館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

バスケットボールで発生しやすい怪我

重傷化しやすいバスケットボーで危険な足首の捻挫

バスケットボールで発生しやすい怪我

【バスケットボールと関連性が高い足首の捻挫】
バスケットボールをやっていると、どうしても怪我をする可能性を持っているのが足首である足関節の捻挫です。
スポーツの急性外傷ということを考えた場合、足首は最も多い部位であり、重症化もしやすい場所となっています。
それだけに、何か違和感を覚えたり、怪我をしたと感じたりしたときには、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院にご相談いただき、処置をすることが重要といえるでしょう。

 

【バスケットボールの足首の怪我は重症化しやすい】
足首は、体の微妙なバランスをとり、繊細な動きをしなければいけないため、とても強い靭帯に囲まれている関節です。
細かな骨も多い関節ではありますが、簡単にはダメージを受けたりしないような構造になっているのです。
しかし、バスケットボールの様にジャンプもダッシュもありなおかつ接触もある競技では、着地の時点で足首の関節に強い力がかかってしまうことがあります。
その結果、足首が内側へと傾き、捻挫してしまうのです。

バスケットボールには、ほかの選手とせってジャンプし着地したときにとても危険な状況になります。
もしも、人の足などに乗ってしまうと、全く違う方向に曲がり、重症化してしまうことがあるのです。
こういった捻挫は、何も学生だけが起こしてしまうものではなく、バスケットボールのトップレベルの選手でも起こしてしまうことがあります。

館林市本町たまい接骨院でも、急性期に関しては、受傷部分を固定し冷却していきますので、もしも、怪我をしたと思ったらできるだけ早くRICE処置を行ってください。
その際に、しびれが出てきて傷みが激しくなることもあります。
アレルギー反応を起こしている場合もありますが、熱がどんどんと上がっていく場合には大変危険です。
館林市本町たまい接骨院にご連絡いただければ指示いたしますし、最寄りの病院で診察を受ける必要も考慮してください。
捻挫だと思っていても、大きな後遺症を残してしまうほどの大変危険な状態になることがありますので、甘く見てはいけないのです。

 

【バスケットボールでの再発予防にも】
館林市本町たまい接骨院では、捻挫によって関節の可動域が狭まってしまっている場合でも、施術によって広げていくことができます。
柔軟性を失ってしまうことにもつながりますので、状態を回復させるためにもご相談ください。
特にアキレス腱周りの場合、長い時間をかけていかなければいけません。

再発予防に関して、テーピングや装具のご相談もお受けすることが可能です。
鍼灸による施術もできますので、御気軽にご相談していただければ対処させていただきます。

突き指を予防することもバスケットボールプレイヤーの重要なポイント

バスケットボールで発生しやすい怪我

【バスケットボールと突き指】
バスケットボールは、競技の特性上、常にボールの位置が移動していきます。
これは、パスの受け渡しということだけではなく、ドリブルをしているときには自分の手から離れているわけですから、やはり移動しているといっていいでしょう。
そのため、うまくつかみ損ねれば、指にあたってしまうことが出てきます。
この時に、指の関節を捻挫してしまうのが突き指です。

原因を細かく考えると、指先から根元に向けて強い力がかかった時に起こすものですが、そもそも指はこうした衝撃に耐えられるようにできていません。
ひどい場合には、指の骨全体がずれてしまうことがあり、処置の仕方次第では変形したりすることとなり、それまでの機能を取り戻せなくなる可能性があるのです。
突き指をしてしまった場合には、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院にいらしてください。

 

【引っ張ることは正しいことなのか】
一つ大きな勘違いがされることがありますが、突き指をした場合に引っ張ればいいと考えている人がいます。
指導者の中にもそうした意識を持っている人がいますが、絶対に引っ張ってはいけません。
捻挫している状態ですので、逆にひっぱっても何か良くなることはなく、それどころか脱臼してしまったり、腱の炎症まで引き起こしたりしてしまう可能性が出てきてしまうのです。

それだけではなく、突き指だと思っていたら、実は骨折していたり腱を断裂してしまったりしていることもあります。
バスケットボールの練習などはやめて、安静にした上に冷却した上で、館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
RICE処置がわかる場合には、できるだけ早期に行うことが、悪化させないために重要となります。

 

【バスケットボールプレイヤーとしての予防】
突き指の場合、癖になるという言い方をすることもあるでしょう。
バスケットボールを続けていくと、何度も起こしてしまう可能性が高まると思っている人もいます。
これは正確には違います。
指の関節を固定している靭帯が損傷してしまうため、緩くなってしまっていくのです。
その結果、関節が突き指をしやすくなってしまうことになり、何度も発症してしまうことになります。
そうならないようにするためには、テーピングによって予防することもできるのです。

館林市本町たまい接骨院では、突き指の施術だけではなく、こうした予防策に関しても指導することができます。
何度も繰り返せば、それだけ悪化させる可能性が高まってしまいますので、予防に関しても考えていくことは、バスケットボールプレイヤーとして行わなければいけないことなのです。

ひざの怪我のジャンパーズニーはバスケットボールでのオーバーユースが原因

バスケットボールで発生しやすい怪我

【ジャンプとダッシュを繰り返すバスケットボール】
バスケットボールという競技を細かく分析すると、ジャンプする回数が非常に多くなっていることがわかります。
軽いジャンプから、大きなジャンプまで、場面により使い分けを進めているでしょう。
シュートを打つだけではなく、パスをする場面やブロックなど、状況に応じて変化させているはずです。
このジャンプの動作がなければバスケットボールとは言えませんが、体には負担がかかってくることは間違いありません。
それでも、練習にも欠かすことができない動作になってくるため、繰り返しているうちに大きな痛みとして返ってきてしまうのです。
これをジャンパーズニーと呼んでいます。

 

【ひざにかかるおおきなストレスが原因となるジャンパーズニー】
ジャンパーズニーは、膝蓋腱炎というのが正式な名称で、ジャンプと着地動作を繰り返していくことにより発症するひざのスポーツ障害の一つです。
オーバーユースが原因の根底にありますが、バスケットボールを行っているような選手の場合、超身長の割に骨の成長と筋肉の成長が合わず、筋肉が固い状態になってしまうことも出てきます。
こういったストレスはひざの骨周辺に溜まっていくことになるため、慢性化してジャンパーズニーとして痛みを発してくることになるのです。
そうなってしまう前に、早く館林市本町たまい接骨院での施術をお勧めしています。

バスケットボールの場合、ジャンプやダッシュを繰り返す競技ですので、これが長時間行われると過度な牽引力がひざの周辺に微細な損傷を起こしていきます。
だんだんと変化を起こし、細かな断裂を引き起こしたり、筋肉が完全断裂したりすることさえあるのです。
さらに怖いことに、1/3は両側のひざに出ることがわかっています。
片側がおかしいと感じたときには、できるだけ早く館林市本町たまい接骨院にご相談ください。
最悪は、両膝が同時に痛み出してくるからです。

 

【バスケットボールに欠かせないひざの動き】
ジャンパーズニーには、典型的なオーバーユースからくる障害に間違いありません。
そのため、何か特定できる条件があるわけではありませんので、我慢してしまうことが重傷化させる原因になることがあるのです。
そうなる前に館林市本町たまい接骨院にご相談いただければ、先手を打つことができます。
特に、何か違和感が出てきた段階から予防措置を行っていくことができれば、ダメージを抑えながら対処ができるのです。

ひざの動きは、バスケットボールには欠かせません。
ジャンパーズニーになると、思うような動きもできなくなってしまいますので、館林市本町たまい接骨院に施術のご相談ください。
状況や練習内容などをカウンセリングでお聞きしたうえで、適切な対処を行っていきます。