館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

交通事故の中でも自動車事故の衝撃

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【早期の回復を考えるのであれば】
交通事故に遭ってしまうというのは、非常に不幸なことでしょう。
特に自動車事故ともなると、大きなダメージを負ってしまうことにもなるのです。

いろいろな怪我をする可能性がありますが、大事なことは、早期に回復を目指すことの重要性でしょう。
館林市たまい接骨院にご相談いただければ、適切な施術をいたしますが、早ければ早いほど回復も早期に見込めます。
遅れれば、その分だけ遅れるのではなく、相乗的に長引いてしまう危険性があるのです。

【筋肉の緊張と怪我】
交通事故に遭ってしまった場合、まず筋肉は緊張している状態となっているでしょう。
体を守るための防衛本能であり、自動車事故のような状況で強い衝撃が加わると、体を緊張させ、耐えようとします。
これが大きな問題で、交通事故に遭った直後には、痛みをあまり感じません。
ですが、だんだんとこの緊張が解けていくにつれ、痛みがわかってくるのです。
これが重要で、痛みがないわけではなく、わかっていないだけのことであるということでしょう。
怪我をしていても、それがよく分かっておらず、放置してしまうことが多くみられてしまうのです。
それも自動車事故ですから、大きなダメージを負っているのにも関わらず、放置してしまえば、後から大きな影響を与えてくることは、目に見えてわかることでしょう。
ですから、捻挫、打撲、挫傷の施術ができる館林市たまい接骨院では、交通事故に遭った場合には、とにかく診断を受けていただきたいと考えています。

【手遅れにならないうちに】
交通事故を起こしてしまったときも、まずは診断を受けてもらうということを考えなければいけません。
自動車事故の場合、後から診断を受けると、その時の状況がよく分からなくなることもあります。
強い衝撃を受けてしまう自動車事故ですので、手遅れになるケースさえあることを忘れないようにすることが大切なのです。
館林市たまい接骨院では、自賠責保険を使った治療も行えますので、まずはご相談ください。

交通事故の中でも骨折することもある自動車事故

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【交通事故と骨折】
交通事故の中でも自動車事故に遭ってしまった場合、骨折してしまう可能性があります。
自動車事故の場合、思っている以上に強い力が体にかかっています。
自動車は、どんなに軽くても1t近くの自重があり、それが走行しているのですから、ぶつかった瞬間には思っている以上の衝撃となります。
筋肉がその衝撃に耐えられなかった場合、骨が衝撃を受け折れてしまうことになるでしょう。
館林市たまい接骨院は、骨折の施術は専門ですので、できるだけ早期にご連絡ください。

【交通事故の中でも自動車事故の強い衝撃が骨を折る】
骨折とは、関節ではない部分が動いてしまう状態と考えるといいでしょう。
人間の体は、関節となっていない部分は動きません。
折れてしまっているからグラグラと動くようになってしまいます。
交通事故に遭った瞬間には、ショックでよくわからないことがありますが、当然強い痛みが出てくるのです。
脂汗が流れてくるほどの傷みで、ちょっと耐えられるといったレベルではないのですが、自動車にぶつかった瞬間の衝撃の痛みとは少々異なると考えても差し支えありません。
ひびが入った状態も骨折といえますが、この状態でさえ激痛が走ります。
打撲とは全く異なるレベルの傷みになるということを覚えておくといいでしょう。

折れた箇所の周囲には、硬い腫れが見られます。
さらに変形がみられるのも特徴ですが、骨に対して縦方向から圧力をかけたときに強い痛みが出るようであれば、骨折している恐れがあります。
指などの細い骨の場合には、こうした反応を見てみるといいでしょう。

強い痛みがみられる場合には、できるだけ早く捻挫、打撲、挫傷の施術ができる館林市たまい接骨院にご相談ください。

【自動車事故は早い処置が重要】
骨折の場合には、どんな状況下によって施術方法に違いがあります。
館林市たまい接骨院でも基本となるのは、ずれているのであれば元の正常な状態に戻すということでしょう。
整復といいますが、痛みが伴うことも出てきます。
この後で固定することになりますが、この間まで非常につらい時間となることは間違いありません。
交通事故の中でも自動車事故の場合、骨折のような状況であれば、そのままになることはまずありませんが、できるだけ早い処置が重要であることは間違いないでしょう。

自動車事故で脱臼してしまうケース

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【交通事故で脱臼してしまうケース】
交通事故に遭ってしまった場合、脱臼するというのは、あまり考えにくい状況といえるかもしれません。
自動車事故に遭ってしまったりすると、どうしても瞬間的に強い衝撃が体にかかるため、骨折してしまったりするケースが多いからです。
しかし、自動車事故に遭い、転倒してしまったり、弾き飛ばされてしまったりする可能性は高く、地面とぶつかった衝撃で脱臼してしまうケースもよくあります。
特に肩の関節の様に、強い衝撃がかかると、簡単に脱臼してしまう関節もあるからです。
骨折と同様に、すぐに館林市たまい接骨院にご連絡いただくかご来院ください。
早期の処置が重要です。

【脱臼する可能性のある個所】
脱臼とは、骨と骨がつながっている関節が外れてしまうことを指します。
いろいろな個所で起きる可能性がありますが、交通事故ということで考えると、肩や肘、指といったあたりが怪我しやすい場所であるといえるでしょう。
実はあごも脱臼する場所であり、自動車事故でぶつかった瞬間に顔をうち、顎を脱臼してしまうというケースもあります。

脱臼は、一見すると怪我をしていない状況に見えることもありますので注意しなければいけません。
ほとんどの場合、関節は動きませんが、ここで無理やり入れてしまったりしないようにすることも大切です。
館林市たまい接骨院でも、簡単に関節に入れてしまったりすることもありません。
以前は確かにありましたが、現在は状況を見てゆっくりとはめなおすことが重要となってきているのです。

【車同士の自動車事故の衝撃でも】
自動車事故の中でも、車同士の衝突でも脱臼するケースはあります。
シートベルトをしていても、体はどこかにぶつかる可能性はあり、その時に脱臼してしまうのです。
それでも、シートベルトがあるおかげで、怪我は軽くなります。
交通事故での死亡事故の割合は、シートベルトで驚くほど下がりますので、必ず着用することが大切なのです。
交通事故に遭っても、起こしてしまっても、捻挫、打撲、挫傷の施術ができる館林市たまい接骨院にご連絡ください。

自動車事故でもよくあるのがむち打ち

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【自動車事故で多いむち打ち】
交通事故の怪我のうち、最も知られているのは、やはりむち打ち症でしょう。
首が衝撃によってむちのようにしなり、怪我をするところからむち打ち症と呼ばれています。
正確には頸椎捻挫と呼ぶ怪我ですが、軽傷であっても早期に回復を目指していくことが必要となるのです。
交通事故に遭ったり、自動車事故に遭ってしまったりした場合には、早期に館林市のたまい接骨院にご相談ください。

【交通事故に遭ったら安静が必要となる】
むち打ち症は、軽傷の場合安静療法をとります。
館林市たまい接骨院でも、初期の段階で施術をスタートすれば、ほとんどは短期間に回復できるものです。
とにかく安静にすることが大切であり、早期の判断が重要な意味を持つといえるでしょう。

重度の場合には、頸椎カラーで固定することもあります。
しかし、問題になるのは、この頸椎カラーをすることで、首の筋肉が痩せてしまうことでしょう。
逆に外すことができなくなってしまいますので、いたずらに使用することは控えるべきです。

頸椎牽引により施術するところもありますが、急性期には絶対に行ってはいけません。
特に重度の場合には、四肢に麻痺症状が出ている可能性もあり、安静にすることから始めなければいけません。
こうした自動車事故で起きる怪我は、素人考えで誤った処置をすると大変危険であり、一生の問題になることもありますので、まずは捻挫、打撲、挫傷の施術ができる館林市たまい接骨院にご相談ください。

【自動車事故は素人判断がとても危険】
自動車事故や交通事故の場合、事故直後には筋肉の緊張により、むち打ちの痛みを感じていない場合もあります。
ですが、時間の経過とともに痛みを感じるようにもなってきますので、素人判断で放置することは大変危険です。
かるい交通事故であったとしても、まずは館林市たまい接骨院にご来院ください。
それから何が起きたのか、体には影響がなかったのか判断することが大切なのです。

自動車事故でシートベルトが大切なダッシュボード外傷

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【交通事故とダッシュボード外傷】
自動車事故に遭った際、車のダッシュボードに衝突することで怪我をするのがダッシュボード外傷です。
これは、交通事故として被害者だけではなく、加害者も折ってしまう可能性がある怪我であるといえるでしょう。
捻挫、打撲、挫傷の施術ができる館林市たまい接骨院でも多くの事例がありますが、かなり大きな怪我になる可能性があります。

【自動車事故で前席が負う可能性がある】
交通事故の場合、自動車事故として、運転席や助手席が負う可能性があります。
正面衝突の場合に多く見られ、ひざや下腿がぶつかって怪我をするというのが一般的でしょう。
これも、シートベルトがあるので、ある程度抑えられています。
もしも、シートベルトをしていなければ、フロントガラスを突き破っていってしまう可能性も出てくるのです。

この力が加わってしまったときには、大腿骨を骨折してしまったり、股関節脱臼を起こしてしまったりすることがあります。
顔がダッシュボードにあたり、顔面を怪我するのも、ダッシュボード外傷の一つに数えることができるでしょう。

交通事故の怪我としては、かなり重いものになるケースが見受けられます。
後から痛みが出てしまうこともありますので、自動車事故に遭ってしまったりしたのであれば、館林市たまい接骨院にご相談ください。

【シートベルトの正しい使用を】
ダッシュボード外傷は、シートベルトで多くの部分を予防することができます。
自動車事故の衝突による衝撃にも耐えられるようになっているのですから、重要な安全装備であることは間違いないでしょう。
実際に館林市たまい接骨院に来られる方でも、シートベルトをしていなければ、もっと大きな怪我になってしまうことがあります。
ですが、正しい使用方法を知らなければ、やはり怪我をすることにつながります。
大事な点は、骨盤にゆるまずにまくことと、シートに深く腰掛け肩と首の中間を通すことでしょう。
これができていないと、シートベルトをしても、交通事故の際に体が潜り込んでしまい、役目を果たさないことがあるのです。
これをサブマリン現象と呼びますが、非常に危険な体勢となりますので、しっかり着用しましょう。

自動車事故としてハンドル外傷は防ぐこともできる

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【ハンドルにぶつかるだけの怪我のはずが】
交通事故に遭ってしまった場合、ハンドルに強打してしまい、怪我をすることをハンドル外傷と呼んでいます。
ハンドルにぶつかることで怪我をするわけですから、運転席だけで見られる怪我であるといえるでしょう。
現在は、自動車事故を起こしても、ハンドルに装着されたエアバッグが守ってくれる車も増えました。
それでも、怪我をする可能性はゼロにはなりません。
大きな怪我になってくる可能性もありますので、交通事故に遭ったら、まずは捻挫、打撲、挫傷の施術ができる館林市たまい接骨院にご相談ください。

【非常に大きな怪我となるプロセス】
交通事故によるハンドル外傷の大半は、シートベルをすることで防ぐことができます。
正しく着用することにより、シートベルトが上半身をシートから離れないようにしてくれるため、ハンドルに衝突することはなくなるのです。
ですが、装着方法が間違っていたり、シートベルトをしていなかったりすると、自動車事故の中でも正面衝突した際には、体が前に出てしまいます。
この時に、足がダッシュボードの下にあたり、てこの原理で体が持ち上がり、頭がフロントガラスに衝突するのです。
つぎに、そのまま体が持ち上がり、体が後方にはねます。
当然フロントガラスを突き破ることもありますので、後頭部が突き破ったガラスを破壊するように跳ね上がれば、さらに大きな怪我となるでしょう。

これだけではなく、自動車事故の衝撃によりハンドルに体が衝突していますので、内臓にダメージを与えます。
ろっ骨が折れたりするだけではなく、肺の損傷から内臓破裂まで起こす可能性があるのです。
骨折などは、館林市たまい接骨院でも施術できますが、内臓に対する障害は診ることができません。
交通事故によるハンドル外傷は、非常に大きな怪我となることが理解できたでしょうか。

【自動車事故による怪我を減らすシートベルト】
交通事故に遭った際に、シートベルトをしているかどうかで、これだけの違いが出てきます。
ハンドル外傷は防げる怪我です。
もしも、シートベルトの装着が間違っており、体が揺さぶられてぶつかってしまったときには、館林市たまい接骨院にご相談ください。
自動車事故での怪我は、早期に対応していくことが大切です。
時間がたてばたつほど回復に時間が必要になると覚えておきましょう。

交通事故や自動車事故に対して軽自動車が安全か普通自動車でなければいけないのか

交通事故や自動車事故で起こりうる怪我

【どちらが安全なのか】
自動車事故ということを考えた場合、軽自動車に乗っているのか、普通乗用車がいいのかという議論になることがあるでしょう。
まず、根本的なことですが、交通事故になってしまった場合、シートベルトをしているかどうかということが重要なのです。
結論からいえば、シートベルトをしていないのであれば、どちらも自動車事故で大けがをします。
科学的なデータも出ていますので、仮定の話ではありません。
館林市たまい接骨院でも、いろいろな怪我の施術例がありますが、シートベルトをしていなければ、内臓にも被害が及び、最悪は手術ということになるでしょう。
つまり、シートベルトを正しくしないのであれば、どちらの安全性も大した違いもありません。
もう少し進めて考えるのであれば、シートベルトをしないで運転するのであれば、車を運転するべきではないとまで言えるのです。

【シートベルトをしっかりしていた場合の交通事故は】
シートベルトを装着し、自動車事故に遭ってしまった場合、軽自動車と普通乗車を比べると、普通乗用車のほうがやや怪我が軽くなると考えられています。
これは、あくまでもボンネットがあるという前提ですが、衝撃緩衝装置として働かせるためには普通乗用車のほうが長く取れるために有利だからです。
短くなれば、それだけダッシュボードなどがドライバーに迫ってきやすくなるということもあります。
それだけ挟まれやすくなるため、交通事故としての怪我は大きくなることが予想できるでしょう。
ただし、これもボンネットの長さがあるということが重要であり、現在のミニバンのような形になれば、正面衝突したときの安全性は、そこまで大きな意味を持たないともいえるのです。
ですが、もし、交通事故の怪我を負ってしまったときには、どんな状況であっても早期に館林市たまい接骨院にご相談ください。

【自動車事故に対する安全性よりシートベルトの確実な着用】
現在の車ということを考えると、軽自動車にもエアバッグが搭載され、ボンネットを短くした分だけ、サイドドアビームの工夫などで安全性は高まっています。
その点から考えた場合には、あまり違いはなくなっているといっていいでしょう。
怪我という点では、館林市たまい接骨院で施術できますが、交通事故では何よりもシートベルトが重要な意味を持つといえるはずです。

車選びに自動車事故における安全性を考えるのであれば、まずはシートベルトの正しい着用とシート位置を考えてみたほうが間違いありません。