館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

交通事故によるシートベルト損傷

院長の日記

交通事故とシートベルト

2289777_s

館林たまい接骨院では交通事故に関する施術を行っています。
その中でシートベルトをしているのは当たり前となりました。
シートベルトをしているからこそ命が助かったケースも多く、怪我も軽くて済むケースがよくあります。
しかし、シートベルト損傷という怪我も存在するのを忘れてはいけません。
体を固定するためのシートベルトが、怪我に繋がるケースです。

ただし、間違ってはいけないのは、シートベルトをしていたからこそ助かったのであり、シートベルトをしないことを正しいとしてはいません。
シートベルト損傷が起こる可能性はありますが、シートベルトをしていなければ、さらに大きな交通事故になったかもしれないのを忘れてはいけないのです。

シートベルト損傷とは

3717942_s

シートベルト損傷とは、シートベルトによって体が圧迫されて怪我をした状態です。
それだけ強い衝撃を受けた証拠で、内臓損傷を起こすケースも少なくありません。
怪我としては、軽度から重度なものまであり、頚椎損傷を引き起こしてしまう場合もあります。

館林たまい接骨院でも施術を行っていますが、肋骨を骨折するようなケースもあります。
シートベルトのラインに沿って痛みが出るケースが大半で、腰骨にもダメージを受けているケース出てくるのがシートベルト損傷です。
範囲が広く泳ぐ所も特徴で、正しく装着していなかったためにダメージが大きくなるケースもあります。
基本となるのは安静にして炎症を落ち着かせることですが、 館林たまい接骨院では痛みがあることから判断し、適切な施術が可能です。
交通事故にあったらできるだけ早く施術をスタートするのが大切ですので、すぐに御相談下さい。

シートベルトは正しくする

大事なこととして、シートベルトをしていなければ車外に放り出された可能性も出てきます。
胸部の骨折が見られるケースもシートベルト損傷ではありますが、ハンドルやボンネットに体を打ち付けていればこの程度ではすみません。
もっと大きな怪我を負っているケースも多く、その衝撃を守ってくれた事実を忘れてはいけないのです。

シートベルトをする際には、骨盤にかけることが重要で、緩んだままの状態にしてはいけません。
シートベルトがきついということでクリップで留めていたりする人もいますが、非常に危険な状態なのを理解する必要があるでしょう。
シートを倒して運転する若者も館林のたまい接骨院周辺で見かけますが、これもシートベルトの機能を発揮しません。
体がすり抜けてしまうケースもあるため、しっかりと認識し運転しましょう。

館林たまい接骨院では、交通事故に関するアナウンスも始めました。
どれだけ危険性があることなのか理解してもらうためのサイトであり、交通事故の情報を集めていますのでこちらもご覧ください。

 

辛い寝違えのアプローチには

院長の日記

朝起きたら辛い寝違え

朝起きた時、首が痛くて動かないといった経験が誰しもあるでしょう。
一般的に寝違えと呼ばれる状態です。
典型的な症状としては後ろを振り向くと激痛が走るのが特徴となっています。
館林たまい接骨院でも季節の変わり目などに多く見られる症状ですが、いろいろな条件が重なった結果痛み出している状態です。
単純に寝ている時にひねったと考えがちですが、実はそれだけではありません。
日頃の生活で溜まった疲労が現れていたりするため、簡単に原因がわからなかったりするものです。
実際に車の事故などで受けた外傷が、後から現れてくるようなケースもあります。
事故だけではなくスポーツによる疲労などが溜まって痛みとして出てくるケースもあるほどです。
いろいろな原因が絡み合っているからこそ、放置しても簡単に治るわけではありません。
原因を探っていきながら、現在の痛みを改善する必要があるでしょう。
そのために、館林たまい接骨院では鍼灸治療もできるようになっています。

痛いという状況から探っていく

寝違えの怖いところは、レントゲンなどですぐに原因が見つかれわけではない点にあります。
画像で捉えて原因がわかればすぐに追求できますが、変化が見つからないでも多いからです。
それでも痛みがある状況には何ら変わりがありません。
館林たまい接骨院ではそこからアプローチしていくのが大きなポイントです。
実際に調べていくうちに、実は仕事での負担が大きな影響を与えていたりするのも珍しくありません。
他にも椎間板ヘルニアなどが原因のケースもありますし、関節リュウマチが隠れていたりするケースもあるのです。

こうした状態に対し手技とともに鍼灸を使っていくと、効果的なアプローチができます。
一人一人の痛いという状況に照らし合わせ、適切な処方を作っていくため、辛くて苦しい状態を少しでも早く改善できるようにできるのです。

カウンセリングで適切なアプローチ

寝違えに対して鍼灸治療が利用されるのは、その人の持つ自己治癒力を高めていけるからです。
自己治癒力を高めるためには血流を改善を目指し、筋肉の緊張をほぐして行かなければいけません。
そのために神経の刺激はとても有効となるからです。

館林たまい接骨院ではそのために細かなカウンセリングを行っていきます。
どこに原因があるのかを追求しながらも、適切なアプローチは何が必要なのかを捉えていくからです。
患部に直接刺激を与えるだけではなく、痛みを発している筋肉にアプローチするには効果的なツボはどこかも検討していきます。
直接的な場所だけではなく離れた場所のツボも刺激しつつ、痛みの改善を目指していきますので、首が動かず辛い時などはすぐにご相談ください。

子供たちの骨折とリハビリの重要性

院長の日記

906959_s

骨折とリハビリ

骨折は整復と固定がとても大事ではありますが、それだけではすみません。
その後のリハビリがもっと大きな意味を持ってきます。
館林たまい接骨院でも行なっていますが、リハビリ次第で身体に大きな影響が生まれてしまうからです。
骨折したかその周辺の筋肉や関節が動くように機能を取り戻してあげるサポートがリハビリであり、その後の生活を取り戻すためにも重要視していかなければいけません。
特に子どもたちの骨折後のリハビリは、重要な意味を持つのを忘れてはいけないのです。

190713-272F

固定していてもリハビリが必要

なぜ子供たちが骨折した時にリハビリが大切なのか、その理由は筋肉量にあります。
コルセットなどをして長期間動かさないようにし、骨が再生し修復するのを待ちますが、その間に筋肉が動いておらず痩せ細るのです。
痩せ細った筋肉では、体を支えることができないため、筋肉量を取り戻さなければいけません。
さらに関節も固定していたりすれば、動きが悪くなり可動域が狭くなっているのです。
これではうまく動かないのも当然であり、機能も発揮できない状態になります。
子供たちは無理に動こうとしますが、体はついてこないため、動かすリハビリをしながら回復を続けていかなければいけません。

固定してる最中でも体を動かしてあげる必要が出てきます。
傷口が治るためには血液が運んでくる栄養などが必要であり、この動きをしているのが筋肉です。
筋肉が動かなければ血液を押し出すポンプが働かず、せっかくの栄養も流れて来ません。
骨折部分を治していくためにも、少しずつリハビリをして血流を高めていくのが回復を待つ重要なポイントになるのです。
子供たちだからといってすぐに治ると思っていると、回復に時間がかかったりします。
そのサポートを館林たまい接骨院でも行なっているのです。

am100_fa010

炎症箇所を広げないように適切なリハビリが大切

リハビリといっても何でもいいわけではありません。
動かせる範囲をしっかりと見極めていかなければ、負担を増やしてしまうことになるでしょう。
例えば腕を折った時であれば、手を広げたり切ったりするようなところから始めていきます。
このような動きを取り入れていくことで、むくんでいるような状態の改善も目指せるのです。
正しい正しく行わなければ、炎症箇所を広げてしまうかもしれません。

館林たまい接骨院であれば、体に負担をかけないようなリハビリも可能です。
長期固定で関節が固い人にとって、リハビリは辛いものになるでしょう。
その軽減もできるだけ行っていけるため、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。

骨折って知ってますか?

院長の日記

丈夫な骨が折れるという状況

怪我にもいろいろな種類がありますが、滑って転倒してしまった時などに起こりやすいのが骨折です。
館林たまい接骨院の専門領域でもありますが、実は骨折といっても幅広い意味を持っています。
骨は基本的に丈夫な組織であり、体を守るために形成されているからです。
例えば、頭蓋骨がありますが、脳という指令機能を守るために、非常に強固なつくりをしています。
内臓を守る肋骨も同様です。
それだけ強い守りを形成するための存在で、様々な外力に耐えるために存在しています。
ですが、物には限界があるように、耐力を超えたときにはひびが入ったり砕けたりするのです。
これが骨折の状態といいかえることができます。

骨折の分類分け

館林たまい接骨院で施術対応できる骨折にも種類があります。
折れ方などによって分類わけもあるのです。

一般的な骨折は、外傷性骨折と呼ばれています。
外力によって耐え切れなくなり、骨が折れたり正常な状態ではなくなることを示しています。
外力というよりは、耐えられる力が繰り返し加わり、やがて限界を超えたものが疲労骨折です。
原因が病気に遭った場合には、病的骨折と呼びます。

原因によってもこれだけの違いがありますが、さらに程度によっても違いが出ます。
それが完全骨折と不全骨折です。
完全骨折は、その名前の通り、完全に折れてしまった状態で、不全骨折はひびが入った状態と言い換えていいでしょう。

もう一つの分類が、骨折しただけではなく、外に現れたかどうかです。
皮膚の下で骨折したものは皮下骨折であり、単純骨折とも呼ばれます。
折れた部分が外に露出していない状態です。
それに比べ、皮膚などを突き破り骨折箇所が露出しているのが解放骨折で、複雑骨折と呼ばれています。
傷口が汚染されてしまうというリスクも抱えているため、骨折に対する施術だけでは済まない可能性が高いのです。

骨折は適切なサポートが大切

骨折は館林のたまい接骨院で施術して回復を目指せます。
骨は非常に強い組織で、新陳代謝を繰り返しているため、ほとんどの場合には元の通りに戻って行くのです。
これが骨の再生能力であり、それをサポートしてあげることが施術の上で大切なポイントになります。
正常な機能を取り戻すようにするには、このサポートが適切でなければいけないため、痛みを感じたりした時にはすぐに館林たまい接骨院にお越しください。

雪が降ったらなぜ危険なのか

院長の日記

雪が降った時の運転のリスクの高さ

週末にはたまい接骨院ある館林でも雪が降るのではないかと予報が出てます。
雪が舞うことも少ない昨今ですが、雪が降れば当然運転に注意が必要です。
毎年様々な事故が起きていますが、怪我で済むようなレベルではおさまらないかもしれません。
それほど雪道での運転はリスクがあり危険な状態となるため、運転の方法も考えなければいけないでしょう。
しかし、コロナウィルスの影響で車で移動する人も増えたことからも、今一度どのような問題があるのか注意していなければいけません。
これまで雪道の運転の経験がある人でも、立ち返って確認してみることが事故を防ぎます。

タイヤが力を伝えられない

雪が降るとなぜ危険なのか、その理由は車が前に進みにくく止まりにくい状態ができるからです。
タイヤは地面に接地していなければ力を伝えることができません。
ブレーキを踏んで止まるのは、タイヤが接地して力を伝えているからです。
これを制動力と呼びます。
タイヤと道路の間に雪があると、 水の膜ができるような状態になり、力が伝わらない状態ができるので。
この状態を出来るだけ少なくしていうのが、冬用タイヤと呼ばれる種類になります。
雪が降っていなくても、氷など条件が悪化した時に力を発揮するタイヤと言っていいでしょう。

たまい接骨院のある館林ではなかなか雪が降ることがありませんが、それでも冬用タイヤにするメリットはあります。
風が吹いて凍結した路面などでも、ノーマルタイヤよりもはるかに制動力が高まるからです。
その代わりに燃費が落ちたりロードノイズが増えたりするデメリットはありますが、 安全性の高さを考えれば冬用タイヤがいいでしょう。

急な操作は全て危険

冬の道路では、急がつく運転は全て控えなければいけません
これがとても重要なことで、雪道を運転しなければいけない時に気を付けなければいけないことです。
タイヤが路面と接地しにくくなり、力を使いにくくなっている以上、 急な操作をしても車が反応してくれません。
例えばアクセルを踏んだとしても、タイヤがスリップし、車は前に進まないのです。
進まないだけであれば問題は大したことはありませんが、止まらないとなれば大きな交通事故につながる可能性が出てきます。
スピードを出していると、 ブレーキも急に踏まなければいけなくなるでしょう。
そのぶん止まることができなくなり、衝突してしまう可能性が出てきます。
自分は止まると思っていても、その場所に止まれなければ大きな交通事故になるのです。

骨折までの怪我であれば館林たまい接骨院で施術できます。
しかし 、それで収まるとは限りません。
もっと大きな交通事故になる可能性もあるのです。

後で後悔しても間に合わないことが大半です。
できることなら車を運転したいことが一番ですが、それでも出なければいけない時には最大限の配慮をお願いしたいと思っています。

今年もよろしくお願いいたします

院長の日記

皆様、あけましておめでとうございます。
今年は去年同様、コロナウイルスなどの影響が懸念される年明けとなりました。

いろいろな変化が出てくる年とはなるかもしれませんが、対策もしっかりとしつつ、安心して施術が受けられるように努力していきたいと思います。

これまでと同様にサイトを通じて多くの情報も発信していきますので、本年もよろしくお願いいたします。

たまい接骨院

コロナ対策について

導入している空気洗浄機

 

190713-006F

冬に多くなりがちな子供たちの怪我

院長の日記

気温が下がる冬だからこそ

2179538_s

子供たちも、コロナの影響でなかなか外に出れない状況が続いています。
たまい接骨院は群馬県の館林にありますが、群馬県も警戒レベルが4となり、相当な通用していかなければいけない状況です。
これは子供たちでも変わりません。
冬で元気の余っている子供たちではありますが、だからこそ怪我に注意してあげなければいけません。
冬だからこそ起こる怪我が、たくさんあるからです。

体温が下がれば怪我も増える

am100_fa001

冬は体温が下がります。
外は寒いのだから当たり前ですが、この事実を忘れてはいけません。
基礎体温が高い子供たちも体温が下がります。
体温が下がってしまうと、体はこわばりやすくなり、血流の悪化が見られるようになるのです。
体を動かしてもなかなか暖まりにくいのは、筋肉が硬くしまっている状態とつながりがあります。
この状態で強い力をかければ、それだけの負担が生じることになるでしょう。
体が柔らかい子供たちでも変わりません。
外で体を動かせと言っても、怪我をするだけなのはすぐに分かるはずです。
体がうまく動かずに、転んでしまう場合も出てきます。
筋肉に負担がかかりすぎ、肉離れを起こすケースも少なくありません。
ひどい場合には、筋肉の繊維が断裂してしまうような大きな怪我も起きるのです。

館林たまい接骨院では、このような怪我の手術も対応しています。
早い段階で施術をしていけば、子供たちも痛い思いを続けずに済むでしょう。
回復も早くなりますので、対処が遅れないのが大切です。

柔軟体操はとても大切

1035051_s

子供たちに怪我をさせないためには、このような状況だからこそ柔軟体操を覚えさせてあげる必要があるでしょう。
コロナの影響で子供たちと一緒にいる時間が長くなっているのですから、家庭の中で指導をしていかなければいけません。
学校の体育の授業でも準備体操はするはずですが、子供たちは義務感だけでやっているケースが多くなります。
そうではなく、自分の体を守るために必要な準備だというのを教えてあげるのが大切です。
これまで学校でどのような準備体操をしてきたのか話をしながらするのも、コミュニケーションをとる大事な手段となるでしょう。

準備体操は、色々なものがありますが、サッカー選手が体を温めてる時に行っているようなものなら、子供たちも映像で見る機会があるはずです。
しゃがんで自分の両足首を持ち、腰を上げるようにしていくと、自然に足が伸びていきます。
ゆっくりと動くと柔軟体操としてぴったりの動作となるでしょう。
股関節をほぐすために片足立ちになって足を回すのも方法です。
サッカー選手がよく行っている動作ですが、片側10回程度ずつやると体がほぐれてくれます。

他にも好きなスポーツがあれば、その動作を真似させてあげるだけで準備ができるようになるでしょう。
普段から何を見ているのか、どんなことが好きなのかも把握してあげて、怪我のないように過ごさせてあげるのが、この冬ではとても大切です。

そんな時にどこか痛いという表情を見せたら、すぐに館林たまい接骨院に起こしてください。
一緒に痛いところを見つけながら、その原因を探り、回復する手段を見つけていきましょう。

冬の道路と交通事故

院長の日記

危険がいっぱい

1334008_s

冬の道路には危険がいっぱいあります。
館林たまい接骨院でも、交通事故の怪我の施術が増えてくる時期です。
年末に向かって忙しい時間を過ごすこともありますが、非常に危険な時期でもあるのを忘れてはいけません。
一つ間違えば大きな事故になりやすい路面状況が生まれるため、どんな危険があるのか理解しておく必要があるでしょう。

予測できない道路状況

1339706_s

たまい接骨院のある館林でも、冬の時期は路面が凍結する可能性が出てきます。
前の日に雨が降った時など、その後に風が吹くと一気に凍結するのは珍しいものではありません。
ブラックアイスバーンなどと呼ばれる状態が起きるのもこの時期です。
路面が濡れているように見えて、実はカチカチに凍っているような状況を意味しています。
軽い気持ちでタイヤが乗れば、あっという間に滑ってコントロールがきかなくなるのです。
とても危険な状態のため、慎重に車を走らせる必要があります。

ここで考えなければいけないのは、予測できているかどうかでしょう。
車が滑ると思っていれば対応できるような運転を考えます。
危険だと思っていないと、車が予想を超えるような挙動を見せた時、対処はできません。
これはどんなに運転が上手い人でも同じです。
対処するまでに時間がかかればそれだけ、事故の可能性が高くなります。
運転の上手い人ほど、危険を予知し早めの行動をとるのです。
だからこそ、冬の路面の知識を身につけておかなければいけません。

冬の運転

たまい接骨院がある館林でも、今年の冬はかなり冷え込んでいます。
今年は雪が降るかもしれません。
ここ数年は大量に雪が降るような場面がありませんでしたが、今年は例年よりも注意が必要です。
すでに北陸や東北では、大雪が降っています。
関東でもいつ来るか分かりません。

道路の状況を考えると、雪に耐性のない館林では、少々の降雪でも大きな事故が起きる可能性があります。
例えば冬タイヤの装着です。
通常で考えれば雪の降らない地域では、冬タイヤにするだけで燃費が落ちたりデメリットがあるのは間違いないでしょう。
しかし、今年はかなり寒い冬となっています。
普段から車を運転しなければいけない人は、早めに交換しておくのが大切です。
いざ必要だからといって買いに行っても、適切な対応が見つからないかもしれません。

急な操作も冬では危険です。
冬の状況に慣れている人は、ゆっくりと車の反応を試しながら走らせて行きます。
ハンドルを切るときもいきなり切るのではなく、余裕を持って試しながら車を操作するのです。
速度にかんしても3倍の制動距離がかかると判断し、ゆっくりとブレーキを踏みゆっくりとアクセルを踏んで発進させるのです。
そのぐらい余裕を持った運転が必要となりますので、車を乗る際にはできるだけ時間の余裕も計算して行動しましょう。

交通事故を起こしてしまえば、館林たまい接骨院で施術できるのは運の良い方です。
死亡事故につながる可能性も常にある以上、年末だからというだけではなく安全運転を心がけてください。

191018

首の痛みの頚椎症

院長の日記

首の7本の骨

3717942_s

館林たまい接骨院でも頚椎症に悩んでいる方が数多くいらっしゃいます。
頚椎とは首のところにある7つの骨のことです。
実は人間だけではなく、ほとんどの哺乳類は7本の骨でできています。
ただし、例外がキリンで、8本目の骨が首として利用されていることが分かっているのです。
正確には8本目の骨は背骨に位置しているため、複雑な動きが出来ます。

この7本の骨が、様々な動きを生み出していますが、痛み出してしまうことがあるのです。
神経や脊髄が圧迫された結果であり、これを頚椎症と呼びます。

頚椎症の二つの形

4254740_s

頚椎症の原因は、ほとんどの場合椎間板の変形です。
年齢とともに椎間板の中にある水分が失われてしまいます。
水分がなくなり弾力性が失われていくと、徐々に変形していくのです。

これは珍しいことではなく、年齢とともに誰にでも起きることです。
この状態だけでは病気ではありません。
しかし、椎間板が変形してしまえば、神経が通る道なども圧迫されるようになり症状が出てしまうのです。
痛みが出てくるような状態になって、頚椎症と呼ばれます。

頚椎症性脊髄症は、骨がトゲ状に変形してしまったことで圧迫している状態です。
しびれ運動障害まで生じる可能性がある重大な状態と言えます。
初期の段階で手足に痺れなどの感覚症状が出てくるところに特徴があり、だんだんと進行していく状態です。
疲れが入りにくいといった状態も、脊椎症性脊髄症の可能性が出てきます。

脊椎症性神経根症は、脊椎の変形によって本来神経が通っている場所が狭くなり、圧迫されることでしびれや痛みが生じます。
体の片側だけに症状が出るのが特徴です。
首の痛みが特徴でもあり、手首にかけて知覚障害が生じます。

重度な状態になる前に

たまい接骨院39

頚椎症は、歩行障害などの重度な症状が現れなければ、館林たまい接骨院でも保存療法を行なっていきます。
器具の装着をして安静にする装具療法や、温熱療法、手技を使った理学療法、鍼灸を使った方法も取れるのが特徴です。
日常生活の動作にも影響を与えてくるほどになると、外科的療法を取るしかない場合もあるため、早期の施術が重要な意味を持ちます。
初期の段階から外科的療法を用いることは、ほぼないからです。

首に痛みを感じた時には、すぐに館林たまい接骨院へと通院していただくのが、悪化させない方法につながります。
日常生活の中で首を無理に前後に倒したり回したりするのも危険ですし、寝方によっても頚椎症が起こる場合もあるのです。
背中を丸めるような負担のかかる体制を続けている時にも注意しなければいけません。
年末にかけてこのような症状が残ると辛い思いをするため、早い段階から回復するように施術をしていきましょう。

空気除菌装置を使った新たなコロナウイルス対策

院長の日記

コロナウイルスに対する新たな取り組み

たまい接骨院のある館林でも、コロナウイルスの影響は色濃く残っています。
群馬県も多くの患者を抱えている状態で、様々なところで対策が続けられてきました。
館林たまい接骨院でもこれまで様々な対策をしてきましたが、今回さらなる対策として空間除菌を取り入れています。
株式会社テクノリンクのFreshProを導入しました。

オゾンの力でウイルスを排除

FreshPro

オゾンの力で除菌や脱臭を行う空間除菌装置で、隅々まで強力に除菌できるところが大きなポイントです。
フッ素に次ぐ抗酸化力を持つオゾンを利用した装置で、空気中でも接触した菌やウイルスの細菌の細胞膜を破壊してくれます。
塩素を使ったものもありますが、オゾンはその7倍の力を持つと考えられており、非常に強力な作用を発揮してくれるのです。
機体ですので、液体のようにまいたりすることもありません。
館林たまい接骨院で使っているようなベッドや治療器具にも影響を与え菌を分解してくれるのです。
人がよく触れるようなドアノブといったところでも付着した菌を不活性化するため、安心して利用できるようになります。

そこまで強力なオゾンを使うのは危険ではないのかと思うかもしれません。
しかし、オゾンは酸素原子が三つからなるもので、菌などと反応すれば酸素に戻る性質を持っています。
元々酸素を原材料にして不安定な形を持っているため、すぐに酸素に戻ろうとしてしまうのです。
この性質をうまく利用して除菌しています。
残留性などもないので、館林のたまい接骨院のような空間で利用しても、無害で安心できる環境作りに役立ってくれるのです。
空気中の水分にも影響を受けにくいため、天候によって効果がばらついたりもしません。

これからも安心して利用してもらえるように

館林たまい接骨院では、これまでもコロナウイルスに対する様々な対策をしていました。
安全に利用していただくための方策であり、今回の機材導入も同様の意図があります。
現在の状況から見ても、コロナウイルスによる影響が、突然劇的に改善するとは考えられません。
様々な機関が対応策を協議し実行してはいますが、まだまだ時間がかかると言えるでしょう。
その中で少しでも影響を抑え、安全に利用できるような配慮が必要と考えています。
これまでと同様に関係は消毒作用も行いますし、衛生対策にも変わりはありません。

難しい時期ではありますが、痛いと思った時にはすぐに館林たまい接骨院にお越しください。
これからも安心して施術が受けられるような環境作りを続けていきたいと思っております。

« 古い記事