館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

交通事故が起こりやすいパターンとは

院長の日記

交通事故に注意するべき場所は

交通事故を見てみると、どうしても起こりやすい場所があります。
こうした場所を知っていると、さらに注意をすることで、事故に遭う可能性を下げることもできるでしょう。
館林たまい接骨院の周辺でも当てはまるところはいろいろとありますので、注意してみることが大切です。

交通事故が起きる地域の大半は、市街地なのは間違いありません。
データによれば76%とも言われています。
これだけの被害が市街地で起きていることを考えると、いかに人口密集地で事故が集中しているかがわかるでしょう。
他の人を巻き込むことも多く、接触事故も増えていくことが予想できるはずです。
市街地であって、幹線道路での事故ではないことも意味しています。
ここが重要で、館林たまい接骨院の近くでも起きやすいことがわかるはずです。

市街地の中でももっと細かく見ていくことができます。
交通事故の発生率で圧倒的に高いのは交差点です。
事故によってむち打ちなどの怪我をしたときには、館林たまい接骨院が有効ですが、交差点では衝突事故が圧倒的に多く、かなりの損害を発生させてしまいます。
新宿の交差点を想像してもらうとわかりますが、直線状の道路に比べて、どこかで見通しが効きません。
羽生側から来れば、交差点が右に寄った位置になるため、どうしても左が見えにくくなるでしょう。
正面からくる車も、右折線にかぶってしまいみることができません。
こうした視線を防ぐものがたくさんあるのが交差点です。

交通事故の数を見ると、信号がない方がさらに増えていきます。
出会いがしらの衝突事故も増えますし、右折事故もかなりの数になるため、十分に気をつけなければいけません。
歩行者も多く、運転手もどちらも見落とすことが増えていきます。
発見が遅れれば、それだけ事故の確立が上がるため、大きな交通事故になる可能性が高まるでしょう。
信号がない交差点は、一時停止の指示がなければ止まることはないかもしれません。
それでも、なにか危険があると感じたときには、止まって確認するといいでしょう。
交通事故が防げるのであれば、止まることに何のデメリットもないからです。
こうした事故に遭遇したときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
速度は出ていなくても、身体に受ける衝撃は大きなものになるからです。

安全運転義務違反とは何か

たまい接骨院のある館林でも、交通事故が起きるときには、安全運転義務違反を起こしているときです。
怪我をして館林のたまい接骨院で施術されている方にも多いのが、ボーっとしていたという内容になってきます。
これの何が問題なのかといえば、漠然運転と呼ばれていることです。
意識をはっきりとさせずに運転して事故を起こした以上、注意をしていない状態だったことを意味しています。
実は交通事故の累計の中で、もっとも多い内容で、いい加減な運転とみなされているところが大きな問題です。

安全運転義務違反では、安全不確認があげられます。
本来は、どんなところでも安全の確認をして走行しなければいけません。
交差点などは特にですが、左右の安全の確認をして走行しなかったことが交通事故になるケースは良くあります。
なにが問題なのかを考え直すと、安全さえ確認していれば、事故にはならなかったわけです。
これがいかに大きなことなのかは、運転している人ならすぐにわかるでしょう。
非常に危険な状態で運転していた状態を考えなければいけません。

もうひとつ多いのが、わき見運転でしょう。
わき見運転というと、横を見るようなイメージもありますが、下や上を見ているときも含まれます。
油断することが大きな原因であり、直線だから大丈夫と思うのも問題です。
わき見運転をする状況を考えるとわかりますが、正面を向いていません。
車が走っている方向を向いていない以上、さまざまなものへと突き進むのに何の安全も確認していないことがわかります。
ブレーキも踏むひまがなくなるのですから、大きな事故になっていくのは当然です。
ぶつかったときの衝撃も大きく、ものにぶつかっても、運転手がむち打ちになってしまうことも少なくありません。
館林たまい接骨院でも、加害者と考えられる人が施術を受けることができます。
むち打ちは、ぶつかったその場ではわからないことが良くあるのが問題です。
ぶつかったときには、筋肉も精神的にも緊張しているために気がつかないことがあります。
あとから痛みが出てくる場合がありますので、早めに施術を始めていきましょう。

動いている車を危険と認識すること

非常に危険なのが動静不注視という交通事故のケースです。
車を見ていても、これが危険だと思わない状態と判断してしまったことが、あとから交通事故になるパターンと考えるとわかりやすくなります。
たぶん自分が交差点に差し掛かるまでにはこないだろうといったことや、止まってくれるだろうというのが動静不注視です。
安全に関する確認がおろそかなことが問題ですが、判断力が低く、危険に対する認識が甘いと言い換えてもいいでしょう。

似たようなケースとしては、速度を見間違えてしまう場合があります。
たまい接骨院のある館林にも田んぼの中にあるような長い直線の道路がいくつもあるでしょう。
この直線に交差するような道路を走っている車の速度を見間違うことが、交通事故につながるケースです。
かなり遠くを走っていると思っていると、実は速度を見間違えており、あっという間に迫ってきてぶつかってしまったという、嘘のようなことが起きています。
あまりに遠くにいることと、スピードを比較する対象がない状況が錯覚を起こさせると考えられている状況です。
これも、はっきりと車は近づいてくるものだと危険性を認識すれば、防げる事故といえるでしょう。

怪我をしたときには、館林たまい接骨院で対応ができます。
ですが、大きな事故となり、なくなってしまうことだって出てくることを忘れてはいけません。
自分だけではなく、他の人の命にもかかわるのですから、安全運転に心がけましょう。

ひじのケガとリハビリ

院長の日記

野球には避けられないひじの怪我

野球をする人にとって、ひじのケガは切り離せない問題です。
球技としてボールを投げる以上、どうしても負担がかかります。
この負担の大きさが大きな意味があり、どうしても軟骨や人体に影響を与えるからです。
館林たまい接骨院でも、野球の怪我の対応をおこなってきました。
その中で、どうしても外科的な手術しなければいけないことが出てきます。
腱の再建や遊離軟骨の除去をしなければ痛みが取れないことも出てくるからです。
問題は、そのあとにしっかりとリハビリができるかどうかでしょう。
もちろん、館林たまい接骨院では、痛みを考えての施術が可能です。
手術をしない、保存療法での対応ができます。
ですが、切れかかっている腱を再建するためには、通称トミージョン手術といった方法も必要です。

先日、MLBで二刀流として頑張っていた大谷翔平選手も受けました。
それもシーズンが終わり、いきなり手術したことには驚きです。
保存療法では乗り切れないぐらいの損傷になってしまったという意味でしょう。
乗り切れないほどの損傷になるまで酷使してしまったことも問題ですが、メスを入れれば回復するまでには大きな時間がかかります。
この時間の意味は、メスを入れることが肉体的に大きな負担になることを意味しているでしょう。
だから、できる限り回避したいと考えます。
メスを入れて再建しても、肉体的に大きな負担がかかり、回復まで膨大な時間を必要とするでしょう。
さらに、この腱が自分の体の一部として動かせるようになるためには、体が覚え直さなければいけないことが出てきます。
違う場所の腱を移殖してきますが、自分の体がどう動かしていいかわからなくなるからです。
動かし方がわからないなら、リハビリで覚えさせていくしかありません。
指を動かすために、輪ゴムを使っていくことが知られていますが、この程度のことからスタートして、徐々にボールが投げられるまで目指さなければいけません。
館林たまい接骨院では、外科手術が必要な場合、整形外科もご紹介可能です。
そのうえで、リハビリにも適切な方法が取れます。
どうやって手を動かすのか、その初期の段階からご相談ください。
ひじの怪我を含めて、身体を回復させるためには、長い期間面倒を見なければいけません。
館林たまい接骨院であれば、病院のように待ち時間が長くありません。
19時まで施術をおこなっておりますので、利用しやすい環境になるでしょう。

大きな怪我をしない体にするために

館林たまい接骨院では、リハビリもお手伝いできます。
痛いという状況の改善も館林のたまい接骨院の得意範囲ですが、それだけではありません。
次の段階として、しっかりと機能を取り戻すことが必要でしょう。
スポーツは楽しくおこなっていくことが一番です。
怪我をしたままでは、なにも楽しくはなくなるでしょう。
無理に動かせば、その分だけ怪我は悪化していってしまいます。
その時に、正しい動きをしているかどうか、自分で判断は難しいはずです。
無意識に動かしている部分もあるため、無意識の中で怪我をすることにつながります。
館林たまい接骨院では、大きな怪我になる前の段階から、異変があったらご相談を受けられるところが違いです。
少しの痛みでも、これから悪化させることはありません。
その予防として、野球であれば肩ひじの動きなども診ることができます。
使い方に問題があれば、怪我をするのは当然でしょう。
この状況を改善するためにも、正しい動きかどうかを判断できます。

野球やソフトボールなどをしていると、練習もしていきたいでしょう。
ですが、正しい体の使い方をしていないと怪我をする可能性は高まってしまいます。
館林たまい接骨院では、痛みの問題とともに、怪我の予防も考えられるのが違いです。
練習は身体を動かすことだけではありません。
自分の体を正しく使い、怪我もしないようにするのも練習です。
怪我をしにくい体を作り、戦力となれるように考えていくことは、とても大切なことと認識しなければいけません。
大きな怪我にしてしまわないように、痛みを回復させながら体の動かし方も考えていきましょう。

運動会シーズンだからこそ筋肉の怪我に注意

院長の日記

これから多くなる運動会

季節的に運動会などのシーズンとなりました。
館林たまい接骨院でも、台風で大荒れの中、おこなうかどうか迷ってしまうようなところもあります。
ですが、こうした状況の中でも、身体を動かすチャンスとして考えると、大事な競技と時期であることも確かです。
久々に体を動かす機会になってくることにもなりますが、長年ブランクがあるような人も珍しいわけではないでしょう。
これが大きな怪我につながったりします。
肉離れを起こしたり、骨折したりするケースもあるのですから、考えておかなければいけないことが山ほど出てくるのです。

実際の体力的なことを考えると、ピークとなる20歳すぎあたりからさまざまな機能が低下していくことになります。
当然怪我をする可能性が高まってくるのは道理です。
それも、いきなり体を動かし始めれば、当然負担が生じることになるでしょう。
この負担に耐えることができれば怪我の可能性を下げますが、そうは簡単にいきません。
実は運動不足といっても、はっきりした何かがあるわけではなく、どうしてトラブルになりやすいのかという実証結果はないのが実情です。
ですが、すでに体が動きを忘れているのにもかかわらず、過信で必要以上の力をかけてしまう可能性があるでしょう。
過去に実績を持っていた人などは、どうしても勘違いしてしまうことが出てきます。
加齢によっても反応は衰えていきますし、筋力も低下するでしょう。
間接も柔軟性を失い、どうしても動きが悪くなります。
これが運動不足で怪我をする問題点になっているのは間違いありません。

急に体はついてこない

身体がついてこない状況であるにもかかわらず、自分ではできると思ってしまう状況は大きな危険をはらんでいます。
一般的なエンジンで考えてみると、レース用であっても全く整備をしていなかったのに、突然フルスピードで走り出すというのが、いかに危険かわかるでしょう。
なにもメンテナンスしていないのですから、負担しか生じません。
スムーズに走ることもできなくなるのですから、ウォーミングアップを徹底的におこない、軽い負荷から始めて、慣らしていかなければ、大きな怪我になるのも当然です。

館林たまい接骨院でも、昔はできたといったことも多くみられる言葉ですが、昔は昔でしょう。
どんどんと力は衰え、筋力は低下するだけではなく、体重も増加していたりするものです。
これがどんどん負担となって表れてくれば、肉離れを引き起こすことも珍しいことではありません。

運動会ということを見てみると、館林たまい接骨院の周辺でも怪我をするパターンが出てきます。
肉離れということで考えても、急激に力が入るような瞬発力を使う競技は危険性が高いでしょう。
短距離でリレーをしたり、パン食い競争のようなジャンプしたりするような競技もリスクが高まります。
これは、どうしても加齢とともに速筋と呼ばれる瞬発力のある筋肉が衰えやすい性格を持っているからです。
持久力の必要な遅筋は、速筋ほどではないため、100mはきつくてもランニングはできたりするでしょう。
これが違いのひとつです。
さらに、血管はだんだんともろくなっていくこともあります。
酸欠になる理由のひとつになりますが、送り出す血管のもろさと細さが大きな要因です。
非常に危険な状態にもなっていくため、運動会で走ったりするのであれば、病院でチェックしてからというのも必要になってきます。
怪我は館林たまい接骨院で施術できますが、これでは亡くなってしまうようなほどのリスクになるからです。

肉離れの危険性はかなり高くなりますが、それだけではありません。
ぎっくり腰になってしまうようなことも考えておかなければいけないでしょう。
館林たまい接骨院でも、数多くみられるぎっくり腰です。
静止している状況から、急に無理な動きをすると受傷しやすい特徴を持っています。
日ごろから運動をしていたとしても、起きる可能性がゼロになったりすることはありません。

あとから出てくるような痛みの理由は

もしも、運動会で体を動かしたのであれば、あとから筋肉痛が起きてくるようなこともあります。
これが長引くと、大変つらい思いをすることになりますが、実際によくわかっていない部分があり、なぜ痛みだすのか、一体なにがいたずらしているのかは判明していません。
乳酸がその一端にあるといわれても、解明されたものではないところが重要です。
ただ、なぜか年齢とともに遅れてくるようになるというもので、経験則としてみなさんが覚えているといった症状になります。
筋肉の負担を減らすことが大切で、マッサージをして血流の改善をすると筋肉痛対策になると考えられているため、必ずケアをするようにすると怪我防止になるでしょう。
ただ、あまり強いマッサージは逆効果になる可能性があります。
ダメージを与えてしまうことにもなるため、十分な注意が必要です。

異常があると感じた時には、すぐにでも館林たまい接骨院にお越しください。
おかしいと思っていることがある以上、怪我をしている可能性が出てくるからです。
そのまま放置するのは、非常に危険なのは、痛みなどに気が付いていないこともあることを理解してくといいでしょう。
館林たまい接骨院では、鍼灸の施術もできますので、早めの対処を考えるのが重要です。

NHKでも取り上げられた鍼灸

院長の日記

NHKでも特集が組まれた東洋医学

f55668cee0795747e76a93e8c98cf01b_s

館林たまい接骨院では、鍼灸をおこなっています。
先日NHKでも取り上げられましたが、さまざまな力を持っていることがわかっている施術方法です。
鍼灸というと、本当に何か意味があるのかなと思われる人も多いでしょう。
その意味はよく分かります。
薬のように服用するわけでもありませんが、実は体にさまざまな変化をもたらしていく方法です。
西洋医学と東洋医学の違いとなってくる部分ですが、実はWHO世界保健機構にも認められている方法で、世界で注目されるようになりました。
日本では古くからおこなわれてきましたが、いまひとつ知らないようなことも多いでしょう。
もっと効果的に使っていくためにも、一度館林たまい接骨院で体験してみてください。

歴史も長い鍼

館林たまい接骨院のでも鍼灸をおこないますが、国家資格試験のはり師ときゅう師の資格が必要です。
だれでも体に対しておこなっていいわけではなく、身体に影響を与えてしまうことがわかります。
当然のことですか、市販のものもあったりしますが、それだけ慎重におこなっていかなければいけません。

館林たまい接骨院で扱っている鍼は、ほとんど刺激がないレベルのものを使います。
痛みを感じるようなことがほとんどありませんが、痛点によっては刺激を感じることがあっても、激痛になることはありません。
NHKの特集でも取り上げられていましたが、ストレスホルモンを抑制したりすることもできます。
リラックスしていくことになりますが、薬で同じようなことをするのは大変です。
厚生労働省でも西洋医学では対処できないようなこともできると考えられるようになりました。
ある意味で日本は送れている部分があり、欧米ではすでに東西の医学といった考えすらなくなり、医療ということで人気されています。
それほど普及しているものなのであって、多くの人に使われてきている方法です。

歴史の短いものではなく、かなり古いと考えられています。
2000年以上あるのではないかといわれているのは、紀元前の中国ではすでにおこなわれていたと考えられるからです。
日本に伝わったのは奈良時代ですが、実際に一般的な普及を見せたのが江戸時代当たりではないといわれています。
民間でおこなわれてきた部分もあってはっきりしませんが、明治になると政府が西洋医学を強力に推進していくことになりました。
その結果下火になっていきますが、民間で伝わり続け国家資格になり、今では館林たまい接骨院でもおこなうことができるのが一連の歴史といっていいでしょう。

さまざまいきさつがあったものの、科学的裏付けも必要になってきたのは間違いなく、研究も進んでいきます。
それも西洋医学と同様に学会レベルでおこなわれてきたからこそ、NHKの特番でもあったように科学的検証を進めてきたといえるでしょう。
ホルモンの分泌の抑制や血管拡張させるために刺激を与えて身体に反応させるといったことがわかるようになってきたのも、それだけの研究結果があるからです。
このような考え方は、西洋医学のトリガーポイントとも一致しています。
両者の考えが一致するということで、有効性はさらに見えてきているともいえるでしょう。

痛みやしびれといったことに対しても利用が勧められてきているのが鍼の特徴ともなりました。
痛みやしびれの改善のために血流を改善させる刺激を与えていくことで、鎮痛薬を使わずに済むようになったりすることもあります。
メンタル的な問題に対しても有効であるとも考えられており、東大病院などでも研究が進んできていることを考えると、館林たまい接骨院でも利用を考えてみるといいでしょう。

鍼灸の重要なポイントになってくるのが、人間の体が持っている自然治癒力を利用していくというところにあるでしょう。
人間の体に刺激を与え、バランスを取り戻させるところにポイントがあります。
健康な状態に戻すということで、さまざまなツボを刺激していくのが鍼灸です。
根本的なところからアプローチしていくということでは、西洋医学と何も変わりません。
館林たまい接骨院でも安心して利用できるのは、オカルト的なものなどではなく、しっかりと対応できる方法だからです。

灸の話

NHKの特集では、灸に関することもおこなわれました。
民間的におこなわれてきた方法としては鍼よりも身近でしょう。
熱で刺激を与える方法で、市販されているものもあります。
手軽に使えますが、熱さによって火傷をしたりする可能性もありますし、ツボにあっているかどうかという問題もあるため、館林のたまい接骨院で施術するのが一番です。

熱を与えていくと、NHKの特集でも出てきましたが、ヒストトキシンという物質ができあがります。
これは有害物質で、体の中にとどめおくわけにはいかないため、免疫物質である白血球で対抗することになるでしょう。
これが自然と免疫機能を高めるポイントで、ツボにつけることによって自立神経も刺激していくところが灸の内容といえます。

免疫力の向上ということでは、アフリカなどでもおこなわれるようになりました。
さまざまな研究の結果ですが、結核の予防というよりも、免疫力をつけて病気に対する備えにしているという方法です。
これを西洋医学では薬や環境でおこなっていきますが、現在のアフリカ諸国ではそうはいきません。
ウガンダも内戦や反政府軍の問題などを抱え、現在でも安定した状態とは言えない状況では、どうしても貧困層も生まれてきますし、健康的な衛生環境整備も難しいでしょう。
その環境でも、日本のイグサを使ったお灸が硬化をあげてきているということを考えてみなければいけません。
特別なものがなかったとしても、熱でツボを刺激することで免疫耐性を高めることができるのですから、かなり使える方法であることがわかるはずです。

熱というとどうしても腰が引けてしまうようなこともあるでしょう。
それが正しい反応です。
火傷してしまうかもしれないと思うからこそ、火を使っていたずらなどしなくなるのは、人間がもつ防御反応といってもいいでしょう。
館林たまい接骨院の灸に使われているものは、熱を使っても、火傷するようなものではありません。
意図的に身体に刺激を与えていきますが、免疫能力を高めるレベルであり、それ以上の刺激を与えるものではありません。
火傷の傷跡を残すようなこともありませんし、施術中は心地よい温度で気分が良くなります。
鍼と同様にリラックス効果を与えるところがポイントで、筋肉の緊張もほぐし、代謝機能も高めていけるようになるでしょう。

実際に鍼灸はもっと研究が進んでいくことになる方法です。
まだまだ分からない部分があるのは、人間の体自体がすべて解明されているわけではないからといえばわかりやすいでしょう。
その中にある自然治癒力を高めていく方法なのですから、調子が芳しくないときや、辛い痛みに襲われているときには、館林たまい接骨院で鍼灸の施術をおこなってみませんか。
時間がかかる場合もありますので、予約していただけるのが一番です。

交通事故の時に発生する義務

院長の日記

交通事故にあってしまったときには

たまい接骨院のある館林もだんだんと暑い日が少なくなり、秋の様相を示してきました。
トンボが飛んでいる姿を見ると、暑くても秋の日は進んでいるのだと感じるときもあるでしょう。
もうすぐ紅葉の時期もきますし、車で出かけることも出てくるはずです。
そうなると、いろいろ注意していかなければいけないのが交通事故になるのは間違いありません。
普段から十分に注意していかなければいけませんが、大きな怪我をさせてしまったりすることもありますし、自分が怪我をしてしまったりすることも出てきます。

交通事故の中でも多くみられるのは、むち打ちに捻挫、骨折であることは間違いありません。
館林たまい接骨院の得意範囲になってきますが、特にむち打ちになってしまうと、整形外科では判断も施術もうまくいかないことが出てきます。
レントゲンで判別ができないことも出てくるからですが、痛みがあったとしても、対応がうまく進まないこともあるでしょう。
痛みで苦しんでいても、そのままにされてしまうことも出てきます。

むち打ちの怖いところは、痛みがはっきりとしていない状態でも起きていることがあるところでしょう。
交通事故にあってしまってすぐの段階では、むち打ちになっていることに気が付かない場合が出てきます。
これが怖いポイントになってきてしまうのは、事故に遭った直後は筋肉が緊張している状態でむち打ちになってしまっていることにも気が付かないことがあるからです。
これが発見を遅らせる大きな問題になっていきます。
あとから痛みに気が付くことになると、どうしても保険などで問題が出てくることもあるでしょう。
辛い思いをしているのにもかかわらず、交通事故との関連性が疑われてしまうようなことも発生してしまいます。
そのため、交通事故に遭ったときには、すぐにでも館林たまい接骨院にお越しください。
ここからスタートしていけば、むち打ちになっていても症状を抑えることもできますし、悪化させる前に改善させることもできるようになるからです。

交通事故の時におこなわなければいけない義務

交通事故に遭ったときでも、起こしてしまったときでも、まずは館林たまい接骨院で施術をスタートしていくことが大切ですが、対処方法も改めて考えておかなければいけません。
特に加害者には緊急措置義務が課されるからです。
最近でも芸能人のひき逃げの話があったりしましたが、なによりも事故に遭ったときには道路交通法第72条1項前段に緊急措置義務を履行する必要があります。
すぐに運転を停止し、被害者の状況を確認していかなければいけません。
例えば、交差点内の事故で、お互いの車両が動かせる状況にあるのであれば、まずは安全なところに移動するといったことが必要になります。
負傷者が出ている場合には、人身救護措置が必要です。
救急車の手配も必要です、警察も呼ばなければいけないようになるでしょう。
この時の処置が早くなれば、怪我の度合いも抑えられる可能性が出てきます。
重要なことになってくるため、絶対に忘れてはいけません。

これも大事なポイントになりますが、危険防止の措置も必要です。
二次災害が発生したりしないようにすることが重要で、発煙筒を必要とすることもありますし、三角表示板を使用して故障車があることを示すなどの措置をすることで、混乱を避けます。
もちろん、優先度は人命救護措置などに比べれば最後に回すものとなるでしょう。

このほかにも、警察への報告義務もあります。
加害者だけではなく、乗務員ともされているため、同乗者が速やかに連絡を入れるということでも問題はありません。
その際には、交通事故が起きた時間、場所、負傷者、その程度、損傷の程度、車両と積載物をどうしたのかを伝えなければいけません。
これが事故証明につながってくるからです。

加害者となっていますが、被害者となるような方がおこなっても問題はありません。
交通事故の場合、はっきりと加害者とわかるようなことであっても、両者に過失がある場合がほとんどで、明確に分けることができないこともあります。
なによりも怪我をした人を救護するということが重要となってくるため、素早く行動することが重要です。
その結果として、次の段階で館林たまい接骨院にお越しください。

選ぶのは被害者

館林たまい接骨院で施術することによって、辛い痛みも軽減していくことができます。
保険という面でも問題はありません。
自賠責保険を使うことができる接骨院です。
間違ってはいけないのは、保険会社が医療機関を選ぶわけではありません。
選択する権利は、被害者にあることをはっきりとさせることが必要です。

しっかりと対応した施術をおこなっていくことができるうえ、最新の機材を用いていくことができます。
整形外科ではどうしても改善しなかったような怪我であっても、問診から始まり、根本的な原因を探りアプローチするため、解決への道を見つけることができるでしょう。
痛いという事実に対しての対処になってくるため、レントゲンなどで見つからない状態であっても違いを出すことができます。
手技だけでおこなうのとは大きな違いになってくるでしょう。

館林たまい接骨院では、これまでいくつもの交通事故による怪我の施術もおこなってきています。
多くの経験があるだけではなく、対応力に関しても違いがあるといっていいでしょう。
最後までしっかりと施術していくことが大切になりますので、受賞してしまったときにはできるだけ早い段階でお越しください。
これがとても大切です。

子供たちを悩ます成長痛

院長の日記

夏休み明けと成長痛

夏休み明けになると、子供たちを悩ませることも出てくるのが成長痛です。
小学生から始まる場合もありますし、高校生で悩む場合もあります。
館林たまい接骨院でも数多くの症例がありますが、ひとつのかたちではありません。
成長痛としてオスグット症候群やシンスプリントなどもありますが、これらもすべて原因がはっきりしていないところが問題です。
痛みを抱えているのにもかかわらず、整形外科にいってみたら、レントゲンで何も映らないからといって帰されることもあるでしょう。
ですが、子供たちは、痛いから痛いといっている現実を見なければいけません。
原因がわからなければ対処しない病院ではなく、痛いという現実を緩和し対処することが求められるでしょう。
館林たまい接骨院は、痛いという事実からスタートしていきます。
どうしていたいのか、触診や問診から原因を突き止めていき、最新の機材で対処するところが違いです。
整形外科などではそのままにされてしまうような状態でも、まずは診察してみて、傷みの現実を少しでも緩和し、改善できるようにしていくため、子供たちの成長痛でも対処可能となっています。

成長とともに痛みを伴うことが多い

痛い現実がある成長痛ですが、多くの人が悩まされたことがあるはずです。
特に男性に多くみられ、第二次性徴期以降で安くなっていきます。
スポーツをしていると出やすいとも言われますが、これも確実ではありません。
成長ホルモンの分泌量と肉体の成長のバランスがついてこれないためとも言われますが、筋肉量との問題もあるため、悲鳴を上げてしまうというのが現実です。
痛みが出る場所は、膝がよく知られています。
オスグット症候群でもお皿の下にある骨の部分が押し出されてしまい、痛みを感じるという仕組みが問題です。
そんなに一気に成長するのかといわれれば、はっきりとしませんといえるものがありません。
成長は個人差があり、その負担がゆっくりと表れていても、子供たちは気が付くことがなく、痛みという現実的な問題でわかることもあります。
実際に膝以外の部分でも表れてくることになりますが、体重を支えることになる膝は傷みがわかりやすいということになってくるでしょう。

第二次性徴期に表れやすいものの、もっと小さな子供たちに表れるケースもあります。
夜泣きを続けるといったことの原因になってくることもあり、子供たちは意味不明の痛みに悩んでいる場合があるのです。
でも説明することがうまくできず、痛みに耐えていることもあるのですから、おかしいと思ったときには、館林たまい接骨院にご相談ください。

基本として成長によって痛みが伴ってくるところが問題です。
この問題を考えれば、未発達な部分に表れやすいことが想像できます。
かかとや足首でも起きますし、すねなどが痛いといった間接外でも出てくることが問題点です。
既存の考えだけではなく、痛みがあるという事実から、対処を考えていかなければいけません。
整形外科では苦手としている原因追及のひとつにもなってくるのですから、レントゲンでも何もないとなったときにも諦めずに、館林のたまい接骨院にご相談ください。

夏休み明けと子供たちのストレス

夏休み明けに起こりやすいところには、いろいろなポイントがあります。
もちろん、他の時期でも表れてくることがありますが、身体が休んでいた時期から、急激に運動をしたりすることにもなるでしょう。
自分の好きなペースでできた夏休みとは異なり、カリキュラムの中で体を動かしていかなければいけません。
夏の間に実は様々な疲れがたまっていたというケースもあります。
これらが成長とぶつかることによって、痛みだしてしまうことがひとつのパターンです。
逆にリラックスしていたことで、成長の痛みが発生してくることもあります。

精神的な部分として、ストレスや不安がたまり、問題になってしまうことも夏休み明けのパターンです。
新学期にはさまざまなことが待っています。
新しい刺激にもなっていきますが、これがストレスになるのは間違いないでしょう。
身体も動かさなければならず、ストレスによって、筋肉も緊張してしまいます。
成長する段階で、筋肉が追従できなくなるのですから痛みが出てくるのが当然です。
こうしたストレスというと、大人は子供たちのわがままだとか、そんなことは社会に出ればいくらでもあるというでしょう。
しかし、子供たちは、子供たちなりにさまざまなストレスを受けています。
これが傷みにつながるのであれば、痛みの原因は取り除いてあげることが一番でしょう。
館林たまい接骨院にご相談いただければ、鍼灸によって筋肉の緊張をとき、痛みを緩和することも可能です。
年齢や状態によってはできない場合もありますが、最新機材での対応は可能ですし、手技によって筋肉の緊張を取っていくことができます。
スポーツが原因になってしまうこともありますが、成長痛とは異なる場合も出てくるのですから、痛みがあるといった時点で館林たまい接骨院にお越しください。

クーラーで肩や腰が痛い理由は

院長の日記

秋になると出てくるクーラー病

クーラー病という言葉は、何か珍しいものではなくなりました。
日常的に聞くことが出てきましたし、気をつけておかなければいけない部分もたくさんあるでしょう。
ですが、現実的な問題として、自分の体に何が起きるのかは、あまり理解していない人が大半です。
館林たまい接骨院でも、涼しくなってくると、肩こりや腰痛などを訴える方が旧掃除てきます。
もちろん、暑い日にクーラーをつけずに熱中症などになってしまう方がはるかに危険です。
それでも、クーラー病という状態を認知しておくことで、別の方法で予防もできるようになっていきますし、身体の不調が発生した時に、すぐに館林のたまい接骨院にも訪れられるようになるでしょう。
自分の体をしっかりと認知することが大切なのであって、そのままにしてしまうことがいいわけではないからです。

なぜクーラー病が起こるのか

体調的に不調な時には、すぐに館林のたまい接骨院で施術をして対策をすることがポイントになってくるのは間違いありません。
冷え性が起きてしまう理由は何かということが、対策の第一歩です。
エアコンをつけていると快適な反面で、寒いと思うようなこともあるでしょう。
銀行などに入った瞬間によくありますが、涼しいと思う以上に寒いという反応をすることがあるはずです。
これが、温度差でうけるストレスと考えるとわかりやすいでしょう。

身体の中には、自律神経があります。
交感神経と副交感神経の二つがうまく機能していることで、無意識でも体を調整することができるようになっているのです。
夏場のような暑い時期は、副交感神経がこのまま体温が上がると危ないということで、血管を拡張させていきます。
全身をめぐる血管ですので、血液をめぐらせ体温を奪って発散していくことで、できるだけ上がらないように調節しているのです。
もちろん、体温が下がれば、血液を回し過ぎてしまうと冷えてしまうため、収縮させて冷えないように調整してくれます。
当然、危機的状況と判断しているため、自律神経はどんどん頑張りますが、その分だけ疲弊していくことになり、やがて体温調節機能は鈍っていくことになるのです。
自律神経がうまく働かなくなっていくため、急激な気温差に体温も対応できなくなっていきます。
たまい接骨院のある館林でも驚異的な気温でしたが、銀行に入ったりすると、あまりの涼しさにびっくりしたということもあるでしょう。
この時に違和感を覚えるはずですが、肌の表面で感じている室温と自分の体温が対応できないため、何らかの危険があるよと身体が教えてくれている状態です。

身体も状況に合わせて順応仕様としていきますが、自律神経が披露していくとうまく対応ができません。
繰り返していくと、どんどんと混乱をきたします。
自律神経の混乱が、胃腸の働きにも影響しますし、ホルモン分泌も正しくおこなわれていかなくなるのは、これらがみな自律神経によって制御されているからです。
血液循環も正しくおこなわれなくなるため、肩こりや腰痛といったことにもつながっていきます。
これがクーラー病の原因であり、回復までには疲弊した自律神経が正しい機能を取り戻さなければいけないため、時間がかかってしまうことになるのです。
秋口に辛い思いをしたりしているのも、これが原因となるのがわかるでしょう。
肉体的にもダメージが及んでいるのですから、痛みだけではなく、変化を感じた時には、それだけの問題を抱えているのですから、すぐにでも館林のたまい接骨院にお越しください。

クーラー病の予防方法

館林たまい接骨院では、肩や腰痛といったことの施術ができます。
問題としては、対処療法になってしまうところにあるでしょう。
どうしても痛みが出てから対処を考えることになりますが、予防ができるというのが一番です。
辛い思いをすることになるため、なにかおかしいと思ったときには、身体に異常が出ているのですから、すぐに館林たまい接骨院にご相談ください。

予防方法としては、生活習慣の中にあるのは間違いありません。
クーラーは使うことが大前提です。
たまい接骨院のある館林も大変暑い地域であり、クーラーを切って過ごすことが良いわけではありません。
ですが、適温を見つけることが重要に案ってきます。
その手がかりが、寒くないと感じる温度です。
この温度にすることによって、ギャップが生まれにくくなり、身体に働くストレスを減らせます。
直接風が当たらないようにすることも大切で、仕事場などで当たってしまうような場所では、保温性の高いものを使ったりするといいでしょう。
特に末端部分である足などは、カバーしてあげると冷え性対策にもなってきます。

クーラーの温度は外気マイナス3度から4度といわれますが、40度近くにもなる地域で考えればナンセンスな話です。
無理にこの温度に合わせると、命に係わることがあるため、寒くないと思う温度にしましょう。

食事も重要なポイントで、温かいものを食べるというのは、中心部の温度を下げない効果があります。
夏場ですから、冷たいものを食べたくなりますが、身体を温めやすい食材を選んでみるのもポイントです。
特にショウガいいとされますが、注意しなければいけないのは、生のまま食べると、身体を冷やします。
加熱したものを使うと温めてくれるため、うまく調理する必要があるでしょう。
この時期は葉ショウガなどもおいしいですが、勘違いしないようにしなければいけません。
食欲がない時には、冷たい物なら入ると思ってしまいます。
これも冷やすだけなので、カロリーがあるもので、ビタミンもうまく摂取できる暖かいものにするといいでしょう。
熱々の必要があるのではなく、冷たいものを避けるというだけでも効果があります。
それも大量に必要なわけではなく、少量でもかなり変わってくるので、意識しておくことが対策です。

体を動かすことを取り入れる

クーラー病の対策としてもっとも大切なことは、身体の血流の改善にあります。
血流が改善できるようになれば、自律神経も正常なかたちを取り戻すようになるでしょう。
もちろん、自律神経が正常化すれば、血流もどんどんと良くなっていくのですから、きっかけを与えてあげることが重要です。
館林たまい接骨院でも、肩こりや腰痛の施術をするように、運動や入浴をうまく取り入れていくことでも対策になっていきます。
例えば、座りっぱなしなら、1時間に1回程度立ちあがって、背筋を伸ばし、屈伸をしてみるだけで、身体は血を送ろうとするでしょう。
座ったまま足を動かすだけでも構いません。
筋肉が必要になってくるため、日常的に歩くというだけでも、改善するようになります。
夏だからこそ、湯船に使って体を芯から温めていくというのも効果的です。
実はこれだけでも自律神経を活発化させてくれる方法ですが、少しぬるめでゆっくりとつかる方がいいでしょう。
こうした生活を繰り返しているだけでも、身体にかかるストレスの発散につながっていきます。
もちろん、冷え性対策にもなりますし、クーラー病の予防にもなるのですから、取り入れていくことに大きなメリットが生まれてくるでしょう。
これでも、やはり痛かったり、異変を覚えたりした時には、すぐにでも館林たまい接骨院にお越しください。
ひとつのことではなく、うまく組み合わせていくことが大切だからです。
その結果がクーラー病対策にもなっていきます。

今回の台風は要注意

院長の日記

台風は非常に危険

かなり巨大な台風がやってきそうです。
たまい接骨院のある館林では、そうそう大雨になることはありませんが、コースによっては、今回はかなりの被害が出るかもしれません。
一般的な知識として、台風の強さのスケールがあります。
土曜日の段階の台風の大きさを見ると、実は猛烈な台風でした。
この猛烈という言葉は、台風の中でも最大の威力を持っていたことがわかります。
中心気圧を見てみると、もっとも低い915hPaだったこともわかっているわけです。
この猛烈な台風レベルが来れば、当然尋常ではない被害を発生させることになるでしょう。
たまい接骨院のある館林に接近するころには、おそらく945hPaぐらいにはなると思われます。
強さの階級としては落ちますが、実は非常に強いと表現される台風は、1993年から上陸したことがありません。
25年ぶりに直撃するかもしれないことを考えると、備えは十分にしておく必要があるでしょう。

過去の台風を見てみると、1993年の13号は最大瞬間風速が50m/sでした。
この強さで鹿児島に上陸したわけですが、今回は60m/sの予報も出ています。
13号のほうが、観測史上1位だったことを考えると、60m/sがいかに大きなものなのかもわかってくるでしょう。
仮にもう少し小さくなったとしても、驚くほどの被害を出してくるかもしれません。
それも今回はたまい接骨院のある館林に近いコースを取ります。
対岸の火事では済まない可能性が出てくるのですから、備えをしなければいけないのは間違いありません。

平均風速と最大風速から危険性を

風速50m/sといったことが、どれだけのものか、簡単には想像がつかないはずです。
数字だけ見ても、一体なにが同だかわからないのは当然でしょう。
風速には瞬間と平均があります。
一瞬でも強い風が吹くことと平均値の違いですが、最大瞬間風速が60m/sぐらいになりそうだというところが今回の重要点です。
これをおおよそ平均に換算すると、35m/s以上になる計算になってしまいます。
実際に工事現場で使われているクレーンは、平均風速が10m/sを超えるとブームと呼ばれるアーム部分を立てません。
転倒の危険性が出てくるためですが、この差を考えてみないといけないでしょう。
平均風速10m/sというのは、おおよそ最大瞬間風速が20m/sぐらいです。
仮に今回は瞬間最大風速が40m/sまで落ちるとしても、なにかにつかまらなければ歩行は困難なレベルにまでなっていきます。
これでも平均風速が25m/s程度です。
車の速度にしてみると、この速度でも高速道路を走行しているのと変わらないような100km/hぐらいになってきます。

想像してみるとわかりますが、これだけの風が吹く中で、外に出るのがどれだけ危険なのかがわかるでしょう。
転倒したりすれば、館林たまい接骨院で施術するといった範囲を超えて、命の危険性さえ出てきます。
よく見かけるビニールハウスなどのシートも破れてしまうレベルですし、固定していなければプレハブ小屋は動き出してしまうほどのエネルギーです。
屋根瓦も飛んでしまう可能性が出てくるのですから、被害を想定しておかなければいけません。

ハザードマップの活用も

実際に怪我をするはなしとは関係はありませんが、家の備えは十分におこなっておく必要があるでしょう。
館林たまい接骨院の周辺でも、水があふれやすいところはいろいろとあります。
できれば、排水側溝は掃除しておくことがポイントです。
水はけだけでも違いが出ると、浸水の被害を抑えられます。
さらに、屋根や塀、壁にも注意が必要です。
倒壊するかどうかは判断が難しいところにはなりますが、普段から注意が必要でしょう。
子供たちに、ブロック塀の近くを歩かせないことも、大事なポイントになってきます。

非常用品の備蓄も必要になってくるでしょう。
今回は台風で過ぎてしまえばと思うかもしれません。
ですが、さまざまなインフラがダメージを受ければ、買い物にも出れないかもしれませんし、ものが入ってこない可能性も出てきます。
数日間でも備蓄をしておけば、安心して過ごせるようになるのは間違いありません。
さらに、懐中電灯や着替えの用意、ライターやマッチとともにろうそくもあるといいでしょう。
水も備蓄があることが重要ですが、人は1人当たり1日2リットル近くの水が必要になってくることを想定して用意が必要です。
トイレの水も困ってしまいますので、浴槽に水をためておくだけでも安心感が高まるでしょう。

たまい接骨院のある館林市には、ハザードマップが作成されています。

http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/docs/2010092600017/

避難所の設定もされていますし、浸水の度合いの想定もできるため、一度は目を通しておくといいでしょう。
避難場所の指定もはっきりとしているため、何かあったときにはどこに避難するべきかわかります。
こうした情報などいらないと思う人も数多くいるのは確かです。
ですが、岡山や広島で起きた水害の時にニュースを見た人もいるでしょう。
一瞬の気の緩みが、あっという間に水の中に飲まれる結果になります。
事前に情報を得ておくこと、備蓄や対策をしておくことが、命を守る結果となるのです。
だからこそ、楽観視することなく、備えをしておくことが必要といえます。
怪我は館林たまい接骨院で対応できますが、命に関わるような事態は、自分で守るところからスタートしなければいけないからです。

秋に差し掛かってくるからこそ無理をしない

院長の日記

安全の確保が重要

台風がきていますが、今回はかなり気をつけていかなければいけない規模です。
館林たまい接骨院の周辺でも、かなり注意が必要なレベルといっていいでしょう。
良くあるケースとして、台風がきているのにもかかわらず外に出ることです。
今回の台風は桁違いの規模になると予想されています。
田んぼが気になる季節ではありますが、決して外に出てはいけません。
用意は今のうちに済ませておくことが重要になってくるでしょう。

こうした状況で何が怖いのかといえば、勘違いしてしまうところにあります。
昔は大丈夫と思っていても、今の自分とは違うことを理解しなければいけません。
ここに生まれてくるギャップは、大変大きいものです。
昔の自分と比べてしまうことは大切で、若いときの体力とは異なることを自覚するのが大切になってくるでしょう。
部活などに関しても同様です。
いつも動けていたことがいつでもできるとは限りません。
昔取った杵柄になる可能性は出てくるのですから、過去が平気でも今が兵器と思わないことが、怪我を防止する大事な考え方です。
特に運動をしていなかったりしたときには、頭が動いても、身体がついてこないことは当然出てきます。

館林たまい接骨院でも数多くみられる怪我として、転倒してしまうことがあげられます。
台風の風によっておこる怪我も当然転倒が多くなってくるでしょう。
擦り傷程度であれば問題は大きくなくて済みますが、捻挫や肉離れを起こす可能性は否定できません。
特に今回の場合には、かなり強い風が吹くと予想されています。
そうなると、身体に強い力が働き、転倒してしまう可能性が出てくるのは容易に想像がつくことでしょう。
対策はいたって単純です。
台風が来たときには、外に出ない。
これだけで安全が確保できるようになるのですから、無理をしないようにしなければいけません。

ストレッチをしてみる

日常的な部分を見てみると、怪我をしないようにストレッチを欠かさないという方法があげられます。
館林たまい接骨院でも指導している部分がありますが、体の柔軟性が下がってしまうと、どうしても肉体的ストレスが増大し、怪我を助長してしまう可能性が出てくるのです。
そうならないようにするためには、柔軟性を下げないようにすることしか対策はありません。
一般的におこなわれている柔軟体操でも全く問題はなく、身体を伸ばして縮めてと繰り返していくことで、少しずつ柔らかくなっていきます。
いきなり始めるのはリスクがありますので、毎日少しずつおこなっていくといいでしょう。
単純に前屈するだけでも変わっていきますし、足を延ばしたり、腕を回転させたりする方法もあります。
無理をしないように繰り返していくのが重要で、呼吸は止めずにおこなっていきます。
ゆっくりと30秒程度掛けるような感じの動きにして、痛みを感じない程度に繰り返すといいでしょう。
反動をつけたりする必要はなく、自分でどこが動いているのか意識してみると効果が出てくるようになります。

ゴルフなどにも良い季節ですが、ファッションばかりに気を取られて、動きが悪くなってしまうような服装にしてはいけません。
これだけで肉体的にストレスがかかるからです。
怪我を増やしてしまうことになるため、運動しやすい服装を用意してから始めるのが重要になってきます。
クッション性なども意識しておくといいでしょう。
運動したあとにも必ずストレッチをしておくと、疲労物質が筋肉の中にたまりにくくなり、怪我の予防につながります。
これも簡単なものでかまいませんし、痛みを伴うようなものにする必要もありません。
ゆっくりとからだを動かしていくだけで、筋肉痛の予防にもつながります。

異常を感じたら

スポーツの秋といった言葉を使うのは簡単です。
ですが、環境的に危険な時や肉体的負担があるときには、無理をしないことが大切になるでしょう。
どこか痛いと思ったり、異常を感じたりした時には、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
季節的に体を動かしたくなりますが、無理をするのが一番のリスクになるからです。
せっかくの季節を楽しむためにも、怪我は早期に治しましょう。

涼しくなり始めた時には十分に注意

院長の日記

涼しくなって動くと勘違い

夏休みが終わると、子供たちも学校にいくようになります。
館林たまい接骨院の周りでも、元気に新学期を迎えている姿はほほえましいものがあるでしょう。
秋に入ってくると、行事もいろいろと出てくるようになり、遠足や運動会といったこともおこなわれていきます。
活発に行事をおこなってくれるのはいいとしても、怪我という部分も考慮していかなければいけません。

秋口になると怪我が増える理由として、活動量が大きくなることがあります。
今年はとにかく暑い日が続きましたが、台風が来ることもあって、涼しくなるような日々が出てくるでしょう。
そうなると、身体が万全でなくても無理をしてしまうようなことが出てくるからです。
それも夏の疲れが残っているにもかかわらず、状態を理解しないで運動してしまえば、どうしても怪我につながります。
もう少し寒くなると、きているものも厚くなり、さらに怪我もしやすくなってしまうでしょう。
体調を整えてあげることが大切ですが、なによりも疲れがあるのにも無理をさせないことが重要です。
どうしても部活などでも大会があったりすれば、無理をすることも出てきます。
しかし、体調がすぐれない状態で練習を繰り返しても、まったくプラスにはならないでしょう。
子供たちは、大会といえば無理をしてしまうことも出てくるのですから、大人が管理してあげなければいけません。

小さな子供たちの怪我も

これは小さな子供たちでも変わりません。
思っている以上に無理をしてしまうことも出てきます。
涼しくなって身体が動くと勘違いしてしまうからです。
非常に危険なことも出てくることを理解しながら、体調管理に気を使ってあげましょう。
それでも体調がすぐれない様子が見えた時には、早めに館林たまい接骨院にお越しください。

« 古い記事 新しい記事 »