館林市本町の接骨院|たまい接骨院

たまい接骨院

院長の日記

子供たちの怪我には日ごろから要注意

院長の日記

春先に増えてくる子供たちの怪我

暖かくなってくると、子供たちも外ではしゃぎまわるようになってくるでしょう。
館林たまい接骨院でも、子供たちが元気なことは良いことだと思っていますが、思わぬことで怪我をするケースが出てきます。
新学期を前にして、怪我をするようなケースが多いのは、子供たちもテンションが上がってしまうことが予想できるからです。
もう少し大きくなって、中学生などでも怪我は圧倒的に増えます。
部活を始めていくようになり、どうしても無理をする場合も出てくるからです。
運動部に所属すれば、どこかで怪我と切り離せない部分も出てきます。
大事なことは、怪我をしないようにすることと、怪我をしたら早期に対応するところにあるでしょう。
早めに施術をスタートすれば、それだけ回復も早くなりますので、館林たまい接骨院にご相談ください。

我慢してわからないことがある

子供たちの怪我で問題になってくるのは、我慢してしまうところにあります。
できれば、怪我をしたことを教えたくないと思う心情は理解してあげなければいけません。
小さなお子さんでも、痛くても心配かけてしまう、怒られてしまうと思い、怪我をしたことを教えない場合があります。
発見が遅れてしまうケースとなりますので、普段からコミュニケーションを取り、何かおかしいところがあれば、すぐに対処を始めていく必要があるでしょう。

もう少し大きな年代になっても、我慢するようになります。
その理由が部活にありますが、怪我をしたせいで、レギュラーを外されたりするようなことも起きますし、周囲に迷惑を掛けるといった心配も背後に出てきてしまうでしょう。
日常生活の中でも我慢をしたりするケースがあります。
当然悪化させることになり、怪我はどんどんとひどくなって長引くようになるのですから、早期に発見してあげなければいけません。
ですが、なかなか発見できないこともあります。
日常からコミュニケーションをとっていても、可能性としては否定できないのですから、異変はすぐに察知してあげて、怪我をしたことよりも治すことを考えようと伝えてあげるのが大切です。

交通事故の被害に遭わないように

子供たちの危険は、学校だけではありません。
通学や遊んでいるときに、行動で怪我をする可能性も出てきます。
この時期は、非常に子供たちの姿が増えるのは、休みに入ってくるからでしょう。
館林たまい接骨院でも、もうちょっとすると、多くの子供たちを見かけるようになってきます。
元気に遊んでくれるのはいいとしても、だんだんと怪我も大きくなりますし、交通事故の危険性も出てくるのが問題です。

子供たちに交通事故の危険性を教えるとともに、この時期は薄暗くなって危険な時間帯には、反射板のついたものを身につけるように指導するのも大切でしょう。
自転車に乗っている場合には、電気を早めにつけるようにするだけで、安全性は格段に高くなります。
自分たちが相手を認識できるだけではなく、子供たちを認識してもらえるようにしておけば、交通事故の被害を抑えられるようになるのは間違いありません。

子供を守ってあげるのは大人の役割ですが、教育してあげることによって、自分たちで何が危険なのかも知識として見につけていくのが子供たちです。
日常から、危険は何かを伝え、少しでも危険なことに近づかないようにしてあげることが必要でしょう。
怪我は館林たまい接骨院で治せますが、怪我をしないようにする方がよっぽど重要です。

怖い骨折と対処方法

院長の日記

日常生活の中でも起きる骨折

生活の中で、骨折する可能性を考えるのは、あまりないかもしれません。
ですが、実際に高齢者の骨折として起こる可能性がありますし、他人ごとではない部分もあるでしょう。
スポーツをしているときにも、骨折の可能性は否定できるものではありません。
館林たまい接骨院では、骨折の対応が可能です。
接骨院では、骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷といったことに対応できるようになっており、最新の機材も取り揃えています。
対応力という面では、館林のたまい接骨院は、周辺でもとびぬけたものがありますので、何かおかしいと思ったときには、すぐにご相談ください。

まず、勘違いしやすいところもありますが、骨折の症状は痛みや変形に表れてきますし、患部は腫れてくるのが典型例です。
ですが、場所によって異なる症状を引き起こすところにも注意が必要でしょう。

単純な判別方法としては、痛みがあげられます。
腫れがないときでも、そっと押してみて強烈に痛いような場合には、骨折を疑っていかなければいけません。
完全に折れていない状態である日々の時でも、圧痛と呼ばれるこの状態になります。
はっきりと区別しやすい状態ですが、これが役立つのは、疲労骨折のようなときです。
骨折というと、転んだり、ぶつけたりと外力がかかったときにおこると思われますが、骨粗しょう症のような病気でも起きます。
スポーツ選手が繰り返し力をうけたり、オーバーワークによって疲労骨折したりすることがありますが、これも圧痛で判断できるため、押してみて痛みがあるときは疑わなければいけません。
館林たまい接骨院にいらしてもらえれば、すぐに判断可能です。
怪我をした覚えがなくても、とにかく痛いというときには、骨折を疑ってかかるぐらいがちょうどいいといってもいいぐらいでしょう。

こんな状態が骨折

明らかに骨折とわかる状態もあります。
こんな状態になってしまったときには、大急ぎで館林たまい接骨院にいらしてください。
その状態とは、変形や異常可動性と呼ばれる状態です。
腕など曲げ伸ばしする部分が、異常な状態になっているのは、だれでも簡単に骨折している状態とわかるでしょう。
変形している状態ですが、腫れてきますし、涙が出るほどの強い痛みが出てきます。
明らかに骨折していることもわかりますので、できるだけ早く対応しなければいけません。

同じように明らかにわかるのは、異常可動ですが間接以外のところが曲がってしまっていることです。
折れているのですから、こうした状態が起きますが、非常に強い痛みが出てきます。
はっきりと折れていることもわかる状態ですが、これだけでは済まないことも出てくるため、早めの処置を考えていかなければいけない状態です。

内出血を起こしたりするのも問題点といえます。
骨折すると、周囲の組織を傷つけてしまうことが出てくるため、そこから内出血が見られるようなことが出てくるため、強い痛みを感じるでしょう。
特に異常可動性や変形といった状態になれば、見る見るうちに晴れてくるのも内出血が伴っているからです。
周囲にあざもできるようになってきますので、はっきりとわかるようになるでしょう。
実際に皮下出血を起こしている状態のため、黒ずんだ紫色になります。
治っていく過程で黄色くなりますが、このあとは自然にわからないようになるのが内出血の特徴です。
ただし、外部に出血していないだけで、相当な痛みと低血圧を招く可能性があります。

同様に周辺部が腫れてきますが、骨折の場合には簡単に腫れが抜けません。
血管を傷つけることもあるため、あまりに急激な場合には、すぐに救急車を呼ぶ必要も出てきます。

骨折はわかりにくい場合もあります。
とにかく強い痛みが出てきますが、突き指や捻挫と区別がつかないようなこともあるのは十分な注意が必要でしょう。
簡単に見分けができないこともありますので、早めに診断を受けることが重要になってきます。
館林たまい接骨院では、こうした状態でも対処が可能です。
さまざまな施術がありますし、必要に応じてレントゲンの手配もできますので、まずはお越しください。

なぜ骨折してしまうのか

骨折してしまった場合には、館林たまい接骨院で施術できますが、日常生活の中で気をつけておくことが重要です。
ヒアリングさせていただくことになりますが、できれば日常の中で原因となる部分は排除しておく方がいいでしょう。

骨折の多くは、なにか力がかかったときに起きます。
転倒したりぶつけたりしたときに起きることが多いでしょう。
館林たまい接骨院でも、ほとんどがこれです。
転落や衝突といったことでも起きますし、交通事故でも発生します。
特に高所からの転落では、体全体に及ぶことも出てくる危険性があるといえるでしょう。
交通事故でも起きますが、開放骨折を起こすケースすらあります。
骨折したカ所から骨が飛び出してしまうような状態ですが、非常に危険な状態ともいえるでしょう。

問題はいろいろとありますが、偶発的な部分もあります。
交通事故のように防ぐことが難しい場合もあるのは間違いありません。
ですが、転倒防止という面では、転ばないように靴を選んだりすれば、大きな差が出てきます。
家の中の設備も重要で、つまずかないように段差をなくすことから始め、滑りやすい場所には手すりをつけておくだけでも違うでしょう。
手すりが見えれば、滑りやすいこともわかりますし、意識も変わってきます。
これだけで大きな差がついてくるため、日常生活の中で怪我を防げるようになるはずです。

環境だけではなく、体の作り方でも予防はできます。
柔軟性を失わないようにするだけでも違いがありますし、日常から軽くでも体を動かしていれば、骨折を防げる場合も出てきますので、生活も考えていかなければいけません。

スポーツでの骨折もありますが、病気でなってしまう場合も出てきます。
特に注意をしておかなければいけないのは、骨粗しょう症でしょう。
加齢にもよりますが、骨の強度と密度が低下することで、簡単に骨折してしまうような病気です。
予防策としては、生活習慣も大切な要因ですが、食習慣の改善が必要でしょう。
カルシウムを取ればいいのかといえば、実は体の中で吸収されません。
そこで、吸収されやすいようにするために、ビタミンK2やビタミンDがなければいけないとなってきます。
良くひじきが良いとされていますが、実はこれだけではほとんど吸収できずに終わってしまいます。
そこで、きくらげやビタミンKが豊富な納豆とともに食べるというのも方法です。
実はサバ缶も効果のある食材であり、カルシウムにビタミンDまで持っているのですから、食べておくべきでしょう。
こうした食生活を考えておくと、対策になってきます。

重要なことは、骨折したら、できるだけ早く施術を始めることです。
館林たまい接骨院では、最新機材を投入していることで、回復を早められるようになっています。
固定しておくだけではなく、早期の回復を考えていける方法がありますので、できるだけ早めにお越しください。

花粉症の対策に鍼灸を

院長の日記

今年は多くなる?!恐怖の花粉の飛散

暖かくなってきて、花粉症の症状が現れてきている人も多いでしょう。
館林たまい接骨院の周りでも、マスクが手放せない人がたくさん増えました。
今の時期だと杉花粉が中心となってきますが、かなりつらいのは間違いありません。
特に今年は大量に飛散するといわれているのですから、今から恐怖を感じている人も多いでしょう。

花粉症がなぜ発症するのかは、いろいろな原因があります。
花粉が鼻の粘膜に付着して、アレルギー反応を起こすのはそのひとつできっかけでしかありません。
もっと体の中から反応していることが重要であり、激しいくしゃみとともに現れてきていることに気が付かなければいけないでしょう。

花粉症は、言い換えれば季節性アレルギー性鼻炎とも言われます。
特定のアレルギー物質との反応でくしゃみが止まらなくなるからですが、日本人の1/4もの人が悩んでいるとも言われているところも問題です。
4人に1人が花粉症であると言い換えられるわけですが、それほど国民病に近い量になってきているともいえるでしょう。
アレルギー性物質である花粉が舞っている時期は、ずっと反応することになります。
飛散時期は短いわけではありませんし、複数のアレルギー反応物質が入り混じるのも珍しくありません。
今の時期だと杉ではありますが、ヒノキやカモガヤ、ブタクサなどもあります。
イネに花がつくと、それだけでくしゃみが出るという人もいるでしょう。
長い時には3カ月以上も苦しむこともあり、何とかしたいと思う人も多いのが花粉症です。

これだけ多くの人が苦しむことになるため、多くの対策が考えられてきました。
薬もそのひとつで、長く飲んでいる人もいるでしょう。
ですが、眠気を誘発するものが多く、車を運転するときには飲めないこともよくあります。
他の薬との併用の問題もあり、控えなければいけないこともあるはずです。
眠気を発生させない薬もありますが、くしゃみは止まっても鼻の中の違和感が続くこともあります。
喉の渇きを覚えるなど、どうしても副作用があるため、薬はやめたいと思う人も多いでしょう。
館林たまい接骨院では、鍼灸をおこなっていますが、これが花粉症の対策にもなってきます。
メカニズムから考えてみると、試してみる価値があることがわかるはずです。

体が守ってくれるから起きる

花粉症がなぜ起きるのかといえば、人間の体の中で防御するからです。
異物が入ってくると、人間の体の中で防御反応を起こします。
アレルゲンとなる花粉は、呼吸器から侵入して粘膜に付着することになりますが、そこで溶けだしてIgE抗体と呼ばれる物質を作り出してしまうとこから問題です。
これが反応することになりますが、くしゃみが出るのは鼻の中にある異物を吹き飛ばそうとするのが症状といえます。
ある意味で正しい反応といえますが、この抗体ができる流れが抑制できなくなってしまうのが花粉症です。
館林たまい接骨院の周りでもよく見ますが、とにかくくしゃみをし続けるでしょう。
免疫のバランスが崩れている状態で、IgE抗体をどんどんと生産してしまい、花粉だけじゃなく、さまざまなものに過剰反応を起こしてしまうため、くしゃみが止まりません。
花粉が付着すれば、さらにIgE抗体を作り出すことになるため、さらに激しくなってしまうようになるところが問題です。

抗体を作ることが問題ではなく、過剰なところに原因があります。
つまり、薬ですべて抑え込むわけにはいきません。
本当に問題のある物質もくしゃみで飛ばせなくなるのですから、これは体に悪影響を及ぼすでしょう。
過剰な反応を収めるために薬も飲みますし、食生活の改善も考えるはずです。
これが難しいところで、いろいろな方法を考えていかなければいけないポイントにもなってきます。

不規則な生活も花粉症につながりますし、生活の疲れも同様です。
免疫機能のバランスが重要であり、これが抑制のキーポイントにもなってきます。
腸内環境を整えることで、免疫機能のバランスを整えていく方法も知られていますが、とても時間がかかります。
簡単に効果も感じられないため、長続きしない人も多いでしょう。
館林たまい接骨院で鍼灸を勧めるのは、こうした人でも改善できる可能性が出てくるからです。
個人差があるのは確かですが、花粉症対策になるツボはたくさんあることが知られています。
ツボを刺激していくことで、症状を緩和させていけるのが重要です。
根本的な改善には時間もかかりますし、体質改善もしなければいけません。
免疫機能は即変わっていくものではないからです。
ですが、症状を緩和させていけば、それだけ辛い状況を絶えずに済むようになるでしょう。
薬を飲むとしても、回数を減らせますし、強いものを服用しないでも済むようになります。

症状を軽くするツボを刺激する

館林たまい接骨院で鍼灸をつかって症状を軽くできるツボはいくつも存在しています。
その中から、状態に合わせて選択していくことになりますが、いつから始めればいいのかといえば、できるだけ早めの時期が良いでしょう。
一気に症状が軽くなってくるわけではないのは、体の抗体の問題があるからです。
これから本格的になってくることを考えれば、早めに始めていくのがベストといえます。
免疫機能のバランスをとることがポイントになってくるからですが、すぐに効果をあげられるわけではありません。

ですが、今症状が出ている人でも、館林たまい接骨院で鍼灸を施術すれば、だんだんと免疫力のバランスがとれるようになり、症状を軽くできるようになります。
悩み続けていろいろな方法を試しているのであれば、一度チャレンジしてみる価値があるでしょう。
薬に頼り続けているのも、結構つらいものがあります。
薬になれてくると、思うような状態にならないこともあり、変えながらも我慢している人も多いでしょう。
鍼灸は体の中から変えていく方法です。
ツボを刺激していくことで対処する方法ですので、副作用に悩むこともなくなるのですから、花粉症がひどい場合には試してみる価値ありといえるでしょう。
その際には、お早めにご予約を入れていただけると安心です。

暖かくなったからこそ気を付けるゴルフの怪我

院長の日記

暖かくなってゴルフをする機会も

オリンピックも終わり、だんだんと春の風が吹いてきました。
寒気によっては、まだまだ寒い季節ではありますが、だんだんと足音が聞こえてきたといったところでしょう。
館林たまい接骨院でも、だんだんと暖かになってきており、過ごしやすくはなってきています。
つい先日は雪が降ったことを考えると、三寒四温とはよくいったものです。

この時期になると、なにか体を動かしたいと思うようにもなってきます。
スポーツをするには、ちょうどいい季節だからです。
特に冬場は我慢して、暖かくなってやっとゴルフをするという人も多いでしょう。
ゴルフは自然の中でするスポーツですので、暖かくなると気分が爽快になるのも間違いありません。

ゴルフは健康のためと思っていても、やはりスポーツですので、怪我をする可能性は考えておかなければいけないでしょう。
そのひとつが、肋骨の骨折です。
とても多いケースとは言えませんが、体を回転させるスポーツであることは忘れてはいけません。
一定の回転を続けていくことになるため、どうしても負担がかかります。
そこにクラブの回転にかかる力も加わってくるため、どうしても肋骨を骨折する可能性があるといえるでしょう。
実は、肋骨は強い骨ではありません。
強いどころかもろいものであると考えたほうがいいでしょう。
骨折というと、何かがぶつかって起きるものと考えがちですが、スイングしただけでも骨折する可能性はあります。
館林たまい接骨院の得意領域でもありますが、なにか痛みが出てきてしまったというときには、早めにお越しください。

この時期ですので、何度もコースに出たくはなりますが、酷使すればそれだけ肋骨に負担を掛けるようになるでしょう。
特に初心者のうちは、どんどん出たくなりますが、自分のスイングを固められるようにして行くことのほうが大切です。
無理な回転をかけ続ければ、骨折してしまうことを覚えておかなければいけません。
もちろん、打ちっぱなしであまりにも多い珠数を打っていくというのも危険が伴うと覚えておきましょう。

インパクトで強い衝撃がかかる手首

ゴルフでは、さまざまな怪我があります。
最近でも、多くのゴルファー悩むものとして、手首の怪我があげられるでしょう。
松山選手が引退の危機とまで言われた怪我としても有名です。
館林たまい接骨院でも、多くの人が悩みとして抱える怪我となっていますが、どうしても負担がかかる部分となっています。

ゴルフは、重く硬いクラブを振って、点のような小さなボールを打つ競技です。
インパクトの時には、驚くほど強い力がかかってきます。
これが手首に大きな負担となりますが、なにもプロゴルファーだけではありません。
アマチュアでも十分に予想されることといえるでしょう。
力が男子まで強くはない有村選手も同様に手首を痛め、欠場していることからも明らかです。
プロのように、しっかりと安定したスイングをしている状態でも怪我をする可能性がありますが、アマチュアでは、チョロやダフったりすることもあるでしょう。
さらに大きな負担を掛けることにもつながっていきます。

対処方法としてはいくつかありますが、まずはスイングをやめます。
どんなことでも同じですが、休息させることが一番の対策です。
そのうえで、アイシングをしていくことになりますが、痛みが強い場合には、すぐに館林のたまい接骨院にお越しください。
対処として間違ってしまうと、かなりの痛みを伴います。
実際に筋肉や関節の痛みが小さな炎症なら問題がありませんが、もっと大きな範囲に及ぶこともありますし、深刻な状態につながることも少なくないからです。
マッサージをすると効果的という話もありますが、自分でおこなっても、それが正しいかどうかはわからないでしょう。

館林たまい接骨院では、スポーツの怪我に対応できる最新機材を取り揃えています。
非常に多くのスポーツ選手に対応してきていることも重要ですので、早めにお越しいただければ、ゴルフにも早めに復帰できるようになるでしょう。
実際問題として、手首の怪我は長引きやすい部分です。
生活でも使っていく場所であり、曲がらないために、多くの不便を感じるでしょう。
どうしても動かしてしまうため、急速にならない問題も抱えます。
再発しやすいことも考えて、ゴルフを楽しめるように、対処していくことが大切です。
鍼灸での対応もできますので、痛みが長引いている場合には、お早めにご予約ください。

ゴルファーの職業病といえる腰痛

ゴルファーにとって、最大の問題となってくるのは腰痛です。
館林たまい接骨院でも、多くの人が抱えている悩みで、スポーツ以外でも起きる怪我といえます。
なにが問題かといえば、大きな要因となってくるのは、日常生活に影響を与えることです。
腰が痛いというのは、寝ているところでもなりますし、起き上がるだけでもきつくなるでしょう。
歩くのにも痛みが出ますし、仕事も支障が出てきます。
ありとあらゆるところに問題が派生してしまうため、ゴルフに限定できるものではありません。

ゴルファーとして考えても、ジャンボ尾崎選手もずっと悩んでいきましたし、タイガーウッズ選手は腰痛によって、大きく人生が変わりました。
石川遼選手も、腰痛がスイングなど細かな点を狂わせていったのは知られているところでしょう。
これが職業病ともいわれる部分ではありますが、アマチュアから見たら生活にもかかわる部分でそんなことは言っていられません。

なぜ、痛みが出てしまうのかといえば、回転運動をするからです。
ゴルフのスイングの特徴ですが、これが負担を掛けることになります。
つまり、絶対的に怪我をしないという状況は作れないといえるでしょう。
怪我をしないようにするためには、ゴルフをしないという選択しかないからです。
スイングもいろいろとあり、回転をあまりさせない方法もありますが、これが自分に合うかどうかの問題もあります。
無理なスイングにすれば、ゴルフ自体も嫌になってしまうでしょう。

ゴルフがスポーツである以上、無理に続けるのではなく、痛みを解消させて楽しくするのがポイントになってきます。
館林たまい接骨院に早めにおいでくださいというのも、辛い思いを我慢してするものではないからです。
自分に合った方法を見つけることも大切ですが、体のケアを続けていき、無理なく楽しむことのほうが大切でしょう。

暖かくなり、どうしても無理をしてしまうところも出てきます。
しかし、体はそうそう温まりませんし、なまっていることを忘れてはいけません。
いきなりパワーを掛ければ、体はついていくことができません。
当然怪我をする状況を作り出してしまいますので、準備運動をおこない、体をほぐしてから望むことが必要でしょう。
できれば、ゴルフをする当日だけではなく、少しずつ体を慣らす時間を作り望むようにすれば、怪我を防止できるようになるでしょう。
大きな違いを生むことになりますので、十分な準備を重ねてから始めることが大切です。

怖い雪の中の運転と事故に備える

院長の日記

雪の中の運転は危険

館林たまい接骨院でも、交通事故案件は多数取り扱っています。
大きな怪我になりやすいこともあるのが交通事故です。
状況によっては、死亡事故になってしまうような危険もあるのは、理解しておかなければいけないところでしょう。
週末に雪が降りそうですが、この状況の中で車を運転するのは、大変危険を伴います。
さらに、週末の雪は、朝の通勤時間などを直撃する危険性もあり、車で移動していることも出てくるでしょう。
多くのことに注意をしながら、安全運転をしていかなければいけません。

とにかく、むやみやたらにフットブレーキを掛けるのは危険です。
減速するのにブレーキを踏むことが先に出てしまうのが、AT車の問題点でもありますが、エンジンブレーキで減速して、速度の1割はブレーキにするといった程度で運転するのがコツになります。
なかなかできない人もいますが、ATでもギアを下げれば、当然速度が落ちるため、減速できるようになるでしょう。
もしも、こうした運転を理解できない場合には、運転自体は控えてしまったほうがいいでしょう。
事故を起こせば、大怪我をさせてしまう場合も出てきます。
自分たちが怪我をするだけではありませんので、運転をしないことも大きな選択です。

車間距離は、いつもの2倍から3倍を目安にします。
安全に止まるためには、これぐらいの距離が必要です。
雪の中で運転になれている人は、安全のための距離を確保します。
ところが、たまい接骨院のある館林では、あまり慣れている人はいません。
さらに、普段から車間距離が少なく前走車との距離が近いことをよく見かけます。
雪の中では非常に危険ですので、必ず距離を離さなければいけません。
これでも、視界が悪くなったときには安全とは言えないでしょう。
安全の確保は、ドライバーの責務ですので、確実に安全な距離をとる必要があります。
特に後方からぶつかってしまうと、むち打ちといった怪我を負うことが増えるでしょう。
館林たまい接骨院でも、よく起きているケースです。
怪我も長引きやすくなるため、十分な安全確保をしてください。

雪の中で増える交通事故

車の事故はさまざまな場面で起きてしまいます。
その中で、雪の中で起きる交通事故のケースとしてブラインドの右カーブの危険性も考えておかなければいけないでしょう。
右カーブは、車のピラーが視界にかぶり、どうしても見にくくなる場合が出てきます。
さらに、ブラインドになっていると、曲がった先に車がいるかどうかもわかりません。
相手の車線をまたぐようになるため、対向車が減速できるかどうかも判断できないでしょう。
この状況は非常に危険につながるため、ブラインドであっても可能な限り、情報が得られるようにしなければいけません。
もしも、対向車がきて止まれないような状況が起きても、避けられるような速度での運転も必要でしょう。
安全確保ができるようにならなければ、行かない選択も重要です。
お互いにぶつかりやすい状況であるため、ぶつかれば大きな怪我になりやすい状況ともいえます。
館林たまい接骨院でも、正面衝突するような交通事故は、大変大きな怪我をしている状況です。
特に止まれないのですから、避けようがない状況もできあがるでしょう。

ブレーキを踏まなければいけない状況にもなりますが、急なブレーキを掛けるぐらいであれば、ハンドルを切らない選択も必要です。
ハンドルを切っているときに急ブレーキをかけたらどうなるのか、ハンドルを握っている人は理解しておかなければいけません。
教習所でも習いますが、遠心力が働いている状況でブレーキを掛けると、車は安定性を失います。
雪のような路面状況の中では、車は簡単にスピンしてしまうでしょう。
コントロールを失った車は、どこにいくかもわかりません。
雪のような路面でコントロールを失えば、プロドライバーでも立て直せない状況です。
もしも、歩いている人でもいれば、大怪我では済まなくなってしまいます。
ハンドルを切る状況の前に、確実に減速しておく必要を考えていきましょう。
雪の中は、非常に危険だという認識を持てば、理解できるはずです。

雪の中の走行方法として、出来上がったわだちを走る方法があります。
わだちを走るとタイヤをとられると思うかもしれませんが、これがメリットです。
まっすぐ走っている分には、そのわだちが直進性を高めます。
曲がりたいときには、先にわだちから抜け出しておけばいいでしょう。
ハンドルはしっかりと握り、抵抗に負けないように走るところがポイントです。

車の種類と走りかた

館林たまい接骨院でも、自分の車を理解しておらず、交通事故につながっているような例があります。
車にはそれぞれ性能があり、性格があるでしょう。
雪の中では、さらに影響が出てきます。

たまい接骨院のある館林でも、走っている車の多くはFF車です。
構造的な問題もありますが、直進性を高めやすいところがポイントになります。
前輪が駆動して車を引っ張っているためですが、問題は曲がりにくい特性があるところでしょう。
雪の中でも、前輪が引っ張るため、あまりふらつきにくい車だけに速度を出す人も多く見かけますが、できるだけ安全に走るようにしなければいけません。

FRは、今では少なくなってきた駆動方法で、スポーツカーには今でもみられます。
フロントエンジン後輪駆動の意味ですが、後ろから車をおすため、雪の中ではアクセルを踏むだけで回転するのが問題です。
ハンドルを切っていれば、さらに回転します。
ですが、ブレーキを踏んだら、さらに開店することになるため、急激な運転は絶対に禁止です。
のぼりの時に強くアクセルを踏んだりすれば、すぐに制御不能となるでしょう。
館林たまい接骨院の近くにあるアンダーパスでよく見かけますが、もう上がれなくなる場合もあるため、十分注意していかなければいけません。

悪路に強いのが4WDです。
たまい接骨院のある館林では、そこまで多く走っていません。
燃費が悪いからですが、雪の中では強みを発揮します。
直線で強い駆動方法ですが、曲がるときには癖が出てくるのが問題です。
どんな時でも強いと勘違いする人もいますが、フルタイムとパートタイムで全く性格が異なるところも知らなければいけないでしょう。
現在の4WDは、ほとんどがフルタイムであり、滑りだしてしまうと止まりません。
制御不能になりやすいため、安全な状況を直線で作ることが重要です。

道路の状況と走りかた

車の走り方として考えなければいけないのは、下り坂はとにかくゆっくり走ることでしょう。
下りでブレーキをかければ、当然制御を失います。
速度が出やすいだけではありません。
車は下り坂では重力の影響を受けていることを考えるべきでしょう。
その中で、ブレーキを掛けるのは大変危険ですので、下り坂に入る前に減速をするとともに、エンジンブレーキを使って速度が出ないように下らなければいけません。

上り坂では、多少アクセルを踏んでも安全に登れます。
しかし、タイヤが路面をとらえていない状況では、空回りするだけで、危険性を高めることになるでしょう。
多少の勢いをつけても何とかなりますが、問題は車の種類によって動きが異なる点です。
FFは、上り坂大変弱くなります。
前輪が引っ張りますが、タイヤに力がかかっているのは、駆動していない後輪だからです。
速度を落とさないように走り抜けてしまうのが一番ですので、事前に車間を取り、信号の変化も先に考えて走るのがポイントになります。
上り坂で止まってしまうのが一番危険と覚えておきましょう。
これはFRでもあまり変わりません。

カーブは、とにかく手前で減速です。
ブレーキを踏めば、車は制御できません。
車が進みたい方向に向くまで、無理にアクセルを開けるのも危険です。
低速でブレーキもアクセルも掛けずに曲がれるのが理想ですので、とにかく減速しましょう。
十字路など交差点の時も同様です。
止まれなければ危険性が高まるため、減速しておく必要があります。
たまい接骨院のある館林でも、交差点は大きな交通事故が起きるでしょう。
新宿の交差点のように、大きな交通事故が起きやすい、視界の悪い交差点もあります。
危険ですので、必ず止まれる速度で走るようにしなければいけません。

たまい接骨院のある館林でも、いくつか跨線橋や跨道橋がありますが、凍結しやすい環境です。
遮るものがなく、風が路面を冷やします。
数日は寒波の影響も受けるため、凍結するものと考え走る必要があるでしょう。

雪の中ではスタッドレスで

なれている人の少ない、たまい接骨院のある館林では、雪の状況によって走り方を変えることは、あまり意識していないかもしれません。
ところが、新雪と圧雪、アイスバーンでは、走り方が異なります。
新雪は、道路の状況を隠してしまうのが問題です。
危険も多く隠してしまいますので、普段何がある場所かを思い出す必要があります。
縁石や側溝に落ちるケースも新雪です。

圧雪は、スタッドレスタイヤなら安全に走れる路面といえます。
踏み固められているからですが、問題はあまりに踏み固められて冷えると、アイスバーンと変わらなくなることでしょう。
アイスバーンになると、スタットレスタイヤでも危険です。
タイヤとの接地面が溶けてみずになり、滑る原因を作るからです。
特に今回は、凍っている状況の上に雪が降る可能性が高いため、気を付けなければいけません。
実は安全に見えるシャーベット状は、アイスバーンと変わらない状況です。
これも、タイヤとの間に水ができてしまうところにありますので、安心したりしないようにする必要があるでしょう。

スタッドレスタイヤで走ることが重要ですが、雪道でノーマルタイヤのまま走ることは、実は道路交通法違反に当たります。
道路交通法第七十一条の違反に当たりますが、道路が危険な状況では危険を防止して安全をはからなければいけないとしているからです。
ただし、罰則に関しては、沖縄はのぞかれているため、都道府県ごとに取り決められているのも理解しておかなければいけません。
点数は引かれませんが、罰金はあります。
ここでいう安全をはかることは、最低限でもスタッドレスタイヤにあたるでしょう。
夏用タイヤであれば、チェーンをまく必要も出てきますが、切れることも頭に入れておかなければいけません。
強い力を掛けたり、雪のないところでチェーンを装着したまま走れば、加熱して切れる恐れが出てきます。
速度もできるだけ落し、ゆっくりと走っていきましょう。
それでも、怪我をしてしまったり、交通事故を起こしぶつけて首が痛くなってしまったりしたときには、館林たまい接骨院にお越しください。
その際には、道路で滑らないように、注意してお越しくださいね。

冬場のランニングは念入りなウォーミングアップから

院長の日記

冬のランニングにかかる負担

今年は、たまい接骨院のある館林もかなりの寒さです。
この時期だからこそ、走りたいと思う人もいるでしょう。
マラソンのトレーニングにはぴったりではありますが、夏ほどの体のダメージが蓄積しないところがポイントです。
ただし、これだけの寒さになると、いろいろと問題が出てきます。
特に怪我に関して言えば、冬は条件がいいとは言えません。

冬のように気温が下がると、体は必ず冷えます。
冷えれば、その分だけ血流が悪くなってしまうのが人間の体です。
血流が悪くなると、筋肉は固まってしまいますし、心臓にも負担がかかります。
つまり、冷えたまま運動をするのは、体にダメージを与えることになるでしょう。
徐々に温めてから、ランニングをしていかなければ、体に負担をかけて怪我をするのは当然です。
時間がないといいながらも走り出す人に多いパターンですが、怪我をするために走るわけではないでしょう。
必ずウォームアップしてから走るようにしなければいけません。

ウォーミングをしても、いきなりはやい速度で走りだしては、負担が増えてしまいます。
徐々にペースを上げていけば、体温も上がっていきますし、筋肉の負担も下がって走れるようになるでしょう。
長く走る場合でも同様です。
初めはゆっくりと進みながら、徐々にペースをあげなければ、体も慣れてこないため、大きな怪我につながる可能性が高まります。

大事な走るときの服装

今のように寒い時期では、必ず服装を考えるべきです。
走ればあったかいのは間違いありません。
ですが、健康に走るためには、しっかり考えていかなければ、怪我につながってしまうでしょう。
寒い日の場合、上にはウィンドブレーカーを着用するところがポイントです。
風を防ぐだけで、体温はかなり下がりにくくなるでしょう。
首元には、ネックウォーマーをつけて、手袋をしておけば、体温低下の帽子ができます。
夕方以降に走る場合にはライトや反射材を服につけるのも忘れてはいけません。
館林たまい接骨院でも、こうした状況で交通事故に遭った例はあります。
自分がわかっていても、他の人からは認識できない状況は、大変危険なことを忘れてはいけないでしょう。

空気の乾燥も忘れてはいけないところです。
走っていると気が付かない場合もありますが、水分はどんどんと失われてしまいます。
いたるところから汗をかき、体の水分は外に出ていってしまいますので、空気が乾燥する季節なのですから、水分補給はしっかりとしないといけません。
実際にあまり警戒しない人もいますが、冬場でも脱水症状を起こし、熱中症になるリスクはあります。
蒸発しているから気が付きませんが、相当の汗をかいているからです。
この時には、一回に大量に水分をとってはいけません。
これがまた体を冷やしてしまうため、できるだけ少量ずつ飲むのがポイントです。
常温の水やスポーツドリンクにすると、さらに効果をあげられます。
注意するべきなのは、コーヒーやお茶です。
利尿作用があるため、これで脱水症状を起こしてしまうことが問題となるでしょう。

怪我をしないような状況を作ること

この時期に運動するのは、体が冷えている状態を理解しておく必要があります。
もしも、転んでしまったときに、筋肉が冷えて固まっていたらどうなるかを考えてみるとわかりやすいでしょう。
ちょっとでもバランスを崩して転べば、衝撃を吸収するはずの筋肉がうまく働きません。
当然強い衝撃を受けるのですから、大きな怪我をします。
館林たまい接骨院では、こうした怪我も対応できますが、まず危険な状況にならないような工夫が必要でしょう。
そもそも、筋肉が冷えて、動きも鈍くなってしまっています。
間接にも衝撃がいきやすく、ダメージも増えてしまう状況です。
体の保温ができていなければ、それだけの怪我をすると考えなければいけません。

寒いからといって、運動をやめる必要がないのは、実は基礎代謝で考えれば冬が一番良い時期にもなるからです。
ダイエットを考えている人でも、この時期であれば、効果的に進められるのがポイントです。
運動量が夏場と変わらなくても、効率は高くなるのですから、運動をする意味もあるでしょう。

せっかく運動するのに、怪我をするのはあまりにも意味がないことです。
館林たまい接骨院に通院していただければ、回復できることもいっぱいあります。
ですが、根本的に怪我をしないように考えるのが、もっとも大事なことです。
筋肉の怪我でも、骨の怪我でも、最新の機材で館林たまい接骨院は対応できます。
鍼灸を使った対応もできるため、早期の復帰も目指せるようにはなるでしょう。
運動をするのであれば、まず基本的な準備運動を忘れないようにするとともに、クールダウンや脱水症状に関しても忘れないようにするのが大切です。

館林たまい接骨院では、整形外科では判断できないような怪我でも、問診と触診から判断できます。
怪我をしたら、痛いのが当然です。
状況からも判断し、なぜ怪我をしたのかを考え、対応できますので、治りが悪いと悩んでいるときにも、まずはお越しください。

雪で転倒したら大けがになる

院長の日記

雪で転倒した時の怪我

たまい接骨院のある館林でも、雪が降れば、確実に怪我が増えます。
転倒での怪我は、力がうまく入らずに、衝撃に耐えられるように構えられないこともあるでしょう。
大きな怪我になってしまう場合も出てくることを考えると、安心してはいられません。
予測できていれば、怪我に備えられますが、雪は大変滑ります。
自分は大丈夫と思っていても、危険は高まることになりますので、どんな怪我をしてしまうのかも考えていかなければいけません。

雪の状況も含め、転倒した場合にもっとも怪我しやすい場所は東部です。
次に脚や腰の怪我になりますが、頭部と脚部だけでも7割になってしまうことから、大半が集中しているのがわかります。
男性の場合には、頭部が圧倒的で、女性は腕も腰もぶつけてしまうような怪我が多いのも特徴といっていいでしょう。

雪の中で滑って転倒してしまう状況では、骨折するような怪我が圧倒的です。
力がかかっても、自分で踏ん張るようにできない場合も多いでしょう。
特に女性は骨折する割合が多いため、転ばないように注意していかなければいけません。
特に怖いのは、70代の怪我です。
この年齢以上になってくると、転倒した時には半分以上が骨折してしまうというデータがあります。
若いうちには脱臼で済んでいても、年齢とともに柔軟性が失われ、骨折する可能性が高まってしまう危険が出てくるでしょう。
館林たまい接骨院では、こうした怪我も対応できますが、かなり重いけがになりやすいため、十分に気をつける必要があります。

降った次の日が危険

1月に降った雪では、東京都内では4年ぶりの大雪になりました。
たまい接骨院のある館林でかなりの雪になったわけですが、多くの人が搬送される事態にもなったのは忘れてはいけないところでしょう。
年齢層を見てみると、60歳から64歳が最も多かったとデータが出ています。
東京は雪慣れしていないからと思うかもしれませんが、たまい接骨院のある館林では、東京都心よりもさらに雪を見かけません。
関東南部で雪が降っても、館林たまい接骨院の周りでは降らないことも珍しくないでしょう。
その環境の中で、転倒することになれば、東京都心よりも危険な確率は高くなります。
ですが、若いからといって安心してはいけません。
若い年代になると、雪が降った経験も少ないでしょう。
たまい接骨院のある館林では、大雪になるケースは非常にまれです。
数える程度しかない場合もあるのですから、十分な備えが必要になります。

週末に雪が降りそうですが、実際に転倒する危険性が高まっているのは、実は次の日です。
当日ではない点に注意していかなければいけません。
これは、凍結してしまい、思っても見ないところで転倒する危険が高まるからです。
では、今回の雪を考えてみると、前回の雪が残ってしまっている場合があります。
日の当たらない駐車場では、まだまだ凍っている状況も見かけるでしょう。
その上に雪が積もってしまえばどうなるのかを考えなければいけません。
当然転倒しやすくなりますので、雪が降って下が見えないような状況では、歩き方を含めて十分に注意していかなければいけないでしょう。
時間にも余裕を持ち、周囲に気配りしながら、安定したたるき方をして、怪我を防いでいかなければいけません。
焦ってしまうと、バランスも崩しやすくなりますので余裕を持って行動するのが、怪我の防止には重要になってきます。

雪が降ったときの歩き方と注意点

院長の日記

また雪が降りそうですが

たまい接骨院のある館林もかなり寒くなってきて、また雪が降る予想も出ています。
寒さはまだまだ続きますので、健康には十分に注意していかなければいけません。
金曜日には、また雪が降る可能性が高い中ですが、転ばないようにすることが重要になってくるでしょう。
転倒してしまうと、大きな怪我にもつながってしまいますので、出て歩かないのが一番です。
ですが、生活していると、そうはいかないものでしょう。
仕事にもいかなければいけませんし、食事の買い出しも必要です。
その中で、どうやって安全に過ごすのかがポイントになってきます。

雪は大変滑りやすくなるのが問題です。
特に今回は、下が凍っているところもあるでしょう。
その上に雪が降ってきますので、とにかく転倒しやすい条件がそろってしまいます。
たまい接骨院のある館林では、そこまで頻繁に雪が降りません。
どうしても雪慣れしていないことが、大きな怪我になってしまう場合が出てきます。

歩き方のポイントは、小さな歩幅で歩くという方法でしょう。
大きな歩幅にしてしまうと、その分だけ足をあげます。
バランスを考えれば、重心が大きく移動していくため、体に負担がかかるでしょう。
滑りやすい状況を考えると、バランスを崩して転倒しやすくなるために、小さな歩幅で歩くのがポイントです。
歩幅を小さくすると、体も揺れにくくなります。
左右の幅も狭くなって安定させられるため、滑るのを防ぐ第一歩になるでしょう。

時間にも余裕を持って

歩き方にもコツがありますが、靴の裏をつけるように歩くことがポイントです。
館林たまい接骨院の周辺を見ていると、こうした歩き方ができる人は少ないでしょう。
重心を意識的に前にして歩くだけでも、足の裏の全面が路面をとらえるようになっていきます。
ツルツルの状態でも、すり足のようにして歩くと、転倒防止できるようになるでしょう。
しかし、足の裏が地面についたままになると、これが滑る原因につながっていくため、足は軽くあげながら歩く方が安全です。
つまずいて転んでしまう問題も、解消することができるでしょう。

実際に雪が残っていることもあります。
現在の館林たまい接骨院周辺でも、まだまだ雪が残っている場所もあり、完全にすりあしというわけにはいかないこともあるはずです。
その時には、足の裏が平らであることを意識し、足の裏がしっかりと地面につくように小さな歩幅で歩くようにしましょう。
これで、転倒は驚くほど減っていきます。

大事なことですが、何事にも焦らないようにもしなければいけません。
心のどこかに焦りがあると、どうしても余裕がなくなります。
歩き方を覚えても、急いでしまえば転んでしまう場合も出てくるでしょう。
怪我をしてしまえば、それだけで大きな痛みにつながります。
館林たまい接骨院で施術したとしても、夏よりは結構も落ちてしまうために、どうしても治りも悪くなるでしょう。
雪が降っている中だと、移動に時間がかかり、焦ってしまう場合も出てきます。
その中でも、余裕を持っていれば、ここは滑りそうだとか、寒暖もできるようになるはずです。
この時期に、携帯電話のながらある気も大変危険を招きます。
注意力も散漫になりますし、バランスもうまくとれません。
自分が転倒するだけではなく、だれかを巻き込むようなことも出てきますので、絶対にやめましょう。
焦ってしまうと、ゆっくりと確実に歩かない状況ともなってしまいます。
歩き始めと速度を変えると、容易に転倒してしまう場合も出てきますので、十分に注意していかなければいけません。
いつもよりも、時間に余裕を持って行動するといいでしょう。

今年も1年よろしくお願いいたします。

院長の日記

あけましておめでとうございます。
今年も一年、たまい接骨院をよろしくお願いいたします。

cd272fbade2abeb137b2fda57a33fd49_s

新年は4日より開院いたしますので、皆さまよろしくお願いいたします。

寒さが原因になってくる肩の痛み

院長の日記

冷えてきて出てくる肩の痛み

今年の残りもわずかになりましたが、非常に冷えてきています。
本当に雪になるのではないのかという状況ですが、この季節になると、肩こりに悩まされることも少なくありません。
寒さが厳しくなってくると、体もどんどんと冷えてくることになります。
館林たまい接骨院がある地域も、本当に寒くなってきました。
こたつに丸まっていたりすると、肩こりに悩まされることも出てくるでしょう。
本来であれば、背筋を伸ばして生活するところですが、どうしても縮こまってしまうことも出てきます。
これが血行不良につながっていくことになりますが、肩こりの原因にもなってしまうのが問題です。

筋肉の緊張ということがかかわってくるのは、膝などの痛みも同じで、老廃物がたまりやすくなることがかかわっています。
気温が低い場所では、人間は自分自身を守るために、自然に縮こまらせて、震えるようにして体温をあげることがポイントです。
そうなると、自然と力が入ってしまい、血行も悪化するのが悪循環の始まりといえます。

肩こりの原因を考えていくと、この季節特有の運動不足も考えていかなければいけません。
どうしても外に出たくなくなる寒さです。
そうなると、体を動かすことが少なくなり、老廃物が筋肉にたまりやすくなります。
本来であれば、血行が良くなれば押し流していくことになりますが、運動をしないがために溜まっていってしまうという悪循環です。
どんどんと悪循環は加速し、肩こりもひどくなっていってしまいます。
何ら変化のないことだと思っていても、体にはどんどんとダメージの蓄積が見られるようになるのも当然です。
こういった痛みでも、まずは館林のたまい接骨院にご相談ください。
年明けからでも遅くはありません。
早く回復させることができれば、それだけダメージの回復も早まるからです。

自己防衛本能からくる肩こり

寒さからくる肩こりの原因のひとつが、人間の体の構造にあります。
自己防衛本能のひとつですが、環境の変化に対して体を壊さないように守ってくれている現象です。
単純な方法として、体を暖めれば済むため、暖かい格好をするということが重要ですが、ここに問題があります。
あまりに厚着をしてしまうと、体は動きにくくなり、血行も悪化することになるでしょう。
動きが取れないことによるストレスも出てきます。
そこで、ホッカイロなどを貼って温めることもポイントです。
これだけでも大きな違いが出てきますので、肩こりがひどい人は取っておくことも対処になります。
この時に手足を温めるよりは、おなかに貼ったほうが効果はあるのは、なかなか発想的に出ないかもしれません。
体の中心から温めていくことで、血液も温まり、全身に走っていくからです。
血行障害ということでも、対応方法になるでしょう。

寒くなると、筋肉が収縮してしまうことでいろいろな怪我をすることも出てきます。
館林たまい接骨院でも、まずは温めるということが筋肉のこわばりをほぐすポイントになってくるのは間違いありません。
もっと単純に考えれば、ホースを手でつかんで力を入れれば、水も通りにくくなります。
これが筋肉の中で起き、肩こりにつながっていってしまうのですから、血管の萎縮をさせないようにすることがポイントです。

温かくすることが重要ですが、端的に言えば、乾布摩擦でも改善することができます。
手でさするだけでも血行は変わってくることも覚えておくといいでしょう。
人間の手には不思議な力があるわけではなく、刺激によって血管が拡張されて起こります。

ストレスが要因になってくることがある

館林たまい接骨院でも施術例が多い肩こりですが、さまざまな機器を駆使して改善させていくことができます。
鍼灸もできるのが大きなポイントで、館林のたまい接骨院の特徴です。
その中で、よく考えていかなければいけないのが、ストレスの存在といっていいでしょう。
館林たまい接骨院の施術だけではなく、普段からの対策も考えていかなければいけない点です。

人間には、さまざまなストレスがかかります。
生活の中だけではなく、仕事でもかかってくるでしょう。
いろいろなストレスがかかりますが、うまく発散していかなければいけません。
このストレスが溜まってくると、コルチゾールというストレスホルモン物質ができることがわかっています。
この物質が傷みを誘発することが問題です。
人間は、ストレスを感じることがさまざまな問題を引き出していきますが、感受性が高い人は、こうしたストレスに弱いこともわかっています。
寒さによって肩の痛みが出ることはあっても、明日雪が降るといわれていたくなることはないと思うはずです。
ところが、ストレスが原因になっていると、こうした情報だけでも痛みが出ます。
これは、頭の中に、寒さと肩こりというかたちができあがっており、寒くなると思うだけでも痛みが出てしまうのです。
なにもテレビなどで見るだけではありません。
すれ違った人が寒くなりそうだねと会話をしているだけでも、引き金になってしまうことが出てきます。
テレビのCMでも起きることです。
これがストレスの怖さであり、体に大きな影響を与えてしまう要因といえます。

対処方法としては、ストレス発散を心掛けることでしょう。
普段からストレスをためないようにしておけば、少々のストレスでは対応しなくなります。
敏感に感じているのであれば、暖かな場所に移動するというだけでも、ストレスを感じなくなるでしょう。
館林たまい接骨院で、肩こりを解消させてしまえば、こうした心配もいらなくなっていきます。
早めに対応してしまうことが一番ですので、あとに残さないようにしておきましょう。

« 古い記事 新しい記事 »