館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

肘にも起きる腱鞘炎

院長の日記

腱鞘炎というと、手首に起きるものと考えている人がいるでしょう。
ですが、肘にも起きることを知っておくことが重要です。
館林たまい接骨院でも、多くは手首で起きますが、使いすぎていけば、肘でも起こす可能性があります。

パソコンなどを使っていると、筋肉は絶え間なく動くことになるでしょう。
これは、パソコンだけではありませんが、こうした動きを繰り返していくことにより、腱鞘が腫れてしまって腱が当たるため痛みを引き起こします。
単純に言えば、疲労によるものが大きいといえるでしょう。
手首にも原因がありますし、肘の関節にも問題があることもありますが、基本としては休ませれば回復します。

一日中パソコンを相手にしていたりすると、とにかく負担がかかってしまうでしょう。
この時の角度を変えるだけでも、実は負担を少なくすることができます。
角度とは、手首と腕の角度で、この角度が少しでもついてくると、負担が増えてきてしまいますので、工夫をしてみると回復することもできるでしょう。
ですが、痛みはつらいものですし、苦しさもあります。
仕事も休めるわけではないでしょう。
そんな時には、まずは館林たまい接骨院にお越しください。
回復させることができることもありますので、早めに施術を始めましょう。

マウスなどで手首に痛みが出る腱鞘炎

院長の日記

今では、学生でもパソコンを使うことが多いでしょう。
スマートフォンもパソコンと同様に普及した現在では、あまりに使いすぎて手首に痛みを覚える腱鞘炎を起こすことも増えました。
館林たまい接骨院でも、かなりの人が悩む症状です。

腱鞘炎とはそもそも何かといえば、人間の筋肉を引っ張るための腱をカバーしている鞘の部分が腫れることを指します。
腱は鞘の中で動いていますが、この鞘が腫れてしまうと動かすたびに痛みを感じることになるでしょう。
これが腱鞘炎の正体です。
でも、なんで腫れてしまうのかということでしょう。

パソコンなどを使っていると、とにかく細かく動くことになります。
マウスもそうでしょう。
そうなると、どんどん負担がかかってきて腫れてくるようになります。
これが腱鞘炎となり、痛み出すことになるのです。

もちろん、休ませていれば回復するようになります。
腱の部分の腫れが引けば、腱がダメージを感じないようになるからです。
ですが、仕事などではそうはいかないことを考えると、おかしいと思ったら館林たまい接骨院においでください。
痛みも症状もできるだけ軽くしていくことができますので、初期の段階から施術をしていくことが重要です。

信号で起きる可能性のある追突事故

院長の日記

交通事故を起こすと、さまざまな人に影響を与えます。
怪我をさせてしまうこともそのひとつでしょう。
ひとつ確実なことは、車は動かなければ事故を起こさないということです。
おかまを掘ってしまうようなときは、信号で止まるときや出だしでしょう。
信号が変わる瞬間に、前の車が動くと思っていたら動かなかったというのも原因としてあります。
館林たまい接骨院の近くには、非常に事故の多い新宿の信号がありますが、ここでもこうしたケースが事故につながることがあるでしょう。

信号では、余裕を持って行動することが大切です。
青になっても前の車が動くとは限りません。
余裕を持ってみていれば、こうした事故も防ぐことができるはずです。
アクセルを踏みだした直後ですので、かなり強い衝撃を与えることになりますので、むち打ちになってしまうことも出てくるでしょう。

こうしたケースでも、館林たまい接骨院が対応することができます。
むち打ちは、初期の段階から施術を進めることが一番であり、問題がないからといって、そのままにしてしまうことが一番危険です。
加害者側になったとしても、できるだけ早く行動してもらうようにするとともに、自分の怪我のことも考えていきましょう。

駐車場で起きる痛ましい事故

院長の日記

館林たまい接骨院の周辺でも、大変多くの車を見かけます。
そうなると、事故が起きる可能性ということも考えておかなければいけません。
特に最近は、駐車場から車を動かすのに大きな事故が起きたりすることもあります。
こうした事故で問題になるのは、周囲の確認と、誤操作にあるでしょう。
周囲の確認は、しっかりとしていれば防ぐことができる要因です。
自分の運転は安全で間違いがないという慢心があると、確認を怠ってしまうことが出てきます。
そうなると、大きな事故を招くことが出てくるでしょう。
誤操作にも言える部分ではありますが、しっかりと確認していれば、多くの事故を防ぐことができるのです。

こうした事故では、自分の怪我よりも、周囲への影響が大きくなります。
とても大きな怪我をさせるケースもありますので、十分に注意する必要があるでしょう。
子供たちを巻き込む可能性もあるはずです。
館林たまい接骨院では、交通事故の施術もおこなっています。
ですが、こうした痛ましい事故にならないように、安全に十分注意するほうが重要でしょう。
年齢的に問題があると感じているのであれば、被害を出してしまう前に免許の返納という方法も考えておくべきです。

手首の捻挫だと思っていたら骨折の可能性も

院長の日記

館林たまい接骨院では、スポーツに関する怪我を施術することができます。
その中で、転倒が原因で怪我をすることは良くあることでしょう。
手首もよく怪我をすることがあるわけですが、ソフトボールや野球、バレーボールでも起きやすいのが船状骨骨折です。
手首の関節の中にある骨のひとつで、捻挫だと思っていたら、実は骨折だったという例になります。
実は非常に怖い骨折で、壊死することまであるのですから、早めに施術をしていくことが重要です。

症状としては、手関節に疼痛が起きることがあり、関節の動きが悪くなることもあります。
実際に握手をするだけでも痛みが出るようになり、脱力感を覚えるようになるのも、症状のひとつです。
日常生活に影響がなかったりするため気が付かないこともありますが、腕立て伏せをすると痛みが強く出るということもあります。
ひどい場合には手術をするケースも出てきますので、早期に館林たまい接骨院で施術をして回避するべきでしょう。

時間をかけても直るものではありません。
早期発見から固定することが重要ですので、単純に捻挫だと思わないことも必要でしょう。
転倒した時には、大きな力もかかりますので、すぐに施術を始めましょう。

捻挫だと思ったらTFCC損傷だった

院長の日記

手首を捻挫したと思ったら、実はもっと重かったということは、館林のたまい接骨院でもよくあることです。
手首にはいろいろな骨があり、ダメージを受けていることがあります。
中でもTFCC損傷といったことは、舟状骨骨折と並んで可能性があることです。

ゴルフをする人の場合、TFCC損傷というと、名前を知っていることもあるでしょう。
良くあるケースとしては、手首から小指側に関して痛みが出るということです。
このケースでは、かなりの割合でTFCC損傷が疑われることになります。
この部分を損傷すると、クッションの役割を果たしていたものがうまく機能できなくなり、傷みを発することになるのです。
転倒した時でも起きることがありますし、ゴルフだけではなく、テニスでもなる可能性があります。
捻挫だと思っていたら実は大きなダメージになっていたという典型例でしょう。

ねじったときにダメージを感じやすいため、ドアノブをひねってみるとすぐ判別がつくでしょう。
館林たまい接骨院でも施術例がいくつもありますが、できるだけ早く開始することが大切です。
整形外科ではわからないことも出てきますので、まずは館林たまい接骨院にお越しください。
早めに施術を開始して痛みから解放しましょう。

実は怖い自転車の転倒による怪我

院長の日記

自転車は、交通手段として手軽で便利です。
たまい接骨院のある館林でも、多くの子供たちを始め利用しています。
これから先、あったかくなってくると、乗る機会も多いでしょう。
そこで、気を付けなければいけないのが、転んでしまうことです。
ちょっとしたことでも転ぶことが出てくるのが自転車ですが、その時に打ち方によっては大けがにつながります。
特に体に強い衝撃を受けた時には、むち打ちのようなことにもなるのです。
なんだか体がおかしいと思ったときには、すぐに館林たまい接骨院のおいでください。
症状によっては、整形外科などの受診が必要になることもありますが、紹介することもできますので、できるだけ早めにお越しいただくことがベストです。

どこかを打ったわけではなく、痛みがないと思っていても、実は大きなダメージになっていることもあります。
特に子供たちの場合には、我慢してしまうこともあるでしょう。
あとから強い痛みを感じることも出てきますので、できるだけ早くお連れください。
放っておいても自然治癒するわけではありません。
悪化するケースのほうが増えてしまいますので、自転車で転んだ時にはまずは何か問題なかったのかをしっかりと確認することが大切です。

自転車と侮るべきではない転倒

院長の日記

自転車は車のひとつであるということを忘れてはいけません。
子供たちでも乗ることができますが、転倒すれば大きな怪我を折ってしまうのは、自分の力で歩いている以上のスピードも出るからです。
もちろん、人にぶつかれば、交通事故の扱いになってしまうことも重要でしょう。

子供たちにも起きる可能性がありますが、ちょっとした段差でも自転車は転びます。
侵入する角度が浅くなると、タイヤが段差を乗り越えられずに滑り、ひっくり返ってしまうのです。
こうした場合、体には大きな力がかかります。
思っている以上に大きな怪我をすることになる可能性があるのです。

自転車程度の怪我と侮ってはいけません。
交通事故と変わらないような衝撃がかかることもあるのですから、もしも、転倒した場合にはすぐに館林たまい接骨院にお越しください。
打撲と思っていても、大きな怪我になっていることもあります。
むち打ち症になる危険性もありますので、突然吐き気などを伴い、大きな症状が出ることもあるのです。

館林たまい接骨院では、交通事故の怪我の施術も得意としています。
自転車での転倒でも対応することができますので、特にお子さんの場合には、時間や日数をあけたりせずにすぐにお連れください。

体が冷える冬だからこそ

院長の日記

たまい接骨院のある館林では、雪が降ったりすることはありませんでしたが、高寒さが続くと、運動したりするときに怪我を心配しなければいけません。
まず、筋肉が冷たくなっているということは、それだけ怪我をしやすいということで間違いはないでしょう。
なにか運動をする前には、ウォームアップから始めなければいけません。
さらに、運動後にはストレッチで終了しましょう。
たまい接骨院のある館林の場合、風もかなり冷たいこともありますので、体が冷えないようにすることも大切です。

どんなことをする場合にも、靴を考えましょう。
実は、靴には季節にあったものがあります。
何でもいいと思っているのであれば、怪我をしやすくなるでしょう。
特にソ-ル部分が減ってきてしまうと、しっかりと地面をとらえません。
この時期だと、防水加工も考えておけば、かなり安全になります。

トレーニングとはちょっと違ったところですが、水分補給をする際には、必ず常温にします。
胃腸には冷たいものは危険です。
その分、体を温めなければいけなくなり、エネルギーを消費することになるでしょう。
当然負担が大きくなりますので、常温が基本です。

怪我をしたらなおすということが基本ですが、怪我をしないようにするということはもっと大切です。
気を付けられることはいろいろとありますので、運動をするときには十分に注意して始めましょう。

節分と恵方巻

院長の日記

本日は2月3日で節分です。
正確には春の節分で、実は明日が季節の変わり目となる立春となります。
季節の変わり目である日の前日が節分というわけで、本当は年4回あるわけです。
ここで豆をまくわけですが、鬼を滅するという意味があり、無病息災を祈願し巻いています。
今ではかなり忘れられていますが、こうしたことを思い浮かべて節分を楽しんでみるといいでしょう。

もうひとつ、最近得増えてきている恵方巻です。
たまい接骨院のある館林のスパーも大混雑していましたが、実はよくわかっていない腐臭のひとつだったりします。
由来も発祥もよくわかりませんが、大阪由来であるというのは、ひとつの節でしかありません。
もともと、恵方巻という名称でもなかったからです。
ただ、丸かぶり寿司と呼ばれていたりしましたが、これをセブンイレブンが仕掛けて恵方巻という名前で売り出したというのが有力だったりするんですから驚きでしょう。
今では当たり前のように広まりましたが、こんな由来があったと知ると、無病息災を祈って食べるというのもどうなんだろうと思ってしまいます。

ですが、何かあって館林たまい接骨院で施術をすることも重要ですが、怪我もせずに一年過ごすことを祈るというのも大切でしょう。
1年に1度の2月3日の節分なのですから、大切にしていきたい一日であることも間違いないからです。

« 古い記事