館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

夕暮れが早くなってきているからこその交通事故

交通事故にあったときどうすればいいのか? 院長の日記

夕暮れに多くなってくる交通事故

日々の中で、夜が早くなってきたなと感じるようになってきました。
これも時期の問題ですが、どうしても薄暗くなってくる時間が早いことは、いろいろなところで影響を与えていきます。
館林たまい接骨院では、19時まで施術しておりますが、やはり暗くなったことで時間の感覚がずれたりすることもあるのです。
そのほかにも、交通事故の発生時間帯にも違いがあることを考えておかなければいけないでしょう。
うっかりとしたことによる交通事故が、大きな怪我を引き起こすのですから、注意することに越したことは限りません。

薄暗くなってきてなぜ事故が多発するのかを考えてみる必要があるでしょう。
安全運転という意味でも、怪我をしない、させないという意味でもドライバーは知っておかなければいけないからです。
特に前方の視界が落ちてくることで、おかまを掘ってしまうような状況が生まれます。
むち打ちになってしまったときには、館林たまい接骨院で施術もできますが、なにより安全に運転することが大切です。

夕闇に溶け込む服装は危険

薄暗くなってくると、まず視界で判別できる距離が短くなります。
短くなる、わかりにくくなるというのは、それだけで判断の遅れが生じることになるでしょう。
これは車側だけではありません。
冬になると、どうしても黒っぽい服装が増えて、夕闇の中に溶け込んでしまうのも問題点です。
車側としても、早い時間帯からライトをつければ、歩行者などもきていることがわかります。
つけていないと対向車も認識できません。
最近の車は、車内のメーターなどもバックライトがついており、暗い状況でも見えてしまうことがあります。
しかし、他の人から見れば、無灯火の車が走っていることが危険なのだという状況を忘れてはいけないでしょう。
歩行者でも反射板をつけたりするのは、光に対して効果があるからです。
もしも、車側がライトをつけていなければ・・・当然ひかりは反射しません。
つまり、効果をあげることができないのです。
館林たまい接骨院の周辺でも灯火が遅れる人も多くいますが、とにかく早めの点灯が安全の確保につながることを忘れないようにしましょう。

被害者になってしまったときには

現在の夕暮れの時間は、帰宅の時間ともかぶってきます。
こうなると、車の量も増えますし、歩行者も少なからずいるでしょう。
交通事故を起こしてしまえば、大きな損害を発生させることは間違いありません。
自分が加害者になってしまうだけではなく、被害者になってしまうこともあるはずです。

被害者になるといっても、いろいろな状況があるでしょう。
安全な走行をしているから、自分は事故に遭わないというわけではありません。
歩行者が反射板をつけたほうが自分を認識してもらえるといったことと同様に、早めにライトを点灯しておけば、自分の存在を示すことができます。
夕闇で視認性が悪くなっていたとすれば、ライトをつけることは大きな意味が出てくるでしょう。
安全運転とは、自分で運転するだけではなく、危険な状況を作らないようにすることも大切です。
意識的な問題でもありますが、不安要素を少しでも減らしていけば、事故に巻き込まれる可能性も下げられることは間違いありません。

実際に夕闇の信号などでは、追突事故が多発します。
止まっている状況で追突されれば、むち打ちになってしまうリスクは少なくありません。
もしも、交通事故にあってしまったときには、時間を空けずに館林たまい接骨院にお越しください。
むち打ちを含め、交通事故による衝撃はかなり大きなものになります。
小さい交通事故だと思っていても、身体には思いもしないほどの衝撃がかかっていることが珍しくありません。
早期に施術をスタートすることによって、回復も早められます。
館林たまい接骨院は、19時まで施術ができますので、早めに処置を始めていきましょう。

骨折から早く復帰したいときに

院長の日記

寒いからこそ注意しなければいけない怪我

たまい接骨院のある館林でも、急激に寒さが広がってきています。
初夏のように暖かい日もありますが、やはり冬なんだと思い知らされるようです。
こうした日には、小さく縮こまってしまうこともあるでしょう。
人間に兼ね備えられている本能的な部分で、できるだけ小さく固まることで寒さから守ろうとしている働きです。
筋肉も縮こまり、できるだけ熱を逃がさないようにしていることから起きています。
しかし、縮こまってしまうと、怖いのは転倒してしまうようなことも起きる点でしょう。
寒さということばかり頭に浮かびますし、つまずいたときでも反応が遅れます。
足も上がっていないからですが、厚着をしたいと思うところも問題です。
こうした転倒になると、身体の反応が遅れてしまい、大きな怪我をすることも珍しくありません。
転倒時に強い力がかかることで、手を差し出して身体を守ろうとすると、手にも強い力がかかり、骨折してしまうことも出てきます。
骨折を逃れたとしても、ひびが入ってしまうようなことは珍しくありません。

骨折と痛み

骨折の原因を考えてみると、外側から力がかかって骨が折れてしまうことが大半です。
骨粗しょう症のように骨がもろくなっているかどうかは別の問題としても、外部から力がかかったことで、耐えきれなくなっておれてしまうということが原因となるでしょう。
弱い力がかかっておれてしまった場合には、単純に1か所折れてしまうことが起きます。
ところが、あまりに強い力がかかると、複数の部位や箇所で骨折することも珍しくありません。
転倒のような強い力だけではなく、普段から同じような小さな力がかかり続けることも、骨折の原因となってきます。
マラソンを続けている間に、骨に疲労がたまり骨折するといったことは、よく知られているところでしょう。
疲労骨折と呼ばれますが、普段からケアしていかなければ起きてしまうことです。
実際に小さなひびが入っていきますが、あまりに小さいためレントゲンで発見できないことも出てきます。

骨が折れてしまっている状況なのですから、驚くほどの痛みが出てきます。
捻挫や肉離れとは比べられないほどの痛みです。
激痛といえるほどの痛みで、瞬間的に骨折したことが判断付くレベルとなるため、すぐに処置もしていかなければいけません。
館林たまい接骨院で施術ができますので、できるだけ早くお越しください。

骨折した時の初期対応

骨折してしまえば、日常生活に影響をもたらします。
仕事や学校にいこうと思っても、容易ではない状況になるでしょう。
正確には、骨にひびが入った状態も骨折と呼びますが、痛みは出ますし、うまく動かせない状況も生まれます。

もしも、骨折してしまったと思ったときには、すぐにでも館林のたまい接骨院にお越しいただくのが一番です。
ですが、そうは簡単にいかないことも出てくるでしょう。
初期的な方法として、まず冷やします。
骨折してしまうと、強い熱を発してくるため、まずは冷やすことが重要ですが、氷をあてっぱなしにすると東証する危険があるため、タオルなどでくるみ当てるのが重要です。
痛みが出る理由のひとつとして周囲の組織の腫れもあるため、心臓よりも高い位置に保ちます。
これで腫れが広がるのを少しでも抑えられますし、痛みも少しですが緩和されるでしょう。
次に添え木をあてて固定します。
簡単ではありませんが、適度な強さで固定するだけで違いがあるのは、安静にするための処置だからです。
この状態でできるだけ早く館林たまい接骨院にお越しください。

骨折に対応した機材がある

館林たまい接骨院では、接骨院として骨折の対応が可能です。
接骨院の施術領域のひとつに挙げられるのが骨折ですが、最新機材によって施術できるところにも違いがあります。
骨折すると、どうしても元に戻るまでには時間がかかってしまうでしょう。
折れた骨が元に戻るまでには、早くても数週間必要です。
この間は不自由を生じることになるため、1日でも早く元のようになりたいと考えるのは当然です。
最新機材を取り揃えていることで、この時間を短縮し、少しでも早く元のように回復させていくことができます。
館林たまい接骨院の大きな特徴ですが、痛みなどの苦しい状況を少しでも改善できるようにするために状態に併せた専門の機材がそろっているのです。

仕事に影響が出てしまい、少しでも早く復帰したい方。
部活などに影響が出てしまい、早く回復させていきたいと考えている方は、館林たまい接骨院にご相談ください。
鍼灸の施術もできるため、さまざまな角度から骨折にアプローチしていくことも可能です。
身体の持つ力を活性化させていくため、薬などに頼ることなく早く復帰が目指せます。

捻挫は安静が重要

院長の日記

実は歩行困難にもなる捻挫

羽生選手が怪我をしてしまいました。
前回と同じような感じではありますが、どうしても完治している状態ではないのでしょう。
一般的には捻挫といわれる状態ですが、ひどくなると歩行困難になるのが彼の姿を見るとわかるはずです。
館林のたまい接骨院でも施術をおこなっていますが、捻挫という言葉に騙されてはいけません。
重度の場合には、それほどひどいことになるのを理解しなければいけないでしょう。
前下脛腓靭帯損傷、三角靭帯損傷、腓骨筋腱損傷の疑いという3つの診断を受けています。
前下脛腓靭帯損傷というと、とてもわかりにくく感じますが、すねの骨の中でも足首側にある靭帯の損傷と考えると判断しやすくなるはずです。
三角靭帯損傷は足首の内側にある靭帯を損傷してしまっている状態で、外へ返るようにひねってしまっていることがわかります。
腓骨筋腱損傷の疑いということで、後ろ側の筋肉や腱の損傷の疑いということになりますが、内側も外側も傷めている可能性がある状態です。
こうした捻挫は、なにも高いレベルの競技練習だから起きるわけではありません。
スポーツを楽しんでいても起きる可能性があり、十分に気をつけていく必要があります。
日常生活でも、足を踏み外してしまったときなどに起きる可能性はあり、軽視してしまうことは大変危険です。

放置は危険

館林のたまい接骨院でもよく見かける足首の捻挫ではありますが、放置するのは大変危険な行為です。
はっきりと認識できる状態としては、腫れあがってくることが見られます。
ほとんどの場合は、靭帯の損傷によって腫れあがっている状態です。
もちろん、強い痛みも感じるはずですし、損傷部分によっては、内出血もしている可能性があります。
シップを貼っているから大丈夫と思うかもしれませんが、靭帯にダメージを負ったままになれば、関節は正常な状態になれず、繰り返しやすい状態になるのが問題です。
軟骨もぶつかりやすくなり、痛みによって動きが制限されることもあります。
軽度だからといってそのままにすれば、靭帯はさらに損傷することが考えられ、断裂してしまうようなケースも出てくるからです。
非常に重篤な状態になるため、早めに対処を考え館林のたまい接骨院にお越しください。

安静にする程度の兼ね合いが重要

捻挫してしまったと感じたときには、どんな状態でもまずは安静にしなければいけません。
安静にして患部に負担をかけないようにするだけでも、治りに違いが出てくるからです。
再度大きな負担をかけなければ、捻挫を悪化させる危険性は大幅に下がります。
部活などの練習中に受傷してしまったときにも、まずは安静にすることを心がけましょう。
ただし、完全に運動をやめて2週間から3週間安静にすることは、運動もできず動けない状態になってしまいます。
これが周囲に迷惑を掛けると考え、精神的なストレスになってしまうことも出てくれば、怪我とは別に大きな問題です。
それでも、一生涯後遺症に苦しめられることや日常生活に支障が出ることを考えれば、できるだけ安静にするべきですが、必要な程度を見極めなければいけません。

館林のたまい接骨院であれば、施術を通してテーピングもおこなえます。
圧迫しておくだけでも腫れを防ぐことができますが、加減を間違えると血流を悪化させてしまうことでマイナスになることもあるため注意が必要です。
これだけでも、捻挫に対する負担は大幅に下がるため、大きな違いを生み出します。
もちろん、激しい運動に対応できるものではありません。
それでも、再度捻挫することを予防する策になります。
なかなか難しい部分もありますので、できれば安静にするべきですが、負担をかけないためにも館林のたまい接骨院にご相談ください。

改めて交通事故とむち打ちを考える

院長の日記

交通事故に遭ったときには

交通事故にあう状況は、どんなことであっても大変不幸な出来事です。
できれば、だれでもあいたくない状況といえるはずです。
館林たまい接骨院の周辺を見ても、かなりの数の車が走っており、自分が安全運転を心がけている状況であっても交通事故に巻き込まれる可能性が出てきます。
すべての交通事故を防ごうと思えば、車のない場所で外に出ないようにして生活するといった極論で考えるしかありません。
それほど生活の中で交通が重要な意味を持つからです。
自分たちも含め、交通事故にあってしまったときには、身体に大きなダメージが加えられることを理解し、少しでも早めに館林のたまい接骨院で対処することを考えましょう。
これは、加害者になってしまったときでも同じです。

むち打ちとは何かを考える

交通事故にあったときに、館林たまい接骨院でも多く見られる怪我はむち打ちです。
想像もつく話ですが、もう一度むち打ちとは何か考えてみるべきでしょう。

大事なこととしてむち打ちは、交通事故でなくても起こることがあります。
身体に強い衝撃を受けたときには、だれでもむち打ちになる可能性が出てくるため、どんなことかを理解しておかなければいけません。

むち打ちになってしまう状況は、車での追突が考えられます。
車に追突される状況を考えた場合、その衝撃は車体だけではすみません。
運転手を含め、乗車している人の身体に強いダメージを与えるでしょう。
全身で構えて耐えられるのであれば、まだダメージを分散できます。
しかし、後方からぶつけられる”おかまをほられる”状況になると、ぶつかった瞬間に構えることができません。
現在はシートベルトをするのが前提になるため、体は衝撃を受け止められなくても、シートベルトが守ってくれます。
しかし、頭は固定されておらず、その衝撃で前に強く押し出されるでしょう。
首が支えていますが、体の中でも最も重い頭部の動きを完全に抑えることはできず、鞭のようにしなりダメージを受けます。
これがむち打ちの代表的なパターンです。

正面衝突した場合には、首は強く曲がってしまいますが、衝突する瞬間をはっきりと見定められます。
ぶつかる瞬間に首の筋肉は一気に緊張して身体を守るため、後方から衝突するよりもむち打ちの症状としては軽くなりやすい状況です。
だからといって、首の筋肉や腱にダメージが残らないわけではありません。
それどころか、緊張が解ければ、ダメージの大きさに気がつきます。
緊張している間は、どこまでダメージを受けているのか、精神的にも交通事故という状況で混乱していてわからないことも多々あるのが問題です。
あとからむち打ちで苦しむのは、この緊張によって守られているからといえます。
交通事故に遭ったときには、すぐにでも館林たまい接骨院で施術をするべきなのも、ダメージを受けている状況に違いはないからです。

症状には個人差があり

むち打ち症には、さまざまな症状があり、個人差も出てきます。
交通事故の状況によっても違いますし、年齢や体質といった個人の差も大きく影響するからです。
頭を大きくゆすられることによって、脳震盪も起こししてしまいます。
意識を失うこともありますし、重症化して麻痺を起こすこともある重大な怪我だと認識しなければいけません。
意識障害を起こすことさえ出てきます。
事故の後にはすぐに館林のたまい接骨院で施術していきましょう。

むち打ち症は、頸椎捻挫が主な原因になってきます。
筋肉や靭帯、関節の損傷が影響してきますが、頭痛が続くこともありますし、捻挫してしまっている頸部の疼痛も症状として表れやすい症状です。
館林たまい接骨院でも例がありますが、神経根症状も見られない場合が多く、整形外科で判断できないことも出てきます。
レントゲンなどでは判別がつかないため、事故に遭ったときには速やかに館林たまい接骨院にお越しください。
最新の機材がそろっていますし、痛いという現状から問題点を見つけていきます。
必要に応じて整形外科もご紹介が可能です。
整形外科に通っても改善しないときでも、まずはご相談ください。

世界に広がる鍼灸

院長の日記

研究が進められている鍼灸

館林たまい接骨院では、痛みなどにも対応できる鍼灸をおこなっています。
診療費などは新たにページを作りましたので、こちらをご覧ください。

http://tamaisekkotuinn.com/%e5%90%84%e6%96%bd%e8%a1%93%e6%96%99%e9%87%91%e8%a1%a8

鍼灸は辛い痛みだけではなく、体の中にある自然治癒力を高めてくれることに大きな意味があります。
大学病院でも盛んにおこなわれてきているのは、鍼灸には副作用という負担がないところも大きいでしょう。
東京大学が有名ですが、関東では千葉大学や筑波技術大学、慶応大学、日本医科大学などさまざまな大学が研究だけではなく治療をおこなっています。
社会的にも根付いてきていることから、メディアでも取り上げられるようになり、活用がさらに進んできているでしょう。
世界でも研究が進められ、活用が広げられてきています。
人間のもつ能力である自然治癒力を生かすことは、無限大ともいえる可能性を秘めているのは間違いありません。

世界でも通用するツボ

館林たまい接骨院でも、鍼灸をおこなう場合には、ツボに対してアプローチすることになります。
ですが、ツボってなにかと考える場合があるでしょう。
ツボを刺激するといってもはっきりと何かとわかる人は少ないはずです。

東洋医学の中では、気という考え方があります。
人間の身体の中でこの気が流れていく道筋を経絡と呼び、神経とともに経絡の集まるところがツボです。
経験的なことから見つけ出されてきましたが、今ではWHO世界保健機構も認めるところとなっています。
経穴と呼ばれることもありますが、実は施術に使ってはいけないところもあるため、しっかりとした知識のもとでおこなっていかなければいけません。

体の中には、全部で361カ所のツボが存在しています。
これはWHO世界保健機構が定めたもので、アルファベットと数字で正確に場所がわかるようになりました。
ヨーロッパで使われている方法ですが、日本ではまだ漢字で表記される方が一般的です。
日本だけではなく、中国や韓国でも行なわれていますが、解釈などに微妙な違いがありました。
そこで、他にもおこなわれている国が参加し、2006年に場所も統一されています。
2009年には、日本の鍼灸施設でも世界基準に従うようになりました。

ツボを刺激すると、痛みがあったり、他では感じられない響き方をする場合があります。
指で押してもわかる反射を利用して場所を間違えたりせずに施術ができることから、しっかりとした知識のもとで施術はおこなわなければいけません。
館林たまい接骨院であれば、安心して施術を受けることができます。

館林たまい接骨院でおこなっている鍼の方法は、低周波パルスを通電させる方法です。
非常に細い針を使っているため、ほぼ無痛でおこなえますが、ここに微弱な電気を流します。
通電させることによって、筋肉のこりや痛みを改善させるとともに、血液の循環を促進させていくところが、大きな特徴です。
痛いはずだと思う方も、一度試してみると、ほとんど痛みはなく、刺さった感覚がうっすらある程度なのが実感できるでしょう。

自然治癒力を高め健康な体を

館林たまい接骨院で受けられる鍼灸では、痛みの緩和が大事な目的になってきます。
しかし、それだけではありません。
運動器としての痛みの緩和もおこなっていきますが、同時に血流を改善させて、ストレスも発散させていくことができます。

自分の身体を守るためには、病気にならないことも重要なことです。
ツボを刺激して自然治癒力を高めるのが鍼灸ですが、自分が病気にならない防衛策としても有効になってきます。
体調を整えることもできるようになりますが、痛みを緩和させながらも、強い体を作っていける過程を考えれば、高い有効性が見えてくるはずです。
辛い痛みで悩んでいるときには、館林たまい接骨院で一度受けてみてはいかがでしょうか。
身体も健康な状態に導いていけるのですから、チャレンジしてみる価値があるのは間違いありません。

もっと活用していきたいお灸

院長の日記

古くから使われてきたお灸

日本で古くからおこなわれている施術方法として、館林たまい接骨院でも受けられるお灸があります。
熱によって刺激を与える方法ですが、鍼とは違ったかたちで人間が持っている自然治癒力をかきたてていくことが特徴です。
体の悪い部分を改善させるだけではなく、古くから予防にも使われてきました。
刺激をするのはツボになりますが、361カ所もあることはあまり知られていないでしょう。
このツボを刺激して、弱ってしまっている状態を復活させていくのが目的です。
ツボというと、すごくピンポイントと感じますが、実は500円玉ほどの範囲を持っています。
この範囲で刺激できればいいわけですが、人によっても有効な場所が異なり、適切な位置を見極めていかなければいけません。

お灸には、もぐさが用いられてきました。
火をつけてツボを刺激していきますが、実はもぐさの品質によっても熱が変わります。
いろいろとコントロールしながら使われてきましたが、発見されたのは3,000年も前の中国だったといわれているのですから、驚くほどの歴史です。

身体を温め婦人科系の悩みも改善していく

館林のたまい接骨院でも受けられるお灸は、なによりも温めることで血行を活性化させます。
温熱刺激と呼ばれますが、血管や筋肉も刺激しながら、細胞を活性化させることも重要です。
リンパの流れも改善させて、血管の収縮や膨張も調整させていけるため、痛みのある炎症も改善させてくれます。
むくみに悩んでいるときにも良いでしょう。

自然治癒力を活性化させるため、腰痛や目の疲れに使うことが可能です。
ストレスで辛いときにも、不眠で悩んでいるときにも改善を期待できるのは大きなところになってきます。

もぐさの成分が、鎮痛にも有効なのは古くから知られてきました。
消毒や殺菌にも使われてきましたが、皮膚の表面から浸透するため、辛い痛みも和らげられます。
香りをかぐだけでも、自然と落ち着いてくるのですから、大きな意味があるでしょう。

お灸はスポーツをしている人にもぴったりです。
館林たまい接骨院の施術に合わせておこなっていけば、痛みの改善にも使っていくことができます。
さまざまなところに使えるため、改善しにくい悩みを抱えているときにも試してみる価値がある方法です。
婦人科系の悩みがあるときにも使っていけるため、怪我などの痛みとともにうまく活用してみてはいかがでしょうか。
診療費に関することも、まずは館林たまい接骨院にご相談ください、

人気の卓球でも怪我は起きる

院長の日記

人気が高まってきている卓球

最近人気が高まってきたスポーツといえば、卓球があるでしょう。
かなりの人気になったのもいろいろな選手の個性が目立つようになったところが大きな要因です。
たまい接骨院のある館林でも、数多くの人が楽しんでいます。
手軽にできるスポーツでもあり、室内ということで天候に左右されません。
体の負担も少ないのは確かですが、上達していけば練習量も増えて動きもハードになるため、確実に怪我も増えていきます。
身体もケアしていかなければ、卓球も楽しんでいけなくなるでしょう。

卓球での怪我として考えられるのは、踏み込みの強さによる足の怪我です。
踏み込みをしっかりとさせることで、身体も安定させて強い回転も掛けられるようになります。
普通に練習していてもそこまで負担はかかりませんが、パワードライブを多用するような人は、足の裏の炎症を考えておかなければいけません。
強い衝撃が足の裏にかかるため、筋肉の膜に炎症が起きます。
こんなところに筋肉がと思うかもしれませんが、人間の体の各所で骨も守っているのが筋肉です。
ここに衝撃がかかる以上、どうしてもダメージは大きくなると考えなければいけません。
館林たまい接骨院でケアできますので、痛みが出てきたときにはすぐにお越しください。

筋トレも必要

卓球というと、ライトなスポーツに感じることはよくあります。
しかし、トップ選手の試合を見ているとわかりますが、かなりハードなスポーツです。
どこまでおこなうか、目指す場所によっても違いますが、筋力をつけて対処しなければいけないのは確かでしょう。
ボールを打つだけが練習ではなく、筋力トレーニングも下半身を中心に必要になってきます。
強い踏み込みもするため、体幹を鍛えてバランス感覚をしっかりと保つことも必要です。

怪我してしまう状況のひとつが筋力不足にあるのは間違いありません。
身体を守ってくれる筋肉をつけるのは、スポーツをするだけではなく、日常生活でも大切なことです。
上達を考えても、筋肉を意識しながら練習してみると、怪我に対する耐性も変わってきます。
そのうえで、なにか異変を感じたときには、すぐに館林のたまい接骨院にお越しください。
実際に卓球では身体を卓球台にぶつけてしまい怪我をするときもありますし、腰にも負担がかかることがあります。
怪我をすると、モチベーションも下がり、うまく上達しないケースも出てくるでしょう。
楽しんでいくためにも、怪我の痛みは早期に解決するのが重要です。
館林たまい接骨院であれば、19時まで開いておりますので、練習後にお越しいただければ、怪我に悩んでプレーすることもなくなり、上達にも大きな影響を与えていきます。

東大でも研究が進む鍼灸

院長の日記

東大での研究

世界中で注目されるようになってきているのが鍼灸です。
館林たまい接骨院でも、施術が受けられます。
東洋医学の施術方法であり、西洋医学とは異なるアプローチです。
西洋医学が起きている状態に対して考えていくのに比べ、東洋医学は身体のバランスを正し、自然治癒力を高めて対応していくと考えるといいでしょう。
現在、東京大学医学部でリハビリテーション部物理治療(鍼灸)部門があったりするように、かなり研究が進められてきています。
かつてははっきりしなかったところも、研究によって体に対してどんな作用を及ぼすかをどんどん解明してきている状況です。

いろいろな方法がおこなわれてきた鍼灸ですが、刺激を与えることが目的でおこなわれます。
刺激を与えることによって、ホルモンの分泌を促すからです。
モルヒネにも似ているといわれている内因性オピノイドと呼ばれるホルモンですが、痛みが神経に伝わることをブロックします。
痛みも抑えることができることが、辛い痛みを緩和できるようになるポイントです。
腰だけではなく、さまざまなところで鍼灸が力を発揮してくる意味が見えてくるでしょう。
神経を刺激していくと、血行改善も発揮できるため、痛みの原因になってしまう老廃物を流します。
こうした内容から血圧にも影響することがわかってきており、各内臓にも作用することが期待されるようになりました。
他にも免疫系や内分泌系など研究が進んでおり、美容の中でもアンチエイジングに役立つのではないかといわれています。
館林たまい接骨院では、美容に影響するような鍼灸はおこなってはいませんが、腰だけではなく、肩などでも痛みを感じているときは試してみる価値のある手段です。

長い歴史と研究の成果

館林たまい接骨院でもおこなっている鍼灸は、実は歴史が長い施術です。
東洋医学というだけでも、中国4000年の歴史が頭に浮かびますが、石器時代にもあったのではないかと考えられています。
中国史に詳しい人なら名前ぐらいは聞いたことがあるはずの殷周時代には流行したと文献が残っているからです。
ただし、この時代の記録として残されている史書には、妖怪が出たりすると記述があるため、すべてが正確なわけではありません。
それでも、なにかおこなわれていたからこそ、記述が残っているといえるでしょう。
日本に入ってきたのが奈良時代である部分を考えても、西暦700年以前には中国で成立していたといえます。
僧侶の仏典として入ってきたとされていますが、漢方薬も同時期になるところが重要です。
どんな時代でも、体の不調に悩まされている人がおり、対策として東洋医学が用いられたことのひとつが鍼灸だったのかもしれません。
当時の日本では、研究することもできずにいたことも、江戸時代になるとかなり様変わりしていきます。
鎖国によって西洋医学も入りにくくなってきた時代だったこともあって、隔絶された中で鍼灸は独自の進化をしました。
これが現在の日本伝統の鍼灸につながっていきますが、中でも灸はもぐさを使う方法だったことが、庶民にも扱いやすく広がっていきます。
面白いことに、この当時には、中国では灸は衰退してしまいました。
それが、鎖国中の日本という特殊な環境かで独自に発展していくのですから、わからないものでしょう。
同時期に、漢方も独自の進化をしています。

西洋医学に関しては、オランダから入ってきました。
明治になって西洋医学が大きく広がっていくのは、西洋化政策を掲げていくからです。
日本人にとってあまりに新しかった西洋医学は、驚くべき治療方法だったことは間違いありません。
結果として、鎖国が解けた明治以降は、鍼灸は衰退することになります。
現在のような姿で鍼灸がおこなわれるようになっていくのは、昭和に入ってきてからです。
民間でおこなわれ続けていきますが、だんだんと国家資格の制定へと続いていくことになります。
これによって、技術的にも内容的にも安心して受けられるものになっていきました。

今では世界各国でおこなわれているのが鍼灸です。
館林たまい接骨院でも受けられますが、これも研究がしっかりと進んできたからといえるでしょう。
電気での刺激も組み合わせることも研究の結果ですので、辛い痛みがあるときには、試してみてはいかがですか?

交通事故が起こりやすいパターンとは

院長の日記

交通事故に注意するべき場所は

交通事故を見てみると、どうしても起こりやすい場所があります。
こうした場所を知っていると、さらに注意をすることで、事故に遭う可能性を下げることもできるでしょう。
館林たまい接骨院の周辺でも当てはまるところはいろいろとありますので、注意してみることが大切です。

交通事故が起きる地域の大半は、市街地なのは間違いありません。
データによれば76%とも言われています。
これだけの被害が市街地で起きていることを考えると、いかに人口密集地で事故が集中しているかがわかるでしょう。
他の人を巻き込むことも多く、接触事故も増えていくことが予想できるはずです。
市街地であって、幹線道路での事故ではないことも意味しています。
ここが重要で、館林たまい接骨院の近くでも起きやすいことがわかるはずです。

市街地の中でももっと細かく見ていくことができます。
交通事故の発生率で圧倒的に高いのは交差点です。
事故によってむち打ちなどの怪我をしたときには、館林たまい接骨院が有効ですが、交差点では衝突事故が圧倒的に多く、かなりの損害を発生させてしまいます。
新宿の交差点を想像してもらうとわかりますが、直線状の道路に比べて、どこかで見通しが効きません。
羽生側から来れば、交差点が右に寄った位置になるため、どうしても左が見えにくくなるでしょう。
正面からくる車も、右折線にかぶってしまいみることができません。
こうした視線を防ぐものがたくさんあるのが交差点です。

交通事故の数を見ると、信号がない方がさらに増えていきます。
出会いがしらの衝突事故も増えますし、右折事故もかなりの数になるため、十分に気をつけなければいけません。
歩行者も多く、運転手もどちらも見落とすことが増えていきます。
発見が遅れれば、それだけ事故の確立が上がるため、大きな交通事故になる可能性が高まるでしょう。
信号がない交差点は、一時停止の指示がなければ止まることはないかもしれません。
それでも、なにか危険があると感じたときには、止まって確認するといいでしょう。
交通事故が防げるのであれば、止まることに何のデメリットもないからです。
こうした事故に遭遇したときには、すぐに館林たまい接骨院にお越しください。
速度は出ていなくても、身体に受ける衝撃は大きなものになるからです。

安全運転義務違反とは何か

たまい接骨院のある館林でも、交通事故が起きるときには、安全運転義務違反を起こしているときです。
怪我をして館林のたまい接骨院で施術されている方にも多いのが、ボーっとしていたという内容になってきます。
これの何が問題なのかといえば、漠然運転と呼ばれていることです。
意識をはっきりとさせずに運転して事故を起こした以上、注意をしていない状態だったことを意味しています。
実は交通事故の累計の中で、もっとも多い内容で、いい加減な運転とみなされているところが大きな問題です。

安全運転義務違反では、安全不確認があげられます。
本来は、どんなところでも安全の確認をして走行しなければいけません。
交差点などは特にですが、左右の安全の確認をして走行しなかったことが交通事故になるケースは良くあります。
なにが問題なのかを考え直すと、安全さえ確認していれば、事故にはならなかったわけです。
これがいかに大きなことなのかは、運転している人ならすぐにわかるでしょう。
非常に危険な状態で運転していた状態を考えなければいけません。

もうひとつ多いのが、わき見運転でしょう。
わき見運転というと、横を見るようなイメージもありますが、下や上を見ているときも含まれます。
油断することが大きな原因であり、直線だから大丈夫と思うのも問題です。
わき見運転をする状況を考えるとわかりますが、正面を向いていません。
車が走っている方向を向いていない以上、さまざまなものへと突き進むのに何の安全も確認していないことがわかります。
ブレーキも踏むひまがなくなるのですから、大きな事故になっていくのは当然です。
ぶつかったときの衝撃も大きく、ものにぶつかっても、運転手がむち打ちになってしまうことも少なくありません。
館林たまい接骨院でも、加害者と考えられる人が施術を受けることができます。
むち打ちは、ぶつかったその場ではわからないことが良くあるのが問題です。
ぶつかったときには、筋肉も精神的にも緊張しているために気がつかないことがあります。
あとから痛みが出てくる場合がありますので、早めに施術を始めていきましょう。

動いている車を危険と認識すること

非常に危険なのが動静不注視という交通事故のケースです。
車を見ていても、これが危険だと思わない状態と判断してしまったことが、あとから交通事故になるパターンと考えるとわかりやすくなります。
たぶん自分が交差点に差し掛かるまでにはこないだろうといったことや、止まってくれるだろうというのが動静不注視です。
安全に関する確認がおろそかなことが問題ですが、判断力が低く、危険に対する認識が甘いと言い換えてもいいでしょう。

似たようなケースとしては、速度を見間違えてしまう場合があります。
たまい接骨院のある館林にも田んぼの中にあるような長い直線の道路がいくつもあるでしょう。
この直線に交差するような道路を走っている車の速度を見間違うことが、交通事故につながるケースです。
かなり遠くを走っていると思っていると、実は速度を見間違えており、あっという間に迫ってきてぶつかってしまったという、嘘のようなことが起きています。
あまりに遠くにいることと、スピードを比較する対象がない状況が錯覚を起こさせると考えられている状況です。
これも、はっきりと車は近づいてくるものだと危険性を認識すれば、防げる事故といえるでしょう。

怪我をしたときには、館林たまい接骨院で対応ができます。
ですが、大きな事故となり、なくなってしまうことだって出てくることを忘れてはいけません。
自分だけではなく、他の人の命にもかかわるのですから、安全運転に心がけましょう。

ひじのケガとリハビリ

院長の日記

野球には避けられないひじの怪我

野球をする人にとって、ひじのケガは切り離せない問題です。
球技としてボールを投げる以上、どうしても負担がかかります。
この負担の大きさが大きな意味があり、どうしても軟骨や人体に影響を与えるからです。
館林たまい接骨院でも、野球の怪我の対応をおこなってきました。
その中で、どうしても外科的な手術しなければいけないことが出てきます。
腱の再建や遊離軟骨の除去をしなければ痛みが取れないことも出てくるからです。
問題は、そのあとにしっかりとリハビリができるかどうかでしょう。
もちろん、館林たまい接骨院では、痛みを考えての施術が可能です。
手術をしない、保存療法での対応ができます。
ですが、切れかかっている腱を再建するためには、通称トミージョン手術といった方法も必要です。

先日、MLBで二刀流として頑張っていた大谷翔平選手も受けました。
それもシーズンが終わり、いきなり手術したことには驚きです。
保存療法では乗り切れないぐらいの損傷になってしまったという意味でしょう。
乗り切れないほどの損傷になるまで酷使してしまったことも問題ですが、メスを入れれば回復するまでには大きな時間がかかります。
この時間の意味は、メスを入れることが肉体的に大きな負担になることを意味しているでしょう。
だから、できる限り回避したいと考えます。
メスを入れて再建しても、肉体的に大きな負担がかかり、回復まで膨大な時間を必要とするでしょう。
さらに、この腱が自分の体の一部として動かせるようになるためには、体が覚え直さなければいけないことが出てきます。
違う場所の腱を移殖してきますが、自分の体がどう動かしていいかわからなくなるからです。
動かし方がわからないなら、リハビリで覚えさせていくしかありません。
指を動かすために、輪ゴムを使っていくことが知られていますが、この程度のことからスタートして、徐々にボールが投げられるまで目指さなければいけません。
館林たまい接骨院では、外科手術が必要な場合、整形外科もご紹介可能です。
そのうえで、リハビリにも適切な方法が取れます。
どうやって手を動かすのか、その初期の段階からご相談ください。
ひじの怪我を含めて、身体を回復させるためには、長い期間面倒を見なければいけません。
館林たまい接骨院であれば、病院のように待ち時間が長くありません。
19時まで施術をおこなっておりますので、利用しやすい環境になるでしょう。

大きな怪我をしない体にするために

館林たまい接骨院では、リハビリもお手伝いできます。
痛いという状況の改善も館林のたまい接骨院の得意範囲ですが、それだけではありません。
次の段階として、しっかりと機能を取り戻すことが必要でしょう。
スポーツは楽しくおこなっていくことが一番です。
怪我をしたままでは、なにも楽しくはなくなるでしょう。
無理に動かせば、その分だけ怪我は悪化していってしまいます。
その時に、正しい動きをしているかどうか、自分で判断は難しいはずです。
無意識に動かしている部分もあるため、無意識の中で怪我をすることにつながります。
館林たまい接骨院では、大きな怪我になる前の段階から、異変があったらご相談を受けられるところが違いです。
少しの痛みでも、これから悪化させることはありません。
その予防として、野球であれば肩ひじの動きなども診ることができます。
使い方に問題があれば、怪我をするのは当然でしょう。
この状況を改善するためにも、正しい動きかどうかを判断できます。

野球やソフトボールなどをしていると、練習もしていきたいでしょう。
ですが、正しい体の使い方をしていないと怪我をする可能性は高まってしまいます。
館林たまい接骨院では、痛みの問題とともに、怪我の予防も考えられるのが違いです。
練習は身体を動かすことだけではありません。
自分の体を正しく使い、怪我もしないようにするのも練習です。
怪我をしにくい体を作り、戦力となれるように考えていくことは、とても大切なことと認識しなければいけません。
大きな怪我にしてしまわないように、痛みを回復させながら体の動かし方も考えていきましょう。

« 古い記事 新しい記事 »