館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

テニスの怪我の参考に

シンスプリントはテニスをしている10代になぜ多いのか

テニスの怪我の参考に

【テニスを行っている10代に多いシンスプリント】
テニスをやっている10代に多く見られる怪我の一つに、シンスプリントがあります。
正式名称は、脛骨疲労性骨膜炎といい、疲労が主な原因です。
テニスでもそうですが、オーバーユースを繰り返していると負荷がかかり、シンスプリントになってしまうことがあります。
よくジャンプをする競技に現れやすいといわれることがありますが、テニスではストップ&ゴーを繰り返して行うため、大きな負荷がかかり発症してしまうのです。
特に成長期を迎えた10代に多く、かなりつらい痛みを抱えてしまうことになりますので、異常を感じたら、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【シンスプリントと筋力の関係】
シンスプリントが、10代に見られるのは、基本的な筋肉の弱さにあります。
筋力が十分に整っていないため、激しい運動をした場合に対応することができないのです。
初期のうちは、テニスをしているときにだけすねの周りに違和感を覚え、鈍い痛みを感じます。
対したことはないと考えていても、だんだんと集中して骨の部分に痛みを感じるようになってくるのです。

シンスプリント特有の症状ですが、筋肉が骨についている部分で骨膜の炎症を起こしているため、すねの骨の一部分に集中した痛みが出てきます。
初期段階では、休ませれば痛みを感じなくなるため、あまり真剣に怪我だとは思わないものですが、実際には炎症は収まっておらず、テニスを繰り返しているとかなりつらい痛みへと変わってくるのです。
この状態を続けていると、日常生活にも支障をきたすだけではなく、疲労骨折につながることもあります。
怖い状態であるともいえますので、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院にいらしてください。

 

【休止中も筋力を下げないようにすること】
シンスプリントは、テニスを休止し休ませることが大切ですが、その分だけ筋力も落ちてしまい、また繰り返す危険性が出てきます。
休ませながらも、筋力を低下しないような練習を取り入れていくことが重要となりますので、施術だけではなく館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
ケアの仕方まで指導することもできます。

実際にシンスプリントを起こさないようにするためには、テニスのプレーに耐えられるだけの金力づくりが大切です。
さらに、入念なストレッチとアイシングを欠かさないようにするだけでも、かなり軽減されることがあります。
普段の走り方や、構えの方法でもすねにもストレスを与えることになりますので、しっかりしたフォームを身につけて、プレーの精度を上げていくことも大切です。
館林市本町たまい接骨院では、回復を目指した施術のほかにも、ストレッチ方法やウォーミングアップに関してもご相談に乗ることができますので、まずはご来院ください。

テニスレッグとも呼ばれる肉離れの原因とは

テニスの怪我の参考に

【テニスレッグとはなにか】
テニスレッグという言葉があります。
テニスをしている人であれば、一度ぐらいは聞いたことがあるでしょう。
非常に頻発する怪我で、こういった俗称までつけられるようになりました。
正確には、下腿三筋内側頭挫傷といい、ふくらはぎの肉離れのことを指しています。
ストップ&ゴーを多用していくテニスにとって、切り離すことができない怪我なのです。
かなりの痛みを伴いますし、テニスをするどころではなくなっていきますので、ちょっとでも違和感を覚えたときには、館林市本町たまい接骨院にいらしてください。

 

【肉離れを起こしてしまう原因は】
肉離れは、収集させた筋肉を急激に伸ばした時に起きます。
つまり、力をかけて踏み出した瞬間に、筋肉の一部が断裂したり破損したりする症状のことを指しているのです。
テニスでは、ストップ&ゴーを繰り返しますので、踏み出した瞬間に力を失うように肉離れを起こしてしまうことがあります。
非常に強い痛みを伴い、筋肉を傷めたときに音が聞こえるとも言われるほど、体には強い衝撃が走るのです。
そのまま放置することはほとんどないはずですので、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院へご来院ください。

肉離れを起こしてしまった時の処置ですが、重要なことは安静にすることです。
そのうえで、アイシングして、できることならば固定して置くと、悪化を防ぐことができます。
応急処置をしたままでも館林市本町たまい接骨院に来ていただければ、あとの処置を行うことも可能です。

 

【早期にテニスを始めたいのであれば】
肉離れは、見た目でもわかることがあります。
筋肉が明らかにへこんで見えるような状態になってしまっていると、かなり重症であるといえるでしょう。
ふくらはぎの内側を見ると、腫れがみられるようになり、押すと激痛が走るようになっているのです。
このような状態であれば、すぐにでも重傷であるということがわかるでしょう。

しかし、肉離れは見た目にわからない状態でも、深層の部分を損傷していることがあるのです。
内出血が激しくなっていることも出てきますので、見た目だけではなく、痛みがある場合には、安静にして冷やすことが大切なのです。

テニスでの肉離れは、回復するまで長い時間がかかります。
館林市本町たまい接骨院で施術を続けていても、かなり長い時間を要してしまうのです。
状態を悪化させてしまう前に、施術を開始することが、テニスを続けるためにも重要となります。

半月板損傷はテニスに影響の少ない軽傷のうちから

テニスの怪我の参考に

【テニスにとってつらい半月板損傷】
テニスにとって、下半身はボールを打つための正しい位置に移動し、力を伝えていくうえで重要になります。
下半身に不安があると、フットワークが使えなくなり、ボールを負うことができなくなりますし、上半身に力を伝えにくくなり、打ち返すことができなくなってしまうのです。
そんな下半身の怪我の中で、テニスプレーヤーの天敵といえるのが半月板損傷でしょう。

半月板は、ひざの内部に内外2枚あります。
ひざの動きをスムーズにしたり、衝撃を吸収し安定させたりするためにも重要な意味を持っている部分です。
何かの原因で半月板損傷になってしまうと、強い痛みが出るようになり運動制限が発生することになります。
悪化させる前に施術を開始することがポイントですので、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【テニスの動きが引き起こす】
館林市本町たまい接骨院でもありますが、半月板損傷は加齢とともに起こることもあります。
テニスの場合には、ストップ&ゴーを繰り返す中、体のひねりをパワーにしてラケットに伝えていきます。
その際には、地面をつかむための上下運動と、ひねりのための水平運動が同時におこり、ひざに強いひねりがかかるのです。
このストレスが半月板を損傷させ、時に断裂させてしまいます。
走ったりするだけでも、半月板は摩擦を起こしていきますので、ひざに引っかかるような違和感があった時には、館林市本町たまい接骨院に来てみてください。

 

【半月板損傷は軽傷のうちからの対処を】
半月板損傷は、単独の損傷だけではなく、前十字靭帯損傷や内側側副靭帯損傷も伴うことがあります。
テニスを行う上で、こういった靭帯損傷も同時に起こせば、選手生命にかかわることも少なくありません。

テニスをしているときだけではなく、足を伸ばした時に、何か引っ掛かりを感じたり、何か詰まっているような痛みがあったりするときには、半月板損傷の疑いがあります。
ある角度から動かせなくなるのをロッキング症状と呼びますが、これも半月板損傷の典型的な症状です。
悪化させてしまうと、骨同士がぶつかり激痛がでるようになり、テニスどころか歩行すらできなくなります。
こうなってしまうと、手術しか選択肢が取れなくなってしまうこともあるのです。

対抗策として、ヒアルロン酸を飲んだりする人もいますが、こういったアミノ酸類は経口摂取しても関節にまで届くとは限りません。
それよりも、軽傷のうちには、館林市本町たまい接骨院保存療法によって症状を軽くしていくことができます。
物理療法でも対処できますし、もっと直接的な鍼灸での施術も可能です。

脱臼を起こすということはテニスのラケットなどが合わない

テニスの怪我の参考に

【テニスで起こしてしまう脱臼と原因】
肩を何か動かした時に、関節がずれ抜けてしまうのが脱臼です。
怪我ということを考えれば、全身にある関節どこでも起きる可能性がありますが、テニスということではラケットを振るため、肩関節やひじの関節で起きることがあります。
テニスでは、体のひねりを使い、ラケットの重さも利用して打っていくことになりますが、これに耐えられるだけの筋力が関節にないと、脱臼してしまうことがあるのです。
そのため、初心者や普段運動していない人が、重いラケットを振ったりすると負担が高まり、脱臼してしまう危険性が高まります。

自分に合った重さのラケットを持ち、無理をしないでテニスを行うことも大切ですが、筋肉や靭帯へダメージをためないということも考えなければいけません。
館林市本町たまい接骨院では、そういった施術もできますので、テニスのプレーで何か関節におかしさを感じたときには、ご相談ください。

 

【準備運動をして必ず予防を】
脱臼に関しては、館林市本町たまい接骨院が専門です。
しかし、施術をすることよりも、脱臼しないということが重要でしょう。
一度なってしまうと、再発しやすくなりますし、何よりもいたくてつらいものです。
脱臼を起こさないようにするためには、準備運動が重要になっていきます。
関節の負担を下げるためにも、準備体操をして体をほぐすことでリスクを下げることができるのです。
もう一つは、しっかりしたトレーニングでしょう。
テニスにとって、プレー以外のトレーニングが重要です。

館林市本町たまい接骨院では、施術をとおして、関節の負担を下げる動きを指導することもできます。
ボールを打つだけが練習ではありませんので、クールダウンまで含めてテニスだと思いましょう。

 

【応急処置は冷やすことから】
もしも、テニスをしていて脱臼をしてしまった場合、応急処置としてまずは冷やします。
その後、固定をしながら安静にして、館林市本町たまい接骨院にお越しください。
自分で外から押し込んで戻そうとしたりする人もいますが、正しい位置に整復できないと再発しやすくなってしまいます。
靭帯や筋肉も傷めてしまうことがありますので、専門知識がない素人が行うのは大変危険です。
下手をした場合、骨折を伴っていることもありますので、ダメージを広げてしまうことにもなりますので、できるだけ早くご相談ください。

インピンジメントはテニスでも起きる重要な怪我

テニスの怪我の参考に

【テニスにおけるインピンジメントとは】
テニスにとって、フットワークが重要ですが、しっかりとした球を打ち返すことも必要です。
フットワークが打つまでの準備であるのであれば、打ち返すということは一連の動作の仕上げといってもいいでしょう。
そのためには、肩から手まですべての関節や筋肉を使い、回転をラケットに伝えて打ち返さなければいけません。

インピンジメントとは、その大事な肩に起こる慢性的な障害や外傷のことを指しています。
軽傷の場合でも、肩に違和感があれば、プレーの精度は落ちていってしまいますので、館林市本町たまい接骨院で施術を進めていくことには大きな意味があるのです。

 

【野球のピッチャーに多く見られる怪我】
インピンジメントという言葉は、テニスプレーヤーでもあまり聞いたことがないかもしれません。
ですが、肩関節を使う競技であるテニスにとって、重要な意味を持つ怪我となってきているのです。

インピンジメントには、衝突や激突という意味があります。
肩の関節の中で、骨同士が動いているときに、ぶつかったりすることで炎症を起こしていくのです。
野球のピッチャーにはよく見られる症状ですが、テニスの場合にもインピンジメントはよく起こります。
それだけ肩関節を酷使しているスポーツだからなのです。
館林市本町たまい接骨院では、肩関節周辺の筋肉もケアしながら施術を進めていきますので、症状を緩和することができます。

 

【テニスを長く続けていきたいのなら】
インピンジメントの場合、いきなり発症するようなものではありません。
テニスを続けているうちに、だんだんと症状が進み痛み出していきます。
そのため、何か異常を感じたときには、プレーを休んだり量を減らしたりすることが対策であるといえるでしょう。
そのうえで、館林市本町たまい接骨院などで施術を受け、悪化しないような措置を考えるべきです。

インピンジメントを回復させるためには、長い時間をかけていかなければいけません。
館林市本町たまい接骨院では、施術を通して、予防方法なども指導することができます。
瞬間的に回復することはありませんので、今後のことも考え、ラケットの扱い方からスイングに至るまで考え直してみることが大切なのです。

重度のインピンジメントの場合、手術をしなければいけないことも出てきますので、長くテニスを楽しみたいと思うのであれば、早め早めの処置が大切になります。

テニスの疲労骨折の裏にあるオーバートレーニング

テニスの怪我の参考に

【テニスと疲労骨折】
鉄のような硬いものは、何度も衝撃を与えたり、曲げ伸ばしをしたりしているうちに切れてしまいます。
金属疲労と呼ばれる現象ですが、硬いものはこうした力を繰り返しているうちに、いつか壊れてしまうものなのです。
それと同じことが、人間の体にも起きてしまいます。
疲労骨折と呼ばれる状態で、テニスでも起きうる怪我であるといえるでしょう。

疲労骨折を起こさないようにするためには、何よりも疲労をためず、痛みなどがあったらできるだけ早いケアをすることです。
状況によっては、スポーツ障害となってしまうこともありますので、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【テニスで体にかかる強い衝撃】
テニスの場合、ラケットのインパクトの瞬間に強い衝撃を受けます。
これに耐えるために、グリップしているわけですが、この力の反復運動により、手の骨が疲労骨折してしまうことがあるのです。

もう一つが、酷使される下半身の負担になります。
足首や腰回りの疲労骨折はとても多く、オーバーワークからくる疲労の痛みと間違うほどです。
左右の動きを求められますし、ストップ&ゴーを繰り返して行うことから、負荷が大きくなります。
それでも休ませることができていれば回復していきますが、オーバートレーニングとなってしまえば回復させる時間がなくなってしまうのです。
そうなると、気が付いた時には、骨に目に見えないほどのひびが入っていってしまいます。

このような事態になった場合、即時練習を中止することが大切です。
オーバートレーニング症候群の様に簡単に抜け出せない状態となってしまうこともありますので、痛みを感じたりしたときには、館林市本町たまい接骨院にいらしてください。

 

【テニスの疲労骨折は休息させることが重要】
テニスにおける疲労骨折を回復させるためには、何よりも休息です。
2か月から3か月はかかりますが、その間に館林市本町たまい接骨院では周辺筋肉にかかるストレスも解放できるようにしています。

疲労骨折してしまうのは、オーバーユースであり、オーバートレーニングが原因であることは間違いありません。
過度の負荷が問題ですので、回復後にテニスをしたいのであればトレーニング方法を考え直すことが大切です。
治ったと思っても、再度同じ運動強度を与えれば、再発してしまいますし、最悪はテニスもできなくなる可能性も出てきます。
そうなってしまわないように、トレーニングの方法やケアに関してもご相談に乗ることができますので、館林市本町たまい接骨院にお問い合わせください。

上腕骨内上顆炎はテニス上級者に見られるテニス肘

テニスの怪我の参考に

【テニス上級者に見られる上腕骨内側上顆炎】
テニスの怪我といえば、テニス肘があります。
この怪我は、どちらかといえば初心者に起きやすい傾向があり、バックハンドによって引き起こされていきます。
フォームが不安定なことが主な原因で、負荷がかかることで関節に異常が出てきてしまうのです。
上腕骨外上顆炎というのが正式な呼び方になります。
ところが、初心者だけではなく、上級者にも表れてしまうのが上腕骨外上顆の反対側で炎症を起こす上腕骨内側上顆炎なのです。

 

【上腕骨内側上顆炎は休ませることが一番】
館林市本町たまい接骨院では、テニス肘に関する施術をすることができますが、この上腕骨内側上顆炎の場合には、上級者によくみられるものになります。
テニスのプレーの中でもフォアハンドを得意とする人に多く見られるのは、ストロークの時に強いスピンを掛けるようになるからです。
それだけラケットのインパクトに強い力が必要になり、その時に腕が反り返ってしまうために関節にストレスがかかり、怪我をしてしまうのが原因だと考えられます。

上腕骨内側上顆炎は、関節を休ませることが一番です。
痛みが出たときには、館林市本町たまい接骨院でもアイシングして、固定することになります。
練習中にも痛みが出たりしたときには、RICE処置が有効です。

 

【テニスのプレースタイルの変更も】
上腕骨内側上顆炎が起きてしまう原因の一つに、オーバーユースもあります。
プレーをし続けてしまうことで、疲労が高まってしまい、痛みの原因になってしまうことがあるのです。
館林市本町たまい接骨院でも、まずは休息させることをお勧めしています。
そのうえで、館林市本町たまい接骨院でできる保存療法を用いていけば、重度になっていなければ機能を回復することができるのです。

上腕骨内側上顆炎も、あまりに悪化させてしまった場合には、ドアノブさえ握ることができないこともあります。
そうなってしまうと、手術療法を持ちいらなければいけなかったり、炎症を抑えるためにステロイドを用いたりすることも考えなければいけません。

テニスの上級者に見られるということで、フォームが不安定で問題があるということは少ないといえます。
しかし、痛みが続くようであれば、フォームを改善する必要やテニスのプレースタイルを変えることも考えなければいけないでしょう。

テニスの横の動きが起こしてしまう足首の捻挫

テニスの怪我の参考に

【テニスにつきものの足首の捻挫】
テニスは、横の動きが特徴的なスポーツです。
前後にも動きますが、基本となるのは横方向へのフットワークで、前傾姿勢からストップ&ゴーを繰り返すことになります。
いかに早く反応するかがポイントで、反応速度が早ければ早いほど、展開を自分のものにすることができるといえるでしょう。

それだけ早い動きを求められるため、急激な動きにならざるを得ず、急停止する際には踏ん張りがきかずに捻挫をしてしまうことも少なくありません。
足首の捻挫は、テニスでとても多い怪我で、ひどい場合には靭帯の怪我にもつながってしまうのです。
館林市本町たまい接骨院でも回復に向けて施術ができますので、ちょっとでも異常を感じたときにはご相談ください。

 

【全体的な回復をめざす】
テニスで起こしてしまう足首の捻挫は、内反捻挫と呼ばれるものが多くなります。
急停止したいときに外側の足首が踏ん張れず、内側に入ってしまい捻挫してしまうケースです。
外側のくるぶしの部分の靭帯が伸びてしまうこともあります。
こうなると、かなりの重傷になってしまうのです。

ひどい場合には、固定器具の必要が出てくることもあります。
固定して安定させることも一つの方法ですので、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
周辺筋肉に関しても施術することが可能ですので、全体的に怪我から回復させることが可能です。

 

【テニスを続けていくためにも】
足首の捻挫の場合には、そのまま放っておくと、元の状態ではない形で固まってしまうことがあります。
筋繊維や靭帯が傷ついてしまっている状態です。
これをそのままにして自然治癒に任せることでなってしまいます。
こういったずれが、捻挫をしやすい状態を作り上げてしまうことになるのです。

館林市本町たまい接骨院では、しっかりと本来の位置に整復させるとともに、捻挫しにくい状態をつくり、ほかの部位への影響を抑えることができます。
それも、どのような状態で怪我をしたのか、館林市本町たまい接骨院では細かくカウンセリングをするからでもあるのです。

癖になってしまえば、テニスを続けるどころではなくなってしまいます。
そうなってしまわないように、しっかり治して復帰することもテニスには重要なことなのです。

テニスで関節に違和感を覚えるようなときはガングリオンかも

テニスの怪我の参考に

【テニスと関節に不快感を覚えるガングリオン】
テニスをしていると、突然手首に不快感を覚えることがあります。
それでも強い痛みがあったりするわけではなく、なんだか違和感があることがあるのです。
まれに痛みが出たりすることもありますが、それでもすぐに消えてしまったりします。
特徴として、ピンポン玉のような塊があったりするのですが、これをガングリオンと呼んでいるのです。

ガングリオンは良性腫瘍であるため、基本的には何かしなければいけないというわけではありません。
しかし、関節に固まりができるのですから、不快感があるのも事実です。
硬くなってしまうと、軟骨のように感じることもあるため、テニスのプレーに影響が出てしまうこともあるでしょう。

館林市本町たまい接骨院では、この状態に対して保存療法をとることができます。
手技や物理療法によってほぐしながら緩和させていくことになります。

 

【よくわかっていないガングリオンの発生】
ガングリオンは、テニスだけでできるわけではありません。
手の関節にできることが多いのが事実ですが、体質的にできやすいという人もいますし、若い女性に多く見られるということもあります。
大きさも、米粒程度のこともありますので、気にしないで済むのであればそのままにしておいても害はありません。
体質的に再発する人がいるのも事実で、外科的療法をとったとしても、再びできてしまうことも珍しくないのです。
あまりに繰り返していると、感覚障害が出てしまう例もあるとされており、館林市本町たまい接骨院ができるような保存療法のほうが、リスクは少ないといえるでしょう。

 

【テニスの怪我のことなら】
館林市本町たまい接骨院でも施術を行っていますが、このガングリオンはなぜできてしまうのか発生原因はよくわかっていません。
ただ、テニスをするうえでは、ガングリオンの様に関節に何か違和感があるというのは、プレーに対してプラスに働くことはないでしょう。
ガングリオンは不快感を覚えたり、しびれを感じたりしてしまうこともありますので、そんな時には館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
そのほかのテニスの怪我などでも、館林市本町のたまい接骨院にご相談いただければ、解決できるように導いていきます。

テニスの負担と腰痛の悪化

テニスの怪我の参考に

【テニスでかかる負担と腰痛】
とても華麗なイメージが付きまとうテニスですが、実は大変大きな負担が体にかかります。
楽しみながらケアしてプレーしていれば、あまり気にすることもありませんが、競技として行っていると、激痛を伴うような強い腰痛を引き起こしたりすることも少なくありません。
特にテニスの場合には、前かがみで構えながら左右の動きに備え、ストップ&ゴーを繰り替えします。
これに、ボールを打つ時には、体にひねりを加え打つわけですから、腰に関してはとても大きな負担を強いることになるのです。

館林市本町たまい接骨院でも、腰痛といえば年齢からくるものが多かったりしますが、テニスの腰痛の場合には、椎間板ヘルニアや腰椎分離症からすべり症になってしまったりと重度なものも出てきてしまいます。
年齢的に若い世代にも見られますので、今後のことも考慮し早めの対処が重要であるといえるでしょう。

 

【腰痛がひどくなってしまったら】
テニスでの腰痛の場合、基本として考えなければいけないのは、ひどくなってしまったら楽な姿勢で安静にすることです。
これは、ぎっくり腰などでも言えることですが、急性の場合にはアイシングをしておくことが必要となります。
慢性の場合のみ温めることになるのです。

館林市本町たまい接骨院では、手技と最新機器によって血行改善させ、炎症も抑えていくことができます。
それでも、重度なものになってしまうと、保存療法ではなく、手術という選択肢を取らざるを得なくなってしまうのです。
そうなると、どうしても回復まで時間がかかることになりますので、悪化させる前に施術を開始し、回復させることが重要だといえるでしょう。
不安な面がある場合には、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。

 

【テニスに関する怪我のことなら】
テニスの腰痛は反復運動から引き起こされていきますが、うまく体が使えていないような状態でも引き起こされてしまいます。
誤った動作を繰り返していると、筋肉に疲労がたまりやすくなってしまうからです。
ただし、負荷の大小にかかわらず、テニスをする以上、何らかの腰痛に悩まされてしまうことは珍しいことではありません。
慢性的に張りがあり、痛みが続くことはよくあることで、不安感を持つことも多いのです。
そんな時には、まずは館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
テニスに関する怪我のことなら、なんでも相談に乗ることができます。
不安を解消することも、怪我の予防につながります。

« 古い記事