸の施術を行っています。
怪我の回復のために使われている鍼灸ですが、体にさまざまな作用を起こすことが特徴です。
怪我の回復に使われるのもその一つであり、実は多くの変化を作り出しています。

それも毎日施術しなければいけないわけではありません。
自分の体調に合わせて施術のタイミングも考えていけば、梅雨時期の辛い体の健康管理にも役立てることができるのです。
特に今のようになかなか外に出られない状況の中、色々なストレスが体にかかってきます。
怪我に繋がるようなこともありますし、体調不良を引き起こす原因にもなるので。
そのような時にも館林たまい接骨院の鍼灸の施術が役立つ場合がありますので、色々とご相談ください。

緊張性頭痛も取り除ける

3362550_s

梅雨時期の低気圧の影響もあって頭が痛い人も多いでしょう。
この時期は天候の変化が出やすく、健康にも影響が生まれてきます。
頭痛がしやすいのもこの時期だという人も、実は天気の影響を受けているので。

問題は、この頭痛が体の他の部分からの影響のパターンです。
頭が締め付けられるような痛みが続いてる時には緊張性頭痛の可能性があります。
緊張性頭痛は非常に辛い頭痛のパターンで、非常に多くの日本人が悩んでいる頭痛と言われているのです。
肩こりなどが影響している可能性が高いという、めまいまでしてくるケースがあります。

館林たまい接骨院での鍼灸ではこの緊張性頭痛に合わせて施術することが可能です。
肩こりは、日本人の国民病とも言われています。
放置しておいてもなかなか良くならないものなので、早めにご相談ください。

普通は怖い病気に発展する前に

201119-018-IMG_0039

こめかみが常に痛み出す偏頭痛も辛いものです。
毎日の生活の中で偏頭痛が続いているだけでイライラしてしまうのは間違いありません。
この辺の数に対しても鍼灸の施術が役立ちます。
主にストレスがかかっていることが原因とされていますが、血管が拡がった時に周りの神経に影響を与えてしまっているのが偏頭痛の原因と言われているのです。
この状況を取り除くために、筋肉の緊張を緩めてあげることが効果的な方法となります。

普段からの頭痛だと思っていると、実はもっと怖い病気が隠れているですがあるのを忘れてはいけません。
早めに回復させてあげることにより、状態を悪化させない状況にもつながります。
館林たまい接骨院では、接骨院が対応できる部分に対し様々なアプローチができる機材も取り揃えているのが特徴です。
女性院長であり、スタッフも女性がおりますので、安心してお越しください。

梅雨時期にも起こる交通事故と怪我

院長の日記

梅雨の時期の交通事故には要注意

1667917_s

梅雨時期の車の運転は非常にリスクがあります。
雨が降ると車は簡単に止まらなくなり、交通事故を起こすケースが増えてくるからです。
さらに視界も悪い状態が続き、どうしても危険な状況が増えてしまいます。

館林たまい接骨院では、交通事故の事故の怪我の対応も行なっています。
交通事故の怪我は長く響いてしまうケースも多く、できるだけ早く対応していかなければいけません。
保険などの部分で分からないことがあっても、しっかりとご説明させていただきますので安心してお越しください。

加害者であっても怪我は回復させましょう

1737951_s

梅雨時期の車の運転で気をつけなければいけないのは、普段でも危ない夕方の時間帯です。
館林たまり接骨院では7時まで施術を行っていますが、今の時期は日が落ちるのも遅くうっすらと明るい時間帯が長く続きます。
見えそうで見えないような状況が出来上がると、どうしても運転の判断が遅れるのです。
こうした状況で飛び出しなどをされれば、対象できないことも出てきます。
避けた時にも、路面が濡れていたりすれば、思っているような操作ができない場合があるでしょう。
どこかに車をぶつけてしまうケースもあるため、速度にも十分注意しなくてはいけません。

交通事故で車をぶつけてしまったりすれば、加害者であっても怪我をします。
その怪我をそのままにしておくと、長い時間苦しむ結果にも繋がるでしょう。
早い段階で施術を考え回復させて行かなければいけないのです。
加害者であっても保険が使える場合もありますので、悪化させないためにもまずは館林たまい接骨院にご相談ください。

すぐには痛み出さない場合もある

201119-353-IMG_0760

交通事故の怪我の場合、すぐに痛みを感じないケースも出てきます。
例えばむち打ちになったとしても、すぐにダメージがわかるわけではありません。
ぶつかった瞬間に体を硬直させ、できるだけダメージを受けないようにするのが人間の基本構造です。
この反応があるため、筋肉の緊張が解けるまで本当の痛みが分からなかったりします。

怖いのは時間が経ってから痛み出した状態です。
本当に交通事故が原因であったかどうかの判別がつきにくく、保険会社から文句言われるケースもあります。
このような状態になると揉めることも出てくるため、できるだけ早い段階から施術していく必要があるのです。

館林たまい接骨院は、交通事故の怪我に対しても専門です。
様々な知識と経験がありますので、交通事故を起こしたりあってしまった時にはすぐにでもご相談ください。

« 古い記事