館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

野球で起きる具体的な怪我

オーバーユースが引き起こす野球の怪我としての背部挫傷

野球で起きる具体的な怪我

【一定の動きをする野球だからこそ】
野球は、一定の動作を繰り返す部分を持っているスポーツです。
投球フォームや打撃フォームなど、ある程度決められた形にすることで怪我を未然に防ぐようにしていきます。
しかし、強い力を与えることにより、筋肉がむりに伸ばされてしまうことで、廃部挫傷を起こすことがあるのです。
これも、軽いものから重度のものまであり、ひどい場合には筋肉組織が断裂してしまうこともあります。
もしも、筋断裂まで言ってしまえば、機能を果たすことはできなくなり、スポーツ障害として残ってしまう可能性も出てくるのです。
そうなる前に、違和感を覚えたら、館林市たまい接骨院にご相談ください。

【野球でのオーバーユースが問題】
背部挫傷は、強い衝撃を受けたときにも引き起こされる怪我です。
野球の場合には、背中に衝撃を受けるようなことはまれですので、同じ動作が問題になるといえるでしょう。
特にオーバーユースになってしまうと、危険性は数倍に上がってくると考えておくべきです。
背中周りの筋肉が硬くなってしまっているような場合には、柔軟性がなくなり怪我をする可能性が高まっていきます。
日ごろから体のケアを欠かさず、練習後にはクールダウンを取り入れ、疲労物質を筋肉にためないようにしていくことも重要なのです。

【背骨がずれる?ゆがむ?】
背部挫傷は、簡単に言えば、背中のぎっくり腰であるといえるでしょう。
館林市たまい接骨院でもよく見られるケースです。
息をするたびに、肋骨まで嫌な痛みを感じることも出てきてしまいます。
ですが、ここで勘違いしてはいけないのは、背骨がずれているとかまがっているとかで起きることではありません。
人間の背骨は、強靭な筋肉でつながれており、野球をしたから簡単に背骨がずれたりすることはありえないのです。
背骨は曲がって当然の部分で館林市たまい接骨院では、しっかりとした理論に基づき施術をしていきます。
体に違和感を覚えたら、悪化させる前にご相談ください。
できるだけ早く施術を始めていくことが、ダメージを残さないためにも大切です。

野球の怪我で見落とされやすい腱板損傷

野球で起きる具体的な怪我

【野球肩のひとつの原因】
野球をしていると、肩に痛みを覚えることがあります。
いろいろな怪我が考えられますが、その中の一つに挙げることができるのが、腱板損傷です。
野球肩と一口に言われてしまうこともありますが、あくまでも総称であり、損傷部分によっても違いがあるということを覚えておく必要があるでしょう。
その中でも腱板損傷は、腕を横から上に挙げたときに痛みが出てくるところに特徴があります。
ですが、横から90度ぐらいまでで痛みを感じるのですが、それを超えると軽減してしまうのです。
力を抜いてあげても痛みが感じられないこともあり、成長期の子供たちでは見逃してしまうこともあります。
大人の判断も必要となりますが、どうしてもこうした特徴があることから、見落としてしまう可能性がありますので、違和感があることがわかった段階で館林市たまい接骨院にご相談ください。

【見落とされやすい怪我】
腱板損傷の大半は、見落とされてしまいます。
これは、整形外科などを受信していても見逃される危険性があるのです。
似たようなものに五十肩がありますが、こちらはだんだんと上がらなくなり関節が固まってしまいます。
似て非なるものですので、原因が不明ということで見逃さないことが重要でしょう。

腱板損傷には、2つの種類に分けることもできます。
野球の場合には、オーバーユースの問題により、腱板不全断裂という状態になっていることが考えられるのです。
もう一つの腱板完全断裂は、交通事故などによって起こされることもあります。
強い衝撃を受けたときなど、原因がはっきりしているため、判別しやすいといえるでしょう。

見逃されてしまう原因は、腱板はレントゲンに移らないということが重要です。
痛みがはっきりせず、画像には映らないとすると、筋肉の問題として対処してしまい、見落としてしまう可能性が出てきます。
何か違和感を覚えたら、館林市たまい接骨院にご相談くださいというのも、こうしたレントゲンの情報だけに頼らず触診や状況判断をこまめに行い、原因の追究をしていくからです。

【怪我として重要なのが安静と固定】
対応方法としては、安静にすることが一番です。
館林市たまい接骨院でも、物理療法をとっていきますが、どの程度の度合いになっているのかを観察しながら、対処も考えていくことになります。
特に固定するということが重要となりますので、一定期間は動かすことはできなくなることも覚悟しましょう。
もちろん、野球はしばらくできません。

腰部捻挫は野球でもよく起きる怪我

野球で起きる具体的な怪我

【腰の痛みを引き起こしてしまう】
野球をしている間に、強い腰の傷みを感じてしまうことがあります。
別に原因になるようなことに心当たりがなくても、実は起きてしまうことなのです。
これは腰部捻挫であり、野球が原因となっていることは間違いありません。

腰部捻挫が起きるのは、腰の動きを繰り返し行っているからです。
野球では体の回転が重要で、投球だけではなく、走塁でも守備でもこまめに行っているでしょう。
この繰り返しの動作が、腰部捻挫という怪我の原因になってしまう可能性としてあるのです。

【野球と腰の疲労の蓄積】
野球をやっている以上、どうしても腰の動きがなければいけません。
打撃フォームでも重要ですし、投球フォームでも、腰の回転なくして投げることができないでしょう。
では、どうして起きてしまうのかといえば、そこにあるのは疲労です。
オーバーユースなどにより、疲労が蓄積してしまうと、筋肉の収縮が難しくなり、組織を損傷してしまうことになります。
そうなってしまう前に、疲労をとり、炎症回復を考えなければいけないのです。
館林市たまい接骨院にご相談いただければ、適切な対処ができますが、普段からケアを考えていかなければいけないでしょう。

【まずは館林市たまい接骨院にご相談を】
腰部捻挫を引き起こさないようにするためには、準備運動を欠かさないことが大切です。
すべての怪我にいえることですが、体を温めてからでなければ、怪我を誘発しやすくなってしまいます。
練習の終了後には、マッサージをしたりすることで、筋肉内にある疲労物質を蓄積しないようにすることが重要なのです。
こうした運動方法がわからない場合でも、館林市たまい接骨院にご相談ください。
どうしたら悪化させないようにするのか、疲労を蓄積しないようにできるのかもご指導することができます。

もう一つ重要なこととして、ストレスを忘れてはいけません。
ストレスがかかると、どうしても血管が収縮し、疲労が抜けにくくなります。
これが腰部捻挫にもつながっていくことになりますので、日々の生活の中でストレスがたまらないようにしていくことも必要でしょう。
成長期の子供たちには、こうした管理は難しいため、ストレスが発散できるように考えてあげることも必要です。

野球肘の一つである上腕骨内側上顆炎とオーバーユース

野球で起きる具体的な怪我

【野球肘のひとつとしての上腕骨内側上顆炎】
野球肘と呼ばれる怪我は、ひとつの原因ではありません。
ひじに障害が出てしまうことで、総称として呼ばれているだけで、原因はいくつも存在します。
その中の一つが、上腕骨内側上顆炎です。
テニス肘とかゴルフ肘とも呼ばれることがありますが、同じ症状であると考えていいでしょう。
ひじの内側の傷みで、筋肉の付け根になっている部分に炎症が発生している場合を指しているのです。

【野球でのオーバーユースが問題】
上腕骨内側上顆炎は、前湾の屈筋と回内筋と呼ばれる筋肉が、ひじにくっついている部分である上腕骨内側上顆に炎症が起きています。
投球動作を繰り返していると、何度もこの筋肉が引っ張られてしまうため、痛み出してくることになるのです。
もっと簡単に考えれば、オーバーユースなのであり、過度な負担をかけすぎてしまったことにより引き起こされることに注視しなければいけないでしょう。
自分でもわかるはずですが、ごまかしながらできることではありませんので、違和感を覚えたら、館林市たまい接骨院にご相談ください。

こうした炎症が起きる原因は、反力にあります。
これを利用して投球していることも事実ですが、非常に強い力がかかっているのです。
投球方法によっても問題になることがありますが、リリース時に腕が体から離れすぎてしまっていると、腕だけで投げることになり、ひじに大きな負担をかけてしまいます。
これが、悪影響を与えてしまい、どんどんと炎症を悪化させていくことになるのです。
館林市たまい接骨院では、投球フォームのチェックもできますので、悪化する前にご相談ください。

【野球は根性でするものではない】
上腕骨内側上顆炎は、怪我として放置していていいものではありません。
悪化すれば、はく離骨折に発展してしまう可能性も高く、スポーツ障害になってしまうことも出てくるのです。
館林市たまい接骨院に早めにご相談いただければ、そうなる前に対応することもできます。
特に成長期の子供たちに起きれば、大きな障害となって残ってしまう可能性があるのですから、大人たちが見てあげなければいけませんし、無理に練習させては危険なのです。

根性で野球をやる時代は終わりました。
怪我を放置し、将来にわたってダメージを残す前に、ケアを考えてあげなければいけないのです。

野球の怪我のひとつ野球肘の正体である内側側副靱帯損傷

野球で起きる具体的な怪我

【ひじの中にある靭帯の問題】
ひじの関節を細かく見ていくと、実は3本の靭帯でおおわれていることがわかります。
この3本のうち内側にあって、ひじが外側に向かないように動きを制御しているのがない側副靭帯なのです。
外に行かないように抑えているわけですが、野球の投球動作を行うと、強制的に外へ向いてしまいます。
もちろん、靭帯が抑えているからこそ反力が生まれるわけですが、だんだんと靭帯は伸びてしまいますので、やがて耐えることができなくなってしまうのです。

野球では、1回の力で切れてしまうようなことはなく、だんだんと伸びていき戻る力を失っていきます。
小さな断裂も生まれるようになり、やがて組織は劣化していってしまうのです。
もっと簡単に考えれば、輪ゴムを何度も伸ばしていると、だんだんと伸びていき、よく見ると細かな傷が生まれ劣化しているのがわかるでしょう。
この状態が、怪我としての野球肘の原因の一つになっているのです。

【野球だけではなく加齢によっても引き起こされる】
内側側副靱帯損傷は、野球だけではなく、加齢によっても引き起こされます。
年齢と共に劣化していってしまうからで、輪ゴムと同じように経年劣化を起こしてしまうため、年齢と共に起きることもあるのです。
しかし、もっと深刻な問題は、成長期で引き起こされてしまった時でしょう。
軟骨部分に付着している内側側副靱帯損傷は、やがて剥離してしまい軟骨骨障害を起こすのです。
成長期の痛みのうちに、館林市たまい接骨院にご相談いただければ、回復させる方法はあります。
しかし、放置したままになると、内側側副靱帯損傷事態に断裂を生じてしまう可能性があるのです。

【怪我の症状として】
初期症状としては、ひじ関節内に痛みを感じます。
この時点で、館林市たまい接骨院にお越しください。
だんだん加速度的に痛みが増していくことになりますが、初期段階では日常動作で無症状の可能性が高く、怪我として認知されずに放置しやすいのです。
大人がその危険性を察知してあげるとともに、痛みを感じたら、決して無理をさせないことが重要であるといえるでしょう。

重症化していくと、日常でもだるさを覚えるようになり、ひじの関節が不安定になります。
日常的に痛みを覚える可能性も高まり、さらに神経を圧迫してしまい、しびれなどの障害につながる可能性もあるのです。
危険な状態ですので、まずは館林市たまい接骨院にご相談ください。

野球肩と呼ばれる骨端線離開と怪我としての重さ

野球で起きる具体的な怪我

【野球肩の問題】
主に成長期にかけての子供のころ起こしてしまう可能性があるのが骨端線離開です。
この名前で聞くとよく分からないこともありますが、館林市たまい接骨院でもよく見かける野球肩と呼ばれている怪我です。
投球動作を繰り返すことで、骨端線と呼ばれる場所が傷つきます。
これが大きな問題になってしまう可能性もあるため、放置してはいけません。

最初のうちは、野球をしていても肩全体が重いだけです。
だからこそ、怪我としてあまり問題視しませんが、だんだんとリリース時などに痛みを感じるようになって気きます。
腕を後ろに引いた瞬間に痛みを覚えるようになりますが、重度になってくると、うでを上げるだけで痛みが出始め、安静にしていてもいたくなってしまうのです。

【成長期の怪我として起こりやすい理由】
この骨端線離開は、大人でも起きますが、成長期により起こりやすい怪我という特徴を持っています。
特に上腕骨上端部の成長軟骨に起きることが多く、リトルリーガーズショルダーと区別することさえあります。
原因としては、上腕骨にかかるひねりのストレスが原因であり、遠心力もかかわっているという特徴があるでしょう。
これが、上腕上端部の骨端線である成長軟骨に作用するため、成長期の問題となるのです。
骨端線は骨本体よりもはるかにもろいため、投球動作を繰り返した疲労やストレスには耐えることができません。

【野球ができなくなる可能性もある】
治療方法としては、館林市たまい接骨院としてもまずは安静を指示します。
投球動作をやめることが重要で、固定もするべきです。
怪我による損傷の度合いにもよりますが、修復できるまでには3か月から6か月はかかり、固定から3週間程度で運動療法を開始することが一般的といえるでしょう。
完全復帰には、早くても半年、かかる場合には1年を超えることも珍しくありません。
もちろん、その間に野球をすることはできませんので、予防が重要な意味を持つでしょう。

効果があるとされているのは、投球数の制限や変化球の禁止、投球姿勢の矯正です。
年齢が小さなうちには、変化球を投げるよりも、投球フォームを作り、コントロールを身につけたほうがいいでしょう。
スポーツ障害にもなってしまうものですので、違和感を覚えるようなことがあれば、早い段階で館林市たまい接骨院にご相談ください。
後遺症は比較的少ないものでもありますが、最悪は上腕骨頭無腐性壊死といったことも起こせば機能を失ってしまうことになるからです。

野球の怪我としてオーバーユースから起きやすい関節遊離体

野球で起きる具体的な怪我

【無理な練習が引き起こす】
野球をやっていると、怪我をするということを考えなければいけません。
一瞬の負荷や衝撃、フィジカルコンタクトによる怪我もありますが、長年の負担が怪我を誘発させることもあります。
ピッチャーは、長年の投球により、ひじや肩に負担がかかります。
1球投げるごとにダメージが残るのは、体重と同じぐらいの負荷がかかってくるためです。
これが、体を蝕んでいくため、野球をやっているうえでの悩みになってしまいます。
体ができていない状況の子供たちには、特に注意してあげなければいけないことなのですので、無理な練習を繰り返してしまうということは、一生に関わることすら起きるのです。

【野球でよく起きる怪我として】
よく起きる怪我として、関節遊離体があります。
関節ネズミという名称でも呼ばれるのは、関節の内部を動き回ってしまうからです。
正確には、離断性骨軟骨炎であり、はがれた軟骨が関節面から遊離している状態を指しています。
野球で起きてしまうのは、骨同士の衝突でも発生しますし、オーバーユースでも起きることだからです。

この関節遊離体は、通常ではあまり違和感を覚えません。
ところが、関節のどこかに挟まった途端に、ロッキングを起こし、ひじがうまく動かなくなり激痛を引き起こしてしまうのです。
関節としても、支持力を失ってしまうことになり、ひざなどで起きれば歩行困難になることも珍しくありません。

関節遊離体は、最初は小さなものです。
ところが、関節内にある豊富な栄養素を吸収し、だんだんと大きなものに成長してしまうことが大きな問題なのです。
子供のころに剥がれ落ちてしまった関節遊離体が成長し、大人になってから問題になることもあるのは、こうしたプロセスをたどるからといえるでしょう。

館林市たまい接骨院でできること】
対策としては、関節遊離体を除去してしまうことが一番です。
しかし、野球をやっていると、メスを入れることを敬遠したい人も多いでしょう。
館林市たまい接骨院としては、関節の炎症を抑えるために、安静にしてアイシングする方法をとりながら、保存療法をとることもできるのです。
ただし、大きくなって骨化した場合には、外科手術を取らなければいけないケースとなってきますので、館林市たまい接骨院から整形外科をご紹介いたします。