館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

クーラー病から始まる体の痛みも

腰痛とは一体どんなことか 院長の日記

猛暑ももうすぐ終わりのはず・・・

たまい接骨院のある館林もようやく暑い日から脱していきそうです。
まだまだ残暑は続きますし、暑い日もありますが、日差しはだんだんと柔らかくなっていきます。
熱中症対策も必要な日々が続きますし、帽子も必要ですが、冷房の反動がくるのもたまい接骨院のある館林の風景です。
それほど暑い環境ですが、冷房病には十分に気を付けなければいけません。

クーラーから影響を受ける冷房病とは

館林たまい接骨院でも話題に上がる冷房病とは、クーラー病とも呼ばれます。
人間の身体は熱を逃がすための機能がいろいろとありますが、汗をかいて気化熱を使い、毛細血管を広げて熱を逃がす構造です。
クーラーの効いた環境にいると、血管は開いても収縮しにくいため、体温がどんどんと逃げていきます。
自律神経がコントロールできなくなり、だんだんと熱に対するバランスを崩すのが冷房病の原因です。
冷えやすい体ができあがり、足腰にだるさを覚え、痛みも覚えます。
肩こりもありますし、胃腸に変化が出てくる部分まであるため、体の変化が大きな辛さにつながるでしょう。

単純に言えば、暑い日に身体を冷やし過ぎなければいいとなります。
冷房に直接当たらないなどの方法がありますが、自律神経の変化という部分で整えていく方法が有効です。
ウォーキングしてみるというのも方法で、軽くでいいので20分以上継続してみると違うが表れてきます。
自律神経だけではなく、筋肉の血流も変わり、エネルギーも消費できるようになるのもメリットです。
軽い運動を繰り返すと、ストレス発散にもつながるため、自律神経をコントロールしやすくなります。
さらに入浴すると、ここでもストレス発散できて、自律神経に働きかけて正常化でき、睡眠もとりやすくなるので冷房病対策にぴったりです。

痛いという現実を変えていくために

予防方法などもありますが、現実的に身体が痛い状況に変わりがありません。
腰痛や肩の痛みで苦しんでいる状況は、そのままにするだけでもストレスがかかります。
このストレスを取り除く方法を考えなければいけませんが、館林たまい接骨院では手技や専用の機材を使って痛みにアプローチするのがポイントです。
日頃の生活は変えていかなければ対策になりませんが、痛いという状態も対処が必要になるでしょう。

館林たまい接骨院では、鍼灸を使って身体に直接的な刺激を与え、温めたりしていけます。
血流に変化を与えて冷房病の対策も可能です。
痛いという状況は、怪我をしているのと何ら違いはありません。
早めに対応して悪化しないようにするのが大切なため、痛みが冷房病かなと思ったときには、まずはご相談ください。
痛みの現実をやわらげながら、回復を目指していきましょう。

原因がわからなくても現実的にある腰痛の痛みに対して

腰痛とは一体どんなことか 院長の日記

日本人の国民病ともいえる腰痛

男性でも女性でも辛い思いをするのが腰痛です。
館林たまい接骨院でも、多くの施術をしてきましたが、厚生労働省平成28年国民生活基礎調査では、増加してきていることがわかっています。
それも身体の悩みとして、男性では1番、女性では2番の悩みとして訴えられていることからも、国民的な病気といってもいいでしょう。
腰痛になる原因の多くは、腰椎の部分に負担がかかるところにあります。
5つの骨で形成されていますが、ここに何らかの障害が発生して発症していくパターンが腰痛として多くみられる状態です。

ただし、これもパターンのひとつであり、原因の特定はほとんどできないのも特徴です。
判明できるのはわずか15%ともいわれる中で、痛みをとっていかなければいけません。
このうち85%はレントゲン検査でもわからないとされていますが、館林たまい接骨院では痛みを緩和させながら回復させていけます。

痛いという状況

ヘルニアのように原因が特定できる腰痛もありますが、画像検査ではよくわからないものが大半です。
それも原因がひとつではなく、複数絡む場合もでてくるため、さらにはっきりしなくなります。
原因が判明しないまま、慢性化する場合もあるため、注意していかなければいけません。

実際に考えられる理由も多岐にわたり、運動不足や肥満といった部分から、不安やなにかに対する不満といったところまであります。
神経の障害も大きな原因であり、一体なにが隠れているのかを見つけるのは大変です。

その中で、痛みがあるという状況に違いはありません。
状況を打開するためにさまざまな方法がありますが、対応する機材も取り揃えてあるうえ、手技や鍼灸でも対応できるのが館林たまい接骨院の特徴です。

悪循環を断ち切るために

腰痛の大きな問題として神経過敏の悪循環もあげられます。
慢性化してくると、精神的にも高いストレスがかかり、脳に対しても腰痛の反応が過敏に働くことで、だんだんと身体を動かすのが恐怖につながるのが悪循環です。
この状態で動かさなければ、血流は悪化し、症状は慢性化してしまいます。
早めに打開して腰痛から脱していけるように導かなければいけません。
ストレスもかかったままになり、ここからも血流が悪化していくからです。

腰痛には薬物を使う方法もありますが、原因にあったものを組み合わせなければいけません。
つまり、原因の追究が必要です。
もちろん、原因がわかる場合には大事な選択になりますが、ほとんどはそうなりません。
館林たまい接骨院では、痛いという状況に対してアプローチしていきます。
周辺の筋肉を主義によって柔らかくする方法であれば、身体に対する負担は抑えられる方法です。
鍼灸をつかって、直接的なアプローチをかける方法も取れます。
自由診療で施術する方法が中心となりますので、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。

辛い状態のままにしておくのは、さまざまな問題を抱えます。
精神的に高いストレスを抱えることにもつながるため、早めに解決していきましょう。

安全性を高めた車だからこそ

院長の日記

佐藤琢磨選手の大クラッシュと優勝

アメリカでおこなわれているフォーミュラーカーレースの最高峰シリーズのひとつ、インディカーシリーズで2019年8月24日の第15戦のゲートウェイで佐藤琢磨選手が優勝しました。
その前のレースである台14戦ボコノでは、台クラッシュをした後の優勝です。
インディカーシリーズは日本ではあまり取り上げられませんが、佐藤琢磨選手は今季2勝目であり、通算5勝目となりました。
2017年には、世界三大レースのひとつ、インディ500でも優勝しています。
それほどの快挙をあげましたが、クラッシュしたシーンはかなりの衝撃でした。

日本人の感覚から見ると、楕円形のオーバルサーキットを主戦場とするインディカーシリーズは、F1と違い簡単そうに見えます。
ところが、多くの車が作り出す乱気流の中で超高速走行していくレースであり、高い技術がなければ走れません。
当然ブレーキも踏み減速もしますが、高い速度を維持しなければならず、ほんの少しアクセルを緩めるだけでも大きく後退するのが特徴です。
大きなクラッシュもあります。
佐藤琢磨選手がクラッシュしたボコノは少々特殊で、トライオーバルと呼ばれるおにぎり型です。
去年はロバート・ウィケンスが大クラッシュして、今でも後遺症に悩まされていますし、2015年にはジャスティン・ウィルソンがクラッシュした破片が飛んできて亡くなるという悲惨な事故もありました。

そうした状況も含めて、常に安全性を高めているのがレースの世界です。

安全装備はしっかりと

一般の車は、レースの車両のような強度はありません。
競うための車ではないからです。
安全装備はいろいろと取り付けられていますが、そこまで大きな衝撃を受けるとは考えられていないのが違いといえます。

それでも、安全運転をするのが大切で、シートベルトなどはしっかりと着用しなければいけません。
佐藤琢磨選手のクラッシュも横転しているような状態でしたが、安全装備をしっかりとしているからこそ、あの速度でも次のレースに出られる程度で済んでいます。
一般車両の場合でも、シートベルトなどの装備はしっかりとしておいてこそ、なにかあったときにも助かる状況が生まれるのです。

交通事故に対する対処の内容

館林たまい接骨院でも、交通事故の案件は数多くあります。
交通事故による捻挫、打撲、挫傷、の施術は館林たまい接骨院の範囲ですし、自動車保険により施術料金の一部が填補もされます。
自動車保険に加入している場合、施術料金の代理請求も館林のたまい接骨院がおこなえるのが大事なポイントです。
接骨院だからこそできることなのが、この範囲になってきます。

レースのような職業的な事故による怪我の場合には、保険の扱いも変わってきますが、一般的には数少ない状況です。
普段の生活の中で事故に遭われてしまった場合には、すぐに館林たまい接骨院にご連絡ください。
早期の対応が大切です。

もし、仕事中の交通事故などであれば、労災認定になる場合もあります。
労災に関する怪我の対応も館林たまい接骨院でおこなっておりますので、こちらでも一度ご相談ください。
レントゲン等が必要な場合には、速やかに整形外科などの紹介も可能です。

子供たちの怪我:バスケットボールと突き指

院長の日記

バスケットボール01

熱が高まるバスケットボール

日本でも、バスケットボールに対する注目が高まりつつあります。
NBAで活躍する選手が増えてきている状況もありますし、オリンピックが近いというのも理由のひとつです。
予選で敗退しかけているところを、現在の銘プレイヤーが救ったというのもセンセーショナルに映りました。
子供たちの熱も高まってきていますが、子供たちの怪我として突き指も考え直さなければいけません。
館林たまい接骨院でも多くみられますが、簡単な怪我で済まないケースも出てくるからです。

引っ張るのは厳禁

バスケットボールにつき指はつきものです。
ボールを扱うだけではなく、パスを含めた連携が多く、指がぶつかってしまう場合が出てきます。
ドリブルしているときでも、自分の手からボールが離れているため、指にあたれば怪我をする状況です。

突き指とは、指先から根元にかけて強い力が働く状態から怪我をしたケースを呼びます。
大人としてみた場合には、引っ張ればいいという誤った方法を経験した人も多いでしょう。
間接が捻挫していたりするのが主な状態で、靭帯損傷や脱臼といった場合も出てきます。
骨にひびが入っているケースもあり、引っ張ってもよくなることはありません。
脱臼してしまう場合もありますし、変形して戻らなくなる可能性すら否定できない状況です。
館林たまい接骨院にすぐにお越しいただければ対処できますが、まずは冷やして安静にしなければいけません。
固定する必要も出てきますし、適切な器具を使って施術する必要も出てきます。

子供たちは怪我を教えてくれないかもしれない

バスケットボールをプレイする以上、突き指は逃れられない状況ともいえますが、子供たちの視点として考えてみなければいけません。
突き指したことで、プレーできなくなるのを恐れると、その状況を画してしまう場合が出てきます。
大人たちが軽く判断してしまい、本当の状況を見逃してしまう場合も出てくるでしょう。
軽傷だと思って重症化させてしまうのも、大人たちの責任です。
どんな状況なのか見逃したりせずに、早めの処置をしなければいけません。

IMGP5205

怪我をしたときには、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。
捻挫、打撲、挫傷は専門分野であり、施術して痛みも緩和していけます。
早期回復を目指していけるのも、館林たまい接骨院が専門領域としているからです。
相談していただければ、適切な方法を模索していけます。
その際には、いったいどのような状況の中で受傷したのかもお話しください。
施術方法だけではなく、今後のリハビリなども対応できますので、館林たまい接骨院で早めに施術をはじめていきましょう。

大きな怪我かもしれない突き指

院長の日記

実は怖い突き指
IMGP5204

夏になると、さまざまなレジャーも楽しみますが、思わぬ不注意で怪我をすることも出てきます。
そのひとつがつき指で、館林たまい接骨院でも多くみられる怪我です。
かつては突き指といえば、たいしたことのない怪我の代名詞として扱われていました。
ですが、たかが指の怪我では済まないことがわかってきています。
非常に大きな怪我であることも隠れており、初期治療を間違ってしまうと、大きなダメージを残しかねない怪我です。

突き指をしたときには、まずは状態の確認をしなければいけません。
腫れているかどうかを確認しながら、変形なども見ていきます。
おかしい状況が見られたときには、できるだけ早く館林たまい接骨院にお越しください。

指の動きも確認します。
かなり痛みがある状況も考えられますが、まずは手を握ってみて、指が伸ばせるかどうか確認してみましょう。
できない指は問題を抱えていますので、必ずどこかを確認して細かく見ていかなければいけません。
痛みがあれば、骨折や靭帯損傷の可能性も出てきます。
指先がわからおしたときに痛みがある状況は骨折している可能性が高いため、かなり危険な状態です。

突き指で起きやすいケース

突き指も、どのような状況で起きたのかによって違いが出てきます。
子供たちの部活動などでもあるのが、第一関節の怪我です。
まっすぐついてしまうより、そりあがってしまうことで起きることも多く、靭帯損傷の恐れも出てきます。

第二間接の場合には、横に力がかかり損傷するケースが増えます。
冷やすことが大切ですが、状況によっては靱帯断裂や脱臼といった状況もあり痛みが続くため注意が必要です。
腫れている状況やぐらつく感じがあるときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。

あまり多くはありませんが、親指の付け根も突き指することがあります。
スキーのときに怪我をすることが多く、スキーヤーズ・サムとも呼ばれている怪我です。
問題の多いけがのひとつであり、回復させなければスポーツ自体ができなくなる可能性も出てきます。
おかしいと思ったときには、できるだけ早く館林たまい接骨院で施術をはじめていきましょう。

悪化させてしまう前に

突き指をしたときには、固定することが大切です。
RICE処置と同じですが、テーピングなどで固定してあげるだけで悪化を防げます。
ただし、これも応急処置の息を超えません。
しっかりと回復させるための施術をしていかなければ、あとあと問題を発生させることも少なくありません。
指が動かなくなることもありますし、変形してしまう場合もあります。
固定するだけに筋肉のリハビリも必要になるため、早めに館林のたまい接骨院にご相談ください。
機能を回復させることを目的にもできますので、できるだけ早く館林たまい接骨院で処置をはじめていきましょう。

子供たちの怪我:捻挫や打撲をしたら大人がRICE処置を

院長の日記

子供たちが怪我をする前に

夏になると、子供たちもアクティブに活動します。
館林たまい接骨院の周りでも、夏休みとなったことで、多くの場所で見かけるようになりました。
部活の夏季練習などもありますし、いろいろなところに出向くことも増える時期です。
安全といえる環境の中だけとは限りません。
子供たちは違う環境となれば、はしゃいでしまうことも出てくるでしょう。
高いところからジャンプするようなことで怪我をしたり骨折したりするケースも出てきます。
中には骨折するケースまであるのですから、注意してみておかなければいけません。
はしゃいでしまえば、安全の確認も忘れてしまうことも出てきます。
怪我をして覚えることもありますが、なによりしないのが一番です。
痛い思いをしないでも、想像することができれば十分でしょう。
子供たちの怪我としても、どんなことをすれば危険なのかはっきりと伝えることが大切です。
それでも骨折してしまったりしたら、すぐにでも館林たまい接骨院にお越しください。

大人が処置をみてあげること

この時期の子供たちは、大人と一緒にいることも増えます。
怪我をしないように見張ってあげる必要がありますが、すべての瞬間を注意するのは不可能です。
ちょっとだけでも目を離したときに怪我をするケースもありますが、問題はそのときの対応にあるといっても過言ではありません。
RICE処置は、館林たまい接骨院でもたびたび登場するキーワードです。
大事なことになるため、子供たちの怪我というだけではなく、大人が覚えておくことで対応への失敗が少なくなります。
子供たちが怪我をすれば、少なからず本人たちはパニックになるでしょう。
そのときに冷静に対処できるのは周りにいる大人たちです。
初期対応が素早くおこなえれば、その分だけ怪我の負担が少なくなります。
子供たちの怪我を長引かせないためにも、RICE処置を覚えておき、早い段階で館林たまい接骨院にお越しください。

捻挫や打撲したらすぐに始めるRICE処置

RICE処置は、捻挫や打撲に対応できる方法です。
突き指なども含まれてくるため、覚えておくことでダメージを減らせます。
RICEとは、処置の手順と方法の頭文字をとって表されている言葉です。

RはRest安静で、怪我をした場合には、とにかくむやみに動かさず、安静にすることから始めます。
IはIcingで、冷却を意味しています。
怪我をした部分は内出血を含め、熱を出すことから、できるだけ早く冷却しなければいけません。
冷却することによって、腫れを防ぎながらダメージを抑えます。
痛みが引いてきたときには、炎症などが収まってきている可能性があるため、今度は血行を良くして回復を早めるために温めなければいけません。
冷やすといっても、東証などにはならないように注意が必要です。
CはCompressionで圧迫を意味しています。
患部を圧迫することによって、腫れを抑えることができますが、だいたい行われていません。
アイシングまではしても、圧迫は知られていないことも多いためです。
できるだけ早く復帰させてあげるためにも、圧迫して腫れが出ないようにしてあげる必要があります。
EはElevationです。
ほかの言葉よりもわかりにくい部分がありますが、拳上という意味を持ちます。
心臓よりも高くあげておくことで、血液の流れを抑えて腫れを少なくできる方法です。
足の怪我などでよくおこなわれていますが、大事な処方なのを忘れてはいけません。
足の場合には、血液が集まりやすいことから、数日間おこなうことも出てきます。

このRICE処置は、できれば24時間以上はキープすることがポイントです。
処置をしたとしても動けなかったり痛みが出たりする場合には、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
特に大きな怪我の場合には、キープして待つ必要はありません。
子供たちの怪我の負担を減らすことを考えれば、できるだけ早く館林たまい接骨院で施術していきましょう。

腱鞘炎はできるだけ早く施術開始を

院長の日記

af76588829085cc55ac812e8fb74767e_s
痛みの強い腱鞘炎

館林たまい接骨院には、多くの悩みを抱えている方がいらっしゃいますが、その中でも多くなってきているのが腱鞘炎です。
簡単なものと解釈される方もいらっしゃいますが、放置しておくと非常に重い状態になることがあります。

人間の関節には、骨同士をつないでいる腱と筋肉があります。
この腱が重要な役割を果たしますが、滑らかに動くために、ほかから干渉を受けないようにするための腱鞘という組織があるのが重要です。
この腱鞘は腱にあたらないようになっていなければいけませんが、なにかの原因によりこすれ合って炎症を起こしてしまっている状態が腱鞘炎です。

館林たまい接骨院でもよくあるケースは、親指の腱鞘炎です。
ドケルバン病や狭窄性腱鞘炎とも呼びますが、親指の動きを作る県が炎症を起こしている状態で、手の甲にも腫れが広がる特徴を持っています。
親指を動かすことで手首が連動して傷みが出てきますが、スマートフォンの使い過ぎで発生することがわかってきました。

さらに今日多くなってきているのが、弾発指と呼ばれている状態です。
ばね現象ということが起きますが、指を曲げ伸ばししたときに引っ掛かりを感じます。
親指の手のひら側や中指の付け根に痛みが出てくるのが特徴です。

パソコンを使うことでも腱鞘炎になる

館林たまい接骨院でもよく見られる腱鞘炎は、仕事でパソコンを使う人にも多く見られます。
キーボードを打つときやマウスのクリックといった動きを繰り返している間に発症するケースです。
楽器などでも繰り返し同じ動きをするピアノなどでも見られるほか、ボールを握る動作を繰り返す野球の投手でも同様の症状が出ることがあります。

理由は単純で、腱が酷使されたことによって負担がかかることです。
対処としては、休めることが一番であり、腫れが引くまでは無理をしないのが最も明確な対処になるでしょう。
それでも腱鞘炎になってしまったときには、できるだけ早く館林たまい接骨院で施術をスタートしていくのも大切です。

放置していても悪化するだけ

腱鞘炎は、休ませることが大切ですが、炎症をとらなければいつまでたっても回復しません。
休ませることは放置することではないことを理解する必要があるでしょう。
放置してしまうことで、さらに摩擦が起こりやすく、傷が拡大することも出てきます。
腱鞘も刺激を受けることで厚くなり、状況が悪化しやすいかたちも考えられるため、危険性が高まるのが放置です。

館林たまい接骨院では、さまざまな方法で腱鞘炎に対してアプローチができます。
深い部分の傷に対応する機材も館林たまい接骨院にはそろっていますので、痛みを感じたら早い段階でお越しください。
早期の施術開始が、回復も早めてくれるからです。

この時期に増えてくる自転車で転んで怪我をするケース

院長の日記

子供たちと自転車の事故
IMGP5165-480x318

館林たまい接骨院の周りの学校も夏休みに入りました。
子供たちの元気な姿を見かけることができますが、なにより気を付けなければいけないのは、今まで見かけなかった時間帯にも子供たちがいることです。
交通事故という面でも十分な注意が必要ですが、子供たち自身が自転車で怪我をするケースも出てきます。
だれかを巻き込んでしまうと、それだけでも大きな事故になりますが、ひとりで転んだとしても、軽く見てはいけません。
身体には大きなダメージを受けるケースがあるからです。

自転車の場合には、転び方が大きな焦点になってきます。
どのように転んだのか、その時にどこを打ったのかです。
子供たちがあまり自転車になれていない状況では、横に転ぶことが出てきます。
横に転ぶと、手を使って身体を守ることになりますが、腕にはかなり強い衝撃を受けるため、手のひらや手首、ひじ、肩にダメージを受けることになるでしょう。
頭部を守るために腕が出てくることもあります。
最近では、ヘルメットをかぶるケースも増えているため、上半身を中心に注意しなければいけません。
こうした状況でも、早めに館林たまい接骨院に受診いただければ、細かく調べながら回復を目指していけます。

正面から転んだとき

自転車で転倒するケースはいろいろとありますが、正面から転んだときにも、大きなダメージを受けます。
転んだときに、自分で地面などの確認をしながら守るようなケースですが、頭を守るために手が動くのが当然です。
そのときに強いダメージを受けますし、ほかの部分は地面に接触する恐れがあります。
胸を強打してしまうケースもありますし、下半身にダメージを負うことも考えなければいけません。
全体にわたってダメージが及ぶことからも、非常に危険性の高い状態です。
頭を守ることができても、首に大きなダメージを負う可能性も出てきます。
むち打ちと同じ状態になってしまった可能性も検討しなければいけません。
早めに館林たまい接骨院で調べることも必要です。
館林たまい接骨院であれば、むち打ちなどの施術もできますので、自転車で転んだときにどのような状態だったのかをお知らせください。

あとからわかるケースもある

怖いのは、あとから衝撃のダメージが出る場合です。
館林たまい接骨院でもいろいろと例がありますが、自転車で転んだときはなんでもないと思っていても、あとから痛みが出てくるケースがあります。
痛みに気がついていても、軽傷と思ってそのままにしてしまうことも出てきます。
衝撃を受けたときには、正面から転んだことで筋肉が緊張して耐えようとします。
この緊張が解けてくると痛みを感じるのが仕組みです。
あとで大きなダメージに気がつくまえに、早い段階から館林たまい接骨院を受診ください。

子供たちが我慢して発見が遅れるケースも出てきます。
非常に怖いケースですが、子供たちは転んだことを知られると怒られると思ってしまいます。
あとからはっきりとわかることも出てきますが、相当注意してあげなければいけません。
おかしいと思ったときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
その時点で検査しますし、問診からぶつけて怪我をしている可能性を探っていきます。
痛いという状況がわかれば、さまざまな方法で痛みをとる施術をしていきますので、まずは館林たまい接骨院にご相談ください。

梅雨の身体の傷みには鍼灸で対策

院長の日記

梅雨だからこそ身体の不調が出る

IMGP5246-1
気象病によって、いろいろなところに痛みを生じることは知られるようになりました。
館林たまい接骨院の過去の記事でも取り上げましたが、

連日の気温の変化で辛い気象病と体の痛み

http://tamaisekkotuinn.com/archives/2190

梅雨の時期でもあり、ここ数日の気温の変化を考えると、さまざまなところに痛みを感じている人も増えてきています。
対策として、もっと具体的にどんなことをするといいのか、日常生活の中で取り入れられることもしていくのが一番です。
もちろん、痛みが生じ苦しんでいる状況であれば、すぐにでも館林たまい接骨院にお越しください。
身体の不調に対する鍼灸の施術もできます。

クーラーで身体が冷えることの対策を

気象病に関わるのが、気温と気圧です。
普段の生活の中でわずかに変化している程度であれば問題はないものの、大きな変化を生じたときに体に変調を感じます。
この変化を抑えるのが身体を温めることです。
梅雨時期の気温の変化を考えたときに、なにが問題かといえば冷えることにあります。
普段よりも急激に気温が下がってきたときに痛みが出たりしてくるため、冷やさないでおけば問題は軽くなるといえるでしょう。

重要なポイントのひとつはクーラーです。
暑い日には掛けなければ、命に係わることも出てきます。
しかし、外気との温度差が大きくなると、どうしても自律神経が狂い始めてしまうことから、痛みだすことが出てくるのです。
梅雨時期となれば、そうそう掛けることはないと思いがちですが、職場でエアコンが当たる席にいたりすると、かなりの温度差を感じることも出てきます。
できれば、外気温と5度以内に収めることが必要となるため、ショールなどを掛けて体温が下がらないようにするといいでしょう。
特に冷え性と感じている人は、徹底した防御が必要です。

こうした防御策をしていても、痛みがあるときには気象病ではないこともありえます。
できるだけ早めに館林たまい接骨院で痛みをとっていきましょう。

お風呂や鍼灸に共通する自律神経

体調の変化を感じるときには、ゆっくりとお風呂に入ってみるのも方法です。
ゆっくりと体を温めることによって、冷え性対策にもつながっていきます。
お風呂に入ることで、ストレス発散にもつながりますし、関節も温めることが可能です。
長時間はいる必要はありませんが、ぬるくしてゆったりとしてみるのもいいでしょう。
交感神経の刺激を弱めてくれるようになり、興奮状態が下がります。
これは副交感神経を刺激するためで、痛みに対する感覚も弱めてくれるのが重要です。
梅雨時期ということもあって、身体がじめっとしている嫌な感覚も取れますので、ゆったりとした時間を過ごしてみるといいでしょう。

館林たまい接骨院では、鍼灸の施術をしていますが、自律神経を整えられるのがポイントです。
お風呂に入る効果でもわかるとおり、痛みには自律神経も関与しています。
リラックスさせることもできるのも共通していますが、梅雨時期で気圧や気温が安定せず、身体の各所に痛みが出てくるときでも有効です。
この時期に身体のあちこちに痛みを感じるときには、一度館林たまい接骨院で鍼灸の施術を受けてみませんか?

交通事故ですぐに痛みが出ない理由はここにある

院長の日記

ホルモンが身体を守る
f0cbc0317642065cb7628870897a106e_s

交通事故に遭った瞬間を想定できる人は、自分で経験があるはずです。
巻き込まれたのか、自分で起こしたのかに違いはありますが、どちらも恐怖であったことは間違いありません。
館林たまい接骨院でも施術をおこない、早期回復を目指せるようにしていますが、交通事故に遭ったときには、すぐにでも早く回復を目指すべきです。
そのためには、事故直後からできるだけ早く施術をスタートさせるのが大切になってきます。

人間の身体は、興奮状態になると痛みを感じないように作られています。
当然痛いわけですが、危険な状態となるため、できるだけ早期に安全なところへと移動できるようアドレナリンやβエンドルフィンといったホルモン物質が分泌されるのがポイントです。
アドレナリンは副腎髄質から分泌されますが、エネルギー代謝や運動機能を高めることができます。
身体は危機感を感じている状態であり、なんとかして脱しなければいけません。
そのための痛みの麻痺もアドレナリンがおこなうため、血糖値も心拍数も血圧さえも上昇させていくのです。

痛みに対してβエンドルフィンも脳から分泌されます。
脳内麻薬として知られるようになりましたが、鎮痛作用を持っている物質です。
痛みを抑えてくれますが、すべてがわかっている物質ではありません。
それでも、落ち着いてしまえば分泌が収まり、痛みを感じるように変わるため、自分で落ち着いたときに痛みで気を失うことさえあります。

こうした症状からも、交通事故直後は痛みがよくわからないことも珍しくありません。
だからといって、怪我をしていないわけではないのです。
痛いという自覚が現れる前から施術をスタートすれば、少しでも苦しみは減らせます。
時間がたてばたつほど苦しみが大きくなる以上、早い時点から館林たまい接骨院で回復を目指していきましょう。

身体を守る防御反応からくる筋肉の緊張

もうひとつの問題点として、人間の筋肉の構造を考えなければいけません。
人間は、危険と思ったときに防御反応をとります。
有害で危険な状況であると判断すれば、生命の危機として考えるからです。
この防御反応にもいろいろとありますが、筋肉の硬直も重要な意味を持ちます。
ホルモンの分泌も同様の反応ですが、筋肉を硬直させることによって、強い衝撃から体を守ろうとするのが交通事故の瞬間です。

例えば、自分の目の前に危険なものが迫ってくるとします。
その衝撃から守ろうとしたら、全身に力を入れて耐えるか受け止めるのかを考えるでしょう。
交通事故も同じです。
衝撃を受けると思ったときには、全身に力を入れて耐えるようにするのです。
筋肉が緊張した状態で衝撃を受ければ、少しでも耐えられますが、耐えているだけなのを忘れてはいけません。
衝撃を受けていることには変わりがないため、当然身体は傷みます。
館林たまい接骨院でもありますが、交通事故に遭ってすぐの時には痛みを感じなかったものの、時間がたつにつれ調子を崩す例です。
時間をあければ大丈夫どころか、時間の経過とともに体調が悪くなる典型ともいえます。

あとから出てくる怖いむち打ち症

交通事故に遭い、あとから症状が出てくることで知られているのが、むち打ち症です。
館林たまい接骨院でも多くの症例がありますが、非常につらい思いをします。
交通事故直後の筋肉の緊張により、すぐには気がつかないことがあるため、できるだけ早めに処置をスタートするのが大切です。
なによりも保険との兼ね合いもあります。
時間を経過させると、本当に交通事故による衝撃で首を痛めたのか、はっきりとした各省が取れなくなる恐れがあるのが問題です。
間違いなくても、それを証明できなければ、反論ができなくなります。
自分が痛いと思っていても、それが交通事故によるものだったとしても、はっきりとした照明ができなくなると保険がおりなくなる可能性は否定できません。
だからこそ、早期に館林たまい接骨院で施術をはじめていきましょう。

« 古い記事