館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

冬場のランニングは念入りなウォーミングアップから

院長の日記

冬のランニングにかかる負担

今年は、たまい接骨院のある館林もかなりの寒さです。
この時期だからこそ、走りたいと思う人もいるでしょう。
マラソンのトレーニングにはぴったりではありますが、夏ほどの体のダメージが蓄積しないところがポイントです。
ただし、これだけの寒さになると、いろいろと問題が出てきます。
特に怪我に関して言えば、冬は条件がいいとは言えません。

冬のように気温が下がると、体は必ず冷えます。
冷えれば、その分だけ血流が悪くなってしまうのが人間の体です。
血流が悪くなると、筋肉は固まってしまいますし、心臓にも負担がかかります。
つまり、冷えたまま運動をするのは、体にダメージを与えることになるでしょう。
徐々に温めてから、ランニングをしていかなければ、体に負担をかけて怪我をするのは当然です。
時間がないといいながらも走り出す人に多いパターンですが、怪我をするために走るわけではないでしょう。
必ずウォームアップしてから走るようにしなければいけません。

ウォーミングをしても、いきなりはやい速度で走りだしては、負担が増えてしまいます。
徐々にペースを上げていけば、体温も上がっていきますし、筋肉の負担も下がって走れるようになるでしょう。
長く走る場合でも同様です。
初めはゆっくりと進みながら、徐々にペースをあげなければ、体も慣れてこないため、大きな怪我につながる可能性が高まります。

大事な走るときの服装

今のように寒い時期では、必ず服装を考えるべきです。
走ればあったかいのは間違いありません。
ですが、健康に走るためには、しっかり考えていかなければ、怪我につながってしまうでしょう。
寒い日の場合、上にはウィンドブレーカーを着用するところがポイントです。
風を防ぐだけで、体温はかなり下がりにくくなるでしょう。
首元には、ネックウォーマーをつけて、手袋をしておけば、体温低下の帽子ができます。
夕方以降に走る場合にはライトや反射材を服につけるのも忘れてはいけません。
館林たまい接骨院でも、こうした状況で交通事故に遭った例はあります。
自分がわかっていても、他の人からは認識できない状況は、大変危険なことを忘れてはいけないでしょう。

空気の乾燥も忘れてはいけないところです。
走っていると気が付かない場合もありますが、水分はどんどんと失われてしまいます。
いたるところから汗をかき、体の水分は外に出ていってしまいますので、空気が乾燥する季節なのですから、水分補給はしっかりとしないといけません。
実際にあまり警戒しない人もいますが、冬場でも脱水症状を起こし、熱中症になるリスクはあります。
蒸発しているから気が付きませんが、相当の汗をかいているからです。
この時には、一回に大量に水分をとってはいけません。
これがまた体を冷やしてしまうため、できるだけ少量ずつ飲むのがポイントです。
常温の水やスポーツドリンクにすると、さらに効果をあげられます。
注意するべきなのは、コーヒーやお茶です。
利尿作用があるため、これで脱水症状を起こしてしまうことが問題となるでしょう。

怪我をしないような状況を作ること

この時期に運動するのは、体が冷えている状態を理解しておく必要があります。
もしも、転んでしまったときに、筋肉が冷えて固まっていたらどうなるかを考えてみるとわかりやすいでしょう。
ちょっとでもバランスを崩して転べば、衝撃を吸収するはずの筋肉がうまく働きません。
当然強い衝撃を受けるのですから、大きな怪我をします。
館林たまい接骨院では、こうした怪我も対応できますが、まず危険な状況にならないような工夫が必要でしょう。
そもそも、筋肉が冷えて、動きも鈍くなってしまっています。
間接にも衝撃がいきやすく、ダメージも増えてしまう状況です。
体の保温ができていなければ、それだけの怪我をすると考えなければいけません。

寒いからといって、運動をやめる必要がないのは、実は基礎代謝で考えれば冬が一番良い時期にもなるからです。
ダイエットを考えている人でも、この時期であれば、効果的に進められるのがポイントです。
運動量が夏場と変わらなくても、効率は高くなるのですから、運動をする意味もあるでしょう。

せっかく運動するのに、怪我をするのはあまりにも意味がないことです。
館林たまい接骨院に通院していただければ、回復できることもいっぱいあります。
ですが、根本的に怪我をしないように考えるのが、もっとも大事なことです。
筋肉の怪我でも、骨の怪我でも、最新の機材で館林たまい接骨院は対応できます。
鍼灸を使った対応もできるため、早期の復帰も目指せるようにはなるでしょう。
運動をするのであれば、まず基本的な準備運動を忘れないようにするとともに、クールダウンや脱水症状に関しても忘れないようにするのが大切です。

館林たまい接骨院では、整形外科では判断できないような怪我でも、問診と触診から判断できます。
怪我をしたら、痛いのが当然です。
状況からも判断し、なぜ怪我をしたのかを考え、対応できますので、治りが悪いと悩んでいるときにも、まずはお越しください。

雪で転倒したら大けがになる

院長の日記

雪で転倒した時の怪我

たまい接骨院のある館林でも、雪が降れば、確実に怪我が増えます。
転倒での怪我は、力がうまく入らずに、衝撃に耐えられるように構えられないこともあるでしょう。
大きな怪我になってしまう場合も出てくることを考えると、安心してはいられません。
予測できていれば、怪我に備えられますが、雪は大変滑ります。
自分は大丈夫と思っていても、危険は高まることになりますので、どんな怪我をしてしまうのかも考えていかなければいけません。

雪の状況も含め、転倒した場合にもっとも怪我しやすい場所は東部です。
次に脚や腰の怪我になりますが、頭部と脚部だけでも7割になってしまうことから、大半が集中しているのがわかります。
男性の場合には、頭部が圧倒的で、女性は腕も腰もぶつけてしまうような怪我が多いのも特徴といっていいでしょう。

雪の中で滑って転倒してしまう状況では、骨折するような怪我が圧倒的です。
力がかかっても、自分で踏ん張るようにできない場合も多いでしょう。
特に女性は骨折する割合が多いため、転ばないように注意していかなければいけません。
特に怖いのは、70代の怪我です。
この年齢以上になってくると、転倒した時には半分以上が骨折してしまうというデータがあります。
若いうちには脱臼で済んでいても、年齢とともに柔軟性が失われ、骨折する可能性が高まってしまう危険が出てくるでしょう。
館林たまい接骨院では、こうした怪我も対応できますが、かなり重いけがになりやすいため、十分に気をつける必要があります。

降った次の日が危険

1月に降った雪では、東京都内では4年ぶりの大雪になりました。
たまい接骨院のある館林でかなりの雪になったわけですが、多くの人が搬送される事態にもなったのは忘れてはいけないところでしょう。
年齢層を見てみると、60歳から64歳が最も多かったとデータが出ています。
東京は雪慣れしていないからと思うかもしれませんが、たまい接骨院のある館林では、東京都心よりもさらに雪を見かけません。
関東南部で雪が降っても、館林たまい接骨院の周りでは降らないことも珍しくないでしょう。
その環境の中で、転倒することになれば、東京都心よりも危険な確率は高くなります。
ですが、若いからといって安心してはいけません。
若い年代になると、雪が降った経験も少ないでしょう。
たまい接骨院のある館林では、大雪になるケースは非常にまれです。
数える程度しかない場合もあるのですから、十分な備えが必要になります。

週末に雪が降りそうですが、実際に転倒する危険性が高まっているのは、実は次の日です。
当日ではない点に注意していかなければいけません。
これは、凍結してしまい、思っても見ないところで転倒する危険が高まるからです。
では、今回の雪を考えてみると、前回の雪が残ってしまっている場合があります。
日の当たらない駐車場では、まだまだ凍っている状況も見かけるでしょう。
その上に雪が積もってしまえばどうなるのかを考えなければいけません。
当然転倒しやすくなりますので、雪が降って下が見えないような状況では、歩き方を含めて十分に注意していかなければいけないでしょう。
時間にも余裕を持ち、周囲に気配りしながら、安定したたるき方をして、怪我を防いでいかなければいけません。
焦ってしまうと、バランスも崩しやすくなりますので余裕を持って行動するのが、怪我の防止には重要になってきます。

雪が降ったときの歩き方と注意点

院長の日記

また雪が降りそうですが

たまい接骨院のある館林もかなり寒くなってきて、また雪が降る予想も出ています。
寒さはまだまだ続きますので、健康には十分に注意していかなければいけません。
金曜日には、また雪が降る可能性が高い中ですが、転ばないようにすることが重要になってくるでしょう。
転倒してしまうと、大きな怪我にもつながってしまいますので、出て歩かないのが一番です。
ですが、生活していると、そうはいかないものでしょう。
仕事にもいかなければいけませんし、食事の買い出しも必要です。
その中で、どうやって安全に過ごすのかがポイントになってきます。

雪は大変滑りやすくなるのが問題です。
特に今回は、下が凍っているところもあるでしょう。
その上に雪が降ってきますので、とにかく転倒しやすい条件がそろってしまいます。
たまい接骨院のある館林では、そこまで頻繁に雪が降りません。
どうしても雪慣れしていないことが、大きな怪我になってしまう場合が出てきます。

歩き方のポイントは、小さな歩幅で歩くという方法でしょう。
大きな歩幅にしてしまうと、その分だけ足をあげます。
バランスを考えれば、重心が大きく移動していくため、体に負担がかかるでしょう。
滑りやすい状況を考えると、バランスを崩して転倒しやすくなるために、小さな歩幅で歩くのがポイントです。
歩幅を小さくすると、体も揺れにくくなります。
左右の幅も狭くなって安定させられるため、滑るのを防ぐ第一歩になるでしょう。

時間にも余裕を持って

歩き方にもコツがありますが、靴の裏をつけるように歩くことがポイントです。
館林たまい接骨院の周辺を見ていると、こうした歩き方ができる人は少ないでしょう。
重心を意識的に前にして歩くだけでも、足の裏の全面が路面をとらえるようになっていきます。
ツルツルの状態でも、すり足のようにして歩くと、転倒防止できるようになるでしょう。
しかし、足の裏が地面についたままになると、これが滑る原因につながっていくため、足は軽くあげながら歩く方が安全です。
つまずいて転んでしまう問題も、解消することができるでしょう。

実際に雪が残っていることもあります。
現在の館林たまい接骨院周辺でも、まだまだ雪が残っている場所もあり、完全にすりあしというわけにはいかないこともあるはずです。
その時には、足の裏が平らであることを意識し、足の裏がしっかりと地面につくように小さな歩幅で歩くようにしましょう。
これで、転倒は驚くほど減っていきます。

大事なことですが、何事にも焦らないようにもしなければいけません。
心のどこかに焦りがあると、どうしても余裕がなくなります。
歩き方を覚えても、急いでしまえば転んでしまう場合も出てくるでしょう。
怪我をしてしまえば、それだけで大きな痛みにつながります。
館林たまい接骨院で施術したとしても、夏よりは結構も落ちてしまうために、どうしても治りも悪くなるでしょう。
雪が降っている中だと、移動に時間がかかり、焦ってしまう場合も出てきます。
その中でも、余裕を持っていれば、ここは滑りそうだとか、寒暖もできるようになるはずです。
この時期に、携帯電話のながらある気も大変危険を招きます。
注意力も散漫になりますし、バランスもうまくとれません。
自分が転倒するだけではなく、だれかを巻き込むようなことも出てきますので、絶対にやめましょう。
焦ってしまうと、ゆっくりと確実に歩かない状況ともなってしまいます。
歩き始めと速度を変えると、容易に転倒してしまう場合も出てきますので、十分に注意していかなければいけません。
いつもよりも、時間に余裕を持って行動するといいでしょう。

今年も1年よろしくお願いいたします。

院長の日記

あけましておめでとうございます。
今年も一年、たまい接骨院をよろしくお願いいたします。

cd272fbade2abeb137b2fda57a33fd49_s

新年は4日より開院いたしますので、皆さまよろしくお願いいたします。

寒さが原因になってくる肩の痛み

院長の日記

冷えてきて出てくる肩の痛み

今年の残りもわずかになりましたが、非常に冷えてきています。
本当に雪になるのではないのかという状況ですが、この季節になると、肩こりに悩まされることも少なくありません。
寒さが厳しくなってくると、体もどんどんと冷えてくることになります。
館林たまい接骨院がある地域も、本当に寒くなってきました。
こたつに丸まっていたりすると、肩こりに悩まされることも出てくるでしょう。
本来であれば、背筋を伸ばして生活するところですが、どうしても縮こまってしまうことも出てきます。
これが血行不良につながっていくことになりますが、肩こりの原因にもなってしまうのが問題です。

筋肉の緊張ということがかかわってくるのは、膝などの痛みも同じで、老廃物がたまりやすくなることがかかわっています。
気温が低い場所では、人間は自分自身を守るために、自然に縮こまらせて、震えるようにして体温をあげることがポイントです。
そうなると、自然と力が入ってしまい、血行も悪化するのが悪循環の始まりといえます。

肩こりの原因を考えていくと、この季節特有の運動不足も考えていかなければいけません。
どうしても外に出たくなくなる寒さです。
そうなると、体を動かすことが少なくなり、老廃物が筋肉にたまりやすくなります。
本来であれば、血行が良くなれば押し流していくことになりますが、運動をしないがために溜まっていってしまうという悪循環です。
どんどんと悪循環は加速し、肩こりもひどくなっていってしまいます。
何ら変化のないことだと思っていても、体にはどんどんとダメージの蓄積が見られるようになるのも当然です。
こういった痛みでも、まずは館林のたまい接骨院にご相談ください。
年明けからでも遅くはありません。
早く回復させることができれば、それだけダメージの回復も早まるからです。

自己防衛本能からくる肩こり

寒さからくる肩こりの原因のひとつが、人間の体の構造にあります。
自己防衛本能のひとつですが、環境の変化に対して体を壊さないように守ってくれている現象です。
単純な方法として、体を暖めれば済むため、暖かい格好をするということが重要ですが、ここに問題があります。
あまりに厚着をしてしまうと、体は動きにくくなり、血行も悪化することになるでしょう。
動きが取れないことによるストレスも出てきます。
そこで、ホッカイロなどを貼って温めることもポイントです。
これだけでも大きな違いが出てきますので、肩こりがひどい人は取っておくことも対処になります。
この時に手足を温めるよりは、おなかに貼ったほうが効果はあるのは、なかなか発想的に出ないかもしれません。
体の中心から温めていくことで、血液も温まり、全身に走っていくからです。
血行障害ということでも、対応方法になるでしょう。

寒くなると、筋肉が収縮してしまうことでいろいろな怪我をすることも出てきます。
館林たまい接骨院でも、まずは温めるということが筋肉のこわばりをほぐすポイントになってくるのは間違いありません。
もっと単純に考えれば、ホースを手でつかんで力を入れれば、水も通りにくくなります。
これが筋肉の中で起き、肩こりにつながっていってしまうのですから、血管の萎縮をさせないようにすることがポイントです。

温かくすることが重要ですが、端的に言えば、乾布摩擦でも改善することができます。
手でさするだけでも血行は変わってくることも覚えておくといいでしょう。
人間の手には不思議な力があるわけではなく、刺激によって血管が拡張されて起こります。

ストレスが要因になってくることがある

館林たまい接骨院でも施術例が多い肩こりですが、さまざまな機器を駆使して改善させていくことができます。
鍼灸もできるのが大きなポイントで、館林のたまい接骨院の特徴です。
その中で、よく考えていかなければいけないのが、ストレスの存在といっていいでしょう。
館林たまい接骨院の施術だけではなく、普段からの対策も考えていかなければいけない点です。

人間には、さまざまなストレスがかかります。
生活の中だけではなく、仕事でもかかってくるでしょう。
いろいろなストレスがかかりますが、うまく発散していかなければいけません。
このストレスが溜まってくると、コルチゾールというストレスホルモン物質ができることがわかっています。
この物質が傷みを誘発することが問題です。
人間は、ストレスを感じることがさまざまな問題を引き出していきますが、感受性が高い人は、こうしたストレスに弱いこともわかっています。
寒さによって肩の痛みが出ることはあっても、明日雪が降るといわれていたくなることはないと思うはずです。
ところが、ストレスが原因になっていると、こうした情報だけでも痛みが出ます。
これは、頭の中に、寒さと肩こりというかたちができあがっており、寒くなると思うだけでも痛みが出てしまうのです。
なにもテレビなどで見るだけではありません。
すれ違った人が寒くなりそうだねと会話をしているだけでも、引き金になってしまうことが出てきます。
テレビのCMでも起きることです。
これがストレスの怖さであり、体に大きな影響を与えてしまう要因といえます。

対処方法としては、ストレス発散を心掛けることでしょう。
普段からストレスをためないようにしておけば、少々のストレスでは対応しなくなります。
敏感に感じているのであれば、暖かな場所に移動するというだけでも、ストレスを感じなくなるでしょう。
館林たまい接骨院で、肩こりを解消させてしまえば、こうした心配もいらなくなっていきます。
早めに対応してしまうことが一番ですので、あとに残さないようにしておきましょう。

寒いからこそ考えていく対策は

院長の日記

冬になり膝も痛くなる季節

冬になり気温が落ちてくると、どうしても関節が痛くなるようなことが出てきます。
スポーツの怪我としても考えていかなければいけません。
走ったりするだけでも、人間の膝には強い力がかかっていきます。
バレーボールやバスケットボールといった球技でも力がかかり、怪我をして可能性は十分に考えられることです。
館林たまい接骨院でも、この時期になると多くみられるようになる怪我のひとつといえます。

寒さと怪我の関係を考えてみると、強い関係があることが見えてきます。
首筋や肩こりといったことも関係してきますが、寒くなると血管の収縮が起こりやすくなることが大きな影響を与える原因です。
酸素も栄養も供給されにくくなる問題があります。
循環されにくい状況になるのですから、当然のことになるでしょう。
筋肉は硬くなりやすく、老廃物もたまってしまいます。
これが大きな問題であり、血行の悪化がさらに悪くすることになるのですから、寒さ対策を考えていかなければいけません。

館林たまい接骨院でも、姿勢を小さくしたりしないように指導しますが、寒くなるとどうしても小さく丸まってしまいがちです。
これが、さらに悪化させる要因で、血行がどんどん悪くなります。
筋肉も固まってしまうことになりますので、できるだけ服装を軽くするとともに、暖かな洋服を着ることがポイントです。
実際に末梢神経の圧迫や損傷も起きることから、防止策を考えていかなければいけません。

適度な運動が体を温める

スポーツをするうえでも、体を暖めることが重要です。
準備運動ということは、館林たまい接骨院でも指導することができますが、温めるとともに睡眠と休憩をしっかりとっていけば、体には老廃物もたまりにくくなります。
そのうえで運動をすることが、体の機能を発揮させるポイントです。
成績を残そうと思えば、練習をすることが大切ですが、それだけではだめだということになるでしょう。

体の活動性を高めるということでは、血行を停滞させないようにしなければいけません。
どうしても厚着をしがちですが、体は動かなくなるでしょう。
これはスポーツをするということだけではなく、普段の生活から考えなければいけないポイントです。

普段からの生活を考えた場合には、適度な運動が重要になってきます。
ウォーキングやストレッチをするのは、大変効果的です。
膝などが悪くないということが条件ですが、歩く場所が少なかったりするときには縄跳びもいいでしょう。
間接を動かすことになりますし、腕もまわすことになるため、体が温まり血行が改善していきます。
縄跳びといっても、縄がなくても、その場で軽くジャンプ運動をするだけでも効果が出る方法です。
ただし、膝や腰が悪い時には、避けなければいけません。

服装ということでは、保温性の高い衣服を考える必要があります。
ヒートテックなどのインナーをつけるだけでも、かなり暖かくなるでしょう。
服装としても軽くなりますので、負担が減ってきます。
指先やつま先なども冷えないように温めておくことも必要です。
こうしたことを繰り返していくだけでも、対策として有効になってきます。

それでも、痛いところが出てくることは予想できることです。
辛さを感じた時には、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。

食べ物から体を冷やさないように

体を冷やさないことが、けが防止には確実に効果をあげていきます。
負担を減らすことも同時に考えていかなければいけないでしょう。

怪我をしたときには、館林たまい接骨院が対策になりますが、まずは健康な体を作ることが必要になってきます。
そのためには、食を考えることが必要です。
代謝をあげていくことがポイントになってきますが、黒い食品がよいとか、根菜が良いなどいろいろといわれてきました。
そのうえ、精製されたものは食べるべきではないといったことまであります。
白米は体を冷やすといわれたりしますが、これは誤りです。
本当に何がいいのかといえば、炭水化物はエネルギーに変換することができます。
体温が下がっているときに炭水化物や糖質を取れば、体の中でエネルギーを作る基礎になるといえるでしょう。
ただし、それだけではなく、ビタミンや酵素も取らなければ、効率は上がりません。

体温をあげる香辛料もあります。
唐辛子に含まれるカプサイシンはよく知られるようになりましたが、実際には大量に摂取しなければならないところが問題です。
コショウにはピペリン、ショウガにはガラノクトンやジンゲロールといった物質が含まれており、血行改善に役立ちます。
ですが、これらを大量摂取するのは、健康にも良くないため、バランスよく摂取することが必要です。
他にもニラやネギ、ゆず、山椒といったものも血行改善に向いているので、うまく活用するといいでしょう。
鍋にしたりすれば、効率的に摂取することができるはずです。

肉類も効果をあげることができますが、食べれば食べるほど、エネルギーを使って消火しようとすることがポイントです。
食事誘発性熱産生と呼ばれる現象ですが、これだけで温まることになります。
ですが、あまり好きではない人もいるでしょう。
その場合には、魚や卵、大豆食品を中心にしていくだけでも、近い効果をあげていくことができます。
肉はいくら食べても太らないということも言われるようになりましたが、バランスを取ることが重要です。

食事をする際には、よく噛むことも忘れてはいけません。
これだけでも、基礎代謝が上がるからです。

簡単な運動からひざ痛対策

館林たまい接骨院でも、膝の怪我は良くあることです。
問題は、怪我を施術するということだけではなく、リハビリを考えることにあるでしょう。
怪我を長引かせてしまうのではなく、元のように戻していくことが必要だからです。

実際に膝の怪我を抱えている人は多く、変形性膝関節症で悩まれている人は、全国に2500万人にも及ぶとされています。
とんでもない数であることがわかりますが、負担を減らしていくとともに、リハビリをしていかなければ、辛い思いを続けることになるでしょう。
間接の動きを柔らかくするようにしていくだけで、傷みも実際に和らいでいきます。
簡単なものとして、椅子に座って、片方の足を水平に伸ばし、5秒程度とめておろすことを繰り返すだけで、太ももの筋肉を鍛えることが可能です。
内側の筋肉は、横向きに寝て、上の足を少し開くように5秒とめます。
これを繰り返していくだけで、十分に対策になるのがポイントです。

曲げ伸ばしがつらい時には、足を延ばして座って、かかとの下にタオルを置き、そのまま膝をゆっくりと曲げるように滑らせてきます。
あとは伸ばすだけで、改善運動ができるのですから、日々の生活に取り入れていくことができるでしょう。

どの方法でも、動かすという意思が大切です。
筋肉を鍛えていくだけで対策になることを考えれば、徐々にでも取り入れていくべきでしょう。
O脚改善といったことにも効果をあげることができますので、ひざ痛で悩んでいるときには、館林たまい接骨院にご相談いただくとともに、生活に取り入れていくべきです。

今年も一年ありがとうございました

院長の日記

今年も一年、皆様方には大変お世話になりました。
本年も残りわずかではありますが、健康には注意し、怪我などをなさらないようにお気を付けください。
寒さもまだまだ続くと思われます。
もしかしたら、雪が降るようなこともないわけではありません。
体にも響きますので、十分にお気を付けいただくよう、お願いいたします。

123

館林たまい接骨院は、新年は4日から営業いたしますので、よろしくお願いいたします。

もしも雪が降ったときの運転は

院長の日記

雪が降ってしまったら

今年も残りが少なくなりましたが、かなり冷え込みも激しくなってきています。
雪が降る可能性も否定できない中、もしもの時には車の運転を考えなければいけないでしょう。
館林たまい接骨院の周辺では、ほとんど雪も降りません。
その中で運転をしなければいけないとなると、とても危険なことが起きてきます。
どんなことが起きるのか、交通事故につながってしまう可能性があるのかということを再認識することで、運転を辞めるという選択も考えることができるでしょう。

たまい接骨院のある館林では、雪にはなれていません。
乗車する際には、慎重な操作をすることが重要になってきます。
自分は大丈夫とおもって考えると、大きな問題になってしまうことが出てくることは覚悟しなければいけません。

まず、車に積もった雪を落とします。
乗せたまま走っている車を見かけますが、突然フロントウィンドウに落ちれば、視界がなくなってしまうでしょう。
後方に落ちれば、後ろからきている車にぶつかります。
非常に危険な状態となることから、注意しなければいけないポイントです。

基本として、走り出したら急な運転は絶対にしないということを忘れてはいけません。
タイヤは冷たい氷の上などでは、正確に路面をとらえることができないからです。
急ハンドルだけではなく、急ブレーキや急加速といったことも避けなければ、すぐに事故につながってしまいます。
非常に危険性の高い状態であると認識し、慎重に運転することが求められるということです。
大きな交通事故になってしまうことからも、スノータイヤを履いていても、危険な状態であるということを認識しましょう。

このような状況で交通事故を起こすと、非常に大きな力がかかることになります。
操作もできなくなり、避けられなくなるからです。
むち打ちなどで済まないようなことも出てきます。
避けられないということで、速度が遅くても大きな事故になりますので、もしも、交通事故にあってけがをしたときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。

路面の状況が大きく変わる

路面はどんな状態なのかを考えます。
滑りやすく状態になっているという認識を崩してはいけませんが、冬の道路は状況がどんどんと変化している状態です。
たまい接骨院のある館林でも、路面が凍ってしまっているときが良くあります。
橋が少ない地域ではありますが、国道354線の小桑原跨線橋のような大きな橋もあるでしょう。
つなぎ目になっている部分には、伸び縮みを吸収するために、鉄の部品が使われて路面に露出しています。
これが凍っていて、滑るということはよく発生する事案です。
不意に滑ってしまうことで、大きな交通事故になってしまうこともあります。
滑るということが念頭にあれば、回避できる部分なのですから、日があたっているかどうかを含めて、よく見ながら運転しなければいけません。

たまい接骨院のある館林で本当によく見かけるのは、車間距離の不足です。
ぶつかってしまえば、前の車は強い衝撃を受けて、むち打ちになってしまうような交通事故になりやすいのは間違いありません。
雪が降ったりすれば、確実に制動距離が伸びていきます。
タイヤが路面をとらえることができないからですが、思うような操作もできなくなってしまう問題も考えるべきでしょう。
止まることができず、曲がることもできないのは、こうした理由があるからです。

雪が降ることによって、路肩が見えなくなることも出てきます。
たまい接骨院のある館林は豪雪地帯ではありませんので、ガードレールが見えなくなるほどはありませんが、縁石は見えなくなるでしょう。
これが、大きな危険をもたらすことになります。
ほんの少しでも運転を誤れば、普段当たらないものにもあたることになるでしょう。
もしも、人のいる方向にでも行けば、大参事も招きます。
できるだけ中央付近を走るようにするだけでも避けることができるのですから、こうした事態が起きることを想定しておかなければいけません。

3倍の距離を取ることの意味を考える

路面の状態から、ブレーキとコーナリングを考えていく必要があるでしょう。
なぜ考えなければいけないのかといえば、タイヤが路面をとらえていないからです。
力が伝わらなくなってしまうということは、車は思っているような動きを見せません。
ブレーキをかけて止まりたくても、タイヤはロックしたまま滑っていくことになります。
雪の中では、こうした状況が起きるため、教習所でもならうポンピングブレーキが有効になりますが、実際にこのような状況でできるわけがありません。
プロドライバーなどではないのですから、瞬時に効果的にできるのは、マンガの世界です。
では、どうするのかといえば、できるだけ余裕を持ってブレーキをかけることを心がければいいということになるでしょう。

ハンドルをきるという操作を考えても、路面の状況が悪い雪が降っていたり積もったりすることが影響します。
止まらないのですから、単純に曲がりません。
曲がらない以上、曲がるようにするのはどうするかを考えなければいけないでしょう。
つまり、タイヤが路面をとらえることができる状態で進むことです。
速度を落とし、できるだけ手前からハンドルを切るようにすれば、それだけ安全に曲がれる可能性が高まります。
十分な減速が必要になりますが、最低でも3倍の距離を取って減速することが基本です。
特に下り坂では、多くの減速が必要になります。
もちろん、3倍ということで考えれば、かなりの距離を必要にするため、速度を出さない運転が求められるでしょう。

最近の車にはABSがついているから大丈夫という人もいますが、とんでもない誤解です。
機械制御でポインピングブレーキの代わりはしてくれますが、結果的に操縦するのは人でしかありません。
過信すれば、当然大きな事故になります。
タイヤがスノータイヤであっても同じです。
止まらない、曲がらない状況を考え、運転をすることを意識していかなければいけないといえるでしょう。
雪が降るということは、運転には大きな障害になることは確かです。

雪が降ったら運転自体を考える

雪が降ることがわかったら、車のワイパーは立てておきましょう。
ゴムが張りついてしまうこともありますし、雪の重みで曲がって使えないことが出てきます。
サイドブレーキも引かないことが鉄則です。
ワイヤーが凍り付いてしまうことがあるため、外せなくなる事体が発生する危険性があります。
マニュアル車であれば、傾斜している方向を見て1速かバックにギアを入れておく、ATならパーキングに入れるだけで対処可能です。
エンジンは切って停車することも考えなければいけません。
寒いからといってかけっぱなしにすると、やがて雪が積もり、排気ガスが車内に入ってしまう事態が考えられます。
雪で通行止めになるようなときには、こうした事故が起きていることを知らなければいけません。
非常に危険なことであり、十分な注意をする必要があります。
スキーに行ったりするときに、仮眠をとるときにも十分な注意をする必要があるでしょう。

たまい接骨院のある館林で、大きな雪が降らない保証もありません。
降るかもしれないと考えておけば、さまざまな対処ができます。
大きな交通事故を起こせば、命取りになる可能性もあるでしょう。
怪我であれば、館林のたまい接骨院で対応することができますが、雪が降ったときには、もう一度運転するべきかを考えてみることが大切です。
それほど、この地方は、雪が降る状況に弱いことを思い出さなければいけません。

寒くなると辛くなってくる肩の痛みの正体は

院長の日記

寒さと肩の痛みの関係

11月を前にして、とても冷え込んできました。
館林たまい接骨院でも、びっくりするほどの気温になっていることがあります。
先日の台風が熱帯低気圧になりながらも発達したことが、極端な冬型を招いたということになりますが、ちょっと冷えすぎです。
こうなると、館林たまい接骨院でも、肩の痛みを訴える方が増えてきます。
風邪などに気をつけるだけではなく、こうした肩の痛みということも、寒さに関係してくるからです。
肩こりがひどいと思われる方は、よく考えておかなければいけません。

大きく分けると、原因は2つに絞られることが見えてきます。
もちろん、外傷を受ける怪我は別として考えていきますが、だれもがわかるところに行きつくはずです。
そのひとつが、血行不良にあります。
寒くなってきたのを感じるはずですが、ここに問題があることを見逃してはいけません。
肩や首には、さまざまな筋肉があり、血管が通って酸素や栄養を運んでいきます。
冷えてくると、筋肉は緊張して耐えようとしますが、この時に血管も圧迫されることになり、血行が悪くなるのが問題です。
そうなると、酸素もいき届きにくくなりますし、血液によって温められるようなこともありません。
さらに悪いことに、筋肉で作られる疲労物質も運び出せなくなります。
そうなると、筋肉はうまく動けなくなり、だるさも感じるようになるでしょう。
これが、神経も圧迫することになり、痛みも起こしてくるようになります。
首筋まで広い筋肉が走っていますが、だんだんと吐き気なども生じるようになり、頭痛を併発するなど、辛い痛みを引き起こす原因です。
館林たまい接骨院でもよく見られるケースであり、この寒さの中で冷やしたりすれば、必然的に起きるでしょう。

人間の体の中でも頭部は最も重い部分です。
当然のことながら、その重みを支えなければならない以上、冷えてしまえば辛い肩こりにつながっていきます。
それだけの筋肉が動いているのですから、冷えないように考えることが必要です。

洋服の着方を考えてみる

もうひとつの原因も、寒さに関係してきます。
それが、寒さによって縮こまるということです。
館林たまい接骨院の周辺でも、かなり寒くなってきました。
そうなると、体は自分自身を守るため、体を小さくして防御しようとします。
これが自然な反応ですが、縮こまって筋肉を収縮させ、震わすことで熱を出そうとするのですから、やはり血行が悪化してしまうことがわかるでしょう。
当然ですが、酸素もいきわたりませんし、疲労物質も流れにくくなります。
強度に緊張させ続けるということは、それだけ肩こりを誘発させる原因です。

同じ態勢を続けるということも、同じような原因になると考えられます。
負担をかけるということでは、重いものを持ち続けたりすることも肩こりを引き起こす原因です。
もちろんですが、冷房によって冷やすことでも起きるため、夏場でも同じようなことが原因となってしまいます。
この時期になれば、たまい接骨院のある館林は風も吹きますし、体を冷やさないような恰好をして悪化しないような対策をすることが、型の痛みを軽減できるともいえるでしょう。

ただし、ここで考えなければいけないのは、服の重みも肩にかかるということです。
そうなれば負担が増えることになりますし、猫背になってしまうことも出てくるでしょう。
体がうまく動かなくなってくるため、当然負担がかかります。
ストレスもかかるようになり、肩こりが加速してしまうということになるでしょう。
冷えないようにするということが、その分の負担になってしまうことも出てくるため、防寒対策はするとしても、血行が悪くならないような配慮が必要です。

つまり、無駄な重ね着は逆効果になってしまいますので、適切な方法を考えていかなければいけません。
インナーは、速乾性と保温性を考えた機能性インナーがいいでしょう。
ただし、こうしたインナーは汗を吸って蒸れなくすることがポイントになってくるため、フィットした物を選ばなければいけません。
次の中間着は、隙間をつくることが重要です。
この空間が暖かな空気を作り出すため、セーターなどが有効でしょう。
フリースも軽くて向いています。

上着は外気の温度を遮断するということが重要です。
枚数を重ねれば効果をあげるというわけではありませんので、ダウンジャケットなどが軽量で効果的です。
ニットやフリース素材もあったかいように見えますが、風を通すことになるため、せっかくの温まった空気を逃がしてしまいますので、注意しなければいけません。
実際に重い上着を着ることによって、肩に負担をかけてしまうことになりますので、できるだけ軽い素材を選ぶことがポイントです。

ストレッチやお風呂で予防と回復

肩の痛みということでは、館林たまい接骨院で施術することで対応できます。
ですが、普段からストレッチをするということで予防することも重要です。
単純なところでは、姿勢が悪化してしまわないように、座ったままの状態から立ち上がるということが基本となるでしょう。
意識して立ち上がり、背筋を伸ばすというだけでも、体が動くことになるため熱を生み出します。
これだけでも、体温が上がり血行も回復します。
ストレスの発散ということでも、効果をあげることができるでしょう。
なかなか立ち上がることができないという人でも、椅子の上で伸びをするだけで違います。
これだけでも肩の痛みの予防になるのですから、繰り返していくべきです。

お風呂で体を暖めるということも大切な方法といえます。
暖かい湯船につかれば、それだけで血管は拡張し血行が回復していき、リラックスもできるでしょう。
ストレス発散にもつながり、肩こりの防止にも役立ちます。
炭酸ガスを使った入浴剤も肩にはメリットがあり、湯の温度が高く感じるはずです。
これが炭酸ガスの持っている力ですので、肩こりがつらいというときにも使ってみるといいでしょう。

こうしたことで普段から対応していくことができます。
それでも、辛い痛みが出てしまうこともあるでしょう。
そんな時には、最新機材のそろっている館林たまい接骨院へいらしてください。
鍼灸での対応も肩の痛みの回復には役立ちますので、早めに施術を始めていきましょう。

11月の夕方の暗さは交通事故に要注意

院長の日記

暗闇から飛び出さないといえるのか

10月も終わりを迎え、だんだんと夕闇が深くなってきました。
館林のたまい接骨院のある前は、交通量が多いこともあってかなり明るいこともありますが、脇を見れば飛び出されてもわからないような薄暗い路地も見えるはずです。
運転している人であれば、まず考えなければいけないことですが、この時間に飛び出してこられたら、今の状態でよけることができるかどうかということになるでしょう。

館林のたまい接骨院から、郵便局の本局のほうへ北上するとします。
1本道いで街灯もありますが、小さな道もいくつかあるでしょう。
交差点の影もあります。
この時期で考えたら、そこから飛び出してきたことを考えなければいけません。
自分が青だから、何か飛び出してこないということは言えないはずです。
飛び出しをするときは、他のことに意識を取られているでしょう。
その時に一体なんkm/hで走っていたら安全だといえるのか、自分の運転を振り返ってみなければいけません。
40km/hだから安全といえるのか、危ないと思ったときには徐行することも必要なのは間違いないでしょう。
もう少し、安全運転の大切さということの認識を改めていくことも必要です。

交通事故が発生しやすい時間帯とは

少し視点を変えて考えてみると、交通事故が発生しやすい時間帯があります。
24時間のうち、交通事故が集中しやすい時間を考えてみると、特に気をつけていかなければいけないことがわかるでしょう。
その時間は、朝の7時~8時と夕方の17時~18時です。
全国平均でもわかることであり、さまざまな統計から判断することができますが、この時間は交通事故が極端に増えてしまいます。

朝方の交通事故の理由を見てみると、通勤時間であるということがわかるでしょう。
特に8時のほうが多くなっているのは、間に合わないと思いスピードをあげる、焦ってしまうということもあげられます。
館林のたまい接骨院の前でも多くの自動車を見かけますが、余裕のない運転が事故を招いてしまっていることは間違いありません。
実際に歩行者としての視点で考えても、焦っていることが多くなります。
信号待ちをせずに無視をしてしまうようなことも見られることから、事故は多くなることは間違いありません。
人の数も多いのですから、安全に気をつけるだけではなく、すぐに止まれるような速度で運転することが求められるでしょう。

夕方ということで見てみると、視認性の問題が大きくかかわってくることは間違いありません。
だんだんと暗くなるということは、明るい余韻が残っているということにもなります。
そうなると、どうしても油断が生じることにもなるでしょう。
視認性が落ちていくのにもかかわらず、そのままにしてしまうことによって、自己の発生確率は高くなります。
これは、歩行者側にも言えることですので、危険性がどんどんと高まっていく時間帯です。
館林のたまい接骨院でも、こうした時間に事故にあってしまった、起こしてしまったという方が非常に多いといえます。

夕方という言ことでは、死亡事故の多発時間帯であるということも見逃すことができません。
視認性が悪化するということがどれほど影響するのかは、運転している人がもっとも実感があるはずですが、認識が遅れることでブレーキも遅れます。
当然のことですが、同じ速度で走っていれば、認識できる時に比べて、衝撃は大きなものになってしまうことはだれにでもわかります。

冬場に事故は発生しやすいということも忘れてはいけません。
月別に見ると、12月にかけて驚異的に増加する月であり、10月11月12月と死亡事故も急激に増加します。
冬に向けて増加するのは、道路状況ということではありません。
どうしても暗くなりやすい時期であり、当時を迎えて明るくなってくる2月などでは交通事故の件数減ってきているのが証拠です。
日没時間が早まることによって、たまい接骨院のある館林でも視認性が落ちます。
早めにライトをつけるだけでも、十分に対策となることを考えると、ドライバーの注意というだけでも事故はかなり防げるということになるでしょう。
見えていませんでしたでは済まないことを考えれば、十分に対策をしていかなければいけません。

車の速度の読み違いも起きる

館林のたまい接骨院でも、冬にかけての18時前後は非常に暗くなります。
この時間に路上に出てみるとわかりますが、かなり暗いと感じることでしょう。
その中で、歩行者がいるかどうかわからないことも出てきます。
安全に注意して走行するということは当然のことではありますが、非常に危険な状況であることを考えておかなければいけません。

実際にさまざまな統計がとられていますが、死亡事故につながるような場合には、車から見て右方向より横断してくるケースが多くなっています。
左側は注意していても、右からは来ないと思い込んでいるということが背景にあるでしょう。
こうした思い込みが大きな事故につながりやすくなるのは間違いありません。

歩行者の心理を見てみると、右から渡ってくるということは、歩行者からは反対車線であるということになります。
車は遠く見えることから、安全であるという勘違いを起こすことがあるのも事実です。
距離を正確に読み取ることができれば、まだ安全である可能性は出てきますが、車との速度を間違えれば、事故につながってしまうのは当然といえます。
それも、冬にかけての夕暮れ時間で考えれば、こうした事故が起きるということは、容易に想像がつくでしょう。

事故を起こしたり遭遇した時に

もしも、事故を起こしてしまったり、遭遇してしまった場合には、2次的な事故にならないように車をよけて、人命救助を最優先とすることが重要です。
けが人の確認と救助をすることが重要であり、後続車などによる事故も防がなければなりません。
どういった怪我をしているのかを確認し、救急車を呼ぶことが大切です。
仮に外傷がなくても、あとから出てくることがあります。

次に警察への連絡です。
交通事故の内容と場所を伝えることが重要であり、できれば加害者が通報するということが必要といえます。
自分で事故現場を記録するということも必要です。
メモを取っておくだけでも、今後が変わってきます。

ここで、相手の身元の確認をしましょう。
事故の情報を集めるということにもなりますので、相手の身元と状況を正確に確認しなければいけません。
目撃者も確保してから、保険会社に通知します。

自分自身の怪我にもよりますが、館林のたまい接骨院をはじめ、診断を受けることが重要です。
特に頭部を売った形跡がある場合には、すぐに病院にかかる必要があります。
むち打ちなどであれば、館林のたまい接骨院にご連絡ください。

だいたいの流れとしては、こうしたかたちになってきます。
保険請求もしなくてはならなくなりますので、その場で示談をしたりするのではなく、必ず警察と保険会社を通すことが重要です。
相手の治療費などの問題も出てきますので、しっかりと決めるということを考えなければいけません。
館林のたまい接骨院でも、さまざまな対応が可能ですので、加害者被害者を問わず、怪我をしたときにはご来院ください。
当然ですが、自賠責保険も使用することができますので、被害に遭われた方をご紹介いただくといったかたちも可能です。

« 古い記事 新しい記事 »